しもやけ 水ぶくれ。 しもやけ体質は遺伝する!しもやけの原因|なぜ足の指に出来やすい?

しもやけ体質は遺伝する!しもやけの原因|なぜ足の指に出来やすい?

しもやけ 水ぶくれ

スポンサードリンク 水ぶくれが足指に 画像がこちら 水ぶくれが足指にできました。 右足小指です。 出かける前にはなかったので、ほぼほぼ10キロ歩いたのが原因だと思われます。 普段デスクワーク中心、長めの移動には自転車か電車を使っているので、ガッツリ歩くことがありません。 足の指を押さえつけられると圧迫感を感じるので、靴の中で動かせるくらいの遊びがあるサイズを選んでいます。 子供の頃に、 「すぐに大きくなるから」 という理由で、常に大きめの靴を買い与えられていたのもあるのかもしれません。 靴の中で指が動かないと落ち着きません。 変な体重のかかり方してるんだと思います。 水ぶくれが足指に 原因はなに? 長く歩いてできた水ぶくれ 10キロ歩いて足の小指にできた水ぶくれは、靴のサイズが合っていないなどの理由で、 皮膚の一箇所を何度も摩擦してしまって、表面が浮き上がって出来上がります。 靴ずれと言われる状態です。 靴ずれの場合、足の小指、足の親指、足の裏にできやすいです。 水ぶくれの中の液体は、「 滲出液(しんしゅつえき)」といいます。 血液の中に含まれる成分で構成された、 皮膚の自然治癒を助ける働きがあります。 ケガなどで皮膚が損傷した際に、皮膚の再生のために水ぶくれができます。 やけど、日焼けで損傷した場合に水ぶくれができるのも、同じ作用です。 やけどの水ぶくれ やけどでできる水ぶくれは、重症です。 応急処置として、 患部周辺を素早く冷やしましょう。 水道水で30分ほどを目安に冷やします。 直接患部に水道水を当てると、皮膚が破れて悪化する場合があります。 周辺を冷やしましょう。 できた水ぶくれは潰さず、清潔なガーゼ、タオルなどで保護し、必ず皮膚科に行きましょう。 やけどの場合、 水ぶくれができた時点で、自己判断による治療は危険です。 市販薬の判断も難しくなります。 病院に行きましょう。 日焼けの水ぶくれ 日焼けは、やけどの一種です。 日焼けの水ぶくれも、やけどの水ぶくれと同じ考え方をしましょう。 応急処置はやけどと同様に、 冷やすことです。 水のシャワー、水風呂、氷枕、保冷剤をタオルにくるんだものなどで、患部を冷やします。 やけどと一緒で、日焼けの水ぶくれも潰してはいけません。 2~3日で症状は良くなってきますが、水ぶくれの大きさやできた場所によっては、ヒリヒリ具合がキツイです。 無理に我慢せず、 皮膚科で治療してもらったほうが楽です。 ここまでの水ぶくれは、皮膚が刺激を受けるという理由でできるものです。 突然できる水ぶくれ これ以外の水ぶくれ、心当たりがないのに出来上がった水ぶくれは、潰さずに早めに皮膚科に行きましょう。 口唇ヘルペス、帯状疱疹などの ウイルスが原因の場合や、 アレルギーが原因の場合などは、医師の診察を受けなければ判断が難しいです。 虫刺されやクラゲに 刺されてできる水ぶくれも、安易に判断しないほうがいいです。 知らない虫が出回ってる情報が、お医者さんには入ってきてるかもしれません。 クラゲも種類があります。 心当たりがない水ぶくれは、 とにかく早めに皮膚科です。 スポンサードリンク 水ぶくれが足指に 対処法は? そのまま 放置が基本です。 そのままで1週間もすれば治ります。 水ぶくれは、皮膚を再生するために出てくる液体が入っています。 雑菌が入らないように、無菌状態をキープして皮膚を再生する作業をしてくれています。 作業が終わると、液体は自然に組織に吸収されます。 当然、そのままが皮膚のためにはいいです。 問題は、生活の中で 破れてしまうことです。 水ぶくれができて、しばらく歩かなくていい場合はそのままでいいでしょう。 ただ、水ぶくれがあるからといって歩かなくていい人というのも、なかなかいないはずです。 トイレに走ってしまったり、会社に遅れそうになって走ってしまったり、階段から落ちそうになって足を踏ん張ったり。 予期せぬ事で破れてしまうことはあります。 なんのケアもしないまま、雑菌だらけの靴の中で破けてしまったら、水ぶくれの中の液体に申し訳ないです。 大きめの靴しか履けないおかげで、しょっちゅう水ぶくれができます。 水ぶくれ慣れしているもので、個人的におすすめの対処法をご紹介します。 破けた場合の準備をしておけばいいのですが、破けることに気を使ってしまうのが嫌なので、先に対処してしまいます。 破れることが無さそうな、小さい水ぶくれの場合は ほったらかしです。 大きいものは つぶしてしまいます。 今回の画像クラスのものはつぶします。 初めてこのキズパワーパッドを使ったのは、指を切ったときでした。 その指を切ったというのが、キャベツの千切りを作るときに使っていた スライサーでした。 小指の先をスパッとやってしまいました。 血だらけで薬局に絆創膏を買いに行ったときに、薦められて使いました。 驚きのスピードで治りました。 皮膚にピッタリくっついて、傷口にバイ菌が入りません。 結構な血の量だった割に、思っていた以上のスピードで小指の先っぽが再生しました。 元々が軍隊の足元ケアに開発されたものです。 足元に使って、効果抜群なはずです。 ピッタリくっついて早く治るのもいいのですが、 表面がツルツルなのが足指にはいいのです。 今回で言えば、表面がツルツルなおかげで、小指の傷口に貼ると薬指との 摩擦がなくなります。 それと絆創膏にちょっと厚みがあるので、痛みがないです。 貼り心地がいいのです。 突然のキズに備えておいていい絆創膏です。 キズパワーパッドは、使ってはいけない人もいます。 注意事項をよく読んで使いましょう。 まとめ 靴ずれの水ぶくれは、基本ほったらかし。 つぶれる恐れがあるならつぶしてしまうのが個人的にはオススメです。 靴ずれ以外の水ぶくれは、皮膚科に行きましょう。 心当たりのない水ぶくれは、 絶対皮膚科に行きましょう。

次の

くすりの話 131 「しもやけ」の正しい治し方

しもやけ 水ぶくれ

もくじ• しもやけの原因 しもやけは、体の先端がなりやすく、鼻の頭や耳たぶ、手足の指に発症します。 原因は、これらの部位の末端の血管が「冷えてしまう」ことや、「冷えて収縮、温まって広がるといった状態を何度も繰り返される」ことで、 調節機能がうまくいかなくなり炎症を起こしてしまうのです。 どんなときに発症しやすいの? 部屋の中と外気の差が10度以上ある季節は、しもやけを発症しやすくなります。 また、特に大人の場合 水仕事が多く、よく手が濡れている人は水分が蒸発する際に急激に冷えるため、しもやけが発症しやすくなります。 足の指にしもやけができやすい理由 足の指は、靴や靴下で覆われていることが多く、 蒸れやすいので、蒸れた後に冷えてしもやけを起こしやすい場所です。 特に冬は、ブーツや厚手の靴下を履く人が多いので、暖かいところにいると蒸れて、外に出ると冷えるのが、足の指のしもやけの原因となります。 しもやけの体質は遺伝する?子どもがなりやすいわけ しもやけ体質は遺伝する しもやけは遺伝することがわかっています。 両親のどちらかがしもやけになりやすい体質だと、子供にも遺伝する可能性があります。 子どものしもやけ。 大人とは違う原因があるの? 子供は、寒い日でも、長時間外で遊びます。 手足や顔が冷えていても気にしないので、しもやけになりやすいと言えます。 さらに子供は、よく動いて汗をかきます。 汗をかくとその後に冷えてしまい、しもやけを発症しやすくなります。 特に靴の中が蒸れていると足の指のしもやけになります。 また、前項でもお伝えしたように、 遺伝でしもやけを起こしやすい子供もいます。 しもやけの改善・予防方法 しもやけができてしまったら… 冷やさないようにして、温めてください。 また、よくならない場合は、 なるべく早く皮膚科を受診して、薬を処方してもらいましょう。 治療には、 ビタミンEを含んだ塗り薬が使われます。 ビタミンEを含む保湿クリームは、薬局やドラッグストアでも気軽に手に入るので、すぐに病院に行けないときは活用しましょう。 しもやけは、ひどくなると赤く腫れ上がり水ぶくれが起きる場合もあります。 そういった症状がある場合は、飲み薬も使います。 しもやけの予防法 寒い時期に外に出る際には、耳当てやマスク、手袋などで防御してください。 また、靴は蒸れにくいものを使用し、汗を吸い取る5本指靴下などもおすすめです。 水仕事が多い人は、手が濡れたらすぐに水気を拭き取り、保湿クリームを塗って皮膚を保護してください。 あまりにもひどいと、病気が原因の場合も しもやけと似た症状の病気 しもやけと似た症状が出る エリテマトーデスという病気があり、20〜40代の女性に発症します。 皮膚症状の他にも様々な全身症状を伴います。 見た目だけでは、しもやけとの区別が難しい場合もあり、検査を行い診断されます。 しもやけを繰り返す、しもやけの症状が激しいといった人は、皮膚科に相談してみましょう。 まとめ ただのしもやけだと思って放置していると赤く腫れ、体が温まるとズキズキと痛みを感じるようになります。 痛痒くて辛いときは、早めに治療しましょう。 特に女性の方は、しもやけに似た別の病気の可能性もあるので、症状が頻繁に出る場合は、 皮膚科を受診してください。

次の

しもやけ・・・通院?市販薬?

しもやけ 水ぶくれ

しもやけには種類がある! 足の指にできるしもやけには、2つの種類があります。 熟れた柿のように晴れ上がることから樽柿型と呼ばれるようになりました。 外気が当たって冷えやすい耳たぶや鼻の頭にも、樽柿型のしもやけができやすいです。 足の指にも、もちろんできやすく、症状が進むと、水ぶくれが破れて、 出血することもあります。 樽柿型とは違い、皮膚の腫れは酷くないものの、 赤い発疹が指にあらわれ、 かゆみを伴います。 悪化すると、冷たい空気に触れるたびに 痛みを感じるようになってしまいます。 足の指のしもやけができる原因 足の指にしもやけができる一番大きな理由は、体温の低下や気温と皮膚の温度差による 血行不良です。 しもやけになる具体的な行動としては ・お風呂あがりに、足の指の水分をしっかりとタオルで拭き取っていない ・靴下が湿った状態でも替えない ・寒いのに靴下を履かない ことが原因と考えられます。 お風呂上りに、皮膚の温度が上がっている状態で、足の指を濡れたまま放置すると、皮膚についている水分が蒸発して、皮膚の温度が下がってしまいます。 湿った靴下も同様で、皮膚の温度が下がるというのは血行が悪くなり、しもやけができやすくなる最大の要素です。 また、食生活にも関係性があり ビタミンEが不足していると、しもやけになりやすいと言われています。 スポンサードリンク 足の指のしもやけを予防する方法 足の指のしもやけを予防する方法は、しっかりと 保温を行い、靴下や靴が蒸れないようにすることです。 冬場でも暖房で汗を掻いてしまい、外との温度差で汗が蒸発して、皮膚の温度が急激に下がることがあります。 お風呂上りも、足の先まで水分をしっかりふき取り体温の低下を防ぎましょう。 靴や靴下はなるべく、通気性がよいものを選びましょう。 特に 5本指タイプの靴下は、しもやけ対策におすすめです。 保温を行い、血の巡りをよくしておくことも大切です。 しもやけは血行が悪くなることで、できやすくなります。 冷え性で足の指が冷たくなりやすい人は、特に気をつけたほうがいいでしょう。 寒い地域や雪国でなくても、しもやけになる可能性はじゅうぶんにあります。 家庭でできる一番簡単な方法は、水とお湯に足を交互に浸けるという方法です。 足の指がしっかりと温まるまで、お湯につけると血管が広がります。 じゅうぶんに広がったら、今度は冷たい水に足をつけて、血管を細く収縮させます。 これを繰り返すことによって、血管の働きを鍛えて、血行をよくすることができます。 お湯は40度くらいで水は常温に調整しましょう。 何度か繰り返した後は、患部をしっかりと乾かして、温めながらマッサージをしましょう。 優しく揉むくらいの力加減がポイントです。 力を込めすぎると、しもやけが悪化してしまいます。 2、ビタミンEを摂る 意識的にビタミンEを含む食事をするようにしましょう。 ビタミンEには血行を良くする働きがあります。 ビタミンEが多く含まれる食材は、 ナッツ類、うなぎ、いわし、モロヘイヤ、ほうれん草、たらこ、植物油等があります。 3、塗り薬 基本的にはビタミンEやヘパリン類似物質が配合された軟膏薬を塗りましょう。 また、かゆみを感じる時は炎症を抑えるため ステロイド外用剤を使用するのが効果的です。 オロナインやメンソレータムでマッサージするのも血行不良の改善にいいと思います。 スポンサードリンク 夏のしもやけとは しもやけは寒い冬だけの病気ではありません。 夏にも、しもやけができる可能性があります。 しもやけの原因には『 温度差』もあります。 現代社会は夏場でも冷房が効いているため、部屋の中と外では大きな気温差が生まれてしまいます。 汗を掻いて、足の指が蒸れやすくなるのも、夏のしもやけが起こる原因でしょう。 夏のしもやけは、大人よりも子どもにあらわれやすいといいます。 子どもの足の指が赤紫色になって腫れていたら、しもやけを疑ったほうがいいかもしれません。 まとめ 足の指のしもやけは、北海道や東北地方といった雪国に住んでいる人だけが罹る病気ではありません。 しもやけができる原因には温度差もあります。 外出の際には皮膚の温度が急激に低下してしまわないよう、しっかりと靴下を履いて出かけるようにしましょう。 湿気対策として、通気性が高い靴下や靴を履くのも、足の指のしもやけを防ぐのに有効な予防法です。 しもやけになった時は、 皮膚科を受診しましょう。 関連記事としましてはこちらもご参考下さい。

次の