抗原 検査 と は。 国が承認した「抗原検査」ってどんなもの?|コロナ専門家有志の会

知っておこう!PCR・抗体検査・抗原検査それぞれの違いと特徴

抗原 検査 と は

日本臨床微生物学会、日本感染症学会、日本環境感染学会の3学会は5月25日、 新型コロナウイルス感染症( COVID-19)に対するPCR検査、抗原検査、抗体検査の特徴と使い分けに関する指針「」を公開した。 指針では、外来患者に対して、医師が検査を必要と判断した場合にいずれかの検査を行うとしており、検査の適応とその後の流れをフローチャートとして示している( 図1)。 これまでは PCR検査を中心とする遺伝子検査が広く行われ、陽性・陰性の確定診断に用いられてきた。 5月13日にCOVID-19に対する国内初の 抗原検査キット「エスプライン SARS-CoV-2」が承認・保険収載された(関連記事:)。 抗原検査は特別な機器が必要なく、外来で検体を採取してから約30分で陽性・陰性を判定できる。 PCR検査と比較した陽性一致率は66. 7%、陰性一致率は100%とされている。 抗原検査は感度がやや劣るが、迅速性に優れ偽陽性が少ないという特徴を挙げ、陽性であればCOVID-19の確定診断が可能とするアルゴリズムを示した。 この場合、入院措置もしくは宿泊施設・自宅待機での療養を指示する。 一方、抗原検査で陰性の場合には感染を否定できない。 この場合は経過観察や抗原検査の再検査となるが、陰性でもCOVID-19を強く疑う場合には、医師の判断でPCR検査の実施を考慮すると位置付けた。 なお、抗原検査もPCR検査と同様、鼻咽頭ぬぐい液を検体とすることから、検体採取には十分な感染対策を行う必要がある。 患者血液の特異抗体を検出する 抗体検査は、PCR検査や抗原検査と比較すると、検体採取時の感染リスクが低いと考えられる。 しかし、特異抗体の産生には通常、感染後2~3週間の期間が必要であり、感染・発症していても抗体検査で陽性にならない場合がある。 ただし、COVID-19では感染から発症、受診まで2週間ほど経過している症例もあることから、こうした場合には抗体検査が診断に役立つとしている。 抗体検査については、特別な機器を必要とせず、イムノクロマト法により迅速にIgM抗体またはIgG抗体を検出し、陽性・陰性を判定する定性検査キットが既に複数存在するが、指針では有用性に関して現在検討中としている。 日本感染症学会は抗体検査キット4種の性能評価結果を公開しており、感度・特異度ともにキット間の性能の際が大きく、使用するキットによっては結果に大きく影響すると指摘している(外部リンク:)。 疫学調査に抗体検査を活用 健常人を対象としたサーベイランスとして、感染の既往の疫学調査を行う場合には 抗体検査が有用としている。 現在、ELISA法(Enzyme-Linked ImmunoSorbent Assay; 酵素結合免疫吸着測定法)などを用いて抗体価を定量測定する検査法が開発されており、専用の機器が必要であるものの多数の検体を迅速に検査でき、感染の既往を示す抗体を保有しているかを把握できる。 イムノクロマト法による定性の抗体検査は、感染初期に偽陰性を示す可能性が高い点が課題となる。 抗体検査を基にした感染の蔓延状況を経時的、地域別に解析することにより、集団免疫の進行状況を把握することが可能になる。 一方、現在進行中の感染の蔓延状況を把握するためのサーベイランスには、大規模集団を対象とした PCR検査などの遺伝子検査が最も信頼性が高い。 ただし、検体採取の煩雑さや感染リスク、検査時間、コスト、マンパワーなどの観点から困難な場合が多いとしている。 PCR検査で院内感染のスクリーニング.

次の

富士レビオが新型コロナ抗原検査キットの生産能力を半年で倍増、日立と東芝が協力

抗原 検査 と は

連日伝えられる、国内の新型コロナウイルス新規感染者数減少に関するニュース。 その背後で「検査人数」の問題は、依然としてくすぶり続けている。 今後、到来が危惧されている「第2波」に備える意味でも、検査体制の拡充が急務であることには変わりない。 こうした中、既に実施されている「PCR検査」に加えて、簡易検査キットを使って短時間、低コストの「抗体検査」や「抗原検査」、医療従事者の感染リスクが小さい唾液での「PCR検査」などが始まり、検査数の加速が期待されている。 検査手法の多様化により、「新型コロナ検査」の拡大が期待される 国内の「PCR検査」の検査数が伸び悩んでいる。 のどの奥などの粘液を採取する「PCR検査」は、機器や試薬の不足、技術が必要なため人材が限られることや医療従事者の感染リスクなどが増加のネックになっていた。 そのため「PCR検査」の拡充に加えて簡易検査など手法の多様化も求められていた。 厚労省は5月13日に簡易検査キットを使って診療所などで実施でき、新型コロナのたんぱく質を調べて感染を判定する「抗原検査」を認可。 また唾液を検体に使うPCR検査法も5月中にも認める方向だ。 唾液による採取は簡単で、医療従事者への感染リスクも小さくなる。 血液から新型コロナへの感染歴を調べる「抗体検査」も始まっている。 企業の取り組みも進み始め、検査数の増加が期待される。 国内企業の取り組みも進展 5月13日、みらかホールディングスは子会社の富士レビオが新型コロナウイルスの抗原検査キットの製造販売承認を取得したと発表。 約30分で感染しているかが判定でき、陽性の場合には確定診断として扱える。 一方、陰性の場合は「PCR検査」と併用することが必要となる。 宇部工場で週20万検査分の生産体制を構築済みだ。 タカラバイオは唾液から新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR用検査試薬を発売。 約1時間で検査結果が判明できる。 厚労省の承認などを経て発売する見通し。 既に月200万検体分の量産体制を整えている。 十分な検査結果に基づいた対応が望まれる パンデミック(世界的大流行)の第2波も予想され検査体制の構築が必須の課題となっている。 目的に応じて検査をうまく活用して『新型コロナ検査』が拡充していくことが期待される。 「抗原検査」は「PCR検査」より精度は劣るが、陽性者を洗い出すことが可能で「PCR検査」を補完する簡易診断として有効。 また、新型コロナへの免疫の有無を調べる「抗体検査」は、感染の実態を把握するのに有効だ。 十分な数の検査データに基づいて感染症対策と経済活動維持とのバランスをとった対応が行われていくことが望まる。 出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社 構成/こじへい.

次の

抗体と抗原~抗体検査と抗原検査

抗原 検査 と は

Contents• 抗原検査はどのようなもの? 抗原検査というのは、新型コロナウィルスが持っている 特徴的なタンパク質があるかどうかを検査するものです。 ウィルスをはじめ、人間の体もそうですが、生物はタンパク質により形作られています。 このタンパク質はいろんな種類があって、それぞれの生物で共通のものもあれば、違うものもあります。 このタンパク質の中で、 新型コロナウィルスに特徴的な(他の生き物が持っていない)タンパク質を検出するのが、今回の抗原検査になります。 抗原検査はインフルエンザの迅速検査方法として既に普及しているものと同様で、検査に使うのはインフルエンザの検査時と同じように鼻の奥からとってくる鼻水(体液)です。 抗原検査では、そこに実際に新型コロナウィルスがいないと陽性にはなりませんので、 検査時点での感染の有無を調べる方法です。 では、PCR検査との違いについてみていきます。 PCR検査との違いと抗原検査の原理は? PCR検査との違いは、検出しているものの違いです。 具体的には、PCR検査では 「特定の遺伝子」をたくさん増やすことによって検出しますが、抗原検査は 「特定のタンパク質」を検出しています。 では、抗原検査でどのようにタンパク質を検出しているのかは、以下の図を参照してください。 インフルエンザの抗原検査について説明したものですが、原理は同じです。 より引用• 検体:鼻の奥からとった鼻水など(体液)• 抗原:新型コロナウィルスなどが持っているタンパク質• 標識抗体:検体の中の抗原とくっつくもの• キャプチャー抗体:標識抗体と抗原がくっついたものがくっつくもの 患者さんから採った体液の中に新型コロナウィルスがいる場合には、 標識抗体に特定のタンパク質(新型コロナウィルスしかもってなもの)がくっつきます。 その上で、コントロールラインの方向に向かって、抗原が移動していきます(毛細管現象というやつが関与しています)。 移動して検出ラインまでくると、 抗原と標識抗体がくっついたものがくっついて色が変わります。 そして、コントロールラインに標識抗体が到達すると色が変わります。 なぜコントロールラインがあるかというと、 検体がまだ検出ラインに到達していないのか、ちゃんと到達したけど色が変わっていないのかを見極めるためです。 基本的な原理は、抗原抗体反応というもので、新型コロナウィルスの特定のタンパク質(抗原)としかくっつかない抗体が検査キットに用意してあるので、患者さんが新型コロナウィルスがいた場合には、特定のタンパク質が標識抗体にくっついて、キャプチャー抗体で検出されるというものです。 移動は、毛細管現象が利用されています。 毛細管現象は、 液体が表面張力で細い管の中を進む現象です。 身近なところでは、細いストローをコップに入れると、ストローの中の液面がコップの液面よりも高いところに来る現象のことです。 ちなみに、抗体検査というものもありますが、原理は抗原検査と同じです。 検体が血液であることと、検出するタンパク質が新型コロナウィルスに対する抗体であるということになります。 スポンサーリンク 検査時間や正確さは? 抗原検査で特徴的なのは 検査時間の短さです。 抗原検査にかかる時間は、検体がコントロールラインに達するまでです。 大体15分程度で検査結果を得ることができます。 PCR検査では、検査の対象となる遺伝子を取り出したり、専用の機械が必要だったりと、1日以上かかる場合もあるので、15分くらいで結果が出るのはメリットですね。 一方で、 正確さにはPCR検査に劣るという点が挙げられます。 PCR検査も完全に正確であるわけではありませんが、抗原検査はPCR検査よりも正確さに劣ります。 あくまで 「簡易検査」という位置付けです。 具体的に言えば、PCR検査で、感染していない方が陰性とでる確率(特異度)は99%、 感染している方が陽性と出る確率(感度)は70%と言われています。 一方で、抗原検査の場合(インフルエンザの迅速キットの情報)は、感染していない方が陰性よと判断される確率(特異度)は99%ですが、 感染している方が陽性と出る確率(感度)は50〜60%と言われています。 新型コロナウィルスの抗原検査のキットも、同様の確率であると考えられますから、迅速診断キットで陽性であっても、実際に感染している方の約半分しか検出できていないことになります。 どちらがいいという話ではないですし、どちらも一長一短があります。 長所 短所 PCR検査 抗原検査よりも正確な情報が得られやすい 時間がかかる・検査ができる施設が少ないので検査数を増やしにくい 抗原検査 短時間で結果がでる・操作が簡単で検査数を増やしやすい PCR検査よりも正確さに劣る。 PCR検査をたくさんできない中で、 抗原検査は補助的な役割になると思いますし、検査数を増やして情報を集めるという意味ではやりやすい方法です。 医療機関で比較的簡単に、しかも時間をかけずに結果が得られるので、 PCR検査による保健所や検査機関の負担軽減にはつながりますね。 一方で、感染経路が不明な方がいる状態で、検査数を増やすことがいいのかという点もあります。 感染が確認された場合、医療機関に入院したり、ホテルなどに滞在したりということになります。 症状が出ていない方でも、そういう措置になるので、医療崩壊を招きかねないのでは?と感じます。 抗原検査で時間がかからずに検査できるとはいえ、使い方を考えないといけないですね。 以下は完全に私見ですが、感染がある程度落ち着いてきた(と思える)ような状況なので、抗原検査で、いま時点の感染者をあぶり出すよりも、過去の感染歴が調べられる抗体検査を充実させる方がいいのではないでしょうか? そうすれば、感染しても症状が出なかった方の割合や、どのくらい感染が広がったのか?ということについても情報が得られますし、本当の意味での収束はワクチンなどが開発されるまでは難しいと思うので、気をつけながら生活する。 少しずつ行動範囲を広げる、経済活動につなげるという方がいいのではないかと思います。 抗原検査は、簡便である反面、実際に感染している患者さんのうち4割は陰性と判断されてしまう危険がありますから、 簡便な検査で陰性だから大丈夫!という認識になってしまうのも、二次感染拡大という観点から怖いのでは?と思います。 一方で、感染した方が入院を解除するために、PCR検査を2回実施して陰性を確認するとの指針があります()。 その片方を簡便な抗原検査で代替すれば、PCR検査の作業を減らすことができるので、そういう利用がいいのかな〜とか思っています。 PCR検査については以下の記事もご覧ください。 まとめ 今回は、抗原検査の方法やPCR検査との違いについて調べました。 抗原検査は、簡便な方法で、医療従事者の方やPCR検査を実施する方の負担はかなり軽減されると思いますが、一方で簡便だからどんどん検査した方がいいのかどうかは賛否が分かれますね。 うまく利用して、この状況の収束につながればなと切に願うばかりです。 最後までご覧いただきありがとうございました。 2020-05-13.

次の