オクラ の 育て か た。 藤田智監修・失敗しないオクラの育て方

オクラの育て方

オクラ の 育て か た

・オクラの種は、種皮が固めなので、1日種を水に着けてから植えると発芽率が良くなります。 ・種まきついては、以下の記事で詳しく説明しています。 残す株を一緒に引き抜いてしまわないように、残す株を指で抑えて他の株を引き抜きましょう。 茎が太く節の間が程よく詰まっていて、葉が濃い緑色でツヤのある元気な苗を選びましょう。 節間が長いものや、茎が細くがっちりしていないものは避けましょう。 ・苗の育て方と選び方については、以下の記事で詳しく説明しています。 苗の根鉢の土を崩さないように、培養土を入れたプランターの中央に苗を植えます。 株の一番下にある小さな子葉の下まで培養土を被せて土を平らにならします。 植え付け後は、たっぷりとプランターの底から水が流れ出るくらい水やりを行いましょう。 ・苗の植え付けについては、以下の記事で詳しく説明しています。 水やり オクラは乾燥に弱い為、土を乾燥させないように注意して水やりを毎日続けます。 わき芽取り 茎や葉が成長してくると、葉のつけ根からわき芽が出てきます。 鉢で育てる場合には、オクラへの養分も限られているので、株に栄養が吸収されるように、わき芽を摘み取る必要があります。 本葉と間違えないようにして小さなうちにすべて摘み取りましょう。 増し土 株の高さが20cm程度になると、オクラの根が植えた鉢のなかにいっぱいになります。 新しい根を育ててさらなる成長を促す為に、増し土を行います。 培養土を鉢の7分目くらいの高さになるまで足し入れましょう。 培養土には肥料が入っていますので、追肥の役目も果たします。 茎の頂上に花が咲いたら、栄養不足のサインです。 液肥を薄めて与えても問題ありません。 収穫 花が咲いた後に実が膨らみ始めて、さやが6〜7cm程度になったら収穫のタイミングです。 さやの付け根の部分からハサミ切って収穫します。 収穫が遅くなるとさやが固くなり、株も弱くなってしまうので、早めの収穫を心がけましょう。 蕾でも収穫をして天ぷらやおひたしなどで美味しく食べることができます。 早く収穫したい場合は、良い苗を購入して育てましょう。 特に本葉が出はじめる頃に発生するので、頻繁に葉を観察して駆除しましょう。 花を収穫して化成肥料を追肥しましょう。 よくある病気と害虫対策 病気 斑点病が発生することがあります。 (葉がモザイク模様になる) 収穫したさやより下の葉は2枚残して取り除いていくことで、風通しがよくなり予防することができます。 害虫対策.

次の

オクラの育て方に必要な5つのポイント

オクラ の 育て か た

・オクラの種は、種皮が固めなので、1日種を水に着けてから植えると発芽率が良くなります。 ・種まきついては、以下の記事で詳しく説明しています。 残す株を一緒に引き抜いてしまわないように、残す株を指で抑えて他の株を引き抜きましょう。 茎が太く節の間が程よく詰まっていて、葉が濃い緑色でツヤのある元気な苗を選びましょう。 節間が長いものや、茎が細くがっちりしていないものは避けましょう。 ・苗の育て方と選び方については、以下の記事で詳しく説明しています。 苗の根鉢の土を崩さないように、培養土を入れたプランターの中央に苗を植えます。 株の一番下にある小さな子葉の下まで培養土を被せて土を平らにならします。 植え付け後は、たっぷりとプランターの底から水が流れ出るくらい水やりを行いましょう。 ・苗の植え付けについては、以下の記事で詳しく説明しています。 水やり オクラは乾燥に弱い為、土を乾燥させないように注意して水やりを毎日続けます。 わき芽取り 茎や葉が成長してくると、葉のつけ根からわき芽が出てきます。 鉢で育てる場合には、オクラへの養分も限られているので、株に栄養が吸収されるように、わき芽を摘み取る必要があります。 本葉と間違えないようにして小さなうちにすべて摘み取りましょう。 増し土 株の高さが20cm程度になると、オクラの根が植えた鉢のなかにいっぱいになります。 新しい根を育ててさらなる成長を促す為に、増し土を行います。 培養土を鉢の7分目くらいの高さになるまで足し入れましょう。 培養土には肥料が入っていますので、追肥の役目も果たします。 茎の頂上に花が咲いたら、栄養不足のサインです。 液肥を薄めて与えても問題ありません。 収穫 花が咲いた後に実が膨らみ始めて、さやが6〜7cm程度になったら収穫のタイミングです。 さやの付け根の部分からハサミ切って収穫します。 収穫が遅くなるとさやが固くなり、株も弱くなってしまうので、早めの収穫を心がけましょう。 蕾でも収穫をして天ぷらやおひたしなどで美味しく食べることができます。 早く収穫したい場合は、良い苗を購入して育てましょう。 特に本葉が出はじめる頃に発生するので、頻繁に葉を観察して駆除しましょう。 花を収穫して化成肥料を追肥しましょう。 よくある病気と害虫対策 病気 斑点病が発生することがあります。 (葉がモザイク模様になる) 収穫したさやより下の葉は2枚残して取り除いていくことで、風通しがよくなり予防することができます。 害虫対策.

次の

オクラの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

オクラ の 育て か た

今日も私の住む地域は天気が良くて、すがすがしいです。 とはいえ、今日は畑を見てショックを受けました。 オクラの苗が枯れる うっかりやってしまいました。 今朝見たら、畑に植えたオクラの苗が地べたに突っ伏していました。 か、悲しい。 オクラは土に馴染むまでが気難しいようです。 もうすでに復活するのが無理な様子。 オクラ苗が枯れる 原因を調べてみると、他の野菜と同じく考えてオクラの苗の植え方を間違えていたようです。 難易度としては、オクラはトップ3に入るくらい慎重に植え付けをしなければならない苗でした。 トマトやピーマンは割と手を抜いても元気に育ってくれるのに対して、オクラは植えたときに痛みが発生しやすいようです。 どうやらズボラな私には向いていなかったか。 正しいオクラの苗の植え方 注意点1、苗を離さない オクラの苗は、通常2〜3本くらいくっついて売られています。 オクラの苗を植えるときは、その株を1本ずつバラして植えてはいけません。 (私のようの間違えないよう注意してくださいね) 私が引き離して植えたオクラの苗は、本来間引きするはずだったのだと考えて、枯れたオクラは結果オーライと考えることにします。 注意点2、ポッドから優しく取り出して植える オクラは繊細なので、ポッドから取り出す際に根鉢が崩れないようにしましょう。 根をほぐしてはいけません。 注意点3、間引きする 植えたオクラの苗うち、丈夫なものを1本残してそれ以外は間引きします。 ズボラな私はやりがちですが、そのまま引き抜いたりせずに、ハサミで根元部分を切って間引きします。 注意点4、気温が上がってから植える オクラが枯れる原因は、水不足だけではなく気温も影響しています。 オクラは高温多湿を好む野菜のため、低い気温だと生育が悪くなってしまうようですね。 霜にも弱いらしいので、植えるのであれば気温が上がった時期が好ましいです。 ちなみにオクラの生育温度は10〜40度ということなので、暖かくなってから植えるようにしたいですね。 以上が、オクラの植え付け方の注意点です。 のオクラは健在 に植えたオクラの苗は、しおれることなく今のところ元気です。 苗がもともと2本でどちらも太かったので、半分に分けても大丈夫だったようですね。 のオクラ苗 半分に分けたオクラが順調に育つのか? ちょっと実験も兼ねて、これから成長を観察していこうと思います。 ohanayasai.

次の