台風 家族 ネタバレ。 台風家族(映画)のみどころとネタバレあらすじは?原作と出演者も

公開終了間近!映画『台風家族』感想・レビュー!舞台挨拶も観てきた!(ネタバレ無し)

台風 家族 ネタバレ

映画『台風家族』 あらすじ 紙袋を覆面代わりに被った老人が地方銀行で2000万円を強盗。 金ピカの宮型霊柩車で逃走し、妻と共に行方をくらました。 時は流れ2018年。 台風が近づくある夏の日、鈴木小鉄は妻の美代子と娘のユズキを連れて実家へと車を走らせていた。 10年前に銀行強盗をして世間を騒がせた両親の葬儀に参列するためだ。 葬儀といっても、死体はおろか霊柩車すら見つかっていない。 にもかかわらず形式的な葬儀をする理由は、きょうだいで財産分与を行うためだった。 すっかり朽ち果てた実家に一番乗りで到着したのは小鉄たちだ。 葬儀屋を併設した古びた二階建ての日本家屋、表札には「鈴木一鉄」とある。 店のシャッターには「盗人」「バカ」などとペンキで描かれ、当時の記憶がよみがえる。 鈴木家の居間には2つの棺桶が並び、小さな写真立てには28年前の両親が映っている。 しばらくして長女の麗奈がやって来る。 麗奈は両親の事件のせいで離婚、現在つき合っている男性はいるが独身だ。 兄の小鉄とはあまり仲は良くなく、小鉄が遺産を独り占めしようとしているのではないかと勘ぐっている。 残るは兄姉から可愛がられていた末っ子の千尋だが、なかなか姿を現さない。 葬儀開催のハガキが届いていないのだろうか……。 葬儀が終わっても千尋がやって来る気配はなく、仕方なく3人で財産分与についての話し合いをすることにする。 「預金や保険も一通り調べたけど、大した額じゃないから、遺産はこの家と土地だけだ」と、いかにも長男らしく振る舞いその場を仕切ろうとする小鉄。 どんな仕事も長続きしない彼にとって「遺産」という二文字は何にも代えがたいほど魅力的だったのだ。 おまけに少し前、勤務中に玉突き事故に巻き込まれてむちうちになり、首にはサポーター、頭には包帯が巻いてある。 何としても遺された家や土地をお金に換えたい、一番多くもらいたい、というのが小鉄の本音だ。 財産分与について話し合う最中、玄関のインターフォンが鳴る。 ようやく千尋が来たのだろうか? しかし、そこに立っていたのは千尋ではない、茶髪のチャラチャラした男だった。 見知らぬ訪問者によって、話し合いは思いがけない展開に転がっていく。 きょうだい同士がこれまで溜めてきた想い、小鉄とユズキの間にある親子の溝、そして10年前に両親が起こした強盗事件の背景に何があったのか? 刻々と台風が近づくなか、鈴木家にも嵐が渦巻いていた……。 html) 以下、ネタバレを含む感想・レビューになりますのでご注意ください。 スポンサードサーチ 映画『台風家族』 感想・考察・レビュー 銀行強盗をした両親が行方をくらまして10年。 時効を機に、財産分与のため集まった4人のきょうだいたち。 金に執着するクズな長男・小鉄(草彅剛) 1番ちゃんとしている次男・京介(新井浩文) 両親の事件のせいで離婚。 現在独身の長女・麗奈(MEGUMI) 現在フリーターの三男・千尋(中村倫也) この4人のきょうだいたちが遺産を巡って繰り広げるブラックコメディーがとにかく面白かった。 やはり草彅剛は演技がお上手。 元アイドルがここまでみっともないおっさん役をやるんだぁ・・・と感服だった。 前の事務所だったらイメージ的に無理だったことでしょう。 次男の京介役の新井浩文さん。 2019年2月にとある不祥事を起こしたにも関わらず、1番まともな役どころだったのが皮肉です。 ここでは不祥事については書かないでおきますが、いい役者だったのにもったいないことをした。 長女・麗奈役のMEGUMIさんは、最近ドラマや映画でよく見ますね! 演技幅が広いとは思いませんが(だいたいいつもおんなじような役な気が)、自然な演技で好きです。 本作ははまり役だったと思う。 そして、個人的に大好きな三男・千尋役の中村倫也さん。 すごくよかった。 末っ子の千尋は10年前からずっとフリーターで、現在ユーチューバーを目指す、いわゆる最近の若者。 のほほんとした雰囲気が中村倫也っぽくて、好き。 こんな感じで個性豊かなキャスト陣が構成豊かなきょうだい達を演じ、ブラックユーモアを交えながら、遺産相続を争います。 金に執着する長男と長男に遺産を渡したくない次男の争いとか、彼氏にバツイチを隠していた長女とか、遺産相続の様子を生配信しだした三男とか。 思わず吹き出してしまうシーンもあって、新しい形のホームドラマを見させてもらいましたw 後半から伏線回収 前半はブラックコメディーパートで爆笑しながら見れるのですが、 後半からグッと引き込まれた。 なぜ、父・一鉄 (藤竜也)は銀行強盗をして、そのまま失踪したのか? ゆとりユーチューバー・千尋が配信した動画をキッカケに、10年前に両親が起こした強盗事件の背景に何があったのかが見えてきます。 結論から言ってしまえば、 お父さんは小鉄(草なぎさん)のために銀行強盗を行いました。 ユーチューブを見て駆けつけた女性・富永月子(長内映里香)によると、お父さんは振り込め詐欺からかかってきた電話を信じて、小鉄が交通事故を起こしたと思いこんでいたようです。 息子を助けたい一心でお父さんは、詐欺師(当時イヤイヤ詐欺会社に勤めていた富永月子)に言われた2000万円を準備しようと、銀行強盗に入ってしまったのです・・・。 父親との関係が良くなかった小鉄は、この話を信じませんでした。 しかし、信じざるおえない偶然が重なります。 小鉄は家業の葬儀屋を手伝うのが嫌で、今まで自動車免許をとっていませんでした。 しかし、大人になって一鉄に内緒で免許を取得。 小鉄の娘・ユズキ(甲田まひる)が、一鉄にそれを話てしまったことで、一鉄は小鉄が免許を持っていることを知ります。 そして小鉄に運転が出来るのか心配がっていました。 その矢先の事故の電話。 これは信じてしまうのも分かります。 ユズキの証言で、一鉄が小鉄のために動いたことに信憑性が増しましたが、まだ小鉄は信じようとしません。 そんな時に、小鉄が役者の夢を追いかけていた頃、エキストラとして出演した作品がビデオテープに録画されてあったのを発見。 父親からの愛情を感じた小鉄は号泣。 小鉄の気持ちを考えると、涙の溢れるシーンだった。 (泣いてないですけど) そしてさらに、失踪した両親の謎にも迫ります。 ここら辺、ミステリー好きとしては美味しい展開なんですけど、残念ながらラストに連れてどんどんリアリティーがなくなってくるんですよねぇ・・・・。 お父さんはボケたお母さんを連れてキャンプ場にいました。 ここは家族の思い出の場所。 2人は川辺で転んだらしく、そのまま死んでしまったようです。 キャンプ場に駆けつけた鈴木家のきょうだい達は、白骨化した両親の死体を発見。 その日は台風が直撃していました。 鈴木家のみんなが両親の白骨遺体を発見した直後、タイミングよく2人の骨が流されはじめます。 (よく10年間そこに死体ずっとあったなw) 8人は慌ててそれを追いかけて・・・といった感じで終わるんですが、 ラストに近づくにつれてグダグダすぎん!? 2人は家業である葬儀屋の霊柩車でキャンプ場に向かっています。 10年間なぜ見つからなかったのか不思議で仕方ない。 そして10年間のうちに台風や豪雨は来たはず、なぜ両親の骨は今まで流されなかったのか。 この作風だから細かいことは大目に見れますが、ラストをもっと現実的に作ってたら余韻が残ったのになぁ。

次の

台風家族の感想・ネタバレ!新井浩文などキャストはどうなった!?世界を巻き込む喜劇

台風 家族 ネタバレ

台風家族は年齢制限がある?PG-12である理由はなぜ 映画「台風家族」には、「PG-12」という年齢制限があります。 PG-12の基準はご存知でしょうか? PG-12は、12歳以下は視聴不可というわけではなく、小学生以下が視聴する際、保護者の助言・指導が必要ということ。 映画を鑑賞する際にはなるべく保護者同伴をオススメするという作品です。 なぜ、小学生以下は、保護者の指導が必要なのかというと、不適切な表現が一部含まれていますからです。 なるべく、保護者の助言や指導が必要ということなので、子供が見てはいけない、というわけではありません。 PG-12の他に年齢制限では、R-15がありますが、R-15は、PG12より刺激が強いものに加えて、いじめや暴力なども対象になります。 では、なぜ、映画「台風家族」がPG-12指定なんでしょうか? 映画「台風家族」は、両親が銀行強盗事件を起こし、失踪するというところから始まります。 10年後、いまだに行方知れずの両親の仮想葬儀をして財産分与を行うため、妻子を連れた長男の小鉄、長女の麗奈、次男の京介が実家に集まるが、末っ子の千尋は現れず、空の棺を二つ並べた見せかけの葬儀が終わったころ、見知らぬ男がやってくるというストーリー。 コメディ要素の多い映画で、全くPG-12となる要素がなさそうですが、PG-12となっている理由、「簡潔な性愛描写がみられる」とのこと。 小学生以下が見てしまうと、真似をする可能性のある映画の場合、PG-12の指定が行われています。 映画「台風家族」は、性愛描写があるわけですが、他にもPG-12に指定される理由としては、暴力、残酷、麻薬などの描写や、未成年役の飲酒・たばこ・自動車運転などがあります。 MEGUMIさん演じる長女の麗奈は、色気を丸出しで、露出度の高い衣裳で動き回るというシーンがあるので、そこが、PG-12に指定されています。 わー!木村さんとキャッキャウフフな夢見たー!昨日の台風家族のMEGUMIさんが刺激的過ぎたのか!?あードキドキした。 — 💐🌟🌹あきな🌏🐞📷 StarWhite818 嫁の希望で台風家族見てきた 終盤「うんまぁそうなるよね、その為に事前に情報出してたもんね」という展開になるんだけど、その過程が突っ込みどころしかなくて没入感阻害されまくりで半笑いになった MEGUMIが三十後半なのにエロかったので、数カットのそのエロシーンに金出せる人だけ見ればいい映画 — カレー将軍 generalcurry108 既に視聴した方からは、MEGUMIさんの体当たり演技がみどころだという声が多く上がっていました。 「台風家族」のあらすじ 2000万円の銀行強奪をして、世間を騒がせた鈴木一鉄とその妻・光子の夫婦は行方不明に。 2018年夏。 その事件から10年後、行方不明になった両親の仮想葬儀と財産分与を執り行うために、鈴木家の実家にきょうだいが集まることとなりました。 鈴木家の長男・小鉄は、妻・美代子と娘・ユズキを引き連れ、10年ぶりに実家に帰ってきました。 彼は、どんな仕事も長続きしない男でした。 そのあと、長女・麗奈が次男・京介とともに帰ってきました。 そして、仮想葬儀が始まります。 葬儀が始まるも、末っ子の千尋はやって来ません。 葬儀が終わった時、実家のインターホンが鳴り、現れたのは、千尋ではない男でした。 「台風家族」の詳しいネタバレあらすじについては、こちらを見てみてください。 映画「台風家族」のPG-12のシーンとは? 映画「台風家族」のPG-12のシーンをそのまま伝えると、ネタバレになってしまうので、ここでは、割愛しますが、PG-12だと思わず、視聴すると、ビックリしてしまうと思います。 親子で視聴すると、気まずくなるかもしれません。 MEGUMIさんは、かなり体を張った演技をしています。 女優だな~と思っていたら、SNSでも同様の意見がたくさんありました。 痛快エンタメを想像していたので、展開が意外。 クズの小鉄はつよっちゃま的でも俳優 的でもあり、個人的にはザ俳優剛が見たかったかなー。 あと さんに感情移入、 さんは最高。 エロシーンもあるのでお子さまを連れていこうと考えてる方は先に確認を。 — さっち satchieeeeee そして同い年MEGUMI。 衝撃のセクシーさ。 同じ子持ちとは思えんわ…。 そりゃ若者もレナちゃんレナちゃん追っかけてくるわい。 いや、あの若者くんいい奴じゃん。 あの子がいいんじゃないMEGUMI(作品と現実を混同) — Shino📎 Shino292941.

次の

映画『台風家族』あらすじとラスト結末ネタバレ│草なぎ剛が世界一のクズ男を演じながら父親の真実に迫る│SHOCK WAVE MOVIE

台風 家族 ネタバレ

台風家族 感想・レビュー 85件 たいふうかぞく• レビュー• 総合評価 4. 46点、「台風家族」を見た方の感想・レビュー情報です。 投稿はから受け付けております。 ストーリー、シチュエーション 理解した上で見直すと、役者の表情が、更に心に響きます。 なかなかの強者揃いですが、草彅剛、尾野真千子の両者、常とは違う演技が、トモスレバ違和感を伴っていたのですが、2度目には成る程と、その演技力に、乾杯でした。 藤、榊原夫妻には、只ただ泣かされました。 [クリックで本文表示] 俳優さんは上手い。 前半の展開は謎解き的な要素もあり、あ、こうつながるのかと面白かったです。 初めの設定、ぶちこわし。 最後の海辺のシーン、既視感が。 [クリックで本文表示] このメンバーで映画を撮ると聞いた時から楽しみにしていた。 俳優さんたちの演技は素晴らしいと思います。 後半は泣けて泣けて泣けて。 今の世の中老々介護だったり、詐欺電話だったりありそうだよな。 ってなんだか切なくなりました。 ラストはちょっと…ご都合主義すぎだけど、映画だからね。 生きてれば色々あるし、いろんな家族があるよね。 お父さんのお母さんへの愛が半端なく心に沁みました。 お蔵入りにならなくて本当に良かった。 年老いた親を介護している自分にはとても染みる場面があり…😢もありました。 後半はやや雑な脚本?(亡くなって10年も経った遺骨が流れていく…😱)もあったけど、全編を見終わって、見て良かったと思いました。 特にSMAPファンでもないですが(笑) あんな事件がありましたが、公開してくれてありがとうございます。 [クリックで本文表示] レビューが高いので、見に行きましたが、何が言いたいのか?何が家族なのか?同じ場所でお金もかけず、同じ場面ばかりで、いきなり、車に台風?あくびも出てきて、話もまとまりなく、退屈な映画時間の無駄でした。 あ~あ P. 重い話かと思いきやそれぞれのキャラクターは面白かったし、三男の登場の仕方も意外で笑えました。 親の愛とお金と命の尊さを感じられる映画でした。 [クリックで本文表示] 剛くんが好きで見に行きました。 役者の方達皆さん演技はゆうことなく素晴らしいです。 これは気負って見る映画ではないですね。 コメディ?最後の20分くらいはあり得ない展開に声出して笑いました。 他の方は笑ってなかった…年配が意外にいました。 隣りの隣りの方は終始泣いてましたがそれぞれ受け止め方が違うのはもちろん。 最後のシーンは娘さんだけのシーンじゃない方が個人的に好みです。 話の展開も中途半端。 役者が素晴らしくても脚本がだめだとすべて台無しになる。 また見たいよ P. [クリックで本文表示] 最初はクズ感満載でしたが、 ある場面から ストーリーが変わっていき、 画面から愛情あふれて来て、 最後は泣いていました。 新井さんの演技やっぱりかっこよかった。 b級映画と聞いていましたが、私は、 a級だとおもいます。 学生の映画ならばまだ誰かの助言でもあっただろうに。 後半から持ち直して最後に頷ける結末になることを願っていましたが、益々酷い展開でした。 ご都合主義。 前半どう展開するか全くわからない感じがいつのまにかものすごい勢いで進んでいきます。 笑えるし泣けるし是非多くの方にこの作品の楽しさを味わってほしいです。 現代の色々な問題が短い時間によく盛り込まれていて、引き込まれていきました。 もっと長く上映してほしい。 展開が次から次に変わって面白かったし、最後の方は泣けた。 キャストがみんな合ってて、新井さんも良かった。 中盤から後半の雑さ。 映画だから、設定を気にしていたら楽しめないだろうけど、B級映画と思って観にいけばどうにか、のレベル。 やたら、星5つが多いが、草彅剛のファンは彼しか観てないから? 映画としては、自分的には星1つ。 俳優陣の頑張りで2つ。 笑ったり泣いたり感動したり忙しい。 観終わって感想を漁っていると、いろいろなシーンが蘇り、おバカなシーンも驚くシーンも感動するシーンもどれも愛おしく思えた。 そして何よりも俳優陣の熱く勢いのある演技が台風そのものであった。 キャスティングは最高。 最後の方で安っぽいなと思う演出もあったものの、ドキュメンタリーではないのだから、それでも良いかと思えるように。 [クリックで本文表示] ジェットコースタームービー的で結構面白かったです。 夏の日の1日ですね。 ただまあ…最後に向けて「あれ?コメディなの?」ってなってしまったのが残念。 俳優の新井さん(次男)が全くフツーの人の役だったので「あーキワモノの役だけじゃなくてこういう役も上手いんだなぁ」と…残念でなりません。

次の