野中 の ばら。 漫画家野中のばら死因ネコたちについてどうなっているんですか?

久方東雲「ゲーテ、シューベルトと野ばら」

野中 の ばら

清らに咲ける、その色愛 め でつ、 飽 あ かずながむ。 紅 くれない におう、野なかの薔薇。 手折 たお りて往 ゆ かん、野なかの薔薇。 手折らば手折れ、思出ぐさに、 君を刺さん。 紅におう、野なかの薔薇。 童は折りぬ、野なかの薔薇。 折られてあわれ、清らの色香、 永久 とわ にあせぬ。 紅におう、野なかの薔薇。 近藤朔風訳詞 2 童 わらべ はみたり 荒野 あれの のばら 朝とく清く 嬉 うれ しや見んと 走り寄りぬ ばら ばら 紅 あか き荒野のばら われは手折 たお らん 荒野のばら 吾 われ はえ耐えじ 永久 とわ に忍べと 君を刺さん ばら ばら 紅き荒野のばら 童は折りぬ 荒野のばら 野ばらは刺せど 嘆きと仇 あだ に 手折られけり ばら ばら 紅き荒野のばら 勝承夫訳詞 童は見たり 野なかのばら あしたの野辺 のべ に 清らに香る 夢見る花 紅 くれない もゆる やさしのばら 童はよりぬ 野なかのばら 嘆きを永久 とわ に 心にひめし こえなき花 紅かなし いとしのばら 童は折りぬ 野なかのばら 幼き子らの 摘 つ みとる時も におえる花 紅あわれ ちいさきばら ウムラウト母音文字は、ae、oe、ueと表記するのだと教えてくださった CA在住のshigetoさん、ありがとうございました。 m Sah ein Knab ein Roeslein stehn, Roeslein auf der Heiden, War so jung und morgen schoen, Lief er schnell, es nah zu sehn, Sah's mit vielen Freuden. Roeslein, Roeslein, Roeslein rot, Roeslein auf der Heiden. Knabe sprach: ich breche dich, Roeslein auf der Heiden! Roeslein sprach: ich steche dich, Dass du ewig denkst an mich, Und ich will's nicht leiden. Roeslein, Roeslein, Roeslein rot, Roeslein auf der Heiden. Und der wilde Knabe brach 's Roeslein auf der Heiden; Roeslein wehrte sich und stach, Half ihm doch kein Weh und Ach, Musst es eben leiden. Roeslein, Roeslein, Roeslein rot, Roeslein auf der Heiden. midiデータは より.

次の

久方東雲「ゲーテ、シューベルトと野ばら」

野中 の ばら

野中のばらさんの逝去については、 わたしも最近知って、 大変驚いています。 以前ネコを飼っていたこともあり、 野中さんのマンガを読みながら、 かつての仔を思い出しては笑ったり泣いたりしたものです。 野中さんの死因については、 数年前にお父様が、 そして去年はお母様がガンで亡くなっていますので、 一部にはガンで亡くなったのでは・・・ という憶測も流れていますが実際のところはわかりません。 第一報を報じた北海道新聞でも、 「病気のため」としか記されていないため、 心臓や脳の病気で一瞬でお亡くなりになった可能性もあります。 野中さんが飼っていた3頭のネコちゃん、 りゅうのすけ・ゆめ・じゃすみんについては、 現在、ボランティアの方が預かっているという話も聞かれます。 本当はお身内の方がお世話を引き継いでくれるといいのですが、 東京にお住いの実弟さんは無理らしいですね。 うわさでは北海道に別れたご主人様がいるらしいのですが、 プライベートをほとんど明かさない野中さんだったので、 この話の信ぴょう性も謎のままです。 とりあえず、3頭のネコちゃんたちが、 今後も幸せに暮らしていけることを願うばかりです。 そして野中さんのご冥福を、 心よりお祈り申し上げます。 補足について: わたしは書店で野中さんの単行本を、 それも気が向いたときに買う程度なので、 最近のお話は知らないんですよ。 ただ、ボランティアの方が、 野中さんの3頭のネコちゃんを預かっているという話が本当なら、 ゆめちゃんもご健在なのではないでしょうか。

次の

野ばら ヴェルナー 歌詞・日本語訳と試聴

野中 の ばら

清らに咲ける、その色愛 め でつ、 飽 あ かずながむ。 紅 くれない におう、野なかの薔薇。 手折 たお りて往 ゆ かん、野なかの薔薇。 手折らば手折れ、思出ぐさに、 君を刺さん。 紅におう、野なかの薔薇。 童は折りぬ、野なかの薔薇。 折られてあわれ、清らの色香、 永久 とわ にあせぬ。 紅におう、野なかの薔薇。 近藤朔風訳詞 2 童 わらべ はみたり 荒野 あれの のばら 朝とく清く 嬉 うれ しや見んと 走り寄りぬ ばら ばら 紅 あか き荒野のばら われは手折 たお らん 荒野のばら 吾 われ はえ耐えじ 永久 とわ に忍べと 君を刺さん ばら ばら 紅き荒野のばら 童は折りぬ 荒野のばら 野ばらは刺せど 嘆きと仇 あだ に 手折られけり ばら ばら 紅き荒野のばら 勝承夫訳詞 童は見たり 野なかのばら あしたの野辺 のべ に 清らに香る 夢見る花 紅 くれない もゆる やさしのばら 童はよりぬ 野なかのばら 嘆きを永久 とわ に 心にひめし こえなき花 紅かなし いとしのばら 童は折りぬ 野なかのばら 幼き子らの 摘 つ みとる時も におえる花 紅あわれ ちいさきばら ウムラウト母音文字は、ae、oe、ueと表記するのだと教えてくださった CA在住のshigetoさん、ありがとうございました。 m Sah ein Knab ein Roeslein stehn, Roeslein auf der Heiden, War so jung und morgen schoen, Lief er schnell, es nah zu sehn, Sah's mit vielen Freuden. Roeslein, Roeslein, Roeslein rot, Roeslein auf der Heiden. Knabe sprach: ich breche dich, Roeslein auf der Heiden! Roeslein sprach: ich steche dich, Dass du ewig denkst an mich, Und ich will's nicht leiden. Roeslein, Roeslein, Roeslein rot, Roeslein auf der Heiden. Und der wilde Knabe brach 's Roeslein auf der Heiden; Roeslein wehrte sich und stach, Half ihm doch kein Weh und Ach, Musst es eben leiden. Roeslein, Roeslein, Roeslein rot, Roeslein auf der Heiden. midiデータは より.

次の