スロット 撤去。 【パチスロいろはに愛姫】新台直後なのに撤去騒動!さらにART中でも強制終了

【2020年最新版】あの機種はいつまで打てる?5号機撤去日リストまとめ │ スロットガーデン【攻略・天井狙い・期待値・解析】

スロット 撤去

5号機みなし機の延命措置が決定 警察庁は5月14日、国家公安委員会規則の一部を改正し、原則的に最大2021年1月末までとしていたパチンコ、パチスロ旧規則機における認定、検定の有効期限について1年間の延長を認めた。 旧規則機の撤去期限が後ろ倒しとなったことで、ホール企業に今年、重くのしかかっていた機械入替の負担が一部、軽減されることとなる。 設置期限の延長が認められる遊技機は、改正規則の施行日以降に認定、検定が切れる旧規則機が対象。 規則の改正を受け、業界団体側は今後、期限内に遊技機の計画的な入替を推進するための具体的な施策を決める予定だ。 追記: 施行日は5月20日でした。 丁度一か月ほど前に、みなし機の延命について希望的観測込みで色々と語りましたが… パチスロに関して、できれば認定期限の残っている5号機すべてを延命して欲しいと思っていたものの、妥当な線としてノーマルタイプ限定といった措置が取られるんじゃ?とも思いましたが、結果的にはより広い範囲で5号機の延命が公安委員会規則的には認められる事になったのは喜ばしい事ですね。 ただ現状、公安委員会規則の一部が改正されて認定・検定期限の延長が可能となったというだけであり、 業界団体の自主規制によって「高射幸性機種は撤去するべし」といった話になる可能性は否定できないという点には注意が必要です。 そもそも、公安委員会規則の改正という事情を考えると、機種の性質や出玉性能によって区別する事をそこに織り込む事自体が現実的ではないような気もするので、大枠としては認定・検定期限の残っている5号機すべての延命を許可した上で、業界団体の自主規制によって細部を調整するというのが既定路線なのでしょうね。 ほぼ確実に延命が決定したパチスロ最重要機種 先述のように業界団体の自主規制次第では高射幸性機種に関しては扱いが流動的な現状ですが、ほぼ確実に1年間の期限延長の恩恵を受けられるであろう機種として「ノーマル機」が挙げられます(流石にAT機は良くてノーマル機は駄目とはならないでしょう)。 言い換えれば、「 ジャグラーシリーズの延命がほぼ確実となった」ということです。 数多くある撤去予定5号機の中でもホールにとって台数的にも存在感的にも大きな懸念となっていた5号機ジャグラーの撤去が、それぞれの機種において1年間は延期されたのは、ジャグラー依存度の高いホールに関しては相当に大きな変化でしょう。 とくに認定切れ間近だった「沖ドキ!」を延命できるかどうかは、依存度の高いホールにとっては死活問題とすら言えるでしょう。 認定・検定期限の切れていない5号機すべてが延命の対象となるのであれば、2020年内に撤去予定であった機種の中でもホールやユーザーにとって延命のメリットの大きいであろう(設置台数が多い、人気が高い)機種は以下のようなものがあります。 沖ドキ!• サラリーマン番長• ニューキングハナハナ-30• パチスロ黄門ちゃま 喝• ニューパルサーデラックス• ハナビBH• ゴーゴージャグラー• ゴーゴージャグラー2(この台は検定切れの延命)• 戦国コレクション2• ただこれはあくまでも、 機種のタイプや出玉性能などの区別なくすべての認定・検定期限内5号機が延命対象となる場合の話ですが。 業界団体の自主規制次第でその範囲は大きく変わってきますので、現状では何とも言い難い部分があります。 そういった点に関して細かなルールについては今後発表されるようですから、ユーザー側としては広い範囲での延命措置適応に期待した所ですね。 「高射幸性機種は除外」というのがありそうな落し所 今後業界団体が決定する入替計画の概要ですが、個人的には「高射幸性機種に関しては1年間の延命措置から除外」といったような所が妥当な落し所ではないかと思っています。 ノーマル機のみ許可というのは出玉性能的には妥当な落し所だとは思いますが、それをやるとなるとまた違った問題が発生しそうな気もします。 というのも、「ノーマル機はOK」としてしまうと、あの機種は良いのにコレは駄目なの?といった問題が少なからず発生するようにも思うからです。 本当のノーマル機(ジャグラーシリーズやハナハナシリーズなどの付加機能のない台)だけを許可するのであれば良いでしょうが、そうなると「ハナビ」はRT機能があるために除外されてしまいます。 そう考えると影響力の強い5号機AT機を除外しつつ既に色分けされている基準を使って扱えるという点で「高射幸性機種は除外(経過措置はあり)」とするのが一番しっくりくるように思います。 ただそうなると、高射幸性機種のラインナップに入っていない「 プレミアムビンゴ」の価値がさらに高まりそうですけども(たしかダイコクSISのデータで2万枚以上出たデータが無かったからリストアップされなかったんだったと思いますが)。 追記:具体的な入替方針が発表されました 期待したほどの広範囲な恩恵はありませんでした。

次の

パチスロ『バジリスク絆』撤去後の秘策!? ホール関係者が考える「対策」とは

スロット 撤去

特に12月は『 モンスターハンター月下雷鳴』『 』『 』などの人気タイトルが一気に姿を消すことになります。 また、2020年には 『』『』『』などもさよなら予定。 5号機後期を彩ってきた機種たちとのお別れが本格的に近づいてきています。 ですが検定切れ、認定切れは別問題。 さよならはやってきてしまいます。 レアフラグ・フリーズなど、引きたいものを引けてない方は悔いのないように。 こうして改めて見ると、2013年って当たり年だったんだなぁ。 2019年3月~6月 機種名 検定 通過日 さよなら 予定日 パチスロ 戦国嵐 2013年 3月4日 3月3日 パチスロ アタックNo. 1 開幕! , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (C)NET CORPORATION (C)TSUBURAYA PROD. (C)Bisty (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT (C)DAITO GIKEN,INC. (C)車田正美・東映アニメーション.

次の

パチスロ5号機(旧基準機)の撤去日一覧

スロット 撤去

スポンサーリンク 旧規則機の撤去期限が1年延長 警察庁は5月14日、国家公安委員会規則の一部を改正し、原則的に最大2021年1月末までとしていた パチンコ、パチスロ旧規則機における認定、検定の有効期限について1年間の延長を認めた。 旧規則機の撤去期限が後ろ倒しとなったことで、ホール企業に今年、重くのしかかっていた機械入替の負担が一部、軽減されることとなる。 「 」 これは妥当な判断だと思います。 部材調達の遅れから導入日の見通しの立たない新台もまだ多く、自粛によりホールの経営状況も厳しい中、2020年5月現在で約200万台設置されている旧規準機をすべて新基準に入れ替えていくというのは流石に無理がありますから…。 延長の対象機種に関しては一部では「 高射幸性パチスロ機は予定通り撤去」と言われています。 ソースは以下のツイートでしょうか。 ちなみに遊技通信webでは高射幸性機に関して以下のように書かれていました。 2018年2月に施行された改正遊技機規則における経過措置で示された旧規則機の有効期間が、施行日以降に満了する遊技機について設置可能期間が1年延長されることになる。 全日遊連は文書で、この期間内に遊技機の計画的な入替を業界で推進するとしており、 高射幸性機などの取り扱いは業界団体の自主規制を再構築して対応するものとみられる。 引用元「 」 この文面を見ると高射幸性機が延長となる可能性もまだ残されていそうですがどうなんでしょう…!? 5号機、5. また正確な情報が入りましたらお伝えしていきます。 引用元「 」 高射幸性遊技機は残念ながら撤去で間違いありませんでした。

次の