野菜 レシピ。 野菜レシピ30選|野菜を食べない子どもにもおすすめ!人気の野菜をたっぷり・野菜だけ使ったレシピなど

野菜メインの人気レシピ50選!子供のお箸もすすむ栄養たっぷりヘルシー料理♪

野菜 レシピ

カレーの黄色も秋色風に一役買っています。 さつまいもは皮のまま5mm厚さの小口切りにし、ソーセージも同様に切る。 【2】小松菜は2cm長さに切る。 水分がなくなったら【A】を加えて炒め、仕上げに【2】を加えて炒め合わせ、塩で味を調える。 教えてくれたのは シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 今回は、盛りつけのポイントも伺いました。 れんこんは1cm角のサイコロ状に切って酢水(分量外)にサッとさらし、水気を切る。 【2】フライパンにオリーブ油を入れて熱し、【1】を中火で炒める。 具材に火が通ったらご飯を加えてさらに炒め、トマトケチャップ、塩で味を調えて皿にこんもりと盛り付ける。 【3】ボウルに を入れて混ぜる。 【4】きれいにしたフライパンにバターを入れて熱して【3】を入れ、強火にしてサッとひと混ぜする。 好みの固さまで加熱したら【2】に被せる。 【5】【4】にサラダ菜を添え、好みでトマトケチャップ(分量外)をかける。 教えてくれたのは 渥美まゆ美さん 管理栄養士。 フードコーディネーター。 健康運動指導士。 保育園勤務で子どもの料理提供に関わる。 料理講師やセミナー講師などフリーランスで活動後、「株式会社Smile meal」を設立。 食育など食と健康に関わる活動を行う。 2児の母。 『めばえ』2018年1月号 【3】ブロッコリーの木 お弁当にピッタリ!にんじんの花を散らしてかわいく飾りましょう。 【2】ちくわを4等分に切り、【1】の芯にマヨネーズをつけてさす。 ゆでたにんじんを型で抜き、マヨネーズで貼る。 *にんじんの代わりにハムやチーズでも。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『ベビーブック』2014年5月号 【4】小松菜とひき肉のポテトグラタン風 小麦粉と一緒に炒めた具材がしっとりまとまります。 やわらかいマッシュポテトをソース代わりに。 湯をきって鍋に戻し、軽く水分をとばして、なめらかにつぶす。 牛乳を加えて混ぜ、塩、こしょうで調味する。 【2】玉ねぎはみじん切りに、小松菜は小口切りにする。 【3】フライパンを強めの中火にかけてサラダ油を熱し、ひき肉を加えて火が通るまで炒め、【2】を加えて2分ほど炒め、塩、こしょうをふる。 小麦粉をまんべんなくふり入れ、混ぜながら加熱する。 【4】耐熱容器に【3】を入れ、【1】をのせて平らにし、粉チーズをふる。 教えてくれたのは 上田淳子さん ヨーロッパや日本のレストランなどで修業後、料理研究家として雑誌、書籍、テレビなどで活躍。 双子の男の子の母。 近著に『共働きごはん』(生活の友社)など。 『めばえ』2015年1月号 【5】フライパンで作るトマトクリームの煮パスタ ソースと一緒に煮込んだパスタは、時短お手軽ながら、コクのある味わいに。 しめじは石づきを取って、ほぐしておく。 【2】フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、【1】を入れてさっと炒め合わせたら、【A】を加える。 【3】軽く煮立ったら、スパゲッティを半分に折って入れて、麺をさばくようにときどき混ぜながら煮る。 表示通り(6分)煮たら牛乳を加え、混ぜながらさらに1~2分煮て、【B】で味を調える。 【4】器に盛り、好みでパセリのみじん切り(分量外)をかける。 具材とパスタを同じフライパンでそのまま調理! 教えてくれたのは 武蔵裕子さん 料理研究家。 作りやすく、おいしいレシピに定評のある、家庭料理のエキスパート。 自らも働きながら双子の息子を育て上げ、今も3世代の食卓を担う日々。 忙しい主婦が真似しやすい時短レシピを数多く提案している。 『めばえ』2017年4月号 野菜をたっぷり使ったおかずレシピ 【1】肉じゃが ちょっと多めに作って他のおかずにリメイクするのにもぴったり。 玉ねぎはくし形、 にんじんは乱切り、いんげん は3~4cm長さ、しらたきは食べやすい大きさに切る。 豚肉 は5cm長さに切る。 【2】鍋にサラダ油を熱し、じゃが いも、玉ねぎ、にんじんを炒める。 全体に油が回ったら、【A】と豚肉を加え、沸騰したらアクを取り、中火で5分ほど煮る。 【3】しらたきとしょうゆを加え、アルミホイルで落しブタをして 中弱火で10分煮、仕上げにいんげんを加えてひと煮する。 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 『ベビーブック』2017年5月号 【2】にんじんとブロッコリーのサラダ 味付けは塩とオリーブオイルのみ。 【2】鍋に水とにんじん、塩を入れてゆで、8割がた火が通ったらブロッコリーを入れてゆで、ざるにとる。 パプリカは5mm角に切って、サッとゆでる。 【3】【2】を塩とオリーブ油で和える。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 料理コーディネーター。 キャラクター料理や子ども向け料理など、見た目が楽しく、かわいく、かつ、おいしくてヘルシーなレシピが人気。 『ベビーブック』2013年6月号 【3】牛肉と野菜のすき煮 サッと炒めるだけで絶品のおいしさ。 しっかりお肉に野菜もたっぷり。 うま味がギュッと詰まった一品です。 【2】長ねぎは斜め薄切りにし、しめじは根元を除いてほぐす。 にんじんは薄切りにし、あれば型で抜いて、下ゆでする。 【3】フライパンにごま油を中火で熱し、【1】の牛肉をサッと炒め、だし汁と漬けだれを加えて混ぜる。 【2】を加え、汁がほんの少しになるまで煮る。 【2】すべての材料を混ぜる。 *冷蔵庫で10日ほど保存可能。 教えてくれたのは 夏梅美智子さん 身近な食材を使った、作りやすくておいしい家庭料理が人気。 基本の料理からエスニックまで幅広いレパートリーがある。 男の子のママでもある。 『めばえ』2015年2月号 【4】彩り蒸し野菜 ゆでる代わりに、ごく少量の水で蒸す「蒸し煮」はおいしいだけでなく野菜の栄養をそのままいただくことができる優秀食。 かぶは葉を落とし、皮をむいて半分に切る。 【2】フライパンに【1】とかぼちゃを並べ、オリーブ油と水を回し入れて、ふたをし、中火の弱火で6~7分蒸し焼きにする。 *子ども用は食べやすく切り、タルタルソースなどを添える。 蒸し上がりのやわらかさは、加熱時間で調節して。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「」を 主 宰。 男の子のママでもある。 【2】【A】を順に加えて炒め、塩麹を加えて混ぜ、フタをして野菜が柔らかくなるまで加熱する。 【3】塩、こしょうで味を調える。 器に盛ってイタリアンパセリ(分量外)を適量飾る。 教えてくれたのは カノウユミコさん 野菜料理研究家。 鳥取県の専業農家に生まれ、生来の野菜好き。 高校時代から自然食に興味を持ち、ベジタリアン料理・精進料理を研究。 現在は鳥取に住み、自ら野菜を自然栽培。 東京でも毎月、野菜料理教室を開催している。 『めばえ』2017年7月号 【2】じゃがいもとにんじんのスープ 野菜のやさしい甘みがみその風味でぐっと引き立つ。 油でいためた味噌のスープは味噌汁とは違ったスープです。 【2】鍋に油、みそを入れて中火で熱し、香りが出るまで炒める。 水を加えて【1】を入れ、再び煮立ったら弱火 まで煮る。 教えてくれたのは 北京生まれ。 1990年に来日。 雑誌で紹介した「北京の小麦粉料理」が評判となり、料理研究家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 5cmの角切りにしてボウルに入れ、塩を振ってサッと混ぜる。 10分ほどおいてギュッともみ、水気を絞る。 きゅうりは1cm角に切る。 【2】ボウルで【A】を混ぜ合わせ、【1】、コーン、ミ ックスビーンズを和えて、カップに盛り付ける。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 『めばえ』2016年8月号 【4】えのきのおろし玉ねぎドレッシングサラダ 電子レンジで温めるだけ!簡単にできるのであと一品欲しいときにつかえる一品。 ラップをふんわりかけて、電子レンジで1分ほど(500Wの場合)加熱する。 【2】ボウルに玉ねぎをすりおろして【A】を加えて混ぜ、【1】を加えてざ っと和える。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。 『めばえ』2016年10月号 【5】レタスとわかめの和風スープ だしを効かせたさっぱり味!わかめのツルンとした口当たりが喉ごしよく体を温めます。 【2】大きめの耐熱ボウルに【1】、わかめ、【A】を入れ、混ぜる。 【3】【2】にラップをかけ、電子レンジ(600Wの場合)で2分~2分30秒加熱する。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も母として「食育」を実践している。 とうもろこし輪切りに。 かぼちゃは1cm幅に、いんげんは3等分、パプリカは6等分に切る。 にんにくは頭を1cm切り落とす。 【2】【1】にオリーブオイル、塩少々をふり、焼く。 オーブン:予熱後、200度で 20~30分。 フライパン:両面を中火~弱中火で 5~10分焼き色がつくまで(あまり触らないのがポイント。 フタはしなくてOK)。 オーブントースター:900Wの場合、予熱後、アルミホイルを敷き、約5~15分。 材料の大きさや調理器具によって、様子を見ながら加減してください。 教えてくれたのは 小山有希さん 料理研究家。 元日本料理屋の両親、蕎麦屋の祖父母、元和菓子屋経営の義祖父母を持つ、食業界のサラブレッド。 おいしく食べて健康に近づける「医食同源」をモットーとしたレシピに定評がある。 1男1女の母。 『めばえ』2016年7月号 【7】かぶとれんこんのパンプキンスープ だしと塩麹を使ったうまみのある味わい。 それぞれのほくほくな食感を楽しめます。 れんこんは皮をむいて 1cm幅のいちょう切りに、ベーコンは 細切りにする。 【2】かぼちゃは3cm角に切って、だしでゆで、汁ごとミキサーにかけるか、汁 の中でつぶす。 【3】鍋に【2】、かぶ、れんこん、ベーコンを入れて火にかけ、火が通ったらかぶ の葉を加えてサッと煮、塩麹を混ぜる。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」 やイタリアにて料理を学び、料理研究家に。 「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 親子で楽しむクッキングも人気。 男の子のママ。 『ベビーブック』2016年1月号 ヘルシーなダイエットにもおすすめの野菜を使ったレシピ 【1】すりおろしにんじんのコンソメ風スープ すり下ろしたにんじんの甘味と風味がやさしいスープ。 栄養たっぷりで体を温めるので、朝ごはんにピッタリです。 蓋をずらしてのせ、3分ほど煮たら、しょうゆで味を調える。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。 わかめは1cm程度の大きさに切る。 【2】ボウルに卵を割りほぐし、【A】と【1】を混ぜる。 【3】卵焼き用のフライパンにサラダ油を熱し、【2】を一気に流し入れて大きくかき混ぜる。 弱火にして半熟になったら端からクルクルと巻いて形を整えて焼く。 粗熱がとれたら食べやすく切る。 *わかめが塩蔵の場合、塩は省いてもOK。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族 のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのよいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 【2】ひき肉と長ねぎを混ぜ、ワンタンの皮に等分にのせ、皮の周りに水を塗って閉じる。 【3】鍋に【A】を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら【2】を加え、かぶのすりおろしと葉も加えて5分ほど煮る。 【4】器に盛って白ごまをふる。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 4歳の男の子のママでもあります。 『めばえ』2014年2月号 【4】トマトヨーグルトスープ すりおろして混ぜるだけ。 トマトの赤がきれいな冷たいスープ。 朝食にぴったりの一品です。 【2】すりおろしたトマトとヨーグルトを混ぜ、塩と砂糖で調味する。 器に盛って角切りのトマトを散らす。 *クロックムッシュでくりぬいたパンを5mm角に切ってトースターで焼き、クルトンにしても。 好みでヨーグルト(分量外)をかけても。 教えてくれたのは 料理研究家である母・李映林さんのアシスタント後、独立。 韓国料理を中心に、素材の味を生かしたヘルシーなメニューが人気。 男の子と女の子のパパ。 『ベビーブック』2013年8月号 【5】おからとヨーグルトのポテトサラダ風 発酵パワーが凝縮!はちみつとヨーグルトでほんのり甘みと酸味のあるさっぱりしたポテトサラダのようなおからのサラダ。 ハムは1cmの角切りに。 きゅうりは縦に4つ割りにし、さらに7~8mm幅に切って、塩を振ってもんでおく。 【2】ボウルに【A】を入れて混ぜ、ハム、コーン、水気を切ったきゅうりを加え混ぜる。 【3】【2】におからを加え混ぜる。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 料理研究家、管理栄養士。 女子栄養大学在学中から料理アシスタントを務め、料理家の道へ。 25~30歳の5年間育児休業するも、復帰後、メディア各種、イベント、講演会など、幅広く活躍。 「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系)の講師としても人気。 『めばえ』2017年1月号 夏野菜を使った和食レシピ 【1】ズッキーニのせ肉団子の照り焼き 肉団子をズッキーニに載せてフタをして焼いて。 和風のたれの照り焼きにして召し上がれ。 【2】ズッキーニは1cm幅の輪切りにし、片面に片栗粉をまぶして【1】をのせ、枝豆を埋め込む。 【3】フライパンにオリーブ油を熱し、【2】を並べ入れてふたをして焼き、混ぜ合わせた【B】を鍋肌から加えてふたをし、煮汁にとろみが出るまで煮る。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 一女の母。 『めばえ』2014年9月号 【2】うずら卵入り鶏団子のなす巻き ウズラの卵を包んだ肉団子のなす巻き。 肉団子のうま味や油を程よく吸ったなすがとてもおいしい一品。 【2】【A】を合わせて粘りが出るまで混ぜ、うずらの卵を芯にして10個の団子を作る。 【1】の水けを拭き、片面に片栗粉をまぶし、団子を巻く。 ごま油を熱したフライパンで、向きを変えながら中まで火が通るように焼く。 【3】器にレタスと【2】を盛り、ケチャップを絞る。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 一女の母。 『めばえ』2014年9月号 【3】トマトと豚バラ肉の酢っぱ煮 豚肉とお酢は活力UPの黄金コンビ!お肉はやわらかく仕上がります。 トマトはヘタを取って大きめの乱切りにする。 青梗菜は茎と葉に分け、茎は縦に細切りにして長さを半分に切る。 葉は小さめのざく切りにする。 【2】厚手の鍋に水を入れて豚バラ肉、酢、塩を加え、フタをして中火にかける。 沸騰してきたらフタを取って弱火にし、アクを取る。 肉に火が通ったらトマト、砂糖、しょう油を加える。 トマトの皮がむけてきたら、青梗菜を茎、葉の順に加えて火を止め、フタをして余熱で火を通す。 教えてくれたのは 瀬戸口しおりさん 料理家。 学生時代、東京・吉祥寺にあった『諸国空想料理店KuuKuu』のスタッフとして働き始め、その後、料理家・高山なおみ氏のアシスタントを経て独立。 昔ながらの家庭料理や人気のエスニック料理をよりおいしく、おしゃれにレベルアップさせる独自のセンスに定評がある。 『めばえ』2017年9月号 お弁当にぴったりの野菜レシピ 【1】ブロッコリーツリー すきまを埋めるプチおかず。 茹でたブロッコリーに絡めるだけ。 【2】ストローで抜いたスライスハムを飾る。 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家。 味はもちろん、見た目の美しさも重要視したオリジナル料理が人気。 持ち前の美的センスと器用さを活かしたモチーフ料理に定評があり、書籍も多数。 一男一女の母で、長女・陽ららちゃんは本特集のモデル。 『めばえ』2016年6月号 【2】ひじきの煮物 乾物はゆっくり時間をかけて戻します。 具材のうま味とごま油の香りが引きたちます。 たっぷりの水に入れて、15~30分おいて戻す。 ざるにとって水けをよくきる。 【2】にんじんは皮をむき、せん切りにする。 【3】油揚げは、両面に熱湯をかけて、油抜きをし(油臭さを除き、カロリーを落とせる。 味のしみ込みがよくなる)、縦半分に切ってせん切りにする。 【4】鍋にごま油を熱し、【1】~【3】を加え、にんじんがしんなりするまで、中火で4分ほど炒める。 【5】大豆を加えてサッと炒め、【A】を加えて煮る。 【6】ひと煮立ちして、アクが出たら除き、2~3分煮る。 しょうゆ小さじ1とみりんを回し入れ、全体を混ぜて落としぶたをし、にんじんがやわらかくなるまで、弱めの中火で8分ほど煮る。 【7】仕上げに残りのしょうゆを回し入れ、火を強めて1分ほど煮る。 ふたをしてそのままおく。 戻った状態。 完全に戻っていないと芯が残ることがある。 教えてくれたのは ABC Cooking Studioは、初心者の方にもおすすめの、料理・パン・ケーキ作りが楽しく学べる女性専用の料理教室です。 少人数レッスン、復習にも最適なイラストレシピ、 HPや携帯からの予約など、システムが充実。 入会金不要、1回完結の「1dayレッスン」や授業の雰囲気を体験できる「体験レッスン」を毎日開催しています。 『ベビーブック』2012年9月号 【3】フラワーハムピック すきまを埋めるプチおかず。 スライスしたきゅうりを重ねて飾り切りしたハムと一緒に留めるだけ。 端から巻いた1枚を芯にして、もう1枚を巻く。 【2】ピーラーで削ったきゅうりと一緒にピックで留める。 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家。 味はもちろん、見た目の美しさも重要視したオリジナル料理が人気。 持ち前の美的センスと器用さを活かしたモチーフ料理に定評があり、書籍も多数。 一男一女の母。 【4】キャンディーベジバーグ アイスのバーについたハンバーグ!子供心をわしづかみです。 12等分にしてアイスクリームバー(木製)を刺し、直径4cmほどの平丸形に形作る。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【1】を並べ入れる。 2分ほど焼いてこんがりしたら裏返し、フタをして、弱火で4分ほど蒸し焼きにする。 ケチャップを添える。 くるみは手で小さく割る。 【2】ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を加えてすり混ぜる。 白っぽくなったらサラダ油、【1】のにんじんを順に加え、その都度サッと混ぜる。 【3】薄力粉、ベーキングパウダーを振るいながら加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる(練らないように注意)。 くるみも加えてサッと混ぜる。 【4】厚手のアルミカップ6個に【3】を6等分にして入れる。 【5】オーブントースターの天板に、アルミホイルを3枚ほど重ねて敷き(底部分が焦げやすいため)、予熱後【4】を6~7分焼く。 表面がややこんがりしたら、アルミホイルをふんわりかぶせ、さらに5~6分焼く。 竹串を刺して、生っぽい生地がつかなければ焼き上がり。 冷ましてからラッピングする。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 残りも同様に。 【3】【2】が崩れないよう、長さ約40cmのクッキングシートの上に置き、四方から折りたたんでしっかり包む。 中央を避けるようにテープを2周巻きつけて、30分以上置く。 食べる前に中央を包丁で切る。 教えてくれたのは minokamo 長尾明子さん 料理家・写真家。 出身地の岐阜県美濃加茂市から名前を取った「minokamo」は、料理提案・提供時の活動名。 季節や土地の食材、素材を活かしたおいしい料理、写真家としてのセンスが光るおしゃれな料理が人気で、出張料理やメディアの撮影など幅広く活躍。 『めばえ』2018年4月号.

次の

野菜を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

野菜 レシピ

カレーの黄色も秋色風に一役買っています。 さつまいもは皮のまま5mm厚さの小口切りにし、ソーセージも同様に切る。 【2】小松菜は2cm長さに切る。 水分がなくなったら【A】を加えて炒め、仕上げに【2】を加えて炒め合わせ、塩で味を調える。 教えてくれたのは シンプルで、おいしくて、センスのいいレシピが人気。 双子の女の子と男の子のママ。 今回は、盛りつけのポイントも伺いました。 れんこんは1cm角のサイコロ状に切って酢水(分量外)にサッとさらし、水気を切る。 【2】フライパンにオリーブ油を入れて熱し、【1】を中火で炒める。 具材に火が通ったらご飯を加えてさらに炒め、トマトケチャップ、塩で味を調えて皿にこんもりと盛り付ける。 【3】ボウルに を入れて混ぜる。 【4】きれいにしたフライパンにバターを入れて熱して【3】を入れ、強火にしてサッとひと混ぜする。 好みの固さまで加熱したら【2】に被せる。 【5】【4】にサラダ菜を添え、好みでトマトケチャップ(分量外)をかける。 教えてくれたのは 渥美まゆ美さん 管理栄養士。 フードコーディネーター。 健康運動指導士。 保育園勤務で子どもの料理提供に関わる。 料理講師やセミナー講師などフリーランスで活動後、「株式会社Smile meal」を設立。 食育など食と健康に関わる活動を行う。 2児の母。 『めばえ』2018年1月号 【3】ブロッコリーの木 お弁当にピッタリ!にんじんの花を散らしてかわいく飾りましょう。 【2】ちくわを4等分に切り、【1】の芯にマヨネーズをつけてさす。 ゆでたにんじんを型で抜き、マヨネーズで貼る。 *にんじんの代わりにハムやチーズでも。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 おいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 『ベビーブック』2014年5月号 【4】小松菜とひき肉のポテトグラタン風 小麦粉と一緒に炒めた具材がしっとりまとまります。 やわらかいマッシュポテトをソース代わりに。 湯をきって鍋に戻し、軽く水分をとばして、なめらかにつぶす。 牛乳を加えて混ぜ、塩、こしょうで調味する。 【2】玉ねぎはみじん切りに、小松菜は小口切りにする。 【3】フライパンを強めの中火にかけてサラダ油を熱し、ひき肉を加えて火が通るまで炒め、【2】を加えて2分ほど炒め、塩、こしょうをふる。 小麦粉をまんべんなくふり入れ、混ぜながら加熱する。 【4】耐熱容器に【3】を入れ、【1】をのせて平らにし、粉チーズをふる。 教えてくれたのは 上田淳子さん ヨーロッパや日本のレストランなどで修業後、料理研究家として雑誌、書籍、テレビなどで活躍。 双子の男の子の母。 近著に『共働きごはん』(生活の友社)など。 『めばえ』2015年1月号 【5】フライパンで作るトマトクリームの煮パスタ ソースと一緒に煮込んだパスタは、時短お手軽ながら、コクのある味わいに。 しめじは石づきを取って、ほぐしておく。 【2】フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、【1】を入れてさっと炒め合わせたら、【A】を加える。 【3】軽く煮立ったら、スパゲッティを半分に折って入れて、麺をさばくようにときどき混ぜながら煮る。 表示通り(6分)煮たら牛乳を加え、混ぜながらさらに1~2分煮て、【B】で味を調える。 【4】器に盛り、好みでパセリのみじん切り(分量外)をかける。 具材とパスタを同じフライパンでそのまま調理! 教えてくれたのは 武蔵裕子さん 料理研究家。 作りやすく、おいしいレシピに定評のある、家庭料理のエキスパート。 自らも働きながら双子の息子を育て上げ、今も3世代の食卓を担う日々。 忙しい主婦が真似しやすい時短レシピを数多く提案している。 『めばえ』2017年4月号 野菜をたっぷり使ったおかずレシピ 【1】肉じゃが ちょっと多めに作って他のおかずにリメイクするのにもぴったり。 玉ねぎはくし形、 にんじんは乱切り、いんげん は3~4cm長さ、しらたきは食べやすい大きさに切る。 豚肉 は5cm長さに切る。 【2】鍋にサラダ油を熱し、じゃが いも、玉ねぎ、にんじんを炒める。 全体に油が回ったら、【A】と豚肉を加え、沸騰したらアクを取り、中火で5分ほど煮る。 【3】しらたきとしょうゆを加え、アルミホイルで落しブタをして 中弱火で10分煮、仕上げにいんげんを加えてひと煮する。 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 『ベビーブック』2017年5月号 【2】にんじんとブロッコリーのサラダ 味付けは塩とオリーブオイルのみ。 【2】鍋に水とにんじん、塩を入れてゆで、8割がた火が通ったらブロッコリーを入れてゆで、ざるにとる。 パプリカは5mm角に切って、サッとゆでる。 【3】【2】を塩とオリーブ油で和える。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 料理コーディネーター。 キャラクター料理や子ども向け料理など、見た目が楽しく、かわいく、かつ、おいしくてヘルシーなレシピが人気。 『ベビーブック』2013年6月号 【3】牛肉と野菜のすき煮 サッと炒めるだけで絶品のおいしさ。 しっかりお肉に野菜もたっぷり。 うま味がギュッと詰まった一品です。 【2】長ねぎは斜め薄切りにし、しめじは根元を除いてほぐす。 にんじんは薄切りにし、あれば型で抜いて、下ゆでする。 【3】フライパンにごま油を中火で熱し、【1】の牛肉をサッと炒め、だし汁と漬けだれを加えて混ぜる。 【2】を加え、汁がほんの少しになるまで煮る。 【2】すべての材料を混ぜる。 *冷蔵庫で10日ほど保存可能。 教えてくれたのは 夏梅美智子さん 身近な食材を使った、作りやすくておいしい家庭料理が人気。 基本の料理からエスニックまで幅広いレパートリーがある。 男の子のママでもある。 『めばえ』2015年2月号 【4】彩り蒸し野菜 ゆでる代わりに、ごく少量の水で蒸す「蒸し煮」はおいしいだけでなく野菜の栄養をそのままいただくことができる優秀食。 かぶは葉を落とし、皮をむいて半分に切る。 【2】フライパンに【1】とかぼちゃを並べ、オリーブ油と水を回し入れて、ふたをし、中火の弱火で6~7分蒸し焼きにする。 *子ども用は食べやすく切り、タルタルソースなどを添える。 蒸し上がりのやわらかさは、加熱時間で調節して。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「」を 主 宰。 男の子のママでもある。 【2】【A】を順に加えて炒め、塩麹を加えて混ぜ、フタをして野菜が柔らかくなるまで加熱する。 【3】塩、こしょうで味を調える。 器に盛ってイタリアンパセリ(分量外)を適量飾る。 教えてくれたのは カノウユミコさん 野菜料理研究家。 鳥取県の専業農家に生まれ、生来の野菜好き。 高校時代から自然食に興味を持ち、ベジタリアン料理・精進料理を研究。 現在は鳥取に住み、自ら野菜を自然栽培。 東京でも毎月、野菜料理教室を開催している。 『めばえ』2017年7月号 【2】じゃがいもとにんじんのスープ 野菜のやさしい甘みがみその風味でぐっと引き立つ。 油でいためた味噌のスープは味噌汁とは違ったスープです。 【2】鍋に油、みそを入れて中火で熱し、香りが出るまで炒める。 水を加えて【1】を入れ、再び煮立ったら弱火 まで煮る。 教えてくれたのは 北京生まれ。 1990年に来日。 雑誌で紹介した「北京の小麦粉料理」が評判となり、料理研究家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 5cmの角切りにしてボウルに入れ、塩を振ってサッと混ぜる。 10分ほどおいてギュッともみ、水気を絞る。 きゅうりは1cm角に切る。 【2】ボウルで【A】を混ぜ合わせ、【1】、コーン、ミ ックスビーンズを和えて、カップに盛り付ける。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 『めばえ』2016年8月号 【4】えのきのおろし玉ねぎドレッシングサラダ 電子レンジで温めるだけ!簡単にできるのであと一品欲しいときにつかえる一品。 ラップをふんわりかけて、電子レンジで1分ほど(500Wの場合)加熱する。 【2】ボウルに玉ねぎをすりおろして【A】を加えて混ぜ、【1】を加えてざ っと和える。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。 『めばえ』2016年10月号 【5】レタスとわかめの和風スープ だしを効かせたさっぱり味!わかめのツルンとした口当たりが喉ごしよく体を温めます。 【2】大きめの耐熱ボウルに【1】、わかめ、【A】を入れ、混ぜる。 【3】【2】にラップをかけ、電子レンジ(600Wの場合)で2分~2分30秒加熱する。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も母として「食育」を実践している。 とうもろこし輪切りに。 かぼちゃは1cm幅に、いんげんは3等分、パプリカは6等分に切る。 にんにくは頭を1cm切り落とす。 【2】【1】にオリーブオイル、塩少々をふり、焼く。 オーブン:予熱後、200度で 20~30分。 フライパン:両面を中火~弱中火で 5~10分焼き色がつくまで(あまり触らないのがポイント。 フタはしなくてOK)。 オーブントースター:900Wの場合、予熱後、アルミホイルを敷き、約5~15分。 材料の大きさや調理器具によって、様子を見ながら加減してください。 教えてくれたのは 小山有希さん 料理研究家。 元日本料理屋の両親、蕎麦屋の祖父母、元和菓子屋経営の義祖父母を持つ、食業界のサラブレッド。 おいしく食べて健康に近づける「医食同源」をモットーとしたレシピに定評がある。 1男1女の母。 『めばえ』2016年7月号 【7】かぶとれんこんのパンプキンスープ だしと塩麹を使ったうまみのある味わい。 それぞれのほくほくな食感を楽しめます。 れんこんは皮をむいて 1cm幅のいちょう切りに、ベーコンは 細切りにする。 【2】かぼちゃは3cm角に切って、だしでゆで、汁ごとミキサーにかけるか、汁 の中でつぶす。 【3】鍋に【2】、かぶ、れんこん、ベーコンを入れて火にかけ、火が通ったらかぶ の葉を加えてサッと煮、塩麹を混ぜる。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」 やイタリアにて料理を学び、料理研究家に。 「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 親子で楽しむクッキングも人気。 男の子のママ。 『ベビーブック』2016年1月号 ヘルシーなダイエットにもおすすめの野菜を使ったレシピ 【1】すりおろしにんじんのコンソメ風スープ すり下ろしたにんじんの甘味と風味がやさしいスープ。 栄養たっぷりで体を温めるので、朝ごはんにピッタリです。 蓋をずらしてのせ、3分ほど煮たら、しょうゆで味を調える。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。 わかめは1cm程度の大きさに切る。 【2】ボウルに卵を割りほぐし、【A】と【1】を混ぜる。 【3】卵焼き用のフライパンにサラダ油を熱し、【2】を一気に流し入れて大きくかき混ぜる。 弱火にして半熟になったら端からクルクルと巻いて形を整えて焼く。 粗熱がとれたら食べやすく切る。 *わかめが塩蔵の場合、塩は省いてもOK。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族 のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのよいレシピが人気。 二人の女の子のママ。 【2】ひき肉と長ねぎを混ぜ、ワンタンの皮に等分にのせ、皮の周りに水を塗って閉じる。 【3】鍋に【A】を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら【2】を加え、かぶのすりおろしと葉も加えて5分ほど煮る。 【4】器に盛って白ごまをふる。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 4歳の男の子のママでもあります。 『めばえ』2014年2月号 【4】トマトヨーグルトスープ すりおろして混ぜるだけ。 トマトの赤がきれいな冷たいスープ。 朝食にぴったりの一品です。 【2】すりおろしたトマトとヨーグルトを混ぜ、塩と砂糖で調味する。 器に盛って角切りのトマトを散らす。 *クロックムッシュでくりぬいたパンを5mm角に切ってトースターで焼き、クルトンにしても。 好みでヨーグルト(分量外)をかけても。 教えてくれたのは 料理研究家である母・李映林さんのアシスタント後、独立。 韓国料理を中心に、素材の味を生かしたヘルシーなメニューが人気。 男の子と女の子のパパ。 『ベビーブック』2013年8月号 【5】おからとヨーグルトのポテトサラダ風 発酵パワーが凝縮!はちみつとヨーグルトでほんのり甘みと酸味のあるさっぱりしたポテトサラダのようなおからのサラダ。 ハムは1cmの角切りに。 きゅうりは縦に4つ割りにし、さらに7~8mm幅に切って、塩を振ってもんでおく。 【2】ボウルに【A】を入れて混ぜ、ハム、コーン、水気を切ったきゅうりを加え混ぜる。 【3】【2】におからを加え混ぜる。 教えてくれたのは 藤井 恵さん 料理研究家、管理栄養士。 女子栄養大学在学中から料理アシスタントを務め、料理家の道へ。 25~30歳の5年間育児休業するも、復帰後、メディア各種、イベント、講演会など、幅広く活躍。 「キユーピー3分クッキング」(日本テレビ系)の講師としても人気。 『めばえ』2017年1月号 夏野菜を使った和食レシピ 【1】ズッキーニのせ肉団子の照り焼き 肉団子をズッキーニに載せてフタをして焼いて。 和風のたれの照り焼きにして召し上がれ。 【2】ズッキーニは1cm幅の輪切りにし、片面に片栗粉をまぶして【1】をのせ、枝豆を埋め込む。 【3】フライパンにオリーブ油を熱し、【2】を並べ入れてふたをして焼き、混ぜ合わせた【B】を鍋肌から加えてふたをし、煮汁にとろみが出るまで煮る。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 一女の母。 『めばえ』2014年9月号 【2】うずら卵入り鶏団子のなす巻き ウズラの卵を包んだ肉団子のなす巻き。 肉団子のうま味や油を程よく吸ったなすがとてもおいしい一品。 【2】【A】を合わせて粘りが出るまで混ぜ、うずらの卵を芯にして10個の団子を作る。 【1】の水けを拭き、片面に片栗粉をまぶし、団子を巻く。 ごま油を熱したフライパンで、向きを変えながら中まで火が通るように焼く。 【3】器にレタスと【2】を盛り、ケチャップを絞る。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注ぐ。 一女の母。 『めばえ』2014年9月号 【3】トマトと豚バラ肉の酢っぱ煮 豚肉とお酢は活力UPの黄金コンビ!お肉はやわらかく仕上がります。 トマトはヘタを取って大きめの乱切りにする。 青梗菜は茎と葉に分け、茎は縦に細切りにして長さを半分に切る。 葉は小さめのざく切りにする。 【2】厚手の鍋に水を入れて豚バラ肉、酢、塩を加え、フタをして中火にかける。 沸騰してきたらフタを取って弱火にし、アクを取る。 肉に火が通ったらトマト、砂糖、しょう油を加える。 トマトの皮がむけてきたら、青梗菜を茎、葉の順に加えて火を止め、フタをして余熱で火を通す。 教えてくれたのは 瀬戸口しおりさん 料理家。 学生時代、東京・吉祥寺にあった『諸国空想料理店KuuKuu』のスタッフとして働き始め、その後、料理家・高山なおみ氏のアシスタントを経て独立。 昔ながらの家庭料理や人気のエスニック料理をよりおいしく、おしゃれにレベルアップさせる独自のセンスに定評がある。 『めばえ』2017年9月号 お弁当にぴったりの野菜レシピ 【1】ブロッコリーツリー すきまを埋めるプチおかず。 茹でたブロッコリーに絡めるだけ。 【2】ストローで抜いたスライスハムを飾る。 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家。 味はもちろん、見た目の美しさも重要視したオリジナル料理が人気。 持ち前の美的センスと器用さを活かしたモチーフ料理に定評があり、書籍も多数。 一男一女の母で、長女・陽ららちゃんは本特集のモデル。 『めばえ』2016年6月号 【2】ひじきの煮物 乾物はゆっくり時間をかけて戻します。 具材のうま味とごま油の香りが引きたちます。 たっぷりの水に入れて、15~30分おいて戻す。 ざるにとって水けをよくきる。 【2】にんじんは皮をむき、せん切りにする。 【3】油揚げは、両面に熱湯をかけて、油抜きをし(油臭さを除き、カロリーを落とせる。 味のしみ込みがよくなる)、縦半分に切ってせん切りにする。 【4】鍋にごま油を熱し、【1】~【3】を加え、にんじんがしんなりするまで、中火で4分ほど炒める。 【5】大豆を加えてサッと炒め、【A】を加えて煮る。 【6】ひと煮立ちして、アクが出たら除き、2~3分煮る。 しょうゆ小さじ1とみりんを回し入れ、全体を混ぜて落としぶたをし、にんじんがやわらかくなるまで、弱めの中火で8分ほど煮る。 【7】仕上げに残りのしょうゆを回し入れ、火を強めて1分ほど煮る。 ふたをしてそのままおく。 戻った状態。 完全に戻っていないと芯が残ることがある。 教えてくれたのは ABC Cooking Studioは、初心者の方にもおすすめの、料理・パン・ケーキ作りが楽しく学べる女性専用の料理教室です。 少人数レッスン、復習にも最適なイラストレシピ、 HPや携帯からの予約など、システムが充実。 入会金不要、1回完結の「1dayレッスン」や授業の雰囲気を体験できる「体験レッスン」を毎日開催しています。 『ベビーブック』2012年9月号 【3】フラワーハムピック すきまを埋めるプチおかず。 スライスしたきゅうりを重ねて飾り切りしたハムと一緒に留めるだけ。 端から巻いた1枚を芯にして、もう1枚を巻く。 【2】ピーラーで削ったきゅうりと一緒にピックで留める。 教えてくれたのは 中村陽子さん 料理研究家。 味はもちろん、見た目の美しさも重要視したオリジナル料理が人気。 持ち前の美的センスと器用さを活かしたモチーフ料理に定評があり、書籍も多数。 一男一女の母。 【4】キャンディーベジバーグ アイスのバーについたハンバーグ!子供心をわしづかみです。 12等分にしてアイスクリームバー(木製)を刺し、直径4cmほどの平丸形に形作る。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【1】を並べ入れる。 2分ほど焼いてこんがりしたら裏返し、フタをして、弱火で4分ほど蒸し焼きにする。 ケチャップを添える。 くるみは手で小さく割る。 【2】ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を加えてすり混ぜる。 白っぽくなったらサラダ油、【1】のにんじんを順に加え、その都度サッと混ぜる。 【3】薄力粉、ベーキングパウダーを振るいながら加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる(練らないように注意)。 くるみも加えてサッと混ぜる。 【4】厚手のアルミカップ6個に【3】を6等分にして入れる。 【5】オーブントースターの天板に、アルミホイルを3枚ほど重ねて敷き(底部分が焦げやすいため)、予熱後【4】を6~7分焼く。 表面がややこんがりしたら、アルミホイルをふんわりかぶせ、さらに5~6分焼く。 竹串を刺して、生っぽい生地がつかなければ焼き上がり。 冷ましてからラッピングする。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 残りも同様に。 【3】【2】が崩れないよう、長さ約40cmのクッキングシートの上に置き、四方から折りたたんでしっかり包む。 中央を避けるようにテープを2周巻きつけて、30分以上置く。 食べる前に中央を包丁で切る。 教えてくれたのは minokamo 長尾明子さん 料理家・写真家。 出身地の岐阜県美濃加茂市から名前を取った「minokamo」は、料理提案・提供時の活動名。 季節や土地の食材、素材を活かしたおいしい料理、写真家としてのセンスが光るおしゃれな料理が人気で、出張料理やメディアの撮影など幅広く活躍。 『めばえ』2018年4月号.

次の

野菜を使ったレシピ・作り方一覧(27585件)

野菜 レシピ

野菜は種類が豊富にあり我々の食卓に欠かすことができない食材です。 野菜には栄養を多く含んだ食材が多く、様々なレシピに活用されています。 生で食べることができる野菜や生では食べることができない野菜があるので注意して調理をしましょう。 中でもやはりサラダは代表する料理の種類のひとつで手軽に作ることができるので毎日でも摂取したい食材です。 サラダのレシピには海の幸と組み合わせたものや、お肉と組み合わせたものなどバリエーションがあるのでぜひ作ってみてください。 この記事では、「野菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 トマトやパプリカなどの野菜を使った簡単サラダのレシピです。 スナップえんどうやアボカドなどの野菜も使っているので見た目が鮮やかに仕上がっています。 冷蔵庫に余っている野菜でも作ることができるのでアレンジして作ってみてください。 お皿にトマト、玉ねぎ、アボカド、パプリカ、スナップえんどうを重ねて盛りドレッシングをかけて完成です。 水菜などの野菜とヘルシーなささみが組み合わさったサラダのレシピです。 梅が味付けに変わっているのでさっぱりとした味わいに仕上がっています。 ささみは酒を入れた湯に入れて茹でほぐしておきます。 ボウルに梅、ごま油、めんつゆ、酢、白ゴマを入れ水菜などの野菜、ささみを入れて混ぜ合わせたら完成です。 トマトを添えると見た目よく仕上がるのでおすすめです。 独特の強い香りが特徴で、スタミナ食材としても知られる緑黄色野菜の「ニラ」。 ニラ玉、レバニラ炒め、チヂミなど、中華料理や韓国料理でよく登場するお馴染みの食材ですね。 栄養豊富で価格も安く、一年中手に入ることから、様々な料理に利用できる万能食材でもあります。 暑さで食欲が出ない夏や、冷えで体調を壊しやすい冬、スタミナをつけたり、体を温め血行を促進するニラの効用を是非活用したいですよね。 そこで今回のまとめでは、レシピサイトで人気のニラ料理のレシピを集めました。 おかずレシピ、チヂミレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・パスタレシピに分けて、様々なレシピを紹介します。 3分で調理可能な時短レシピもありますので、是非、チェックしてみてください。 独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 トマトはナス科トマト属の1年生果菜です。 インカ帝国で古くから栽培されていた歴史の古い野菜ですが、外国に伝わり食用として栽培されるようになったのは、比較的最近のことです。 現在では世界中で約8000の品種があり、日本でも120種ほどが栽培されています。 夏野菜のイメージですが高温多湿を嫌うので、旬の時期は春~初夏と、秋~初冬。 熊本県で最も多く栽培されています。 生のままでも食べられるため、カットしてそのまま食べたりサラダにしたりする程度になってしまいがちなトマトは実は加熱調理にも適した万能野菜なのです。 そこでトマトのサラダ、スープ、おかず、パスタ・ごはんレシピのカテゴリに分けてトマトレシピをたっぷり紹介します。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の