ポケモン徹底。 ポケモンソード・シールド (剣盾) 攻略

ポケモンソード・シールド (剣盾) 攻略

ポケモン徹底

2019年9月12日にドラクエウォーク (DQウォーク)がリリースされてから、早いもので1週間以上が経過した。 わずか数日でダウンロード数は500万オーバーとさすがの人気を見せ、何かとポケモンGOと比較されることも増えている。 同じ「位置情報ゲーム」だけに、そうなるのは仕方ないかもしれない。 しかし、この2つは似ているようで意外と違う。 記者(私)は1日足りとも欠かさず二刀流でプレイするヘビーユーザーなのだが、それぞれに良さがあるのを実感している。 電池の減りが史上最速という問題点を除けば、楽しい位置ゲー生活を送れているのだ。 ・ポケモンGOの良さ 今の今になって説明する必要もないだろうが、ポケモンGOは2016年7月にリリースされた。 3年が経つもいまだに人気は継続中で、ゲームが進化し続けることで不動の地位を確立。 一時期、低迷したような気もしたが「レイドバトル」をきっかけに復活を果たしたように記憶している。 現在、イベントがあろうものなら中心地には人だかり。 何ならそれが引き金となって、経験もあるくらいプレイヤーの熱量はスゴいものがある。 しいて問題点を挙げるならば、 田舎でプレイすると地域格差が生まれてしまうこと。 さまざまな対策が施されているが、解消されるには至っていない印象だ。 とはいえ…… 何かしらハマるポイントがなければ、ここまで爆発的なヒットはしない。 個人的にはポケモンという分かりやすいメガコンテンツ、シンプルなゲーム性が初心者に優しいのが大きかったと推測する。 現にいまや老若男女…… ポケモンを知らなかった年配がプレイしている姿も珍しくなく、健康の一助になっているような気もする。 その努力の甲斐あってか、最近ではカムバック or 新規登録する人もよく見かける。 リリース当時に比べ、ゲームの質が格段に向上しているから納得である。 また、もともとポケモンが 世界規模で親しまれているゲームというのも大きい。 その分、プレイ人口は多いし、先日には新たなポケモン(イッシュ地方)が追加されて次々にアップデートと「新しさ」も忘れない。 それでもストックはまだまだあるからプレイヤーはちょっとやそっとじゃ離脱しないし、当分このブームは続きそうだ。 ・ドラクエウォークはどう? 一方のドラクエウォーク。 こちらは 正直に言うと想像以上だった。 フタを開けてみたら、めちゃくちゃ面白いのだ。 誰にでも分かるように伝えるなら「ついついずっとプレイしてしまうような面白さ」と言おうか。 ドラクエという歴史あるRPG(ロールプレイングゲーム)と位置ゲーを見事に融合させている。 ただ、ドラクエシリーズをやったことのあるプレイヤーはすんなり入れるものの、初心者のハードルが少しばかり高いように感じる。 ポケモンGOのシンプルさと比べたら、やはりドラクエウォークはある程度の知識がないと始まらない。 それだけに、ポケモンGOのように年配層まで幅広く取り込むのは難しいところか。 ・ドラクエウォークの高評価ポイント そうは言っても、ドラクエウォークには評価したいポイントが盛りだくさん。 例えばポケモンGOでいうところのレイドバトル的存在の「メガモンスター討伐」。 ポケモンGOはボスを倒すまでその場にいる必要があるが、ドラクエウォークは エントリーしてしまえば離れてOK。 仲間を集う制限時間も60秒(ポケモンGOは120秒)とアッサリしているのもヒジョーに快適で良い。 A post shared by haradatakac on Sep 17, 2019 at 8:20pm PDT さらにはソロで討伐も可能、目標(クエスト)達成のために目的地の位置を自由に選べるなど、地域格差が出ないような工夫も施されている。 加えて オートプレイがあることでスマホと にらめっこ する必要もないし、ドラクエに不可欠な「レベル上げ」するにも便利だ。 それで安全面も考慮されているのだから、かなり快適にプレイできている。 まだ日は浅く、今後どのようなゲームになっていくのかは未知数だが、今のところは好発進と言っていいだろう。 ・外に出ようとする面白さがある どちらもガッツリやり込んでいる身からすると、ポケモンGOは初心者にとって敷居が低く年齢問わずに楽しめる。 ドラクエウォークは少しばかり予備知識が必要とされるも、1つのゲームとしてすでに完成しているといったところだ。 二刀流でプレイするのは目が回るような忙しさだが、1つ断言できるのは共通して 外に出ようとする面白さがあること。 これまでさまざまな位置ゲーが登場したが、2大巨頭が揺るがない未来は近いような予感がする。 執筆: Photo:RocketNews24. ScreenShot:ポケモンGO、ドラクエウォーク (iOS).

次の

ポケモン徹底攻略 〜ロックマンエグゼ風 新感覚ネット対戦ゲーム〜

ポケモン徹底

by: ポケモン徹底攻略(ポケ徹)と言えば対戦プレイヤー全員がお世話になったことのあるデータベースサイトです。 この記事ではポケ徹管理人が報告した無断転載についてまとめていきます。 ポケモン徹底攻略管理人が企業系Wikiの無断転載を告発 ・特性などの文章をそのままコピーされている ・以前は4社に無断転載され、1社からは謝罪があった ・しかし今回もアルテマに無断転載をされている 企業系Wikiが登場して以来、個人運営攻略サイトの検索順位が落ちている現状にあります。 『ポケモン徹底攻略』さんもその影響を受けているサイトの1つであり、最近ではポケモンの名前を検索すると企業系Wikiがトップに表示されます。 しかしデータが揃っていないことが多く、本当に知りたい情報が掲載されていません。 今回はそのデータすらも無断転載で仕入れた情報だとポケモン徹底攻略さんが告発し、Twitter上で大きな話題となっています。 企業系攻略サイトひどすぎませんか。 実は以前にも大企業「4社」から特性や技の文章などを丸コピー等されていることを確認し、修正を依頼したのですが、平謝りするだけで、謝罪に来られたのは1社だけでした。 続 — ポケモン徹底攻略|16年運営 poketettei 聞けば、この業界内では当たり前のように無断転載が横行をしており、「社員」の感覚が麻痺していたとか何とか。 記事は社員が書いています 上場企業であるから、公表すれば他社を含めて大問題になる云々言われ、こちらも忙しいので、修正とリンクだけで許していました。 続 — ポケモン徹底攻略|16年運営 poketettei アルテマ。 4社のうちの1社です。 前回は平謝りしておきながら、今回もまた全く同じことをやっているので、ここに告発します。 これが従業員1000人近い大企業がやっていることです。 本当に酷すぎる。 画像は前回、指摘した時のメールです。 — ポケモン徹底攻略|16年運営 poketettei こんなことが横行していては、攻略サイトの文化が途絶えそうです。 それは、プレイヤーの皆様にとっても不利益ではないでしょうか。 上場もしている大企業ですから、きちんと公表し、会見を開いてほしいと切に願います。 — ポケモン徹底攻略|16年運営 poketettei こういうことが当たり前に横行しているのだから、その他のコンテンツも信用できたものではありません。 — ポケモン徹底攻略|16年運営 poketettei.

次の

【ポケモンGO】カメックスの弱点と対策ポケモン倒し方を徹底解説!

ポケモン徹底

小学生の頃、当初は親にゲームボーイを禁止されていたので、スーパーゲームボーイをテレビに繋いでポケモン赤をプレイ• あまりの"いつでもどこでも"ポケモンやりたさに、ゲームボーイを友達から借りて遊んでいたら、程なくして親に買ってもらえる• 毎日早起きして学校に行く前の30分から1時間ほどポケモン金をプレイ• 下手くそなポケモン漫画を描いて友だちたちに押し付ける• 中学生の頃、Windows95とダイヤルアップ接続でミュウの裏技を調べるうちに、Webサイトの作り方に興味を持ち、自分のサイトを始める• ハマっていたマリオストーリーを学校の先生もプレイしていると聞きつけ、コピー紙で攻略本を作って押し付ける• 高校生の頃、サイト運営の楽しさと、現実とのギャップに不登校になりかける• 新海誠監督が好きすぎて、新海作品を毎日見続けるうちに背景の絵が描けるようになってくる• 大学生の頃、ポケ徹オフ会を開催し、そこで出会った方たちの支えもあってポケ徹の知名度も上がり始める• pixivフェスタにイラストを出展したところ、イラストレーターの知り合いが急激に増える• ポケ徹の運営をしながらなんとか大学を卒業する• 某大手ITベンチャーに入社するも、忙しくてポケ徹の管理ができなくなったため、1ヶ月足らずで会社を辞める• 会社を辞めた直後から3ヶ月缶詰になり、大学時代から進めていた同人フリーゲームを何とか完成させる• この頃、イラストのスキルが少し上がり、イラストの仕事を受けられるようになる• 翌年、軽い思いつきで作ったFlashの音楽ゲームが大ヒットし、様々な会社と取引ができるようになる• 翌年、思い切って自宅兼事務所のような形でアルバイトを雇って上記ゲームを進化させるも、まったく人気が出ず、右肩下がりが続く• XYの頃からポケモンの新作発売日に自宅に友達たちを呼んで、ほとんど不眠不休で攻略を手伝ってもらう合宿スタイルが確立する• 再び1年間ひとり缶詰となり、ゲームアプリを開発すると、これがヒットする• 友人と新たなゲームアプリの開発に1年間挑むも、未完のままプロジェクト終了• 新たなヒットもなく、右肩下がりが続く日々• 現在、新たな人気サービスを作るべく奮闘中...!

次の