風俗嬢 岡村。 “風俗嬢”発言の岡村隆史と“エッチな”志村けんの間にある「決定的な違い」

ナイナイ岡村が考えるより「風俗現場は深刻」川崎・堀之内の高級店に客から“体調悪化メール”続々

風俗嬢 岡村

「コロナで生活苦の可愛い子が風俗嬢になるから楽しみに待とう」 問題になっているのは、23日(2020年4月)のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」での新型コロナ感染拡大と風俗店をめぐるトークだ。 岡村はもともと風俗店通いを公言している芸人だ。 コロナ禍期間における性風俗店通いに関するリスナーからのメールをきっかけに、風俗に関する「持論」をこう展開したのだった。 「今は辛抱よ。 『やまない雨はない』『神様は、人間が乗り越えられない試練は作らない』と言うてはりますから。 絶対、なんか、乗り切れるはずなんです。 コロナが終息したら絶対、面白いことあるんですよ」 そしてこう続けたのだった。 「コロナあけたら、美人さんがお嬢やります。 なぜかと言えば、短期間でお金を稼がないと苦しいですから。 かわいい子が(性風俗店で)パッと働きます。 そしてパッとやめます。 コロナあけたら3カ月間は『こんな子入ってた?』っていう子たちが絶対、入ってきますから。 今、ほんとうに我慢して、我々『風俗野郎Aチーム』みたいなもんは、この3カ月を目安に頑張りましょう」 新型コロナウイルスの影響で収入が減った美しい女性が、終息後に風俗入りする可能性があるから「それを楽しみに男たちは頑張ろう」という趣旨の発言だった。 放送終了直後からネット上で「女性蔑視」「不謹慎の極み」「もはや復活不可能な歴史に残すべき暴言」という批判が高まった。 また、放送中にゲラゲラ笑うスタッフの声が響いたことで、メディアの批判を浴びた。 ニッポン放送は27日、番組の公式サイトで、 「女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がありました。 お詫びします」 と、謝罪したのだった。 「岡村は人間としても芸人としても終わっています」 岡村はNHKの人気子ども向け番組「チコちゃんに叱られる」でMCを務めている。 ネット上の同番組の感想サイトでは怒りの声が殺到している。 「岡村氏の年齢なら、20歳くらいの娘が1人くらいいても不思議じゃない。 もし、娘がいたら、あんなお粗末な言動にはなってなかったと思います。 初老に近づいているのに心の年齢は、とても低い人だなぁと思いました」 「岡村が風俗に関する非道な発言をしました。 顔も見たくないし、子供にも見させたくありません。 非人道的な発言をした責任をとるべきです。 あり得ない発言です」 「チコちゃんに叱られる、のコンセプトはすばらしい。 だが、岡村はいらない。 謝って済む罪と、済まない罪がある」 「コロナで生活が困窮して風俗落ちする美女を楽しみに待とうぜ、みんな!という発想がサイコすぎて、吐き気がします。 ネタとしても全く笑えません。 人間としても芸人としても終わっています。 こういう人が子ども番組のMCをやっていいのでしょうか」 「これで、NHKからは確実に降ろされますね。 チコちゃん、面白かったのに残念です。 女の子を持つ父親としては、本当に怒りを覚えます。 紅白の司会なんて、夢のまた夢ですね。 彼をテレビで見て、不快に感じる女性が多くなったのではないでしょうか。 以前、文句があるなら、テレビなんか見なければいい、と言っていた、彼の本質は変わらないのですね」 「岡村隆史の深夜ラジオでの発言。 下劣を通り越して島流しにでもなってほしい女性蔑視発言。 降板を強く希望します。 テレビ業界から消えて」 「岡村隆史は、MCに相応しくありません。 子どもたちに見るように勧めた校長さえいるのに 、風俗の発言はゾッとするほど汚らしい!降板させなければ、NHKの威信に関わるほどの問題です。 汚らわし過ぎます!」 「麒麟がくる」の番組感想サイトも同様の怒りの声のラッシュだ。 沢口エリカ問題を川口春奈が立派に代役を果たして評価が高まっているだけに、番組関係者は無念の思いだろう。 (テレビウォッチ編集部).

次の

明石家さんま、岡村の風俗嬢発言に「今回は怒らなきゃ仕方ない」

風俗嬢 岡村

30日の放送で何を語るのか ナインティナイン・岡村隆史の「新型コロナウイルスと風俗嬢」に関する発言への批判がいまだやまず、炎上が広がっている。 発端は、4月23日に放送された『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、岡村が「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」「なかなかの可愛い人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」「短期間でお金を稼がないと苦しいですから。 3カ月の間、集中的に可愛い子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」と、新型コロナウイルスの影響で生活苦に陥った女性が、収束後に短期間ながらも風俗店で勤務するのではないかという主旨の発言をしたこと。 この発言について、ネットでは「笑えない」「女性蔑視」「人が貧困に陥るのを楽しみにする姿勢があり得ない」と批判が飛び交い、同番組の公式Twitterにも否定的なコメントが多数寄せられることに。 その結果、27日、ニッポン放送がホームページ上に「現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」「放送をお聴きになって不快に感じられた皆様、関係の皆様にお詫び申し上げます。 弊社番組に関わる全ての制作スタッフには、迅速に、より一層の教育を図ってまいります」と、岡村の発言についての謝罪文を掲載する事態に発展した。 「一方で、芸能人の中には岡村を擁護する人もいます。 歌手のMINMIは、Twitterで『非道徳的?でもそれがある意味社会にある男性の本能や本音じゃんね』『お笑いってみんなが何か配慮して言えないような事をそんな事言う!?アホやっ!って言われる役の人が言ってくれて空気が軽く明るくなる そういう良さじゃない?』とし、岡村を批判している人を『心が狭い』と指摘。 しかし、ネット上では『全然空気が軽く明るくなってないですよ』『男ですけど、あれが男の本音と思われたくないです』とネガティブな反応が寄せられています」(芸能ライター) また、お笑いタレントのぜんじろうも、「岡村君は『女性の働き方』を岡村流のシャレとして、皮肉った部分もあるとも思うんですけどね」とツイートしたが……。 「こちらもネット上では批判の嵐で、『女の子からしたら苦渋の決断なのに、それを面白いことと表現するから反感買うんでしょ』『この発言はシャレになってないから、これだけ批判されてるんですよ』といった声が集まっています。 もはやどんなに擁護しても、庇いきれない状態と言えるでしょう」(同) 30日深夜には、岡村自らがラジオで今回の発言について説明するという。 果たして、炎上は収束するのか、さらなる燃料投下となってしまうのか……。

次の

元風俗嬢のわたしが岡村さんの番組降板の署名活動に思う事|緑丘まこ|note

風俗嬢 岡村

「新型コロナで風俗店に行けない」 [ロンドン発]お笑い芸人の岡村隆史さんがニッポン放送のラジオ番組「オールナイトニッポン」で「新型コロナウイルスの影響で風俗店にも行けない」というリスナーの投稿に「コロナが終息したら絶対おもしろいことあるんです。 短期間ですけれども、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」と答えて大炎上、岡村さんだけでなく所属する吉本興業やニッポン放送も謝罪する事態になりました。 炎上した背景にはジェンダーと貧困、そして貧困を悪化させるコロナ危機の問題があります。 新型コロナ流行による外出自粛、「3つの密(密閉・密集・密接)」に「濃密」が加わる風俗業は感染リスクが非常に高いため休業を余儀なくされています。 国家緊急事態宣言は1カ月ほど延長される見通しですが、1人当たり10万円の給付だけで生きていくのは難しいでしょう。 国税庁HPを見ると、風俗業は事業所得を有する者の最近10年間の1件当たりの申告漏れ所得が高額な業種で毎年上位に顔を出しています。 1件当たりの額は2000万~3000万円台。 風俗嬢はお店で働いていても個人事業主として扱われることが多いものの、人目を気にして確定申告しない人も少なくないようです。 風俗業が完全に市民権を得て合法化されると性搾取が減るかもしれません。 納税額も増え、コロナ危機のような時に休業補償を受けることができ、医療アクセスもこれまで以上に確保されるのではと考えます。 風俗業は色眼鏡で見られ、今回の緊急経済対策でも不給付要件に加えられるケースが伝えられています。 岡村さんの発言は厳しい批判を集めたものの、世界中で起きている悲しい現実です。 ドイツでは10~20代の難民少年・青年が糊口(ここう)をしのぐために1回20ユーロ(約2400円)で男娼になっていることがニュースになりました。 先進国で貧困に苦しむ女性が不妊に悩むカップルに卵子を売っているという話もあります。 まず一人ひとりの生存権を保障した上で貧困や格差を解消できるよう社会全体で取り組んでいく必要があります。 世界保健機関(WHO)は「セックスワーカーがHIV(ヒト免疫不全ウイルス)や性感染症にかかるリスクは普通の人より高い」としてセックスワークを犯罪として取り締まらず、医療サービスにアクセスしやすくするよう求めています。 日英のセックス産業 経済学を分かりやすく伝えているイギリスの経済ニュースサイト「エコノミー」にという記事が掲載されています。 イギリスのセックス産業の全体像はこんな感じです。 5倍以上。 エコノミスト、門倉貴史氏の『世界の[下半身]経済がわかる本 データで読み解くセックス産業の舞台裏』の見出しから拾ってみると日本のセックス産業はこんな感じです。 ・日本の性風俗関連産業の市場規模は7兆6636億円 ・日本のデリヘルのマーケットは1兆8481億円 ・ニューハーフ専門性風俗店の市場規模は156. 5億円 ・アダルトショップの市場規模は2093億円 ・日本のAV市場は年間1037億円 ・ボーイズラブの市場規模は220億円 ・ソープランドの市場規模は年間9134億円 ・JKビジネス(女子高生の密着サービス)の市場規模は年間799. 3億円 セックス産業は無視できないほど大きなマーケットに成長しており、犯罪として取り締まるより、弱い立場のセックスワーカーには法的・経済的・社会的な保護が求められているのは明らかです。 コロナ危機前で日本の失業率は2. コロナ危機で世界では5億人以上が貧困に陥る 国際NGO(非政府組織)オックスファムが4月9日、コロナ危機で途上国を救済するための緊急措置がとられない限り5億人以上を貧困に陥らせる恐れがあると警鐘を鳴らしています。 世界銀行によると、2018年には1日当たり5. 5ドル(約600円)未満で34億人が生活していました。 9ドル(約200円)未満で暮らす人が4億3440万人増加、1日3. 3ドル(約350円)未満で暮らす人々が6億1180万人、1日5. 5ドル未満で暮らす人が5億4760万人増えるそうです。 世界的には失業者の5人に1人が失業手当を利用できます。 しかし 20億人が非公式なセクターで働いており、傷病手当を利用できないそうです。 女性はコロナ危機の最前線に立たされており、財政的に最も大きな打撃を受ける恐れが高いのです。 最も脆弱な低賃金の仕事に就いている女性が多く、 100万人以上のバングラデシュ人労働者(8割が女性)は欧米の衣料品ブランドからの発注停止で解雇されています。 新型コロナウイルスに感染して死亡するより餓死する方が早いと悲鳴を上げる人が世界中にあふれています。 コロナ危機は医学的にも経済的にも高所得者より低所得者に深刻な打撃を与えるのです。 岡村さんの発言を単なる言葉狩りで終わらせてはいけません。 岡村さんには謝罪するだけでなく、この問題についてリスナーに伝わるかたちでゲストを招いて是非、掘り下げて頂きたいと思います。 それが「表現の自由」「言論の自由」の本来あるべき姿ではないでしょうか。 (おわり).

次の