着圧タイツ おすすめ。 【スポーツタイツ男女別おすすめ15選】履き心地とサポート力を正しく選んで履きこなそう!|YAMA HACK

着圧タイツおすすめ5選!効果とお風呂やスポーツでの利用について

着圧タイツ おすすめ

着圧タイツの効果 着圧タイツは足に圧力をかけることでさまざまな効果に期待が持てます。 血行改善 足は心臓に遠い部位になるので、血の流れが悪くなりがちです。 一方でふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ、重力に逆らう形で流れる上方向への血流に対してポンプの働きをしています。 着圧タイツは適度に圧力をかけることで、ふくらはぎのポンプの働きをサポートしてくれるので、血行の改善になります。 むくみ解消 血の流れをサポートして血行を改善することでむくみ解消にもつながります。 足のむくみは筋肉が固まり、脂肪がつきやすく、痩せにくい体をつくってしまうため、着圧タイツの着用以外にも食事や運動などで改善したい症状です。 冷えの改善 血流の滞りで血液が満足に届けられないと冷えを感じるようになります。 そのため、血流の改善は冷えの改善にもつながります。 また冬用や自宅用の着圧タイツは、保温性の高い生地を使用して冷え対策になる商品もあります。 痩せる? 着圧タイツは圧力をかけることで、筋肉の動きを活発にさせ、消費カロリーを向上させるタイツもあります。 また筋肉の動きが活発になることで、筋力の低下を防ぎ、基礎代謝を維持することができます。 履くタイミング 着圧タイツは履くタイミングによって特徴や機能が異なります。 日中に履く 日中に履くタイプの着圧タイツは、見た目をスリムに見せる、消費カロリーをアップさせるなどの効果があります。 外は温度変化も激しく長時間着用する必要があるため、低い着圧設計にして足にかかる負荷を下げ、通気性に優れてた素材を使用しています。 また消臭・抗菌などの機能も備えています。 寝るときに履く 寝る時に履く着圧タイツは、翌朝の足のむくみを軽減できるように段階的に圧力をかける設計に作られています。 自宅用であるため、履き着心地や肌触りが良い素材を採用し、通気性にも優れたタイツになります。 通気性を保つために足指には生地がないタイプが主流です。 運動時に履く 運動の時にはコンプレッションタイツを履くことが一般的ですが、主に運動機能の向上を目的として設計されているため、ダイエットを目的にする場合には不向きかもしれません。 ダイエットを目的に運動をされる方は、日中に履く消費カロリーアップ効果がある着圧タイツを履くと良いでしょう。 お風呂で履いても効果ある? タイツ入浴ダイエットといった言葉が流行しているように、ダイエットを目的にお風呂で着圧タイツを履く方が増えています。 お風呂専用の着圧タイツも販売されており、注目が集まっているダイエット法です。 血行を良くする着圧タイツであれば、お風呂ではさらに水圧がかかるため、お風呂以外で履くタイツを着用しても効果が上がる可能性はあります。 おすすめの着圧タイツ 着用シーン別におすすめの着圧タイツをご紹介します。

次の

日中用や運動用などシーン別に紹介!着圧タイツおすすめランキング23選

着圧タイツ おすすめ

着圧タイツ「BELMISE ベルミス 」とは すでに知ってる方も多いと思いますが、今ネットやSNSで話題の着圧タイツ 「BELMISE」について、実際に使ってみたのでその感想をレポートしたいと思います! なぜレポートをしようと思ったかと言うと、 私は長い間下半身デブに悩み続けていて、そのうえ私の仕事が立ち仕事ということもあって夜になると足がむくんでしまって、 太い・ むくむ・ 痛いという三重苦で本当に困っていたんです(;_;) 長いあいだ下半身に対するコンプレックスを抱えつつ 色々な着圧タイツを試して履き続けてきたのですが、なんだかあまりパッとする着圧タイツに巡り合わないまま、それでも 履かないよりは履いた方が良いのかなぁというくらいの気持ちで着圧タイツを使い続けていたんです。 しかし、 「BELMISE ベルミス 」は、今までの着圧タイツとは全く違って効果抜群だったんです! では、「どんな風に効果抜群なのか?」について、知りたいですよね? 私だったら知りたいです(笑) 私も長い間ず〜〜っと自分にあった着圧タイツを探し続けていたので、 「もっと早くこの BELMISEに出会いたかったなぁ」という気持ちが強くて、是非多くの方に知ってもらえたらと思い、こうしてブログにしてみました。 泣 どーゆうことかというと おっちょこちょいな私は、そもそも「タイツ」と「レギンス」の違いもきちんと理解していなかったのです! そんな私は、初めて着圧タイツを買った時、タイツを買ったつもりでレギンスを買ってしまって足先が寒くてすぐに使わなくなるというもったいない思いをしました(笑) レギンスとタイツの違いなんて、日頃から何気なく使っているのでわからないですよね。 ですので、種類をここで簡単に説明しておきます。 着圧レギンス レギンスは足先が空いていたり足首までしかないのものを言います。 とは言っても、実は商品名に「レギンス」と書いてあっても足先が空いていないものもあったり、あるいは「7部丈」とか「9部丈」とか色々な種類もあるので、製品の注意書やイラストなどを細かくチェックする必要があります。 着圧ソックス ソックスタイプというものもあります。 ソックスタイプは普通の靴下のようになっているため、履きやすいし利用しやすいのが特徴です。 最近、話題になっている着圧ソックスといえば「ダイソーの着圧ソックス」ですよね。 100円で着圧ソックスが手に入る時代がくるとは・・でも、効果は疑問です。 しっかりした効果を得たいのであれば、やはりそれなりの価格がかかるのは当然だと思います。 また、産後に着圧ソックスを履いた経験がある方も多いかと思います。 着圧トレンカ 「トレンカ」という言葉自体、聴き慣れない方もいるかもしれませんが、足首までの長さで土踏まずに引っ掛ける部分があるものを「トレンカ」といいます。 製品名で「トレンカ」と書いてなくて「トレンカタイプ」のように小さく書いてある製品などもあるので気をつけてください。 着圧ストッキング その名の通り「ストッキング」なのですが、ストッキングと聞くとすごく薄くて通気性が良いものをイメージしてしまいがちですが、着圧なので実際はそんなに薄くないものが多いです。 着圧タイツ タイツというのは足先まで全てを覆ってくれているもので、一番慣れ親しんでいるものですね。 「BELMISE」は着圧タイツなので、足先まであるタイプです。 実際に履いた写真がこちらです。 おすすめはタイツタイプだから「BELMISE ベルミス 」をおすすめします 私が色々と試した経験でいうと、私のように足のむくみや冷え性に悩んでいる方はこのタイツタイプがおすすめです。 種類のまとめ 着圧タイツっていつ履くべきか、皆さんご存知ですか? 初めて着圧タイツを買った時、 私は全く知りませんでした。 ただ、普通のストッキングの代わりに着圧タイツを履けば良いんだろうなぁ、そんな感じで簡単に考えていたんです。 ですが、 実はそれではダメなんです!! 着圧タイツを今まで長く使っていて 私が一番困ったのは、実は着圧タイツを履くタイミングです。 最初に着圧タイツを履き始めた頃は知らなかったのですが、実は「 昼(日中)用」と「夜の就寝時用」があるということを後で知りました。 そしてそして、 実は昼夜兼用という、つまり1日中使えるモデルも登場しているんです。 「BELMISE」1日中使えるタイプなんです!これも私が「BELMISE」をおすすめする理由の一つです。 まずは、「昼用」と「夜用」をどう履き分けなければいけないのか、それぞれどのような特徴があるのか、その疑問にお答えします! 着圧タイツの「昼間(日中)用」と「夜(就寝時)用」の違い 先ほども少し触れましたが、 着圧タイツには「昼間(日中)用」と「夜(就寝時)用」があります。 そこで思う疑問・・ 昼(日中)用着圧タイツ・ソックス・・・圧力が高めに作られている 夜(就寝時)用着圧タイツ・ソックス・・・圧力が低めに作られている 着圧タイツの昼(日中)用と夜(就寝時)用の意味を正しく知ろう! 先ほど説明した通り、 「昼用」「夜用」という区分けで示されていますが、要するに 圧力が違うだけなんです。 ですので、「昼用」とか「夜用」という言葉に惑わされて履いていると思わぬ失敗をしてしまうこともあります。 もっとも大切なのは、「自分の活動様式に合わせつつ自分の身体に合った 最適な圧力のタイツを選ぶこと」です。 昼用と夜用での具体的な使い分け 確かに「昼用」「夜用」という言い方の方が分かりやすいのですが、私の場合は夜勤で、しかも立ち仕事ですので、それぞれどんな状況で履くべきかを明記してもらった方がありがたかったです。 そのような方は、お昼で仕事中だとしても「夜(就寝時)用」の着圧タイツを使用した方が良いと思います。 就寝時には下半身の血圧が低下しているため、圧力が高めの昼(日中)用を履いたまま寝てしまうと、足が痛くなってしまったり血液が足先まで回らずに冷えてしまったりと、痺れてしまったりと逆効果になる場合もあります。 かく言う私も、痛みで寝れなくなってしまった経験があります(;_;) 繰り返しになりますが、昼用とか夜用と言っても圧力が異なるだけです。 人それぞれ、最適な圧力が異なるためどれが良いとは一概には言えません。 それでも、 私が「BELMISE」をオススメするのはその圧力配分のバランスが圧倒的に優れていると感じたからです! 「BELMISE ベルミス 」は昼夜兼用で1日中使える! 「 BELMISE」は昼でも夜でも使用できる昼夜兼用タイプです。 実は、最近では昼夜兼用の着圧タイツやソックスが増えてきています。 色々な研究によって部位ごとに圧力を変えることによって、必要な部分に必要な圧力を適切にかける技術が開発され始めている証拠だと思います。 私個人として感じているのは以下の6点です。 それぞれ、感想を書いてみたいと思います。 ダイエット効果• 骨盤矯正効果• 「昼間(日中)用」と「夜(就寝時)用」を兼ね備え24時間使用可能• むくみ改善• 冷え性の改善• 「BELMISE」を初めて履いた際、足先から膝、お尻にかけて 各部位に調整された程よい圧力がかけられていて、座ったり立ったりする際に いつもより負荷がかかった様な感じがしてちょっと筋肉痛になる感じがしました。 その結果、 いつもと変わらない生活をしていながら筋肉量が増え、筋肉量が増えることで日常の基礎代謝が上がり、消費カロリーが増え、ダイエット効果につながるんです。 タイツを履いてただ暖かくて 汗をかくだけでは実は一切ダイエットにはならないんです。 ダイエットにはきちんと筋肉をつけることが大切です。 「BELMISE」は筋肉量UPを手助けしてくれるというわけです。 脂肪燃焼サポートを謳っている着圧ショーツとして「SLIMWALK スリムウォーク)」がありますが、タイツタイプではなくて膝上5部丈なので、私としては足先まであるタイツの「BELMISE」をおすすめします。 骨盤矯正のための着圧タイツとしては「メディキュット」が有名ですね。 私も「メディキュット」を使用した経験がありますが、メディキュットは「寝ながらすっきり」という夜(就寝時)用なので、一日中履くことを目的としていないものでした。 どうせなら、 部位ごとに圧力が調整されていて一日中使える「BELMISE」を買うべきだと思います。 「BELMISE」を使い始めてからは他の着圧タイツを試してみる機会が極端に減ってしまった私ですが、 着圧タイツ(ソックス)のおすすめランキングで検索してみても「BELMISE」より効果がありそうなものは見つかって い ません。 太っているのは置いておくとして(;_;)この足のむくみがずっと気になっていて着圧タイツを履くキッカケも足のむくみでした。 足のむくみが気になっている方には寝る時用の着圧タイツとして絶対に「BELMISE」をおすすめします。 これには大きな理由があって、かつて私が試した多くの 夜(就寝時)用の着圧タイツはどれも圧力が微妙だったんです。 これは私の経験談ですが、おそらく多くの夜用着圧タイツ利用者の方が同じ意見だと思います。 圧力が少し強いと寝れないくらい痛くなってしまう場合があります。 逆に、 圧力が弱すぎても効果がなくなってしまいます。 寝ている間に履いているだけでむくみを取る、のは本当に難しいんです。 冷え性を改善するためにはそれ以外の根本的な原因を改善する必要があります。 今まで書いたように、 筋肉量を増やして基礎代謝をあげ、 骨盤を矯正して正しい体型を維持し、 下半身がむくんだ状態のまま放置しないこと。 これが一番大切だと思います。 それらを総合的に改善するためにも、私は「BELMISE」をおすすめしています。 少し調べてみたところ、よく耳にする 「加圧トレーニング」の要領を応用しているという記事に出会いました。 24時間使える着圧タイツの替え時って結構悩んでしまうんですが、とりあえず複数枚購入して汚れたり気になったら交換するという感じで良いと思います。 とは言え、長時間履き続けることになるので出来るだけ衛生的にこまめな交換をおすすめします。 以上、私が実際に着圧タイツ「BELMISE」を使ってみた感想レポとおすすめする理由について書いてみました。 文章が下手ですごく長くなってしまったのですが、本当ならもっともっと書きたい事はたくさんあります(笑)でも、これくらいで伝わってくれると思います。 ぜひ「BELMISE」を使ってみて、下半身が痩せてむくみもなくなった!使ってみて本当に良かった!という女性が増えることを願っています。 ここまで読んでくださったみなさま、ありがとうございました。 「BELMISE」についての詳細はこちら.

次の

【2019年】着圧タイツおすすめは? おうち用・お外用、人気のアイテム徹底解説!

着圧タイツ おすすめ

どんなにダイエットしても、足だけが全く痩せないという人はいませんか。 その足の太さは、脂肪ではなくむくみが原因かもしれません。 簡単に言うとむくみとは、余分な水分が排出されずに体にたまってしまうこと。 重力の影響もあり、水は下に流れるので、自然と足は一番むくみやすい部位となります。 立ち仕事や同じ姿勢を続ける座り仕事、冷え性の人、また筋肉の少ない女性は基本的にむくみやすい体質です。 むくみをほおっておくと、脂肪の原因になったり、疲れや痛みを引き起こし、ひどくなると下肢静脈瘤になります。 下肢静脈瘤は立派な病気で、足の血管が青く浮き出たり、かゆみや痛み皮膚の変色、こむら返りなどの症状があります。 現に私の足のひざ下内側の一部分は、血管が青く浮き出ており、これはもうとれないそうです。 一番簡単にできるむくみ対策は、着圧タイツをはくこと。 着圧タイツは、その人気の高さから最近CMなどでもよく見かけるようになってきましたよね。 最近では、季節ごとに合わせた着圧タイツの商品から、ロングタイプの着圧タイツの商品など、様々なメーカーから様々な商品が多く販売されています。 価格もタイツにしてはそれほど安いわけではありませんし、どの商品を選べばよいのかと迷う方も多くいるのではないでしょうか。 ということで今回は、初心者の方にでもおすすめの着圧タイツについてご紹介していきたいと思います。 着圧タイツとは?履く効果やデメリットとは? 出典: 着圧タイツにはどんな効果が期待できる? まずは、着圧タイツの基本的な知識からおさらいしていきましょう。 着圧タイツとは、その名の通り、履くだけで足に圧力をかけるタイツのことです。 加圧することによって、血行をうながし、余分な水分を排出するメリットを感じられ、むくみの予防になります。 また最近はおなかや胸まである着圧タイツも販売されています。 また、着圧タイツはかなり加圧されるので、夏などはべたつくなんてことも。 その不快感を解消するために、メッシュ素材が使用された着圧タイツの商品なども販売されているんですよ。 腰回りを加圧することで、背筋がのび、正しい姿勢を整えスタイルアップが期待できます。 加圧することは運動効果も高めるので、脂肪燃焼の役割をうたったものも店頭で見かけますね。 医療用に開発された着圧タイツは科学的にも確かなメリットを望めます。 通常のタイツでも、多少は足に圧がかかりますが、はっきりと圧力の強さが、パッケージに数字で明記されているものを、着圧タイツと考えましょう。 着圧タイツの圧力は「hPa(ヘクトパスカル)」や「mmHg(ミリエイチジー)」という単位で表示され、1mmHgは約1. 3hPaで大きな数字ほど圧力は高くなります。 着圧タイツのメリット・デメリット では、着圧タイツのメリット・そしてデメリットとは何が挙げられるでしょうか。 着圧タイツ最大のメリットは、着圧タイツをはくだけで簡単にむくみ対策ができることです。 非常に手軽ですよね。 足に圧力をかけることで、マッサージの役割が望め、血行促進やたまってしまった余分な水分を巡らせるポンプのような役割を果たします。 むくみが原因の足のだるさや疲れを解消し、脚痩せも期待できます。 おなかまであるタイプは、腰回りに圧力をかけることで背筋をぴんとのばし、姿勢を正します。 背筋をのばすと自律神経が整うのだとか。 また美しい姿勢をキープすることは、スタイルをよく見せる基本となります。 むくみはマッサージや筋肉をつけることで改善できますが、忙しい人にははくだけの着圧タイツがやはり一番のおすすめ速攻対策です。 着圧タイツのデメリットは、足を締め付けすぎてしまって、血行不良を引き起こし新陳代謝を滞らせてしまう可能性です。 また着圧タイツは、加圧効果を優先させるため、生地が厚くなり、通気性が悪い場合も。 通気性が悪いと、足のかぶれや蒸れやにおいの原因になります。 圧力がかかっていて広がりにくく、足の部位によって締め付けの強さも違うため、正しい位置で圧力がかかるようきちんと履かねばならず、時間がかかってしまうのも難点。 通常のタイツに比べて値段も高め。 着圧タイツを履くのをおすすめするのはこんな人! 以上のことら、着圧タイツの基本的な知識をご理解いただけたでしょうか。 着圧タイツは、前述した下肢静脈瘤の治療のための医療器具から生まれました。 最大の目的はむくみ対策です。 むくまない人には不要なタイツと言えそうですが、日本人女性の二人に一人はむくみに悩んでいるというデータもあります。 むくみも度が過ぎると、様々な弊害を引き起こしますので、むくまない体作りのためにも、早めのケアが必要です。 ということでここでは、着圧タイツをどんな人が使用すべきなのか、実際に使用している私の観点からご説明していきたいと思います。 冷え性の人 出典: 日本人女性の8割は冷えに悩んでいると言われています。 ご自身の足を触ってみて、手のひらの方が温かいと感じたら、まず冷えています。 冷えは血行不良から起こることが多いため、体のめぐりが悪く、水分をためこんでしまう体質と言えそう。 特に心臓から遠い足は冷えやすく、血流やリンパ液が滞り気味なので、着圧タイツでサポートすると良いでしょう。 筋肉の少ない人 筋肉は、血液やリンパを巡らせるポンプの役割を果たします。 また脂肪は体を冷やしますが、筋肉は体を温めます。 女性が冷えてむくみやすいのは、男性に比べて脂肪が多く筋肉が少ないからだったのですね。 着圧タイツは、足に圧力をかけることによって、筋肉が果たすポンプ機能と似た役割が望めます。 運動不足の人 出典: 運動は、体を伸縮させて滞った水分を流れやすくし、むくみ対策に役立ちます。 運動不足になると、筋肉も減少し、血行も悪くなり、むくみの原因となります。 本当は運動でむくみにくい体を作ることが健康のためにも良いでしょう。 しかし運動による体質改善は時間がかかるので、目の前にあるむくみには、着圧タイツで即効ケアがおすすめです。 立ち仕事・座り仕事の人 体の水分は重力による影響もあり、体の下位部分である足にたまってしまいます。 特に立ち仕事や、同じ姿勢を続けるデスクワークはたまった水分を動かすことが困難になります。 特に上空では気圧が高くなり、身体が圧迫されむくみやすく、キャビンアテンダントのむくみ対策は深刻です。 むくみはもはや職業病とも言えそう。 日々のケアが必要になってきますので、着圧タイツでのケアがお手軽です。 足をきれいに魅せたい人 着圧タイツに直接脂肪を燃やす効果は望めませんが、余分な水分がたまることで起こるむくみがとれれば、本来の足の細さに戻ります。 また着圧タイツの中には、圧力をかけることで骨盤矯正や形状記憶 スタイルを整えたまま持続させる をうたっているものも販売されています。 これらのメリットでヒップの位置があがると足は長く見えますね。 また圧力により姿勢が整うとスタイルもきれいにみえます。 妊娠中の人 出典: 妊娠するとおなかが大きくなることで、血行が阻害され、むくみやすくなることがあります。 またホルモンバランスの影響で、水分がためこまれてしまうことも。 デリケートな時期なので、医師とよく相談しながら、身体に合った着圧タイツを選びましょう。 マタニティ用着圧ソックスも販売されています。 着圧タイツの選び方 着圧タイツは、医療用として使われていたのがツールであるため、健康な人には締め付けが強すぎる場合もあります。 自分の体に合った正しいものを選ぶことが大切。 選ぶときのコツをご紹介します。 用途で選ぶ 着圧タイツは利用したいシーン別に選ぶのがベストです。 日中に履くタイプを就寝中に使うと締め付けの原因にもなります。 どんな用途で使いたいか用途別に分けてみました。 日中に履く お仕事でずっと立ちっぱなし、ずっと座りっぱなし…などの方は足が浮腫みやすいので、着圧タイツを履くと楽に動けますよ! デスクワークで座りっぱなしの方はタイツやレギンスタイプではなくふくらはぎあたりまでの着圧ソックスがおすすめです。 フルレングスを履くと動かないのに締め付けられるので、かえって血流が滞る原因にも。 立ちっぱなしや歩きっぱなしの方はレギンスやタイツなどがいいですね!スカートやパンツに合わせて、そのまま履けるタイプもありますし、インナーとして履くなら薄手がいいと思います。 お仕事の場合は、黒色が無難かと思います。 またストッキングタイプの着圧タイツもありますよ! 夜に履く 夕方から夜にかけては1日の疲れが出て、足もかなり浮腫んで疲れています。 その浮腫みをそのまま放っておくと血流も悪くなり浮腫んだままにしておくと足がパンパンになってしまいます。 就寝中は締め付けのないゆったりとしつつも着圧感がある商品がおすすめ。 ニーハイタイプも使いやすいです。 ニーハイタイプは足先が、カットされて体温調節もしやすいです。 夜には日中用は絶対に使わないでくださいね! 夏に履く 夏は暑さを感じ、冷たい飲み物を飲む機会が多くなり冷房にあたったりと体が冷えやすくなります。 冷え対策にも着圧タイツはおすすめです。 夏に履くなら厚手ではなく薄手のさらっとした生地がいいですね!熱がこもらないように逃がしてくれるタイプのもの、メッシュ素材、接触涼感のものなどもあります。 冬に履く 冬に着圧タイツを履く場合は防寒も兼ねて厚手の商品もおすすめですよ!私は冬はルームウェアのインナーに着圧タイツを履いていますがやはり暖かいです! 冬に使うなら裏起毛もいいですね!ただ、冬は寒さで動きたくない~と思ってしまうことが多いので、着圧タイツを履いてずっと同じ姿勢でいるのは気を付けましょう。 運動中に履く 体を動かす時に着圧タイツを履くと運動効率がアップします。 ほどよく加圧してくれますし、運動しながらスッキリする感じも期待できます。 また毎日ウォーキングしたりランニングする方にもおすすめです。 運動用に筋肉部分を補強するような作りになっている商品もあります。 スポーツメーカーでも取り扱いがあるのでスポーツメーカーをチェックするのもいいですね! 飛行機などの移動中に履く 長時間飛行機に乗っていると、ずっと同じ姿勢でいるので血流が悪くなるエコノミー症候群になりやすいことは皆さんご存知かと思います。 着圧タイツを履くのもおすすめ!その場合は日中用の締め付け感が強いものなどではなく、就寝中のゆったり目の着圧タイツやふくらはぎまでのタイプなどがおすすめです。 圧力の強さで選ぶ 市販されている着圧タイツは、医療用よりは圧力が弱いので、着用にさほどナーバスになる必要はないのかも。 販売員さんとよく相談して購入しましょう。 まずは圧力効果の低いものから始めてみて、物足りなければ徐々に強さをあげていくと安心です。 以下が圧力の単位の目安です。 基本足首の圧力で判断します。 30デニール未満:透け感があり、タイツというよりストッキングです。 30デニール以上でタイツと呼びます。 夏場や普段使いに。 30~80デニール未満:薄手のタイツです。 着圧も軽く、ぴったりする程度 80~140デニール未満:冬場に人気なのが、この厚さ。 着圧も高くサポート感も高め。 140デニール以上:医療用に使われるタイツは、140以上が目安。 市販されているもので140以上のデニール数は、着圧というより防寒の高さが目的。 素材で選ぶ 着圧タイツは、強い圧力がかかっているため、丈夫なナイロンやポリウレタン素材などがメイン。 もちろん着圧はこの素材が多い方が高いのです。 ただ通気性が悪く、ムレやすくにおいの原因になることが難点。 長時間はく場合は、通気性のよいメッシュや綿素材が多いタイツを選びましょう。 最近は殺菌作用があり、におい対策ができるタイツも販売されています。 サイズで選ぶ 体に圧力をかける着圧タイツは、正しいサイズを選ばないと、間違った場所を締め付けてしまい、身体に負担がかかります。 タイツによって足にかかる圧力は、足首が一番強く、続いてふくらはぎ、ふとももと、足の上位部分に向かうにつれて弱くなってゆきます。 正しい圧力が正しい場所にかからないと、血行をうながすポンプ機能が上手に働きません。 小さいサイズを選ぶと、生地がのびて負担がかかってしまい、破れやすくなります。 大きいサイズは楽にはけますが、つま先があまってしまうことも。 サイズ表をよく確認し、自分の体に合ったものを選ぶようにしましょう。 カラーで選ぶ 近頃は、着圧タイツもさまざまなカラーが販売されています。 一番人気はブラック。 引き締まった色なので、足を長く細く魅せるメリットは一番です。 ファッションも選びません。 肌に近いベージュやオークルなら、ナチュラルな足に。 パステルカラーや白い洋服によく映えます。 自分の肌より少し濃いめを選んだ方が、すっきりとした足に見えます。 シンプルな装いやモノトーンの洋服のときは、カラータイツを差し色にすると、こなれたおしゃれが楽しめます。 ボルドーやネイビーは、案外洋服を選びません。 せっかくなので足元のおしゃれを楽しみましょう。 【夜・就寝用】着圧タイツ・着圧ストッキングおすすめ2選 1日の間に溜まってしまったむくみは、就寝中にケアするのがおすすめ。 ここでは寝ながら使用する着圧タイツ・着圧ストッキングをご紹介していきます。 こちらの商品は、脚だけでなくお尻にも焦点を当てた着圧タイツです。 下半身が少しずつ垂れてきているような気がする、たるんでいて自信が持てない、という方はスリムウォークのおやすみ美脚がピッタリ! 寝ている間に着用する物なので、心地良さがないと使いにくいですよね。 スリムウォークのおやすみ美脚は、段階的に下半身を着圧してくれる仕様になっています。 下から上につれ、着圧が低くなるので、寝ている時も安心。 心地良く着用できる工夫がされている点が好感触です。 着用感の良さにこだわる方も、大満足できる着圧タイツをお探しなら、こちらの商品がおすすめ。 愛用者も多い人気商品を、ぜひ体感してみてくださいね。 メディソックスナイト 圧力:情報なし デニール数:- 素材:ナイロン・ポリエステル カラー:パープル サイズ:M 注目ポイント:遠赤外線効果 遠赤外線仕様で冷え性の方にもおすすめ! 独自の加圧設定で、ふくらはぎや太もものケアに最適なのが、メディソックスナイト。 リンパの流れを良くすることが期待でき、気になるむくみに対処してくれる商品です。 生地にはチタンが織り込まれていて、ツボ押しも! また、遠赤外線効果のあるゲルマまで織り込まれている生地で、じんわりと暖かさを感じるのも嬉しいポイントです。 冷えは美容の大敵なので、冷え性の方はこちらの商品でしっかりケアしていきたいところ。 就寝中に寝苦しくならない伸び縮みする生地になっているのも、好感触!加圧しつつも伸び縮みする素材の着圧タイツで、着用感もバッチリです。 銀イオン仕様になっていて、消臭作用にも期待できるのが、こちらの商品のすごいところ。 機能性の良さが光る着圧タイツなら、メディソックスナイトにお任せあれ! 【運動・フィットネス用】着圧タイツ・着圧ストッキングおすすめ2選 着圧タイツや着圧ストッキングは、フィットネスにも最適なんです。 丁度良い加圧でフィットネスの役割も期待できる着圧タイツ・着圧ストッキングで、更に美脚を目指していきましょう。 おそとでメディキュット フィットネスアップ 機能性着圧タイツ 圧力:足首21・ふくらはぎ16・太もも11hPa デニール数:情報なし 素材:ナイロン・ポリウレタン カラー:ブラック サイズ:M・L 注目ポイント:抵抗テーピング仕様 日常生活に運動を取り入れたい方にピッタリ! メディキュットのフィットネスアップ着圧タイツは、普段の生活の中で無理なく運動を行える商品。 医学に基づいた段階圧力設計になっていて、日常生活を普通に送るだけでもフィットネスの役割も望めます。 通勤時や家事、仕事中などにこちらの商品を着用していると、それだけでエクササイズしたような感覚に。 フィットネスをしたくても時間がなかったり、モチベーションがなかなか上がらないという方におすすめ!水の中でのウォーキングから着想した抵抗テーピング仕様の着圧タイツで、無理なくエクササイズに取り組めそうです。 ブラックカラーのスキニータイツで、外出中も違和感なく着用できるデザイン性の良さも魅力的!ムラなく履くのが少し難しいとの意見もありますので、正しい履き方をしっかり確認してから着用するのがおすすめです。 太ももに程良い抵抗をかけ、運動などの効果を引き上げてくれます。 段階的に圧力をかけるコンプレッション機能もあり、着圧タイツとしての機能性は抜群! なんと言っても嬉しいのが、こちらの商品を着用した瞬間から脚を綺麗に見せてくれる効果がある点です。 着圧タイツを履いている間も美脚でいられるので、運動やフィットネスのモチベーションも上がります。 肌あたりも良く、着用感も最高なのがこれまた嬉しいポイント 伸び縮みしやすい生地が脚にフィットしますが、締め付けられるような感覚はありません。 フィットネス中も美脚でいたい方や、履き心地の良い着圧タイツをお探しの方におすすめの商品です。 【ストッキングタイプ】着圧タイツおすすめランキングTOP7 さて、ここからは実際に商品を使用している筆者が、おすすめ商品をランキング形式でご紹介していきたいと思います。 皆さんにぴったりの商品が見つかるといいなと思います! 【PR】シンデレラウォーク 美容整形で有名な湘南美容外科から販売され、累計販売数7万枚を突破したシンデレラウォークです。 ストッキングタイプの商品となっており、「履いているだけで瞬間補正」がコンセプトとなっています。 骨盤のゆがみやセルライトの発生と言った、女性が気になるお悩みに着目し、お腹やお尻、ふくらはぎの補正して理想のメリハリボディへのサポートをしてくれる商品です。 期間限定価格3,990円でシンデレラウォークを使用可能! カラーはブラック・ベージュの2種類から選ぶことができるので、私服でもオフィスカジュアルでも使用可能で、いつでもどこでも着ることができます。 購入リスクゼロキャンペーンとして、毎月先着100名様限定で「試し履きして気に入ったらお支払い」というサービスがあるので、使用してみて効果が感じられなかったら返品OK。 また、期間限定特別価格として1枚通常5,980円のところ、 約2,000円ほどお得な3,990円で購入が可能となっています。 第7位 スタイルアップ 骨盤サポートタイツ 圧力:足首28・ふくらはぎ22・太もも16hPa デニール数:140 素材:ナイロン・ポリウレタン カラー:ブラック・ネイビー・ダークグレイ サイズ:M・L 注目ポイント:ガードル機能でヒップとお腹周りをサポート まずはこちらの商品から。 こちらの商品の特徴としては、足の着圧だけでなく、骨盤までしっかりサポートしてくれる優れものであるということ! 骨盤がゆがむと体全体のバランスが悪くなりますので、美足に骨盤対策は必須。 ウエストまですっぽりと包んでくれる安心感のある着圧タイツです。 ガードル機能がついているので、これ一本でしっかりヒップとおなかもサポート。 140デニール数のしっかりとした着圧効果で美足効果も高め。 こちらの商品はカラー展開も豊富。 カラーは、ブラック、ネイビー、ダークグレイの三色、落ち着いたラインナップです。 2130円と、タイツとして考えるとややお高めな商品ですが、ガードル機能つきを考慮すれば妥当な値段です。 丈夫な商品なので長持ちです。 ただ、洗濯の際にはネットに入れるなどして丁寧に洗うようにしてくださいね。 第6位 着圧 タイツ ストッキング 圧力:情報なし デニール数:情報なし 素材:情報なし カラー:ブラック サイズ:M・L・XL 注目ポイント:脚からウエストまで着圧できる 次にご紹介するのがこちらの商品。 こちらの商品は、楽天で最も売れている着圧ストッキングです。 こちらは、タイツではなくストッキングタイプの商品。 おなかから足まで着圧がかかり、しっかりとサポートしてくれます。 はいているうちに脚になじんでくるのも気持ちいい。 足の着圧はしっかりしていますが、おなかまわりはゆったりと優しいはき心地。 ストッキングに近いタイツなので、春先までしっかりと活躍してくれます。 こちらの商品のカラーバリエーションは、魔法のスリムカラー、ブラックのみとなっています。 凛としたブラックは、加圧してくれるだけでなく、足を細く見せる色味です。 税込み1999円。 第5位 GUNZE ビューティシェイプ ストッキング 圧力:足首28・ふくらはぎ20・太もも11hPa デニール数:- 素材:ナイロン・ポリウレタン カラー:ブラック・バーモンブラウン・ナチュラルべージュ・ヌードベージュ サイズ:M・L 注目ポイント:フィット感に優れている 5位にご紹介させていただくのがこちらの商品。 こちらの商品は日本製糸業の老舗、グンゼから販売された着圧ストッキングです。 日本人の体になじみやすいぴったりとしたサイズ感が嬉しい商品となっています。 こちらの商品は2タイプあり、赤いパッケージは足首の圧力が28hpaで税抜き1800円、青いパッケージは20hpaで税抜き800円です。 色はブラック、バーモンブラウン、ナチュラルベージュ、ヌードベージュの4色。 カラーバリエーションが豊富なのが嬉しいですよね。 また、繊細な色分けは日本ブランドならではの嬉しい心使い。 800円の方はお手頃価格で、毎日使えるのが嬉しいですね。 第4位 スリムウォーク 美脚・美尻ストッキング 圧力:足首18・ふくらはぎ13・太もも10hPa デニール数:- 素材:ナイロン・ポリウレタン カラー:ナチュラルベージュ サイズ:S~M・M~L 注目ポイント: 4位にご紹介させていただくのがスリムウォークシリーズから販売されているこちらの商品です。 スリムウォークの商品は頻繁にCMなども流れていますし、ほとんどの薬局などでも販売されているほどの人気シリーズですよね。 着圧タイツといわれて思い浮かべる人も多いシリーズの商品なのではないでしょうか。 そんな中でこちらの商品はお尻を引き上げ、骨盤をサポートし、おなかも抑えてくれるガードル機能のついたストッキングです。 骨盤は女性の体をつかさどる大切な場所ですから、しっかりサポートすることが大切。 ほどよい着圧で、足をすっきりきれいに見せてくれます。 おなかから足にかけてのラインが気になる人におすすめの商品。 カラーは日本人の肌にぴったりのナチュラルベージュ、洋服を選びません。 普段使いにも大活躍なアイテムです。 税込み1580円はガードル機能付きを考えるとお手頃。 第3位 ワコール サクセスウォーク CV パンティストッキング 圧力:情報なし デニール数:- 素材:ナイロンなど カラー:ヌード・ブラック・ナチュラルベージュ・マロンクレール サイズ:S・M 注目ポイント:カラーバリエーションが豊富 3位にご紹介させていただくのが、日本を代表するワコールから販売されている商品。 日本の女性を研究しつくしてきたワコールの商品なら、その選択に間違いはありません。 こちらはストッキングタイプの商品。 着圧ストッキングではCV セヴォ シリーズが有名。 5~11までの数字は足首の圧力をしめす「mmHg」です。 人間工学に基づき、日本人の足の形にデザインされていますので、必ずぴったりのサイズを選んで。 でないと足先があまってしまいます。 シルクプロテインを加工したその贅沢さはワコールならでは。 つま先やおなかまわりは、メッシュで通気性もよくのびやすいサイコーの履き心地。 カラーバリエーションも、CR(102クリーミーベージュ)、OC(103カシュブラウン)PO(106ハニーピンク)、BE(107マロンクレール)BR(109サンタンブラウン)、BL(112ブラック)CB(211ナチュラルベージュ)と、とても豊富。 金額は着圧の強さにあわせて、税込み1296円から1944円まで。 第2位 寝ながらメディキュット 圧力:足首21・ふくらはぎ16・太もも11hPa デニール数:- 素材:ナイロン カラー:ラベンダー サイズ:M・L・スリムパックM・スリムパックL 注目ポイント:つま先部分がなくムレにくい 2位にご紹介させていただくのがメディキュットシリーズのこちらの商品。 メディキュットはスリムウォークと並んで非常に人気の高い商品が多いですよね。 こちらの商品も薬局などで多く販売されている商品だと思います。 メディキュットから販売された国内で一番売れている就寝時着圧タイツです。 ほどよい着圧感で眠っている間にむくみをしっかりケアしてくれます。 つま先はないので、熱がこもらず上手に放出しれくれます。 立ち仕事などでむくみが強い人におすすめの商品です。 就寝時用で人に見せるものではないので、しっかりと作られており長持ちするのもうれしいですね。 むくみ体質なら一つは持っておきたい商品です。 2700円とちょっと割高ですが、効果は期待大。 王道の着圧タイツの商品を試してみると、間違いはなさそうです。 こちらはイタリアの医師が開発した着圧タイツの最高級ブランドです。 イタリアはタイツの本場!イタリア映画で、セクシーなガーターベルトをつけた熟女が、男性を誘惑するシーンはお約束です。 それほどイタリアが美しく健康的で妖しい足のために、タイツに向ける情熱は、すごいのです!イタリア製のタイツを選べばまず間違いはないでしょう。 身に着けてすぐのほっそり効果と、透明感が魅力。 70デニール、140デニールから、それぞれブラック、ベージュ、ヌーディーベージュの三色が販売されています。 値段は2400~と少し高額ですが、ここぞというときの勝負タイツとして活躍しそうですね。 ヒップを綺麗に見せる丁度良い位置に設定できて、ウエスト周りをスッキリと見せてくれる効果にも期待できます。 下半身をすっきりと綺麗に演出できるので、特別な日にも最適な商品です。 80から100デニールほどのデザインで、シワになりにくい設計になっているのが嬉しいポイント。 キュッとした引き締め効果のある着圧タイツをお探しの方におすすめしたい商品です。 第4位 おそとでメディキュット ボディシェイプ 着圧タイツ 圧力:足首20・ふくらはぎ16・太もも11hPa デニール数:情報なし 素材:ナイロン・ポリウレタン カラー:ブラック サイズ:M・L 注目ポイント:ウエストシェイプテーピング機能 外出用にピッタリなスリムタイプの着圧タイツ おそとでメディキュット ボディシェイプ 着圧タイツは、下半身だけでなくウエスト周りをスッキリ綺麗に見せてくれるの特徴的な商品です。 脚部分の着圧はもちろん、ウエスト周りにもすっきり引き締めてくれる効果があります。 ウエストシェイプテーピング仕様になっていて、カロリー消費を上げてくれるのも嬉しいポイント! 普通に生活していて動くだけでも、カロリー消費効果に期待ができるのは魅力的ですよね。 外出時の着圧タイツとして優秀な、おそとでメディキュット ボディシェイプ 着圧タイツ。 自宅以外でもしっかり美脚ケアをしたい方に最適な商品です。 第3位 ピップ スリムウォーク シアータイツ 圧力:足首16・ふくらはぎ13・太もも10hPa デニール数:25 素材:ナイロン・ポリウレタン カラー:ブラック サイズ:SM・ML 注目ポイント:つま先補強 春夏秋冬みんな使える!便利すぎる着圧タイツならこちら 寒い時期も暑い時期も使いやすい着圧タイツといえば、ピップ スリムウォーク オールシーズン シアータイツ!25デニールの薄い生地で、透明感ある着用感が特徴的。 タイツの真ん中にいくにつれ濃くなっていくブラックカラーが、脚を自然に美しく見せます。 気になる下半身全体をすっきりとスリムに演出できるのが魅力的な着圧タイツです。 つま先がしっかりと補強されているので、長時間着圧タイツを履く方も安心して着用できるでしょう。 動いてもズレにくいマチありタイプな点や、抗菌防臭加工がされている点など、1日中しっかり綺麗な脚でいられる商品です。 第2位 Roi 働くオンナの着圧タイツ 圧力:足首24・ふくらはぎ20・太もも14hPa デニール数:120 素材:ナイロン・ポリウレタン カラー:ブラック サイズ:M・L・LL 注目ポイント:遠赤外線効果・足裏滑り止め加工付き 寒い時期でも使いやすいあったかタイプ! 寒くなってくると困るのが服装ですよね。 お洒落はしたいけど寒いのは苦手……、といった方におすすめなのが、こちらの商品!遠赤外線効果のある120デニールの生地で、寒い時期でも暖かく着用できるのが魅力的。 熱を蓄え、汗や湿気を逃がしてくれる素材で、ムレなく使える快適な履き心地!足首から太ももへと段階的に着圧を減らし、下半身部分をすっきりと引き締めてくれる効果に期待できるのも嬉しいですね。 また、ヒップ部分を綺麗に見せてくれる工夫がされているなど、自分の下半身に自信を持てるようになれる商品です。 耐久力に優れていて毛玉ができにくいのも、こちらの商品のおすすめしたい理由のひとつ。 足裏部分には滑り止め加工が施されているので、靴の中で滑ってしまうこともありません。 密度の高い60デニールの生地で保湿効果が抜群!寒い時期でも暖かさを感じられるのが嬉しいですね。 長い時間でも苦労せずに、下半身をキュッと引き締めてくれますよ。 マットな質感になっているブラックカラーのタイツは、外出時のお洒落に最適。 ファッションの邪魔にならずに洗練された雰囲気を演出してくれます。 抗菌・防臭加工が施されているなど、非の打ち所がない優秀商品です。 【裏起毛・防寒】着圧タイツおすすめランキングTOP5 第5位 裏起毛 タイツ レディース 引き締め 着圧 2足組 圧力:情報なし デニール数:160 素材:ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン カラー:ブラック サイズ:MからL、LからLL 注目ポイント:履き心地が良い 寒い時期には暖かくしていたいですが、お洒落もしていたいですよね。 ぼわっとすることなくスリムに脚を見せられるのが、こちらの商品の注目ポイントです。 ずっと履いていたいくらいの心地の良さが特徴的で、裏起毛素材の暖かさ最高級。 太もも部分から脚の先に向かって少しずつ圧をかけてくれるので、引き締め効果も抜群です。 着圧タイツの履き心地が苦手な方にも自信を持っておすすめできる商品。 寒い時期のお洒落にピッタリですよ。 第4位 1900デニール 着圧タイツ 裏起毛 引き締め 圧力:情報なし デニール数:1900 素材:ナイロン、ポリウレタン カラー:ブラック サイズ:フリーサイズ 注目ポイント:37度の体温をキープ 高密度の裏起毛になっているのが特徴の、こちらの商品。 ふわっとした手触りが心地良いだけでなく、37度の体温をキープしてくれる効果もあるそうです。 寒さが苦手な方におすすめ。 嬉しいのが、防水タイプになっているところです。 飲み物をうっかりこぼしてしまっても安心。 雨や雪などの天気が悪い日にも重宝できる優秀アイテムです。 着圧による引き締め効果も高く、下半身全体をしっかりと綺麗に見せてくれるのが魅力的。 脚だけでなく、ヒップ部分も引き締めてくれますよ。 着圧になっていますが、伸び縮みする生地で履きやすいのも特徴的。 価格帯もお手頃で購入しやすいので、コストパフォーマンスにも優れているでしょう。 第3位 COSOPHILOタイツ レディース 着圧 1200デニール 圧力:情報なし デニール数:1200 素材:ナイロン、ポリウレタン カラー:ブラック サイズ:身長150から175㎝ 注目ポイント:毛布にくるまれているような暖かさ とにかく暖かな着圧タイツが欲しい!という方におすすめなのが、こちらの商品です。 まるで毛布にくるまれているような暖かさで、寒い冬を乗り越えるのに最適!寒さに震えてお洒落ができずに困っているなら、こちらの商品をチェックしてみてください。 伸び縮みしやすい生地になっているので、どんな方でも着用しやすいのが特徴のひとつ。 SからXLの方まで、幅広いサイズ感を実現してくれています。 こちらの商品は、暖かさは抜群なのにもこもこして見えず、すっきりとした脚に演出。 足首までしっかりと高密度の裏起毛になっていて、暖かな空気を逃しません。 暖かさがあるのは嬉しいですが、スリムに脚を見せてくれなければ意味がありませんよね。 こちらは、通常のタイツと同様な外観で、暖かいのにすっきりとした見ためでいられるのが魅力的な商品です。 裏起毛タイプの着圧タイツはもこもこ感が見えてしまうのがイヤ、という方にも着ぶくれせずに着用できるのでおすすめ。 冷え対策になる上に通気性の良さに優れているのでムレることなく快適に履けるのも、注目ポイントのひとつ。 毛玉ができにくい点や、抗菌防臭加工が施されている点など、機能性の良さも最高クオリティ!着用した時の暖かさ、機能性、外観、全てのバランスが取れている商品です。 第1位 メディキュット 防寒 あったかつま先裏パイル 着圧タイツ黒 圧力:太もも10、ふくらはぎ16、足首20hPa デニール数:180 素材:ナイロン、ポリウレタン、ポリプロピレン カラー:ブラック サイズ:M、L 注目ポイント:着圧が強い 大手メーカー・メディキュットから販売している、こちらの商品。 暖かさと着圧、どちらも兼ね備えているスグレモノです。 裏地はパイル編みになっていて、冷たい空気を入り込ませない仕様。 つま先までしっかりと暖かくいられます。 お腹周りも暖かく、冷え対策をしたい方にぴったりな商品でしょう。 暖かさだけでなく、着圧まで兼ね備えているのがこちらの商品の魅力的なところ。 ほかの裏起毛着圧タイツよりも高い数値の着圧数で、引き締め効果にも期待ができますね。 寒い時期でも脚を綺麗に見せたい方に最適な着圧タイツです。 大手メーカーならではの安心感と、お手頃な価格帯、着用感の良さなど、非の打ち所のなさは見逃せません。 初めて購入する裏起毛着圧タイツにもおすすめしたい商品です。 【メンズ向け】おすすめ着圧ソックス2選 ここまでは女性用の着圧タイツをメインにご紹介してきましたが、飛行機の長時間フライトなどでは男性からも「着圧タイツが良い!」との声が。 ここからは、男性にもおすすめの着圧タイツをご紹介します。 Roi メンズ 着圧ソックス『俺の着圧極み』 着圧タイツの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、着圧タイツの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 高価格のものと比べて何がどう違うのか、実際に体験してみました。 100均着圧タイツの良い点• 100円のわりにはパフォーマンスを感じやすい• 履き続けてダメになってしまっても「100円だし」とすぐに次を購入できる 100均着圧タイツで気になった点• 糸がほつれやすい• 肌触りがイマイチ(個人差あり)• 圧迫感が強い 私が感じたのは以上の点です。 もちろん感じかたには個人差がありますので、気になる人は一度ぜひ試してみてくださいね。 着圧タイツ、正しい履き方してますか? 着圧タイツ、「ただ履くだけでしょ?」と思っている人、多いのでは? 実は正しい履き方をしないと、効果がないだけではなくて体に負担をかけてしまうこともあるんですよ。 着圧タイツの正しい履き方• はじめにストッキングをすべてたくして、椅子などに座りながら、つま先をピッタリはめて履く。 かかともピッタリはめながら足首までグッと引き上げる。 片足ずつふくらはぎ、ひざまで引き上げる。 ストッキングの前後をもち、股下に隙間ができないように左右交互に引き上げながら腰まで上げる。 着圧タイツを着用するときの注意点• 使用上の注意をよく読む 説明書を読まない人が多いですが、事前にパッケージなどの使用上の注意をよく読みましょう。 使用時間や使用方法を守ることで効果的に使用することができます。 体調に問題があるときは使用しない 着圧タイツは「ちょっと今日調子悪いな」という日には使用しないでください。 まずは医師に相談し、そもそも持病がある人は「着圧タイツを使用していいのか」を確認してから使用するようにしましょう。 お気に入りの着圧タイツを見つけよう! 出典: 実際に着圧タイツを使用している私がおすすめの商品をいくつかご紹介させていただいたわけですが、気になる商品はありましたでしょうか。 着圧タイツは、最近本当にたくさんのメーカーから販売されていますし、商品それぞれによって着圧加減も変わってきます。 夜用の着圧タイツとなると非常に丈夫な作りとなっていますが、洗濯を重ねるごとにどうしても伸びてしまったり加圧が弱まったりしてきます。 なるべく商品を長く使えるようにするように、商品の手入れには十分注意してくださいね。 また、様々な着圧タイツを試してみて、お気に入りの履き心地の商品を見つけてみてください!.

次の