真野 あずさ ゼロ の 焦点。 なんとも言えない無常感

【楽天市場】【VHSです】ゼロの焦点 [真野あずさ]|中古ビデオ:スマイルDVD 本店 楽天市場店

真野 あずさ ゼロ の 焦点

松本清張の作品ってどれを取っても不条理さを感じることが多い。 黒革の手帳もしかり、砂の器もしかり。 思わず「許してやってくれよ!もう十分苦しんだだけじゃないか」と叫んでしまいたくなることが多々あるのだ。 特にその多くが才能に恵まれたものや、不幸な運命を背負ってしまった人間だからなおさらである。 このゼロの焦点もその不幸な運命に翻弄された人間のドラマとして非常によく描写されていると思う。 戦後間もない時期の生きるために必死になっていたが故に、辛い運命を背負い込み、その運命に翻弄される様は悲痛である。 このストーリーの展開はやはりさすが松本清張といったところであろう。 しかし、題材は良いのに若干残念な点があるのも事実である。 主人公のヒロイン役を演じた女優が私には納得いかない。 どうしても時代背景や雰囲気にそぐわないのだ。 本人の持ち味なのだから少々仕方ない部分もあるが、いかんせん幼すぎる印象を与えてしまう。 その他の俳優・女優のクオリティーがあまりに高く、配役に絶妙にマッチしているだけにこの点だけが浮き立ってしまって胃いるのはおそらく見返してみたら納得いただけるものだと思う。 やはり、私にはベテラン女優(年齢が多少違っても)を起用して欲しいと思ってしまった。

次の

ゼロの焦点

真野 あずさ ゼロ の 焦点

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2015年4月)() 板根禎子は26歳。 広告代理店に勤める鵜原憲一と見合い結婚した。 紅葉が盛りを迎えている信州から木曾を巡る新婚旅行を終えた10日後、憲一は、仕事の引継ぎをしてくると言ってへ旅立つ。 しかし、予定を過ぎても帰京しない憲一。 禎子のもとにもたらされたのは、憲一が北陸で行方不明になったという、勤務先からの知らせであった。 急遽金沢へ向かう禎子。 憲一の後任である本多の協力を得つつ、憲一の行方を追うが、その過程で彼女は、夫の隠された過去を知ることになる。 主な登場人物 [ ] 原作における設定を記述。 鵜原禎子 本作品の主人公。 旧姓板根。 新婚後間もなく夫が失踪し、行方を追う。 鵜原憲一 禎子の夫。 広告代理店「A広告社」の北陸地方の出張所元主任。 東京本社へ栄転となったので事務引継ぎのために金沢へ出張、そのまま失踪。 本多良雄 憲一の同僚。 「A広告社」北陸出張所主任(憲一の後任者)。 禎子に協力し、憲一の行方を追う。 鵜原宗太郎 憲一の兄。 憲一の失踪後、京都出張のついでに金沢へ立ち寄り、謎の毒死を遂げる。 憲一の過去に於ける「影」の部分をある程度知っていた。 室田儀作 金沢在住の地元名士で「室田耐火煉瓦株式会社」代表取締役社長。 室田佐知子 室田儀作の後妻。 才色兼備の賢夫人。 儀作と結婚する以前は東京に住んでいた。 田沼久子 「室田耐火煉瓦株式会社」の社員。 同社の煉瓦工場に勤めていた工員の未亡人。 本社ビルの受付嬢をしている。 ひどくくだけたアメリカ英語を話す。 曽根益三郎 「室田耐火煉瓦株式会社」生産部の工員。 田沼久子の内縁の夫。 謎の投身自殺を遂げる。 作品の背景 [ ] 事件の背景に、日本が敗戦後、米軍の占領下にあった時期に、米兵(小説中では「」とも表記)相手に売春行為をしていた女性(小説中では「」とも表記)らの存在がある。 彼女らが自らの忌まわしい過去を隠そうとする必死の感情が、作品中で重要な意味を持ってくる。 原作が書かれた当時は現在よりも女性のが低く、過去に少しでも汚点があると偏見にさらされて就職に差し障るばかりでなく、を破棄されたり一方的にさせられたりしてしまうケースが少なくなかった時代である。 小説の時代設定は終戦から13年後とされている。 女性が相手のことをよく知らないまま結婚することは、当時はありふれていた。 本作発表当時のの割合は4割に満たず、見合い結婚との構成比が逆転するのは、半ばを過ぎてからのことである。 エピソード [ ] 刊行までの経緯 [ ]• 本作品の構想に関しては、当時に住んでいた著者が、作品執筆の合間に近くの食堂へ出かけた際、の売春婦と思しき女性に出会い、彼女たちはその後どうしただろうか?と思いをめぐらしたところから、アイデアを膨らませていったとされている。 当時『』の編集長を務めていたは、本作の同誌連載に至る経緯を、連載開始された1958年3月号の編集後記で、以下のように記している。 「松本清張さんの長篇連載がいよいよ始まる。 (中略)松本さんは本誌にはいいかげんなものは書きたくないという気持ちから、なかなか想が纏まらなかった。 そこへ『太陽』の休刊で、まだはじまったばかりの長篇が中絶するということを聞いたので、これを本誌に引きつぐようお願いして、成功したのである」。 連載の出足は順調だったものの、回を重ねるに連れて原稿の枚数が減っていった。 1958年7月号では休載する事態となったが、代わりに同号では、乱歩と著者の対談「これからの探偵小説」が掲載されている。 続く8月号でも本作は休載となり、乱歩は同号の編集後記で「作者も辛いが編集者もつらいのである。 今は両者ともただ無言」と記している。 1959年1月号は、現地取材の時間がなかったことを理由に、3回目の休載となり、この時は、著者のお詫びの弁と共に「創作ノート」が掲載されている。 その後、の長編作品『』の連載が同誌の1959年7月号から始まったが、この作品と本作のプロットが同じになるのではないかと、著者と鮎川の双方が気づいた。 本作は1959年8月号で連載を1月分中断、プロットの再構築を経て、1959年12月号の鮎川方の完結から1ヶ月遅れの1960年1月号で、無事完結した。 は「」創刊の作品として本作を予定し、発行日も決められていたが、本作の執筆が予定通り進んでいなかったため、光文社が『宝石』編集部を飛び越え、直接著者に接触し執筆を促す一幕もあった。 その他 [ ]• 本作の取材にあたって、著者はに滞在した。 宿泊旅館は「」(2016年現在も営業中)。 著者と旅館の交流はその後も続き、映画『』のロケ見学の際にも滞在した。 作品中において、主人公がに立つシーンが描かれている。 小説では、断崖はの赤住にあるとされている。 しかし実際の赤住は平坦な地形で、海に転落するような断崖は存在しない。 この件に関しては、現在「赤住」と同じ志賀町内にあり、実際に断崖のある「赤崎」と、著者が勘違いをしていたとの推測もある。 なお、に関しては、を参照。 1978年の時点で、著者は、自作の推理長編で好きな作品の第一に本作を挙げている。 関連項目 [ ]• - 小説の舞台のひとつ。 1970年に合併し現在はの一部。 - 小説の舞台のひとつ。 2005年に合併し現在はの一部。 ・ - 主人公が断崖に立つ場面で想起する、いずれもによる詩。 その他 [ ]• 2008年改版以前における版カバー裏表紙記載のあらすじに、物語の過半にいたって明かされる事実が書き込まれている(以降の版では改訂されている)。 作中人物が各線を利用する場面があるが、作中に描かれるシーンのうち、の一部区間は現在でも営業されているものの、同線のを含む区間や、、はすでに廃止され、状況が変化している。 松竹版と同時期となる1960年頃、監督ででも映画化の企画が上がり、吉田進脚本による準備稿が作成されるも諸事情により製作は実行されなかった。 映画 [ ] 1961年 [ ] ゼロの焦点 Zero Focus 1961年公開映画の舞台の一つとなった、能登金剛・巌門 監督 脚本 製作 出演者 音楽 撮影 編集 配給 公開 上映時間 95分 製作国 言語 3月19日公開。 製作は、配給は。 監督は。 ・をクライマックスの舞台とし、主人公と犯人が、直接相まみえる場面が設定される などのアレンジが加えられ、松本清張原作映画の中でも著名な作品のひとつとなった。 また、本映画では本多は死なず、あまり禎子の力にもなれず引き下がるという影の薄い存在として描かれている。 第12回助演女優賞(高千穂ひづる)受賞。 英語題名『 Zero Focus』。 現在は化されている。 スタッフ [ ]• 監督:• 企画:• 製作:• 原作:(版)• 脚本:・• 撮影:• 音楽:• 美術:• 編集:• 録音:• スチル:• 照明:• 監督助手: キャスト [ ]• 鵜原禎子:• 室田佐知子:• 田沼久子:• 鵜原憲一:• 鵜原宗太郎:• 室田儀作:• 本多:• 青木:• 佐伯(仲人):• 禎子の母:• 宗太郎の妻:• 葉山警部補:• 金沢署捜査主任:• 北村警部補:• 立川の大隅のおばさん:• 鵜原の上司:• その他:、、、、ほか エピソード [ ]• 本映画は『』以来の橋本忍と野村芳太郎のコンビによる作品となり、脚本には山田洋次も参加した。 山田によれば、本映画のシナリオ作りは難航し、のちに映画『』のアイデアを生んだ橋本も音をあげたことがあったという。 また山田は、当時の北陸地方に関して、「あのころは(現在に比べて)雪は多かったですね。 あの作品はぼくも助監督につきましたからよく覚えてますけど、撮影は寒くて」「特に漁村は風をよけるためにずーっと板塀が並んでいて、何ともあれは切ないような、痛々しい風景でした」と回想している。 また橋本はこの時シナリオハンティングをせずに書き上げたため、実際にはあり得ない描写 が映像化され、ラッシュでこれを知った橋本は以後、執筆の前に必ず現場を踏む癖をつけるようになったという。 この映画のラストにおいて、(能登金剛の巌門から北へ約13キロ離れた場所に位置)を舞台に選んだ野村芳太郎は、当時を以下のように回想している。 「シナリオの書かれている間、私は独りで冬の能登半島をロケハンした。 (中略)冬の能登半島を、殺人の舞台となる断崖を探して歩き廻った。 十二月の能登の天候はまるで気違いの様で、横なぐりの突風や、パチンコ玉の様なアラレが降った。 空が暗く、その一部がさけると、一条の光で、暗い海の一部が輝き、波が踊った。 この時見た景色が「ゼロの焦点」を映画化する時の私のイメージの原点になった」。 なお、ヤセの断崖に関しては、2007年3月ので、断崖の先端が崩落し、現在では状況が変化している。 本映画公開後、周辺地域で投身自殺が急増し、多い年には18人の自殺者が確認されるにいたった。 当時19歳の女性が、「『ゼロの焦点』の舞台となった能登金剛で死ぬ」との遺書を残して自殺した事件を契機に、女性の霊を慰め、更なる自殺者が出ないようにと、能登金剛の巌門には、本作にちなんだ歌碑が立てられた。 歌碑には「雲たれて ひとりたけれる 荒波を かなしと思へり 能登の初旅」と、原作者直筆の文字が刻まれている。 主人公と犯人が崖上で相対する演出は、のちになどで多用、定番化されたため、現在では、しばしば本映画がこの演出の原型と位置づけられている。 ヒロインが夫の行方を捜し、写真と同じ廃屋を見つける場面のロケ地は、日本海側ではあるが本来雪が積もらない場所であるため、劇中の積もった雪は全て市役所が調達した塩の塊である。 原作に記述がある『日本海の見える金沢の別荘地』を再現するために、スタッフ一同は時間をかけて再現できる場所を捜したが、ついに見つけられず、後年に撮影を担当した川又が松本に訊ねたところ「そんなことを書いたかな?」と恍けられたという。 高千穂が演じる室田佐知子が終盤で車を運転するシーンがあるが、実はこの時まだ高千穂はを取得しておらず、だった事を明かしている。 そのため、見えない死角からスタッフが車を押したという。 2009年 [ ] ゼロの焦点 Zero Focus 監督 脚本 犬童一心 製作 服部洋 白石統一郎 ほか 製作総指揮 島谷能成 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 編集 配給 公開 上映時間 132分 製作国 言語 興行収入 10. 1億円 11月14日公開。 配給は。 英語題名『 Zero Focus』。 作品賞ほか計11部門で優秀賞を受賞。 現在は化・化されている。 2011年3月6日に枠で地上波初放送。 キャッチフレーズは、 「愛する人のすべてを知っていますか?」 1961年公開の松竹版と比較して、だいぶ原作に忠実な作劇となっている。 時代設定も原作どおり1957年から1958年頃 である。 なお、謎解き場面は断崖上ではなく、禎子が室田夫人を問い詰めるべく金沢行の汽車に乗り、その車内での「想像」として展開される。 スタッフ(2009年) [ ]• 監督:• 主題歌:「」()• 脚本:犬童一心、• 音楽:• 撮影:• 美術:• 照明:• 編集:• 助監督:、、岡田弥生、石井清夏、武鑓加恵• 音響効果:• アクションコーディネーター:• 特殊メイク:、森田誠• 劇用車:スーパードライバーズ• 韓国ロケパートプロダクション協力:sidusFNH• VFX:、シネボーイ、デジタル・メディア・ラボ、、Fude• VFX・現像:• 衣装制作:• 音響制作:• スタジオ:• 映像制作:• 企画:• 製作:• 企画プロデューサー:大浦俊将• 製作プロデューサー:川田尚広• 製作総指揮:、• エグゼクティブプロデューサー:、、、• 製作 - 「ゼロの焦点」製作委員会(、、、、、、、、、、、、、、、、、) キャスト(2009年) [ ]• 鵜原禎子:• 室田佐知子:• 田沼久子:• 鵜原憲一:• 鵜原宗太郎:• 宗太郎の妻:• 鳴海享:• 本多良雄:• 金沢警察署の警部:• 羽咋駐在の警察官:• 立川署の葉山警部補:• 山室刑事:• 上条保子(金沢市長候補):• 「大隈ハウス」のおばさん:• 鵜原憲一夫婦の仲人:• 青木所長:• 板根絹江(禎子の母):• 室田儀作:• 、、、、、 ほか (1961年12月5日 - 1962年1月30日) 1971年版 [ ] ゼロの焦点 ジャンル 原作 松本清張『ゼロの焦点』 脚本 演出 安江泰雅 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 21:00 - 21:30 放送枠 銀河テレビ小説 回数 15 特記事項: 第16回期間選奨 第8回ギャラクシー賞 奈良岡朋子 日本放送作家協会女性演技賞(十朱幸代)受賞作品 3月1日 - 19日にの『銀河ドラマ』()枠(21:00-21:30)で15回にわたって放送。 第16回期間選奨、第8回ギャラクシー賞(奈良岡朋子)、女性演技賞(十朱幸代)受賞。 原作に脚色を加え、ドラマの早い段階で犯人を明らかにした上でストーリーを構成している。 キャスト• 鵜原禎子:• 室田佐知子:• 田沼久子:• 鵜原宗太郎:• 鵜原憲一:• 室田儀作:• 本多良雄:• スタッフ• 脚本:• 演出:• 制作: 前番組 番組名 次番組 (1976年7月5日 - 30日) 1983年版 [ ] 松本清張のゼロの焦点 ジャンル 原作 松本清張『ゼロの焦点』 脚本 演出 龍至政美 出演者 製作 プロデューサー 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:02 - 23:23 放送枠 ザ・サスペンス 「 松本清張のゼロの焦点」。 4月16日に系列の『』枠(21:02-23:23)で放送。 脚本は1961年公開映画と同じ・。 視聴率25. TBSの自社制作で、VTR撮影作品。 ソフト化されている。 キャスト• 鵜原禎子:• 室田佐知子:• 田沼久子:• 本多良雄:• 鵜原宗太郎:• 宗太郎の妻:• 北村警部補:• 刑事長:• 刑事:• 羽咋の警察官:• 監察医:• 旅館加納屋・女将:• 旅館加納屋・女中:• 東亜広告社・青木所長:• 東亜広告社・横田課長:• 東亜広告社・重役:• 室田煉瓦・人事課長:• 室田煉瓦・七尾工場総務:• 室田煉瓦の客:• 憲一の元同僚:• 下宿管理人:• 仲人:• バーのママ:• 禎子の母:• 禎子の妹:• 鵜原憲一:• 室田儀作:() スタッフ• 脚本:、• プロデューサー:• 演出:• 企画:• 監修:• 音楽:• 衣裳デザイン:• 制作著作: 系列 前番組 番組名 次番組 (1983年4月23日) 1991年版 [ ] 松本清張作家活動40年記念スペシャル ゼロの焦点 ジャンル 原作 松本清張『ゼロの焦点』 企画 小坂敬(日本テレビ) 松本陽一 脚本 監督 出演者 エンディング 「」 製作 プロデューサー 嶋村正敏(日本テレビ) 赤志学文(近代映画協会) 坂梨港 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:03 - 23:22 放送枠 火曜サスペンス劇場 回数 1 「 松本清張作家活動40年記念スペシャル・ゼロの焦点」。 7月9日に系列の『』枠(21:03-23:22)で放送。 視聴率20. 脚本の新藤兼人は原作者の指名を受けたもの。 犯人が海上に小舟を漕ぎ出すシーンの撮影に関して、新藤は難色を示したが、原作者の希望により脚本に導入され、撮影が行われた。 尚、本作品は収録時季が初夏であった為、原作小説特有の重苦しい空気感や北陸地方の寒々しい陰鬱な冬の風景などは全く見られず、いささか趣を異にする。 フイルム撮影作品。 キャスト• 鵜原禎子: (鵜原憲一と見合い結婚したばかりの新妻。 旧姓は板根)• 室田佐知子: (室田儀作の後妻)• 田沼久子: (室田煉瓦の受付係)• 本多良雄: (憲一の後任)• 鵜原憲一: (禎子の夫。 広告会社主任)• 鵜原宗太郎: (憲一の兄)• 宗太郎の妻:• 西山: (検察医)• 葉山: (憲一の元同僚)• 佐伯: (仲人)• 横田英夫: (広告会社の営業課長)• 青木: (社員)• 戸籍係:• 禎子の母:• タクシー運転手:• 、、、、、、、、、、、、、、、• 北村の母:• 室田儀作: (室田煉瓦社長)• 北村警部補: (金沢署の警部補) スタッフ• 企画:(日本テレビ)、松本陽一• プロデューサー:(日本テレビ)、(近代映画協会)、• 脚本:• 監督:• 音楽:• 撮影:• 照明:• 美術:• 録音:• 編集:• 助監督:• 選曲:• 協力:、、大和衣裳、森下美粧• 車両:マエダオート• 現像・テレシネ:• 撮影協力:輪島「高州園ホテル」、和倉「銀水閣」、料亭「清風荘」、茶屋「見城亭」、二葉計器株式会社• 音楽協力:• 製作著作:• 制作: 系列 前番組 番組名 次番組 10 (1991年7月16日) 1994年版 [ ] ゼロの焦点 ジャンル 原作 松本清張『ゼロの焦点』 脚本 演出 伊豫田静弘 銭谷雅義 出演者 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 不明 回数 4 で6月1日から4夜連続で放送。 では、1995年2月18日・2月25日に『』枠(21:00-22:15)で放送。 キャスト• 鵜原禎子:• 室田佐知子:• 田沼久子:• 六助:• 鵜原憲一:• 室田儀作: スタッフ• 脚本:• 演出:、• 制作: サブタイトル(NHK-BS2放送時) 各話 放送日 サブタイトル 第1話 1994年6月1日 北の疑惑 第2話 1994年6月2日 遠い葬列 第3話 1994年6月3日 時の断層 第4話 1994年6月4日 海の墓標• 土曜ドラマ放送時(全2回)は、第1部「遠い葬列」・第2部「時の断層〜高度経済成長の影に潜む意外な真相〜」として放送。 前番組 番組名 次番組• 『虚線』第1回の連載では、「清張」の読みは「きよはる」と記されていた。 『週刊 松本清張』第3号(2009年、)10頁参照。 人口問題研究所調査のデータに拠る。 『週刊 松本清張』第3号 9頁参照。 『続・推理文壇戦後史』(1978年、)58頁参照。 この件に関しては、『黒い白鳥』(2002年、)の巻末に掲載された鮎川による「創作ノート」およびのエッセイ、また鮎川との対談「黄金時代の遺産を継ぐ」(鮎川・島田編集『都市の迷宮 ミステリーの愉しみ4 』(1992年、)収録)も併せて参照。 『週刊 松本清張』第3号 20頁参照。 林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、)25-26頁参照。 「海沿いの墓場」「夫の意味」「ゼロの焦点」の節をそれぞれ参照。 「海沿いの墓場」の節を参照。 『週刊 松本清張』第3号 15頁参照。 著者との対談「社会派推理小説への道程」(『国文学 解釈と鑑賞』1978年6月号()収録)参照。 「代表作はなかなか挙げられないが」「好きなものといえば」と限定を付けての答え。 なお、作中では能登線の「電車」を利用する記述があるが、実際の能登線は一度も電化されることなく営業を終了している。 小説では全編を通じて、犯人が崖にいる描写はない。 山田洋次・「清張映画の現場」(『松本清張研究』第13号(2012年、)収録)参照。 劇中でヒロインが汽車の窓から日本海を眺める場面があるが、実際の汽車は日本海が見えるルートを通らない。 野村芳太郎「清張作品と私」(『松本清張全集 第3巻』(1971年、)付属の月報に掲載)参照。 『週刊 松本清張』第3号 巻末頁参照。 、2008年12月22日、朝刊。 「清張映画の現場」における山田・川本の発言など。 「サスペンスドラマというとラストシーンは必ず断崖になるけれども、あれがはしりじゃないでしょうか(笑)」。 2009年度興収10億円以上番組(日本映画製作者連盟 2010年1月発表)• 作中、街角に『』(1957年公開の東宝映画)の宣伝ポスターが貼り出されている場面が見られる。 新藤との対談「新藤兼人、清張文学を語る」(『松本清張研究』第4号(1998年、砂書房)掲載)参照。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - 1983年版テレビドラマの公式サイト。

次の

【楽天市場】【VHSです】ゼロの焦点 [真野あずさ]|中古ビデオ:スマイルDVD 本店 楽天市場店

真野 あずさ ゼロ の 焦点

松本清張の作品ってどれを取っても不条理さを感じることが多い。 黒革の手帳もしかり、砂の器もしかり。 思わず「許してやってくれよ!もう十分苦しんだだけじゃないか」と叫んでしまいたくなることが多々あるのだ。 特にその多くが才能に恵まれたものや、不幸な運命を背負ってしまった人間だからなおさらである。 このゼロの焦点もその不幸な運命に翻弄された人間のドラマとして非常によく描写されていると思う。 戦後間もない時期の生きるために必死になっていたが故に、辛い運命を背負い込み、その運命に翻弄される様は悲痛である。 このストーリーの展開はやはりさすが松本清張といったところであろう。 しかし、題材は良いのに若干残念な点があるのも事実である。 主人公のヒロイン役を演じた女優が私には納得いかない。 どうしても時代背景や雰囲気にそぐわないのだ。 本人の持ち味なのだから少々仕方ない部分もあるが、いかんせん幼すぎる印象を与えてしまう。 その他の俳優・女優のクオリティーがあまりに高く、配役に絶妙にマッチしているだけにこの点だけが浮き立ってしまって胃いるのはおそらく見返してみたら納得いただけるものだと思う。 やはり、私にはベテラン女優(年齢が多少違っても)を起用して欲しいと思ってしまった。

次の