アルツハイマー 病 症状。 アルツハイマー型認知症の基礎知識

アルツハイマー型認知症の症状とは?

アルツハイマー 病 症状

それに伴って神経伝達物質が減少し、認知機能に障害が起こると考えられているのです。 ある事柄が覚えられなくなったり、通い慣れた道で迷ったりするなどの症状がみられたときには、すでに多くのゴミたんぱく質が溜まっている場合があります。 その場合は根本的な治療が難しいとされていますが、早い段階で治療できれば進行が穏やかになる可能性があります。 つまり、 アルツハイマー病は早期発見が特に重要なのです。 また、認知症は高齢者の病というイメージがありますが、40~50代などの若い世代が発症する可能性もあります。 65歳未満に発症する認知症のことを総じて「若年性認知症」と呼びますが、その多くはアルツハイマー病と脳血管性認知症で占められています。 若年性認知症を発症する平均年齢は、51歳前後。 若い世代が発症する認知症は家系内にアルツハイマー病を患った方がいるなど、 遺伝的な要素が大きいと考えられています。 若年性認知症の症状は基本的に高齢者の認知症と同じですが、物忘れがひどくても「仕事が忙しいから」「疲れているから」といって片づけてしまうことが少なくありません。 しかし、早期発見ができることで、症状の進行を遅らせることができる場合があります。 そのため、家族にアルツハイマー病の方がいたり、物忘れなどの疑いがあったりする場合は早めの受診を心がけましょう。 特に若い世代の場合は、若い分だけ長く認知症と付き合っていくことになります。 早期発見ができれば、それだけ長く、これまで通りの生活を継続することができる可能性があるのです。 BPSD(行動・心理症状)とは 認知症の症状には前述の記憶障害や見当識障害といった中核症状のほかに、「BPSD(行動・心理症状)」という症状があります。 中核症状と違い、 BPSDは認知症になったとしても必ずしも発症するとは限りません。 BPSDは、家族や介護者など、周りの人との関わりのなかで起きてくる症状で、その発症には本人の性格や生い立ち、生活環境などが複雑に絡み合っています。 人それぞれ現れ方も違い、具体的な症状は暴言や暴力、妄想、徘徊、弄便、失禁、不眠など多岐にわたります。 アルツハイマー病の代表的なBPSDは、自分で置き忘れた物を家族や介護者に盗られたと思い込む「物盗られ妄想」です。 また、突然家からいなくなったり、通い慣れた場所から帰れなくなって歩き続ける「徘徊」、ご飯を食べたりお風呂に入ったりすることを拒む「介護拒否」も特徴的な症状。 BPSDは環境や家族の接し方を変えることで症状が軽くなったり、逆に重い症状が現れたりすることもあります。 決して簡単ではありませんが、本人の気持ちを確認しながら少しずつ変えていけば、次第に症状を軽減させることが期待できますよ。 それでは、具体的な環境と接し方の変え方について見ていきましょう。 環境の整備 「認知症なんだからきっとよくわからないだろう」 そう考え、本人に黙って家具の配置を変えたり、介護リフォームをしたりするケースがあります。 ご家族にとっては良かれと思ってしたことですが、その変化が症状を悪化させる原因になることも少なくないのです。 アルツハイマー病の方が過ごしやすい環境を整えるにあたって大切なのは、押し付けではなく、本人と一緒に考えること。 家族からすればどうしても「安全に過ごす」ことばかりを重視しがちですが、大切なのは本人がどう感じるかです。 なので、本人が納得したうえで、機能面が考慮された環境にしなくていけません。 物の配置や手すりの位置、段差の解消など、できるだけ本人に確認しながら「使いやすい」「動きやすい」と思えるように変えていきましょう。 本人への接し方 アルツハイマー病の方と接するときは「否定をしない」ことが基本です。 物忘れがひどくなって食事をしたことを忘れてしまっても「さっき食べたでしょ」などとは言わないよう注意してください。 そのため、 頭ごなしに否定されると理解できずに混乱し、不安やストレスを感じて症状が強くなることもあります。 食事をしたことを忘れる場合は、旬の食材を使うなど、できるだけ印象に残る献立にしてあげられると良いですね。 また、「財布を誰かに盗られた」などの妄想がみられる場合は「盗られていない」と否定するのではなく、まずはその事実に共感し、その後、一緒に探すようにしてください。 多くの場合は置き忘れているだけですぐに見つかると思いますが、本人が見つけるように誘導してあげると自信につながります。 アルツハイマー病の場合、「自分はできる」「必要とされている」と思える接し方を意識すると、進行を抑えられる可能性が高まるのです。 以下は、認知症の方の対応方法における、適切な対応とNGな対応の具体例になります。 内容 適切な対応例 共感する 本人の言っていることに合わせる NGな対応例 責める、怒る、否定する 間違っていることを訂正する 予防方法の基本は「生活習慣の改善」「運動」「睡眠」 生活習慣を改善する アルツハイマー型認知症の根本的な治療方法は、まだ確立されていません。 しかし、米国のフロリダアトランティック大学の研究で、 「アルツハイマー病のうち30%は、生活スタイルを改善して、糖尿病や高血圧などの9項目が予防できれば、発症を遅らせることができる」という結果が出ています。 つまり、発症する前から健康的な生活を送ることが、最大の認知症予防になり得るということです。 長期的に認知症予防に取り組むという意味では、生活習慣病と毎日の食事が大きなカギを握ります。 糖尿病や高血圧の原因となる糖質・塩分を控えめにすることが、認知症を予防するのです。 また、1日3食きちんと食べていても、麺類やパンなどの主食が多い食事では、肉や魚などのタンパク質を含めた栄養素がバランス良く摂取できず、低タンパク質や低栄養の状態になってしまいます。 この状態は認知症に限らず、多くの疾患の引き金となります。 新鮮な野菜やフルーツ、白い砂糖や小麦粉などの精製されていない全粒穀物を中心に、脂身の少ない良質なタンパク質を摂取することに気をつけてください。 適度に運動する アルツハイマー病の予防には運動が効果的だということが近年の研究でわかってきました。 これらのたんぱく質が運動をすることによって分解され、溜まりにくくなるのです。 また、 運動は筋肉細胞から分泌されるホルモンが脳の細胞死を抑える活動を助け、記憶を司る海馬を活性化させることもわかっています。 特に、有酸素運動は血液の循環を良くするので、細胞を活性化させる効果が期待できます。 具体的には、水泳やジョギングなどの有酸素運動が効果的です。 しかし、これまであまり運動をしてこなかった人はつらいと感じるかもしれません。 そんな方には 自宅周辺で手軽に始められる散歩がおすすめです。 散歩といってもただのんびり歩くのではなく、大きめの歩幅で早めに歩くことがポイント。 毎日歩くのが大変な場合は、週3~5日を目安に、1日30分程度歩くことから始めましょう。 十分な睡眠をとる 運動と並んで症状の予防に効果的と言われているのが睡眠です。 睡眠時は脳も休んでいると思われがちですが、実は、必要な栄養を取り込んだり、不要な記憶を整理したりするなど、さまざまな活動が行われていることがわかっています。 JAMA Neurology誌によると、アメリカのワシントン大学で行われた研究では、睡眠が少ない人は最大で5倍以上もアルツハイマー病になる可能性が高いという結果が出ています。 また、夜の睡眠に限らず、30分程度の昼寝をすることも効果的。 こちらは国立精神・神経センターの研究データで、昼寝の習慣はアルツハイマー病の発症リスクを5分の1に下げることが報告されています。 ただし、昼寝は30分以上になると逆効果というデータも。 そのため、昼寝をする場合は、会社のお昼休みに仮眠をとるぐらいがちょうど良いでしょう。 最近は会社の取り組みとして昼寝を推進している企業もあります。 昼休みなどを利用してうまく昼寝をする時間を作り、アルツハイマー病の予防に注意してみてください。 また、高齢になると睡眠の質は低下すると言われており、睡眠障害になる方が多くみられます。 日中に運動をして身体を動かし、良い睡眠をとれるよう心がけましょう。 認知機能検査と脳画像検査で診断 もしも大切な家族にアルツハイマー病の症状がみられた場合、いったいどうすれば良いのかと戸惑ってしまいますよね。 ここで重要なのは、 アルツハイマー病は早期発見・早期治療を行うことで、進行を緩やかにできる可能性があるということ。 なので、少しでもその兆候があった場合は、できるだけ早めに専門医の診断を仰ぎましょう。 専門医はかかりつけ医の紹介のほか、もの忘れ外来やもの忘れセンターなどを通じて探すことができます。 医師に診断してもらうための検査は、主に2つです。 医師による認知機能を測る検査(神経心理学検査)• 血液検査・脳画像検査 それぞれの検査について、詳しく見ていきましょう。 医師による認知機能を測る検査(神経心理学検査) 認知症の診断では、まず医師によって認知機能の状態を細かく測る検査が行われます。 この検査を神経心理学検査と言います。 多くの場合、簡単な質問に答える、指示された文言を書く、道具を操作する、といったことを行います。 血液検査、脳画像検査 神経心理学検査に続いて、血液検査、脳画像検査が行われます。 脳画像検査には頭部CTスキャンやMRIといった「脳の形をみる検査」と、脳SPECT(スペクト)など、「脳の働きをみる検査」の2種類があり、双方の結果を診断の手掛かりにします。 神経心理学検査で一定の基準を下回り、脳画像検査によって脳の萎縮や血流の低下などが見られた場合、アルツハイマー病と診断されます。 不安に思ったらセカンドオピニオンをしてみよう アルツハイマー病は、記憶や思考能力にかかわる複雑なものなので、検査をしても診断が難しい場合があります。 そのため、診断の結果によってはセカンドオピニオンを希望したくなる場合もあるでしょう。 「先生に申し訳ない」という気持ちになるかもしれませんが、多くの医師はセカンドオピニオンの必要性を理解しているため、快く診療記録を提供してくれます。 医師によっては別の病院を紹介してくれることもあるので、まずは相談をしてみましょう。 アルツハイマー病の疑いがある場合、早期診断・早期治療を行うメリットは進行を穏やかにすることだけではありません。 認知症は本人だけの問題ではなく、家族にも影響を与えるからです。 早期に診断されればそれだけ将来の計画についての余裕が生まれ、生活環境を整えたり、第三者に協力をお願いしたりする時間ができます。 また、 場合によってはアルツハイマー病の臨床試験に参加する機会が増えるかもしれません。 臨床試験というのは、開発された治療法や薬の安全性、副作用、有効性などを検証するために行われる調査・研究のこと。 臨床試験に参加することでさらに進行を抑えられたり、現在は難しいとされている完治に向けての希望が持てたりするようになるかもしれません。 ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミンの3剤はコリンエステラーゼ阻害薬(そがいやく)と呼ばれ、アルツハイマー病の発症によって生じる神経伝達物質の減少を抑える作用があります。 結果として、記憶障害や認知障害の改善を促し、病気の進行を抑える可能性が高まるのです。 ただし、 副作用にも注意しなくてはいけません。 食欲不振や嘔吐、下痢などのほか、まれに徘徊や幻覚、暴力といったBPSD(行動・心理症状)を発症する場合があります。 また、心臓に大きな負担がかかる場合がありますので、必ず医師とよく相談をして服用することが大切です。 ドネぺジルとガランタミンは内服薬ですが、 リバスチグミンは貼り薬のため、服用に伴う吐き気などの副作用が少なく、認知症の影響で薬が飲めなくなった人にも使うことができます。 3剤とも脳の異なる部分に働きかけるなど、それぞれに特徴があるので、人によって効果がある場合もそうでない場合もあります。 そのため、治療はそれぞれの方にとって一番効果的な薬を見つけることから始まります。 いずれも 長期間にわたって服用すると次第に効果が薄れることがわかっていますが、本人の意欲が向上したり、気持ちが前向きになったりする効果もあるので、継続しての服用がすすめられます。 NMDA受容体拮抗薬(きっこうやく)であるメマンチンは、日常生活に活気が出たり、イライラや不安を少なくしたりする効果に期待できます。 ほかの3剤と違い、症状が中等度以上まで進んだ人に処方されます。 また、アルツハイマー病によって低下した認知機能の改善にもつながります。 副作用は、飲みはじめにめまいの症状が現れること。 めまいによって転倒し、骨折をしてしまうと寝たきりになる可能性もあるので、服用時には十分に注意する必要があります。 いずれの薬も、様子を見ながら効果が出る適正な投与量まで少しずつ増やしていきます。 また、 4剤のうち、メマンチンとそのほかのどれか1剤との併用はできますが、コリンエステラーゼ阻害薬同士の併用は認められていません。 この規定も踏まえ、薬の管理は医師や薬剤師による指導のもと、認知症を発症している本人ではなく、家族がしっかりと行うようにしてください。

次の

アルツハイマー病について

アルツハイマー 病 症状

には3つの特徴があることがわかっています。 それらがどのようなメカニズムで起こるのかという研究も行われており、徐々にアルツハイマー病が解明されつつあります。 本記事では、アルツハイマー病の3つの特徴のメカニズムについて、金沢大学神経内科 大学院医薬保健学総合研究科 脳老化・神経病態学 教授の山田正仁先生にお話しいただきました。 アルツハイマー病の原因 前の記事で述べたとおり、を引き起こす原因の特徴は3つあります。 老人斑の出現• 神経原線維変化• 神経細胞(シナプス)の脱落 老人斑の出現や神経原線維変化の結果、神経細胞が脱落してしまうとアルツハイマー病が発症します。 アルツハイマー病の脳では過剰にリン酸化され不溶化したタウ蛋白が脳内に凝集・蓄積します。 その結果、アルツハイマー病の症状があらわれます。 3つの特徴を引き起こす要因 前項での原因3つについて述べましたが、これらを引き起こす要因は次のとおりです。 遺伝的因子• 一方、そうした家族内の発症がなく、発病者がみられる場合は「孤発性AD」と呼びます。 家族性アルツハイマー病 APPそのものやプレセニリン1、2に遺伝子変異があるとアルツハイマー病になりやすいとされています。 また、ダウン症の方はある年齢になると脳にアルツハイマー病の変化が出てきてアルツハイマー病を発症します。 孤発性アルツハイマー病 遺伝的な素因としては、アポリポ蛋白E遺伝子が関係していると考えられています。 などの生活習慣病や運動不足がのリスクとなりうるのは容易に想像できるところですが、生活習慣病の是正(食事・運動)がアルツハイマー病の予防にもなるのではないかといわれています。 現在、認知機能が正常な方がどのような日常生活を送っていて、5年~10年後にMCI()やを発症しているかをみています。 現在5年後の結果が出ており論文で発表しました。 この論文で明らかにしたのは、食生活では緑茶を毎日飲む習慣がある人の認知症発症率が、飲まない人に比べて3分の1であるという結果です。 年齢やアポリポ蛋白遺伝子型などばかりでなく、趣味や運動を活発に行っているという要因を調整した後でも、緑茶を飲んでいる人が将来の認知機能低下のリスクが低いという結果でした。 その結果を受け、緑茶などの食品に含まれているどの成分に効果があるのかという課題についてアルツハイマー病の実験モデルを用いて研究を行い、よい結果が得られた成分を用いて、現在臨床試験を進めています。 このように地域のコホート研究から、認知症に効果が期待できるものが発見される可能性もあるのです。 そこでわたしたちは、久山町研究を行っている九州大学ほかと全国的な組織をつくり共通データベースをするなど、日常生活習慣と認知症の関係などについて大規模な研究を実施する準備を進めてきました。 2016年度からは、わたしたちのなかじまプロジェクトや久山町研究などが中核となった大規模コホート研究が国主導で本格的に始まります。

次の

アルツハイマー型認知症の初期症状

アルツハイマー 病 症状

患者数が多い代表的な5つの認知症とその原因となる病気を解説します。 (1)アルツハイマー型認知症(この記事) 「アルツハイマー型認知症」 日常生活の困難さが前面に アルツハイマー型認知症は、大脳全体が大きく萎縮する病気です。 萎縮の始まりは、短期記憶や見当識をつかさどる「海馬」を含む側頭葉です。 そのため、初期の段階から極端なもの忘れや、見当識障害が目立つことになります。 「たんぱく質のごみ」が脳神経細胞を破壊 そもそも脳はなぜ萎縮するのでしょう。 その原因をひと言でいうなら、「たんぱく質のごみ」の蓄積です。 日々分解されて消えるものですが、なんらかの原因で分解しきれず、脳の神経細胞の外にたまってしまいます。 これを「老人斑」といいます。 二つ目の「ごみ」は、神経細胞の内側にある「リン酸化タウたんぱく」です。 神経細胞の中に糸くず状にたまり始め、これが神経細胞の破壊をもたらします。 これらの「ごみ」がたまる原因はわかっていませんが、生活習慣病とのかかわりや遺伝との関係も指摘されています。 遺伝性の場合、65歳未満で発症することが多いです。 「進行を遅らせる薬も治療法もあるので、早く見つかればそのぶん元気な期間を延ばせます。 しかし、全般的には認知機能に問題がない。 着替え、入浴、トイレなども一人では難しくなり、介助が必要に。 日常的な介護が必要になるが、BPSDは減る。 POINT 加齢だけでは説明できない記憶障害がある。 生活習慣病との関連はあるが原因は不明。 早期発見で治療すれば進行を遅らせられる。 「」をみる.

次の