チェ・ジョンヒョン。 韓国俳優 チェ・ウォニョン プロフィール

ホン・ジョンヒョンのプロフィール

チェ・ジョンヒョン

21ビュー• 15ビュー• 9ビュー• 8ビュー• 8ビュー• 7ビュー• 7ビュー• 6ビュー• 5ビュー• 5ビュー 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

イ・ジョンヒョン

チェ・ジョンヒョン

ホン・ジョンヒョンについて ホン・ジョンヒョンは、2009年にMBCドラマ『No Limit〜地面にヘディング〜』でホン・ギョンネ役を演じてドラマデビューを果たした。 2008年には映画『霜花店、運命その愛』でスクリーンデビューも果たした後も、『恋人たち』『海の方に、もう一歩』『クィ』『ジャングルピスィ2』『危険な相見礼:警察家族』、2014年出演したミニドラマの女子漫画『靴』の劇場版、『アリスーワンダーランドから来た少年』『危険な顔合わせ2』等に次々と出演した。 ホン・ジョンヒョンは、ドラマ、映画以外にも、バライエティ番組やファッション番組なとでMCとしても活動している。 基本プロフィール 2015年に『わたしたち結婚しましたシーズン4』に出演していた頃、雑誌『ウーマンセンス』でガールズグループ、AFTERSCHOOLのナナと熱愛7か月中だと報道られた。 ナナの所属会社、プレディス・エンターテインメントと『私達結婚しました』の製作陣は、ホン・ジョンヒョンに代わって「(2人は)親しい友達の関係に過ぎない」と明かした。 このような早い釈明によってホン・ジョンヒョンとナナの熱愛説は単なるハプニングで終わるかに思えた。 しかし、『東亜(トンア)ドットコム』が確認した結果、ホン・ジョンヒョンとナナはすでに、彼らをプライベートで知っている側近たちの間では有名な公認カップルであることが確認された。 好きなタイプ ホン・ジョンヒョンは、バラエティー放送『カンシムザン(強心臓)』で、「好みのタイプは、穏やかで優しい女性で、顔は気にしないがが、体つきは気にする」と語った。 また『TVデイリー』のインタビューでは「よく笑う、まずは笑顔がきれいな人が好きです。 そして魅力が感じられる人に好意を持ちます。 肯定的な人が好きで、一緒にいて、友達のように面白い人が好きです。 また、一緒にできることが多かったらいいですね。 趣味があえて同じではなくても、その人のために何かを一緒にしてあげれるならそれが一番良さそうです。 さらに自己管理までしっかり出来ている女性なら完璧な理想型です」と笑いながら語った。 性格 ホン・ジョンヒョンは自身の性格について、「見た目より冷たくない、温かいです。 言葉が多くはないが、考えは多い。 そしてある監督が私を観察して話してくれましたが、私は誰かと親しくなる時に『3段階』を経るそうです。 一度親しくなって、もう少し親しくなって、まともに親しくなるまで、その後はそれまでは見せなかった私の姿が出てくるそうです。 私自身も自分にそんな面があることを知っています」と話している。 趣味 ホン・ジョンヒョンは、SBSパワーFM『キム・チャンリョルのオールドスクール』に出演した際、「タイヤが付いたものが好きで、自動車やバイクが好きです。 また活動的なことが好きでサッカー、自転車が趣味です」と答えている。 また「 両親は心配をしないが、マネージャーなど心配してる人が多くて、バイクは嫌がる雰囲気なので、できるだけ車に乗るようにしています」 と付け加えた。 特技 ホン・ジョンヒョンは、相当な運転技術を持っている。 ドリフト走行を駆使して運転する天才とも言われており、S某レーシングチームに迎え入れられて、D某チューニングショップでBMW E92 M3に合うアッカーマン・ゼロ・アングル・キットを1M用に改造して、油圧式サイドを装着した物以外にも、完全純正モデルで入門48時間でドリフト走行までマスターし、自分の腕前を立証したという。 俳優としては短編映画専門のキム・ジョングァン監督の短編オムニバス映画『恋人たち』、そして『双花店』の脇役で出演したのを切っ掛けに、俳優をの道に入った。 ドラマデビューは2009年初め、MBC・every1で放送された『今はイケメン時代』である。 そして同年『素土にヘディング』でサッカーチームの主将という脇役を務め、本格的に演技を始めた。 出身・家族・学歴.

次の

エンタメ★チェ・ジニョクが、撮影中に負傷/コン・ユXハン・ジミン,コーヒーカー/イ・ジュンギ/CNBLUEイ・ジョンヒョン

チェ・ジョンヒョン

ホン・ジョンヒョンについて ホン・ジョンヒョンは、2009年にMBCドラマ『No Limit〜地面にヘディング〜』でホン・ギョンネ役を演じてドラマデビューを果たした。 2008年には映画『霜花店、運命その愛』でスクリーンデビューも果たした後も、『恋人たち』『海の方に、もう一歩』『クィ』『ジャングルピスィ2』『危険な相見礼:警察家族』、2014年出演したミニドラマの女子漫画『靴』の劇場版、『アリスーワンダーランドから来た少年』『危険な顔合わせ2』等に次々と出演した。 ホン・ジョンヒョンは、ドラマ、映画以外にも、バライエティ番組やファッション番組なとでMCとしても活動している。 基本プロフィール 2015年に『わたしたち結婚しましたシーズン4』に出演していた頃、雑誌『ウーマンセンス』でガールズグループ、AFTERSCHOOLのナナと熱愛7か月中だと報道られた。 ナナの所属会社、プレディス・エンターテインメントと『私達結婚しました』の製作陣は、ホン・ジョンヒョンに代わって「(2人は)親しい友達の関係に過ぎない」と明かした。 このような早い釈明によってホン・ジョンヒョンとナナの熱愛説は単なるハプニングで終わるかに思えた。 しかし、『東亜(トンア)ドットコム』が確認した結果、ホン・ジョンヒョンとナナはすでに、彼らをプライベートで知っている側近たちの間では有名な公認カップルであることが確認された。 好きなタイプ ホン・ジョンヒョンは、バラエティー放送『カンシムザン(強心臓)』で、「好みのタイプは、穏やかで優しい女性で、顔は気にしないがが、体つきは気にする」と語った。 また『TVデイリー』のインタビューでは「よく笑う、まずは笑顔がきれいな人が好きです。 そして魅力が感じられる人に好意を持ちます。 肯定的な人が好きで、一緒にいて、友達のように面白い人が好きです。 また、一緒にできることが多かったらいいですね。 趣味があえて同じではなくても、その人のために何かを一緒にしてあげれるならそれが一番良さそうです。 さらに自己管理までしっかり出来ている女性なら完璧な理想型です」と笑いながら語った。 性格 ホン・ジョンヒョンは自身の性格について、「見た目より冷たくない、温かいです。 言葉が多くはないが、考えは多い。 そしてある監督が私を観察して話してくれましたが、私は誰かと親しくなる時に『3段階』を経るそうです。 一度親しくなって、もう少し親しくなって、まともに親しくなるまで、その後はそれまでは見せなかった私の姿が出てくるそうです。 私自身も自分にそんな面があることを知っています」と話している。 趣味 ホン・ジョンヒョンは、SBSパワーFM『キム・チャンリョルのオールドスクール』に出演した際、「タイヤが付いたものが好きで、自動車やバイクが好きです。 また活動的なことが好きでサッカー、自転車が趣味です」と答えている。 また「 両親は心配をしないが、マネージャーなど心配してる人が多くて、バイクは嫌がる雰囲気なので、できるだけ車に乗るようにしています」 と付け加えた。 特技 ホン・ジョンヒョンは、相当な運転技術を持っている。 ドリフト走行を駆使して運転する天才とも言われており、S某レーシングチームに迎え入れられて、D某チューニングショップでBMW E92 M3に合うアッカーマン・ゼロ・アングル・キットを1M用に改造して、油圧式サイドを装着した物以外にも、完全純正モデルで入門48時間でドリフト走行までマスターし、自分の腕前を立証したという。 俳優としては短編映画専門のキム・ジョングァン監督の短編オムニバス映画『恋人たち』、そして『双花店』の脇役で出演したのを切っ掛けに、俳優をの道に入った。 ドラマデビューは2009年初め、MBC・every1で放送された『今はイケメン時代』である。 そして同年『素土にヘディング』でサッカーチームの主将という脇役を務め、本格的に演技を始めた。 出身・家族・学歴.

次の