筋肉 痛 メカニズム。 筋肉痛のメカニズム

4

筋肉 痛 メカニズム

筋肉痛のメカニズムは、医学的にははっきりと解明されていません。 かつては、運動したときに生じる疲労物質「乳酸」の蓄積が原因だとする説もありましたが、その矛盾点が指摘されていることから、現在は、運動によって傷ついた筋線維を修復しようとするときに起こる痛みであるという説が有力となっています。 普段使わない筋肉を突然使ったり、同じ筋肉を使いすぎたりすることで、筋肉を構成している線維(=筋線維)や周りの結合組織に微細な傷がつく。 損傷した筋線維を修復するために白血球を中心とした血液成分が集まる。 このとき「炎症」が起き、刺激物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)が生産され、筋膜(筋肉を包んでいる膜)を刺激する。 それが感覚中枢を介し、痛みとして感じる。 つまり筋肉痛とは、傷ついた筋線維を修復する過程で炎症が起き、生成された刺激物質が筋膜を刺激して起こるものと考えられています。 筋線維そのものには痛みを感じる神経がありません。 痛みは、炎症が広がって発痛物質が筋膜に届くようになってから感じるため、時間差があると考えられています。 普段からよく動かしている筋肉には、筋肉に血液を送る毛細血管がよく発達しています。 一方、あまり使っていない筋肉には、毛細血管が十分に巡らされていません。 そのため、急激にその筋肉を動かしても、損傷した筋線維に血液成分が集まるまで時間がかかり、さらに発痛物質が生産されるまで時間がかかるとも考えられています。 日頃からよく筋肉を使っている人は、少々筋線維を痛めても修復がすぐに進む=筋肉痛が起こりにくいのかもしれません。 ちなみに、「歳をとると筋肉痛が遅く出る」と言われますが、これも定かではありません。 同じ運動をした後の筋肉痛の出方に年齢による時間差は認められなかったとする調査報告もみられています。 私たちは運動するとき、筋肉を収縮させて力を発揮しています。 この筋肉の収縮運動は、以下の3種類に分けられます。 伸びながら力を発揮するエキセントリック(伸張性)運動 :重い荷物を下ろす、階段を下りるなど• 縮みながら力を発揮するコンセントリック(短縮性)運動 :重い荷物を持ち上げる、階段を上るなど• 伸縮なく力を発揮するアイソメトリック(等尺性)運動 :腕相撲など に分けられます。 このうち、特に筋肉痛になりやすいのがエキセントリック運動です。 筋肉を伸ばすときのほうが筋線維への負荷が大きくなるため、損傷が起こりやすくなるからです。 階段を下りるとき、坂道を下りるとき、重いものを下ろすときなどは、ゆっくりとした動作を心がけたいものです。

次の

筋肉痛の「超回復」効果とは?筋トレ後のサインを見逃すな [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

筋肉 痛 メカニズム

もくじ• 筋肉痛を早く治す方法 筋肉痛の治し方 筋肉痛になった部分をストレッチ 筋肉を使った後は、筋肉が硬くなり疲労で血流も悪くなっています。 ストレッチでゆっくりと筋肉を伸ばし、ウオーキングなどをすることで、この部分の血流を良くすることができます。 湿布や冷却スプレーで冷やす 運動をした後の筋肉は、炎症を起こし、熱を持つ場合もあります。 この部分を 冷やすことで、炎症を早く鎮められます。 袋に氷を入れたものや保冷剤を直接肌に当てると冷やしすぎてしまい、血流が悪くなるので、 タオルや布などで保冷剤を巻いてから冷やすのが良いでしょう。 十分な休養を取る 筋肉痛が起こっているときに運動すると筋肉損傷を起こすことがあります。 休憩を取るとまた十分に動かせるようになるので、 筋肉痛のピークである1~3日ほどは休ませましょう。 負荷をかけ続けるだけでは筋肉は育ちません。 使ったら休ませ、痛みが緩和したところに再開するのが良いでしょう。 お風呂で温めながらマッサージ 冷却が終わって炎症がおさまったら、湯船につかり、筋肉が張っている部分を優しくマッサージすることで全身の血流を良くすることができます。 炎症がおさまる前に温めすぎるとかえって炎症が強くなります。 38~40度くらいのぬるま湯に15分ほどつかるのがおすすめです。 筋肉痛は冷やすor温める どっちがホント? 筋肉痛のメカニズムは医学的には解明されていませんが、激しい動きや運動による、 筋繊維の損傷を元に戻す際の炎症が筋肉痛と考えられています。 後から筋肉痛がくるのは加齢のせい? 加齢によってではなく、 運動量や日頃どれくらい筋肉を使っているかによって筋肉痛発症が変わります。 つまり、その人にとってどれくらい負荷がかかっているかで発症時間も変わります。 運動量が多く、負荷が大きければ大きいほど早く筋肉痛が現れます。 風邪やアルコールで筋肉痛になることも 寒気を抑えることで筋肉痛に 風邪の時に、 寒気がするのを抑えるために体はガチガチに固まります。 この間、筋肉は 無理やり押さえつけられ無理な形をしているので、筋肉痛を引き起こします。 寒さを感じやすい 上半身や肩まわり、背中などが筋肉痛になりやすいです。 お酒を飲み過ぎると筋肉の細胞が壊れてしまう また、アルコールは飲みすぎると 筋肉の細胞を壊してしまうことがあり、飲酒後に筋肉痛や筋力低下が起きる場合があります。 アルコールの場合は 関節周りに筋肉痛を感じる方が多いようです。

次の

筋肉痛はなぜ起こる?その症状と原因、疲れにくい体づくりのポイント|スポーツによる慢性の痛み|痛みwith

筋肉 痛 メカニズム

原因 [ ] 筋肉痛の最も一般的な原因は、過剰使用、、緊張である。 しかし、疾患、障害、薬物療法、ワクチン接種などによって引き起こされる可能性もある。 また手術後では急性拒絶反応の徴候でもある。 最も一般的な原因は以下である。 または - 捻挫、血腫を含む• 過剰使用:筋肉の過剰使用、頻度使用(別の外傷を守る動作も含む)。 慢性的な筋緊張 ほかにも、筋肉痛は次の場合に起こりえる。 以下に起因する:• ウイルス感染症• クラッシュ外傷による• 薬物性• 一般的にはや• たまに 、、いくつかのレトロウイルス薬• FMS• 以下に起因する自己免疫疾患:• 以下に起因する感染症• 筋肉膿瘍• その他• POIS 治療 [ ] 筋肉痛の原因が不明な場合は、対症療法で治療すべきである。 一般的には、温熱、安静、、、筋弛緩薬などがある。 脚注 [ ]• goo国語辞書. 2019年12月4日閲覧。 Handbook of Sexual Dysfunction. 2005. Wylie KR, ed 2015. Genetic and Rare Diseases Information Center GARD. 2015. 2015年7月30日閲覧。. Shmerling, Robert H 2016年4月25日. 2018年5月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] 分類.

次の