岡山 映画。 【BAR × 映画 】岡山に映画をテーマにしたBARを作りたい!!

映画『精神』公式サイト

岡山 映画

com以下のディレクトリ(以下「当サイト」)>にお いて以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全委員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることに より、個人情報の保護を推進致します。 個人情報の管理 当委員会は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュ リティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。 個人情報の利用目的 お客さまからお預かりした個人情報は、当委員会からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用い たします。 個人情報の第三者への開示・提供の禁止 当委員会は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。 ・お客さまの同意がある場合 ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当委員会が業務を委託する業者に対して開示する場合 ・法令に基づき開示することが必要である場合 個人情報の安全対策 当委員会は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。 ご本人の照会 お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。 法令、規範の遵守と見直し 当委員会は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努め ます。 免責事項 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いま せん。 また、当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、コンテンツ内容の正確性・安全性・ 最新の情報であるか等について保証するものではございません。 当社は当サイトに掲載した情報の訂正・修正・追加・中断・削除等をいつでも通知 することなく行うことができるものとします。 当社に掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。 お問い合せ 当委員会の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。 送料などの商品代金以外の付帯費用 振込手数料は寄付者負担となります。 代金の支払時期 本サイト公開後から映画公開日の1週間前までとし、期日については決定後速やかに記載いたします。 申込みの有効期限 本サイト公開後から映画公開日の1週間前までとし、期日については決定後速やかに記載いたします。 商品等の引き渡し時期 寄付金のため該当なし 返品の可否と条件 寄附金は返還されません。 やむを得ない理由で本作品の映画製作が中断された場合は、それまでにかかった費用を差し引いた残額を 、備前焼映画製作と同目的である備前の文化芸術の振興に関する活動への活動資金に充てられます。 趣旨 指定伝統工芸品である備前焼のふるさと岡山県備前市で、映画製作によって地域に活力を創造しようという想いで始まったプロジェクトです。 岡山芸術文化賞功労賞受賞作品であり、備前焼をテーマにした漫画「ハルカの陶」を原作に、著名なキャストと共に、末永く愛される映画作品を目指しています。 本プロジェクトでは積極的に市民の皆さんに映画づくりの協働を呼び掛けており、映画づくりへの参加を通して、地域の魅力を再発見していただき、また製作された映画の上映を通して、多くの人に備前に訪れて頂くきっかけにしたいと思っています。 「ハルカの陶」の映画化を推進する「備前焼映画製作推進委員会」が2018年6月に発足しました。 委員長に備前市長・ 田原隆雄氏、副委員長に木村宏造氏が就任しました。 音楽:佐藤礼央 CM、TVの映像音楽の作曲、編曲、プロデュースを手掛けるなど、多彩な活動を展開するアーティスト。 「第12回 ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展」日本館のコンセプト映像。 映画2013年『桜姫』、2014年『ラジオの恋』、2015年『シネマの天使』等多数。 あらすじ 東京で日々を無為に過ごしていたOLの小山はるか(25)はある日、偶然訪れたデパートの陶芸展で備前焼の大皿に一目惚れし、作者の 若竹修(41)に会うため備前焼の町、岡山県備前市伊部を訪れる。 弟子入りを願うはるかをぞんざいな態度で追い返す修に対し、「備前焼をつくるのは 土、火、そして 人じゃ」と諭す人間国宝の榊陶人(68)。 そんなはるかの姿を見て修もまた、次第に心を開き始めるのであった。 岡山県オールロケを敢行、備前焼祭りや窯焚きの迫力ある映像を織り交ぜながら伊部で繰り広げられる様々な人間ドラマを通じて『備前焼の魅力』を描き、国内はもちろん、海外への展開も視野に製作を行う。

次の

イオンモール岡山公式ホームページ :: イオンシネマ岡山

岡山 映画

サービスデー 毎月1日 12月1日以外 ・14日1200円• レディースデー 毎週水曜日1200円• 夫婦50割引 2400円• レイトショー 20:00以降1300円• 映画の日 12月1日 1000円• 1ch スクリーン2 433座席 デジタル5. 1ch スクリーン3 250座席 デジタル5. 1ch スクリーン4 116座席 デジタル5. 1ch スクリーン5 92座席 MediaMation MX4D スクリーン6 205座席 デジタル5. 1ch スクリーン7 85座席 デジタル5. 1ch スクリーン8 85座席 デジタル5. 1ch スクリーン9 101座席 デジタル5. 1ch スクリーン10 101座席 デジタル5.

次の

岡山

岡山 映画

『精神』の撮影は、岡山県岡山市の「こらーる岡山診療所」を主な舞台として、2005年の秋と、2007年の夏に行われた。 延べの撮影日数は30日程度。 約70時間分の映像素材を得た。 編集作業はニューヨークで行われ、約10ヶ月間を要した。 監督である想田の義母・柏木廣子は、高齢者や障害者の在宅支援をするNPO法人・喫茶去の代表。 柏木とこらーる岡山は、仕事上の関係が深く、想田はこの義母を通じてこらーるの存在を知り、2004年に撮影許可を申請した。 こらーる岡山では、当事者主体の活動会議などで撮影許可の可否を論じ、監督が患者ひとりひとりから撮影の了解を得ることを条件に、受け入れを決めた。 撮影の大部分は、想田と想田の妻で製作補佐の柏木規与子の2名で行われた。 舞踊家・振付家である規与子は、以前こらーるの行事で踊りを披露したこともあり、患者の多くと既に顔見知りだった。 今回の撮影では、カメラの横で想田の補佐をした。 想田と規与子は機材持参で待合室などへ出向き、そこにいる人々ひとりひとりに自己紹介し、撮影許可を求めた。 しかし、10人中8人から9人は撮影を拒んだ。 患者の多くは、友人や職場の同僚、あるいは家族にさえ病気の事実を隠していた。 撮影に同意してくれる患者が現れず、カメラを一切回すことができない日もあった。 (敬称略) こらーる岡山は、岡山県岡山市にある外来の精神科診療所。 現在も代表を務める山本昌知医師が中心になり、1997年に設立された。 当事者本位の医療がモットー。 「こらーる(合唱)」という名前には、「病める人の声に、それを支援する人が声を合わせることによって、合唱が生まれる」という意味が込められている。 精神障害者が、病院ではなく地域社会で暮らしていくための支援に力を入れており、牛乳配達をする作業所「パステル」や食事サービスを行う作業所「ミニコラ」を併設。 働いて賃金を得られる場を提供している。 こらーるは他に、希望する患者が泊まれるショートステイ施設「とまり木」を運営。 患者の在宅支援のためにヘルパーを派遣する「喫茶去」も、こらーるのすぐそばにある。 古い民家を利用した待合室は、畳敷き。 アットホームな雰囲気で、患者が自由に寝転がったり、お互いに談話したりできる。 撮影当時の待合室は、喫煙部屋、禁煙部屋、女性専用部屋などに区切られていたが、最近、屋内は全面禁煙になった。 毎週木曜日、患者やスタッフ有志による「活動者会議」も開かれ、小旅行や忘年会などのレクリエーションを企画するほか、会報「ユーとピア」の発行、薬の勉強会、地域社会との交流活動、講演活動、行政や政治家への働きかけなどを行っている。

次の