エニタイムフィットネス シャワー。 エニタイムフィットネスのシャワーやロッカーなどの設備について紹介

エニタイムフィットネスのシャワー室について

エニタイムフィットネス シャワー

概要 [ ] 、のに1号店をオープン。 その後、アメリカだけに止まらずに全世界に展開し、10年後には世界2000店舗を達成。 現在、世界7大陸に4000店舗以上を出店している。 日本での展開 [ ] Fast Fitness Japan 本社所在地 〒160-0023 6-12-1 パークウエスト6F 設立 事業内容 日本におけるエニタイムフィットネスの展開他 資本金 2億157万4千円 従業員数 142名(2019年7月) 外部リンク 日本では株式会社Fast Fitness JapanがANYTIME FITNESSとフランチャイズ契約を締結し、に日本第1号店をのにオープンさせている。 日本に展開したのは全世界で2,000店舗目前の時期であった。 日本への展開は系のフィットネス事業会社を退職した元役員や中堅幹部が関わっており、彼らが集まりFast Fitness Japanを設立し、その後エニタイムフィットネスのマスターフランチャイジーを務めることとなる。 エニタイムフィットネスのジムのコンセプト()は、当時の日本の業界の常識では考えられないもので、アメリカなどでは成功しても日本での成功は難しいとの予想が多かった。 そのような状況の中で開業した日本第1号店は、と店舗発信のみの地道な活動のみで開業1年目にして目標を大きく上回る800名超の会員を集めることに成功した。 2019年現在も日本国内の会員の約8〜9割が20代〜40代の世代とされているが、大手総合型がこれまで定着させることができなかった層を獲得できたのが大きな要因としている。 開業後、人口の多い首都圏を中心に店舗を次々と展開。 その後、地方都市などにも店舗を展開していった。 都心部は大半店舗を抑えたことから近年は人口の少ない地方への出店に力を入れている。 首都圏はの周辺が主な立地場所であるが、地方ではやの飲食店の2階など、生活圏で人が集まる場所に展開している。 2019年9月現在日本国内に600店舗以上を構えている。 2019年現在のデータで日本のフィットネス参加率は3. 6%とされ、アメリカの17. 4%やの14. エニタイムフィットネス社は日本での参加率を10%へ引き上げることを目標としている。 ジムの特徴 [ ] エニタイムフィットネスの最大の特徴は 24時間年中無休の営業であり、会員であればいつでも好きな時間や空き時間にトレーニングを行うことができることである。 日本においては近年によってがを短縮するなどといったが発生しているが、エニタイムフィットネスはコストを省きながら24時間年中無休を継続する方針である。 エニタイムフィットネスはマシン特化型を謳っており、やスタジオ、スパなどの設備はない。 これは体のを最も効果的に管理調整するにはマシンジムでのトレーニングが最も安全で効果的という考えからである。 マシンの台数や種類などは店舗により異なる。 更衣室やは設備されている。 シャワーやはアメリカでは男女兼用であるが、日本では男女別々に設計されている。 土足でそのままトレーニングが可能な店舗が多い。 料金システムは月会費制となっている。 会費は立地する店舗ごとにより異なる。 全店舗は方式で、会員にはエニタイムフィットネス専用のが発行され、このキーを入り口で通し入場できるというシステムである。 そのため、会員以外は建物に出入りすることが不可能である。 このキーがあれば日本はもちろん、世界各国のエニタイムフィットネスを利用することが可能であり、先や先、先でも店舗があればトレーニングが可能である。 各店舗内にはトレーナーやスタッフもいるが、24時間常駐している訳ではない。 日中の時間帯でが組まれ、夜間や早朝は基本的に無人である。 これによりを抑えることができ、先述のマシン特化型のシステム然り会費を抑えることに成功している。 店舗内には20台以上のが設置されており、をつくらない為にには扉と鍵は付けられていない。 また、鍵を付けないのはスタッフ不在中の夜中に鍵を紛失したなどのトラブルを防止することも含まれている。 緊急呼出ボタンを設置しており、トラブル時にはが現場へ急行する。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• エニタイムフィットネス. 2019年9月24日閲覧。 , WEDGE Infinity ウェッジ , 2019-5-23 , 2019年9月24日閲覧。 エニタイムフィットネス. 2019年9月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (公式サイト)• などしてくださる(/)。

次の

エニタイムフィットネス

エニタイムフィットネス シャワー

シャワー、ロッカー、更衣室、ウォーターサーバー、wifi、タンニング これに加え、マシンエリアやスタジオ、プールについても解説していきます。 個室なので着替えからシャワーを浴び終わるまで人に見らないのは個人的には結構嬉しかったりします。 中にはシャワールームが男女兼用の店舗もあるとのことなので、抵抗がある方は事前に確認してください。 シャワールームにはドライヤーが設置されています。 しかし、ティッシュや綿棒などのアメニティは基本的には設置されていません。 シャワールームの近くには、ハンドタオルの自動販売機があるのでタオルを忘れた方はそちらを利用できます。 ロッカーについて エニタイムフィットネスには無料の鍵付きロッカーは存在しません。 その代わりにリュックが2つ入るくらいのサイズの棚が設置されています。 ここは一般のジムとの大きな違いです。 ダイヤル式の小さい鍵付きロッカーは別であるので携帯、財布などの貴重品が気になる人はそちらを使えます。 ただし鍵付きロッカーは靴が一足入るくらいの大きさなので、PCなどの大きめのものは入れられないので注意です。 どうしても気になる人は 有料の貸しロッカーも用意されています。 月1000円程度ですのでそちらを利用してもいいかもしれませんね。 ちなみに通常のフリーロッカーは防犯カメラでバッチリ監視されているので、そちらも安心と言えば安心かもしれません。 更衣室について エニタイムフィットネスの更衣室は個室になっています。 シャワールームとは別で着替えるためだけの個室が設置されているので、着替えはそちらでするようにします。 よくあるジムみたいに、大きい更衣室内でみんなで着替えるといったことをしません。 これが以外と快適だったりします。 シャワールーム、更衣室ともに個室というのはエニタイムフィットネスならではだったりしますね。 ウォーターサーバー、タンニング、wi-fiについて これら3つは店舗によって設置されてるかどうかが異なります。 ウォーターサーバーについてはほぼ全ての店舗で 設置されていないので注意が必要です。 自動販売機は設置されており、500mlの水だと100円で買えます。 僕はけっこう水を飲む方なのでウォーターサーバーがないのは辛いところです。 Wi-fiもあるとないとでは快適さが変わってくると思われるので、事前にチェックしましょう。 Wi-fiについては公式サイトからも確認できます。 タンニングを使う際は、ジェルなどは売っていないので持参するようにしてください。 スタジオやプールはないので注意! エニタイムフィットネスの運動設備は以下のものだけです。 ランニングマシンなどのカーディオマシン• フリーウェイトとトレーニングマシン• ストレッチスペース スタジオレッスンや、プールで泳ぐこともできません。 それらの設備を求める場合はより大きいジムを選択するようにしてください。 ちなみに店舗によってはスタッフによるパーソナルトレーニングは受けることができるので、トレーニングの仕方がわからない人は活用してみるといいかもしれません。 トレーニング設備について トレーニングの設備は必要十分な器具は揃っている印象です。 フリーウェイトはあるので、バーベル・ダンベルをメインで使う人にとってはあまり不満もないかと思われます。 ちゃんとケーブルマシン、スミスマシンも備えてあるので使い勝手はいいはずです。 注意 マシンやウェイトの数が少ないので、平日夜の混雑する時間帯に行くと何もできないことになりかねません。 どうしても平日夜しか使えない場合は覚悟してジムに臨んでください。 まとめ エニタイムフィットネスの設備について紹介しました。 エニタイムフィットネスは至れり尽くせりとまでには行きませんが、余分なものがない分、使いやすいジムです 「 さっとトレーニングして、さっと帰りたい」なんて人にはかなりおすすめです。 鍵のないロッカーも最初は抵抗ありましたが、僕の場合は使っていると気にならなくなりました。 防犯は徹底しているようですしね。 冒頭でも書きましたが、エニタイムフィットネスも店舗ごとに設備が異なりますので、入会する際は事前に見学に行くようにしてください。

次の

24時間ジムの比較|エニタイムフィットネス、ジョイフィット24、ファストジム24は何が違うの?|Time Hacker

エニタイムフィットネス シャワー

人気急上昇中のジム「 エニタイムフィットネス anytime fitness 」。 「家の近くに新しくできた」などの理由から、入会を考えている人も多いのではないだろうか? しかし、ジムに入会する際に気になることといえば、 設備が充実しているかどうかである。 具体的には、 「 シャワーはどれくらいあるか」 「シャワーは 男女別?」 「 ロッカーはある?料金は?」 「 Wi-Fiはある?」 「 タンニングマシンは?」 「 他はどんな設備がある?」 などの疑問が思い浮かぶ。 「いざ入会してみると思っていたのと違った!」なんて事態は避けたいところだ。 そこでこの記事では エニタイムフィットネスの設備面(マシン以外)について、私が通っている店舗を例に解説する。 また、実際に1年以上通って感じた設備の 不満点も合わせて紹介する。 シャワー• ロッカー(無料・有料)• 駐車場・駐輪場• 更衣室• 防犯カメラ• 無料Wi-Fi• 無料ウォーターサーバー• タンニングマシン 24時間・どの店舗も使い放題のエニタイムフィットネスだが、マシン以外については上記の設備がある。 これだけの設備が整っていて、マシンも新しく、料金が10,000円以下なのだから人気も出るはずである。 タンニングマシンなんかは、置いてあるジムさえかなりめずらしいだろう。 この設備1つ1つについて、詳しく解説する。 店舗によって違う 最初に知っておかなければいけないのが、シャワーの数やウォーターサーバーの有無など 一部の設備は「店舗によって違う」ということだ。 日本だけでもエニタイムフィットネスは400以上あるが、各店舗によって異なる。 なので参考程度ではあるが、 私が通っている店舗を例にして設備を紹介する。 ある程度は共通する部分もあるため、設備の雰囲気だけでもつかんで頂けるとありがたい。 そして、自分が行きたい店舗のより詳しい情報を知りたい場合は、かInstagram・twitter・facebookで各店舗のページを見るのが確実だ。 さすがにシャワーの台数までは書いてないが、各設備の有無やマシンのメーカーなんかは詳しく書いている。 もしくは、すでに入会している知り合いがいれば聞くのもいいだろう。 エニタイムフィットネスのシャワー まずは、気になるエニタイムフィットネスのシャワー設備から解説する。 お風呂やプールはない エニタイムフィットネスには、シャワールームがあるだけでお風呂やプールはない。 そういったジム形態ではないのだろう。 お風呂やプールが目的なら、違うジムに通うことをおすすめする。 1つだけ共用のシャワールームはあるが、それ以外はきちんと 男性・女性で分かれている。 もちろん、トイレとシャワールームを含むスペース自体もわかれている。 中央の洗面所を境に右側が男性、左側が女性といった感じだ。 女性にとっては安心な点である。 脱衣所の鏡も横長で大きい。 トレーニング前後の身体をチェックしたり、写メを撮るにはもってこいだ。 エニタイムフィットネスのロッカー 次に気になるのが、ロッカーである。 「無料か有料か?」「有料なら料金はいくらか?」「ロッカーの広さは?」などは知っておきたいところだろう。 無料で使える エニタイムフィットネスでは、基本的には簡易な無料のロッカーを使うことになる。 ロッカーといえるほどのものではなく、扉がない棚だ。 防犯カメラがあるのである程度盗難の抑止力はあるが、財布など貴重品はできれば車においておくか、小さいバッグに入れてトレーニングギアと一緒に持ち運ぶのが確実だろう。 また、お金を払えば 有料(月契約)の鍵付きのロッカーがある店舗もある。 「サプリメントやシューズをどうしても持ち運ぶのが面倒」という人は、契約してもいいかもしれない。 有料ロッカー代は、私が通う店舗では月1,080円だ。 土足はNG どこのジムもそうだが、当然エニタイムフィットネスも土足はNGである。 入口に靴用のロッカーがあるので、そこで履き替えよう。 セキュリティは? 続いて、女性の危険や盗難などのセキュリティ面に関してである。 防犯カメラあり まず、朝10時~夕方19時頃にかけてはスタッフがいるので、安全面は高いといえる。 それ以外の時間帯、夜~早朝にかけては 防犯カメラが店内に数台あることで、ある程度の抑止力はあるだろう。 盗難には警戒しよう ただ、実際にバッグやトレーニングギアを盗難にあったという話もある。 監視カメラがあるのでエニタイムフィットネスも協力はしてくれるだろうが、盗まれた物の保証はしてくれない。 やはり、 貴重品は小さいバッグに入れて持ち歩くのが確実だろう。 特に人が少ない深夜などの時間帯は、狙われやすいので注意が必要だ。 また女性の安全面に関しては、やはり人がある程度いる時間帯に行くのがベターである。 完全無人のタイミングというのはめったにないが、深夜なんかはできれば避けた方がいいだろう。 その他気になる設備を紹介 その他エニタイムフィットネス内の気になる設備を解説する。 無料Wi-Fiあり エニタイムフィットネスでは、 無料wi-fiがほとんどの店舗で導入されている。 接続方法は簡単だ。 safariからYahooを開く• Eメールアドレス・生年月日などを登録• 再登録の必要はない。 速度は店舗や時間によるが、私が実際に測定してみたところ、人が少ない時間帯は約20Mbpsとなかなかの速度であった。 YouTubeを見ながらランニングなんてのもありだろう。 ただ混んでいる時間帯は遅いかもしれないので、今後測定してみたい。 無料ウォーターサーバー 何気に嬉しいのが、 無料で使えるウォーターサーバーである。 全てではないが、設置店舗もそれなりにある。 これがよく冷えているので非常においしいのだ。 トレーニング中のドリンクはもちろん、トレーニング後のプロテインもただの水道水に溶かすより、何倍も美味しく感じるだろう。 タンニングマシン 店舗によっては、なんと エニタイム内にタンニングマシンがあるのだ。 女性の方は使われる人は少ないかもしれないが、男性の需要は多いのではないだろうか。 残念ながら私の店舗ではないので、導入されることを祈るばかりである。 タンニングとは、日焼けマシンのことである。 1回20分程度が一般的だが、初めての人は慣れさせるために10分程度で十分だ。 更衣室 更衣室に関しては、男女共用の個室が3室ある。 試着室ほどの広さで、鏡はついている。 駐車場・駐輪場 駐車場に関してはかなり立地に左右されるので、実際に見に行くか、やSNSで確認するのが確実だろう。 エニタイムフィットネスの設備に関する評判・口コミ エニタイム は基本的にどこでも設備が綺麗で種類が豊富です、あとジョイフィットに比べると比較的にロッカールームやシャワー室が広い所が多いなと感じました! 店舗によってはインボディとかも置いてるところあるので自分がどれくらい成長したとか知ることもできます! — Eito Hirayama m8superman1 ジョイフィットとエニタイムどちらも入会した感想はこんな感じですかね。 マッチョ率高い。 人も多い。 設備は店舗によって当たり外れが大きい。 中にはシャワーだけ浴びにいくという強者もいるようだ。 逆に悪い口コミとしては、無料のロッカーが鍵なしである点が気になる人が多いようである。 実際に使って感じた設備の不満点 最後に、実際に私が1年以上エニタイムフィットネスに通って感じた設備の不満点をあげる。 シャワールームの数が少ない• 駐車場が少ない• シャンプーがない店舗もある• Wi-Fiのセキュリティが弱い シャワールームの数が少ない エニタイムフィットネスは、「シャワールームの数が少ない」というのはよく聞く話だ。 私が通う店舗だと男女それぞれで2室ずつしかない。 夜11時を超えると満室で使えないことは少ないが、混んでいる時間帯だと空いていることの方がめずらしい。 シャワールームは最低5室程度はほしいところである。 駐車場が少ない それなりに駐車スペースがある田舎の店舗でも、 時間帯によっては車がいっぱいで止めれないことがよくある。 その場合は空くまで待たなければいけない。 敷地面積の都合上こればっかりはどうにもならないだろうが、もう少し多ければありがたい。 更衣室はシャワーと違って待っていればすぐ空くが、3室というのはやや少なすぎる気がする。 しかも男女共用なので、女性の方は特に別の方がいいだろう。 シャンプーがない 備え付けの シャンプーやコンディショナーがない店舗もある。 もちろんそれらがないジムは多いが、私のようにシャンプーにこだわりがない人はあると助かるだろう。 ただ最近では導入店舗もどんどん増えているようである。 店舗によってはすでにシャンプやコンディショナー・ボディーソープが設置されているので、気になる方は電話などで確認してみるといいだろう。 パスワードを入力する必要がないのだ。 どういうデメリットがあるかというと、それなりの知識を持った人間であれば通信の内容を盗み見することができる可能性があるのだ。 わざわざそんな人間がエニタイムフィットネスにくる可能性があるかどうかは置いといて、Wi-Fiを使ってクレジットカードなどの個人情報を入力するサイトを見るのは、気持ちが悪いので避けた方がいいだろう。 エニタイムフィットネスの設備はかなり充実している 以上が、エニタイムフィットネスのシャワーやロッカー、Wi-Fiなどの設備についてである。 やはり全店舗比較的新しいだけあって、 エニタイムフィットネスの設備は他のジムに比べるとかなり充実しているといえるだろう。 また、女性の方にもある程度配慮はされていると言える。 しかも、エニタイムフィットネスは結構な頻度で新しい設備の導入が行われている。 今はお目当の設備がないという方も、SNS等で最新情報を要チェックだ。 繰り返しになるが、紹介したのはあくまでも私が通っている店舗の例である。 詳しく知りたい人は、等で調べるか、見学するのが確実だ。

次の