トライ テックス。 トライボテックス

トライボ診断

トライ テックス

Epilog Laser Fusion レーザー加工 切削加工の新たなる可能性となる、レーザー加工技術を取り入れました。 従来の切削加工とは異なるカット方法と彫刻の表現力は、今後の未来を感じる技術です。 CNC Router 多軸CNCルーター 多軸ルータは5軸から14軸まで合計74頭 揃っています。 10x10mmの小さいサイズから1120x1500mmまで高精度な加工を実現します。 CNC 6軸ルータ ROKUROKU 各軸ATC(工具自動交換)5本付き。 同時6軸NC制御切削加工方式。 複雑な形状から単結晶ダイヤモンド工具による鏡面加工まで高能力、高精度な切削加工を行います。 CNC Router KIKUKAWA 6軸仕様(軸間ピッチ560)右ストローク 1120、ATC5本仕様。 吸着テーブルサイズ1500x560。 アミューズメント等の大きなパネルへの単結晶ダイヤモンド工具による鏡面加工が可能です。 Clean Room クリーンルーム 携帯電話の表示板、デジタルカメラの液晶表示等、繊細な電子部品の検査包装はクリーンルームで作業を行います。 ホコリ・汚れ等を完全にシャットアウトすることが出来ます。 Screen Printing スクリーン印刷 表示パネルや電子部品の印刷の殆どはシルクスクリーンで印刷を行います。 アミューズメントのゲームパネルのような色分解、多色印刷、精度の必要な目盛り印刷、UVインクによる点字印刷まで幅広いスクリーン印刷を行います。 UV照射装置と熱乾燥炉により幅広いインクに対応しています。 インクの性質や素材との組み合わせにより無限に広がる光彩・質感を表現することが出来ます。 Corporate History 会社沿革 1984年6月 製図用テンプレートのスクリーン印刷を始める。 1985年10月 個人より資本金100万円の株式会社に改組する。 NC彫刻機を導入し、テンプレートの一貫生産を行う 1988年5月 資本金400万円に増資する。 1988年12月 京田辺池島に工場を移転する 1995年9月 WINDOWS3.1対応版 ラベル作成ソフト 「ラベル工房ver1.0」開発、発売 1997年4月 デジタルカメラLCDパネルの生産を始める。 資本金1000万円に増資。 携帯電話のLCDパネル 1998年8月 自治体より回収された使用済みペットボトルを100% 使用した再生定規をコクヨ株式会社との共同開発を 世界ではじめて生産する。 2004年7月 本社・本社工場を池島から現在地に移転 2008年7月 ISO14001 環境マネジメントシステム認証取得 2009年3月 ISO9001 品質マネジメントシステム認証取得 2010年5月 通信販売 楽天市場出店 2010年10月 通信販売 アマゾン出店 2014年7月 通信販売 トライテックショッピングサイト開設 2014年9月 通信販売 Yahoo! ショッピング出店.

次の

コンクリート打ち継ぎ剤 トライテックス CB-20 サンヒット商会

トライ テックス

トライボ診断は機械要素の潤滑状態の変化の兆候を早期に発見する状態監視技術。 軸受,ギア,摺動部などで発生した摩耗粒子を潤滑油中から検出し,そ の摩耗粒子の形態,サイズ,濃度,色,組成等から対象箇所の状態を把握する。 それらを総合的に判断することで設備の劣化状態・摩耗部位の特定・余寿命の診 断を行う。 設備の最適な分解整備時期の把握・稼働率向上・メンテナンスコストの削減・異常兆候の早期発見など,CBMに欠かせない設備診断技術である。 非 分解・短時間で機器の状態を知ることができ,しかもトライボ診断実施のために設備を停止させる必要はない。 トライボ診断は潤滑状態の変化の兆候を早期に検出するだけでなく,対象設備の健全性の確認にも有効ある。 運転開始直後からトライボ診断を定期的に実 施することにより,対象設備毎に状態変化のトレンドラインを引くことができる。 つまり,傾向管理による効果的な保守コストの削減が可能となる。 管理基準値を設定した対象設備は,劣化の兆候が見え始めた時点から,残りどの程度の運転時間で管理基準値に達するかを予測できる。 トライボ診断は他の状態監視手法よりも早く劣化の傾向をとらえることが出来るため,余寿命期間の予測も早くなる。

次の

トライテックス(株)(大阪府大阪市港区/建築一式工事、大工工事、型枠工事、造作工事)

トライ テックス

トライボ診断は機械要素の潤滑状態の変化の兆候を早期に発見する状態監視技術。 軸受,ギア,摺動部などで発生した摩耗粒子を潤滑油中から検出し,そ の摩耗粒子の形態,サイズ,濃度,色,組成等から対象箇所の状態を把握する。 それらを総合的に判断することで設備の劣化状態・摩耗部位の特定・余寿命の診 断を行う。 設備の最適な分解整備時期の把握・稼働率向上・メンテナンスコストの削減・異常兆候の早期発見など,CBMに欠かせない設備診断技術である。 非 分解・短時間で機器の状態を知ることができ,しかもトライボ診断実施のために設備を停止させる必要はない。 トライボ診断は潤滑状態の変化の兆候を早期に検出するだけでなく,対象設備の健全性の確認にも有効ある。 運転開始直後からトライボ診断を定期的に実 施することにより,対象設備毎に状態変化のトレンドラインを引くことができる。 つまり,傾向管理による効果的な保守コストの削減が可能となる。 管理基準値を設定した対象設備は,劣化の兆候が見え始めた時点から,残りどの程度の運転時間で管理基準値に達するかを予測できる。 トライボ診断は他の状態監視手法よりも早く劣化の傾向をとらえることが出来るため,余寿命期間の予測も早くなる。

次の