基本 情報 技術 者 試験 勉強 法。 基本情報技術者試験に一発合格するためのおすすめ勉強法|ボムログ

基本情報技術者試験・午前問題対策!おすすめの勉強法

基本 情報 技術 者 試験 勉強 法

今回は、非エンジニアが2ヶ月半で 基本情報技術者 に 合格 した効率的な 勉強法 についてシェアしたいと思います。 こんにちは、ゆう です。 テクノロジーの進歩が早く、世の中がどんどん変わっていく現代で 「 もっとテクノロジーに詳しくなりたい!」 っていう人は結構多いと思います。 基本情報技術者は、ITエンジニアの登竜門的な試験なので、 エンジニアでない人には関係ないと思われがちですが、• コンピューターがどのように動いているのか• ソフトウェア開発の流れ• 情報処理の考え方• 難しく感じるIT用語の意味や機能 などが 体系的に学べる試験なので、 テクノロジーが経済をドライブする世の中で、 非エンジニアにとってもかなり有意義な試験だと思います。 つい先日、基本情報技術者試験に合格したので、本日は非エンジニアの私が2ヶ月で 基本情報技術者 に 合格 した効率的な 勉強法ついてシェアしていきますね。 非エンジニアが2ヶ月で 基本情報技術者 に 合格 した効率的な 勉強法 基本情報技術者 FE とは まず、 基本情報技術者の概要についてざっくりご紹介しますね。 情報技術者試験を開催している IPA 情報処理推進機構 によると基本情報技術者の 対象者像は、 高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者 出展: ということで、上位者の指導を受けながらITソリューションやサービスの業務を行う人を想定しているようです。 試験時間・出題形式・出題数 試験は、 午前と午後に分かれていて、 各2時間半ずつ合計5時間の試験なので、結構ハードです。 午前問題は、 80問で4択問題で、 過去の問題と類似した問題も結構出るので、 過去問での対策がしやすいです。 午後問題は、 13問の内、 7問の 多肢選択問題を解いていきます。 関数やVBAマクロに繋がる知識も扱うので、普段の仕事にも活かせるかもしれないですね。 基本情報技術者の応募者数・合格者数の推移 出展: 平成31年度春期は、 77470人が応募し、 12155人が合格したようですね。 単純に合格率を出したら 15. 69%ほどですが、 実際は、 応募しても受験しない人も多いため、 実質合格率は20~30%の間くらいで推移しているようです。 合格率を見ると、そこまで簡単な試験ではないですね。 ちなみに、 合格点は午前・午後試験共に60点で、 両方60点以上の場合に合格となります。 基本情報技術者 の 勉強時間 と 勉強法 それでは、 基本情報技術者試験を効率的に合格するために必要なポイントをご紹介します。 まず実際に私が 合格までに掛かった勉強時間ですが、全部で 79. 25時間でした。 IT系の前提知識としては、• 大学で1科目だけIT科目を取っていた• 仕事で少しExcel VBAを使っていた• Progateで300時間くらいプログラミングの学習をしていた てな感じなので、IT知識がまったくゼロでは無かったので比較的短期間で済んだとは思います。 それでも知らない知識がほとんどだったので、かなり有意義な勉強でした。 私は通勤時間に片道1時間弱くらい掛かるので、この時間を効率的に使いたいなと思ってました。 通勤時間に本のテキストを読むのもいいですが、かさばるし、混んでると上手く開けなかったりして不便ですよね。 そこで、 電子テキストを買ってiPhoneで読んでたのですが、文字が少々小さいなぁ~くらいがデメリットで、 隙間時間でスッと集中して読めるので重宝しました。 通勤時間でテキストは1周半くらい読みました。 ちなみに 電子テキストは、Kindleのタブレットが無いと読めないと思いがちですが(私も以前はそう思ってました)、 iPhoneでもAndroidでもKindleのアプリをインストールして、購入したAmazonのアカウントでログインすれば、読めるようになります。 働く社会人の勉強は工夫が命だと思うので、良きと思ったら参考にされてみてください。 各科目の配点を確認し、学習にメリハリをつける 他の試験でも同様ですが、 出題範囲の科目とその配点比率を確認し、 重要度に合わせてメリハリをつけて学習することはかなり重要になります。 何が重要で、何が重要じゃないのかを判断してメリハリをつけるのは仕事でも大事ですよね。 基本情報技術者試験の場合は、特に 午前問題に配点比率の特徴があります。 午前試験の問題の分類として大きく3つあるのですが、問題数はそれぞれ• テクノロジ系 50問(62. 5%)• マネジメント系 10問(12. 5%)• ストラテジ系 20問(25%) の配点比率になっています。 合格点が60点ですので、極論テクノロジ系だけでも完璧にすれば合格してしまうということになります。 イメージとしては、 テクノロジ系の科目• 基礎理論(9. 7%)• コンピュータシステム(18. 8%)• 技術要素(27. 8%)• 開発技術(6. 3%) は、 何周も復習するようにして、 マネジメント系やストラテジ系の問題はテキストと問題集を1周すれば問題ないと思います。 テクノロジ系の中でも コンピュータシステムと 技術要素の科目が 特に重要(合計で全体の46. 6%)なので、 配点を意識して戦略的に勉強していくのがおすすめです! ちなみにストラテジ系の科目には、経営工学や企業会計などビジネス系科目があります。 USCPA等のビジネス系資格を学習された方はここらへんの科目で少し手を抜けると思います。 午後試験は、選択科目を絞り、決めた科目に集中する この記事の前半でもお伝えしたように、 午後試験は、13問の中から7問を解答します。 選ばない科目は、過去問でまったく手を付けてないです。 ここらへんは、人によって方針が異なると思うので、どれくらい絞るかはご自身で検討してみてください。 学習テキストは、2冊で十分! 最後に私が実際に使用したテキストをご紹介します。 基本情報技術者試験の学習は、基本的に• テキスト1冊• 問題集1冊 で 十分です! イメージとしては、• テキストを1周~2周して、各論点の全体的な知識を吸収していき• 問題集を回しながら、知識の定着、午後問題対策をする って感じの流れになります。 人によっては、午後問題のアルゴリズムやプログラミングの科目に不安があると思うので、必要であれば追加で検討してみてください。 私が使ったテキストは以下の通りです。 キタミ式イラストIT塾のテキストは、前でも説明したように、 Kindle版のみを買って、通勤時間等の隙間時間で読み進めていました。 イラストを使って詳しく書いているので、 非エンジニアであまりコンピュータの仕組や用語に馴染みがない人でもかなりわかりやすいです。 単純な知識や用語の 暗記ではなくて、理解が進むように書かれています。 一方で、重要なところを詳しく書いている分、基本情報技術者試験の論点を全て網羅しているわけではなく、 少し漏れているところがあるので、そこは注意です。 とは言え、合格のために 重要な部分はすべて載ってますし、 漏れている部分も過去問題集でカバー可能なので、特に問題はないかと思います。 パーフェクトラーニング問題集については、電子版ではなく、 ブック版を買いました。 テキストでのインプットは電子版でもいいですが、 問題を解くアウトプットは、机でじゃないとできないと思ったので、ブック版にしました。 過去問の解説の中で、 頻出問題や基本問題は、それぞれ印がついていて優先度の高い問題がわかるようになっているので、そのような問題を中心に学習するのが効率的かと思います。 また、 午後問題は結構文量も多く、文章読解力が必要なってくるので、過去問は特に午後問題に時間を割いて対策するのが良いかと思います。 基本情報技術者で 不合格になる人は、ほとんどが午後問題が60点を超えずに不合格になっているようですので、やはり 午後問題の対策が合否を分けるかと思います。 ということで、ある程度独学に慣れている方は、上記の2冊だけで十分合格できると思います。 ただ、中には 「 独学だとモチベを維持できない、、」 「 読むより聞いた方が覚えられる」 という方もいると思うので調べたら、 が基本情報技術者の講座を開設しているようです。 ある程度資金には余裕があって、 時間や労力を節約したい方はスクールを利用してみるのも良いと思います。 下記にHPのリンクを置いておきますね。 資料請求等して情報を収集してみると良いと思います。 まとめ 結構ボリューミーな内容になってしまいましたが、ポイントをまとめると• 電子テキストで隙間時間を使うと効率的• 各論点の配点を意識して学習のメリハリをつける• 午後試験は科目を絞り、決めた科目に集中して学習する• テキストと問題集1冊づつ、計2冊で合格できる! てな感じになります。 基本情報技術者試験は、 テクノロジーの発展が著しい現代で非エンジニアにとっても有意義なものになると思うので、ぜひチャレンジしてみてください。 DMは対応していないのですが、Twitterやブログでコメントいただいた場合は、お返事してますので、追加で知りたいことですとか、詳しく記事にしてほしいもの等がありましたら、お気軽にコメントしてくださいね。 私もブログ記事のアイディアを考える上で助かります! それでは、本日も最後までありがとうございました。 ゆう ゆう 米国公認会計士です。 趣味は一人旅&バスケ&ブログ。 現在訪問国9カ国、 海外滞在期間5年。 今年はプログラミングとブログを頑張る! 保有資格: 米国公認会計士 日商簿記1級 TOEIC900点 基本情報技術者 2級FP技能士 サイト内検索 最近の投稿• アーカイブ アーカイブ カテゴリー•

次の

基本情報技術者試験に一発合格するためのおすすめ勉強法|ボムログ

基本 情報 技術 者 試験 勉強 法

基本情報技術者試験の勉強法 基本情報技術者試験の合格基準 基本情報技術者試験に合格するには、下記の表のように午前、 午後の時間区分とも6割以上の得点を取ることが必要だ。 時間 出題形式 出題数 (解答数) 合格基準点 (100点満点) 午前 9:30~12:00 (150分) 多肢選択式 四肢択一 80問(80問) 60点 午後 13:00~15:30 (150分) 多肢選択式 11問(5問) 60点 試験結果に問題の難易差が認められた場合は、基準点の変更を行うことがある。 大抵の人は午前の勉強で基礎を十分固めてから、午後の勉強をするという計画を立てると思う。 僕は毎回この計画で勉強して不合格が続いた。 試験結果は午前8割以上正解していたが、午後は5割しか正解できなかったからだ。 今思えば、午後の問題はデータ構造及びアルゴリズム 、ソフトウェア開発の分野など多くの時間をかけて勉強しないと理解できない分野が多いのに、午前の勉強に時間かけすぎて午後の勉強がおろそかになっていたのだ。 つまり、 午後の問題を制するものが、基本情報技術者試験を制する ということだ。 基本情報技術者試験の午後の勉強法 午後試験の分野別出題数 午後の出題分野は、下記の通りである。 よって配点の高い問6のデータ構造及びアルゴリズム 、問7~11のソフトウェア開発分野が出来なければ試験の合格は非常に厳しくなるのである。 ソフトウェア開発分野は、C、Java、Python、アセンブラ言語、表計算ソフトから1問ずつ出題され、その中から1問を選択して解答することになるが、この基礎となるのが、データ構造及びアルゴリズム分野である。 問1~5までの分野は午前の問題の延長なので、参考書(基本書)と過去問を繰り返すだけで何とかなる。 よってソフトウェア開発の経験がある人は短期の勉強でも合格は可能であるが、経験のない人は早めに、データ構造及びアルゴリズム 、ソフトウェア開発の勉強を開始することが必要になってくる。 データ構造及びアルゴリズム分野の勉強法 この分野は試験対策として、• データ構造・・・スタックとキュー、リスト、配列、木構造、2 分木• アルゴリズム・・・整列、併合、探索、再帰、文字列処理、流れ図の理解、アルゴリズム設計 等の基本を確実に理解しておくことが必要である。 ソフトウェア開発分野の勉強法 この分野は、C、Java、Python、アセンブラ言語、表計算ソフトのどれか1問を選択することになる。 得意なものを選ぶのが良いと思う。 もし初学者で何を選択するか迷うなら、表計算ソフトがおすすめだと思う。 なぜなら、C、Java、Python、アセンブラ言語はプログラム言語であるため、初心者には敷居が高いからだ。 一方で表計算ソフトはエクセル等を使っている人には理解しやすく、今後も会社、個人で使用頻度が高いソフトなので勉強した知識は必ず役に立つと思う。 僕は、C言語で最終的に試験に合格したが、初学者だったので専門書を数冊買って理解したが、かなり時間的に遠回りしたと思う。 この知識はVBA等のプログラミングに大いに役立っていて、決して無駄にはなっていないが、試験合格を最短で目指すには向いていないと思う。 午後の選択問題の勉強法 午後の問2~問5の問題は選択問題で、4問中2問選択して解答する必要がある。 試験当日に4問とも解いて、自信のある問題2問を選択するのが一番好ましい。 しかし午後の問題は、時間が足りなくなることが多いのだ。 試験勉強は午前の勉強も兼ねて一通り勉強しながら、前もって試験当日どの分野の問題を選択するか?又はどの分野の問題は選択しないのか?決めておくことが重要である。 午後の問題は、各問題に複数の設問が設定されていて、中身が理解できていないと、全ての設問を勘で答えることになってしまう。 確実に問題の中身が理解できるように丁寧な勉強をすることが大切だ。 基本情報技術者試験の午前の勉強法 午前の対策は、参考書(基本書)と過去問を中心に勉強すれば十分だと思う。 暗記の問題が比重を占めるので、• 基本書を読む• 過去問の解説を読みながら解く• 解説で分からないとことがあれば、基本書の関係ある部分を読み直す これを、2回以上繰り返せば十分だと思う。 コツとしては、類似問題が出題される可能性もあるので、過去問をする上では、正解、不正解を確認するのではなく、解説を読むことに徹するのが良いと思う。 過去問も違う角度から解説してある基本書として使用するのだ。 何度も過去問をやれば、よく出題される分野、自分の不得意分野がわかってくるので、そこを重点的にやれば良い。 基本情報技術者試験の合格は午後の対策が重要 基本情報処理試験に合格するには、 午前の分野の勉強は、午後の分野のようにじっくり考えることは少ないので、隙間時間の有効活用をしながら勉強することを心がける。 午後の問題は、 データ構造及びアルゴリズム、ソフトウェア開発の分野は配点が高いので、勉強時間を十分確保して、確実に解けるようにする。 選択問題は、試験当日に決めるのではなく、事前に決めておく。 この3つを実践するだけで、ぐっと合格が近づくと思う。

次の

【独学で2ヶ月】基本情報技術者試験の勉強法【合格まで】

基本 情報 技術 者 試験 勉強 法

まずは目標(基本情報技術者試験合格)に対して現状(試験勉強前の知識レベル)の差を確認します。 基本情報技術者試験の要求レベル 基本情報技術者試験を開催しているIPA情報処理推進機構によると対象者像は 高度 IT 人材となるために必要な基本的知識・技能をもち,実践的な活用能力を身に付けた者 とされています。 求められる知識・技能が整理されたシラバスがIPAのサイトに公開されていますが、過去問の1回分をひと通り見た方が「あっこんな感じの問題なんだな!」と難易度のイメージがぱっとつきます。 まずは過去問をで確認してみましょう!(無料で見れます) 試験勉強前の状態 IT知識に関しては特に詳しい方ではなく、PCでネットサーフィンしてyoutubeを見たり、ネットショッピングをする程度です。 プログラミングについては大学時代の授業でC言語を習った程度です。 授業の内容もほとんど教科書に書いてあるコードをひたすら打っていくだけでプログラミングの勉強というよりほぼタイピングの練習でした。 会社でもC言語で書かれたコードを扱いますが、完成したコードの数字を変更するレベルなので誰でもできることしかやっていません。 つまり、 基本情報技術者試験の対象者像に対しては大きく乖離があってほぼ知識がない状態です。 基本情報技術者試験の勉強に使用した参考書・webサイト 知識が圧倒的に足りていないため、分からない単語がいっぱい出てくると心がすぐに折れてしまいそうな気がしました。 なので なるべく飽きずに読み進められる内容の本が良いなと考え、イラストが豊富に使われ、キャラクターの会話が楽しそうだった「」にしました。 「」は情報が網羅されていないと書いてあるレビューも見られましたが、100点を目指すならそうかもしれませんが 合格するためには十分な情報量でした。 基本情報技術者試験のおすすめwebサイト 基本情報技術者試験のwebサイトは「」が 最も情報が多くて圧倒的におすすめです。 掲示板が設置されていて、勉強している仲間の状況が確認できたり、質問ができたりと一人で勉強していると色々と不安になるので何度も助けられました。 どんな試験でもそうですが、過去問を解くことが最も効率の良い勉強方法になります。 基本情報技術者試験においても同様に過去問を解くことが合格への近道になります。 「基本情報技術者試験ドットコム」では今までの過去問の解説がほとんど揃っていてとても重宝しました。 また、オリジナルの模擬試験があり、実力を試すこともできます。 基本情報技術者試験の勉強法 とりあえず一通りの内容を把握するためほぼ毎日、数ページでも良いので読み進めました。 勉強はやり始めるまでは腰がとても重いのですが、やり始めてしまえば意外とできるものです。 アラサーで試験勉強から10年ほど遠ざかっていたのでちゃんと勉強できるか不安でしたが大丈夫でした。 「キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者」は800ページくらいありますが、 イラストが多いため割とさくさく読むことができます。 キャラクターの掛け合いが面白くて気付いたらノンストップで1時間以上読んでいたこともありました。 正直この段階では理解度は低くて記憶もあまり定着していない状態で、すでに読んだページの内容が出てきても覚えておらず、前のページに戻ってこんなことも書いてあったなー程度の理解度や記憶のレベルでした。 参考書が半分程度終わった時点でこのままの理解度・記憶で大丈夫かと不安になりましたが、試験は選択式なので行けるだろう!と自分に言い聞かせてとりあえず読み切ることを目標に進めました。 基本情報技術者試験は過去に出されたことがある類似の問題が全体の約半数を占めます。 過去問は4~6年分くらいやるとほとんどの問題パターンが網羅できるとのことだったのでひとまず4年分を目指して実施しました。 過去問をやると言っても、本番の試験時間は午前と午後それぞれ150分づつで合わせて300分にもなるのでまとめて時間を取るのは難しいです。 なので設問ごとに分けて「今日は設問1と2の回答と答え合わせ」のように区切って進めました。 制限時間については最初の3年分は時間を気にせず、時間をかけて回答しました。 時間は気にしないのですがどのくらい時間が掛かって正答率が何%なのかを把握しておくために、解き終わるまでに掛かった時間は計測しました。 この回答時間と正答率をもとに後述する試験の戦略を立てました。 問題の解き方についてですが、「DRAMの特徴はどれか。 そうすることで答え合わせした際に「あっこういうことだったのか!」と気づきがあり記憶に残りやすかったです。 躓いた問題は「キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者」を見返すことと、間違えた問題集を作って記憶の定着を図りました。 間違えた問題集は「基本情報技術者試験ドットコム」の解説部をOneNoteにコピペで張り付けるだけで時間を掛けずに作りました。 スマートフォンのOneNoteアプリで同期して確認できるのでちょっとしたすきま時間にチェックできて便利です。 過去問は1日1~2時間で28日間取り組んだので、1. ポイントは試験形式が選択式なので暗記するといっても説明できるレベルまでは不必要でなんとなくこんな感じとイメージできるくらいで良い、計算系は過去問と同じようなのが出るので確実にできるようにしておくことです。 基本情報技術者試験の戦略 午前問題は選択式で時間も余裕があるため、一つひとつの問題に対してケアレスミスに気をつけてやりましょう。 過去問で安定して7割以上取れていれば心配ないですね。 おそらく多くの人が苦労するのは午後問題です。 午後は選択式(問2~7の内、4つを選択)になっており、時間も足りないので解く順番やどの設問にどのくらい時間をかけるかが重要になってきます。 過去問を解いた時の正答率や回答時間をもとに戦略を立ると良いでしょう。 当日の問題を見て選んでいる時間は無いし、どの設問を回答するか決めておいた方が勉強範囲も少なくすることができます。 過去問を進めていく中で設問ごとに得意、不得意が分かってきたら割り切って決めましょう。 私の場合は 過去問3年分(6回分)の正答率と回答時間のデータをもとに少ない回答時間で正答率が高い設問を優先順位付けして問3,5,7,8に決めました。 問3のデータベースは構文を覚える必要がありますが、覚えてしまえば難易度は高くないのでデータベースを扱ったことがない人でもおすすめです。 問5~7は読解力が必要とされる問題でじっくり読めば問題文の中に答えが書いてありますので読解力に自信がある方におすすめですがその分時間がかかるので注意です。 暗記が得意な方であれば問2,4も選択候補になります。 基本情報技術者試験の勉強法まとめ 基本情報技術者試験にて合格するためには過去問を解くことが一番近道だと感じました。 情報学部出身者やIT関係に従事されている方など、ある程度知識があれば過去問を何年か分やっておくだけでさらに短時間の学習時間で合格できてしまうでしょう。 ただし、私のように 知識があまりない方は体系的に学べる本を1冊購入してまず一通りの知識を学習してから過去問に取り組む方法をおすすめします。

次の