さわやま内科総合診療クリニック。 さわやま内科・総合診療クリニック(福岡市南区

<ネット受付可>さわやま内科・総合診療クリニック(福岡市西鉄平尾駅/内科)【口コミ・評判】|EPARK

さわやま内科総合診療クリニック

当サイト内で使用している「マッサージ」という言葉は、もみほぐし・整体・鍼灸・リンパ・アロマ・足ツボなど、広く一般に行われている、主にリラクゼーションを目的とした施術全般を指しています。 あん摩マッサージ指圧師をはじめとする、国家資格を有する施術者が在籍する店舗においては、その旨を記載させていただいております。 また、体の悩みを示す「肩こり」「腰痛」「頭痛」といった言葉は、分かりやすさを考慮して一般に浸透している表現を採用したものであり、特定の症状やその改善を意味するものではありません。 個々のサロンページを含め、文言の使用には細心の注意を払っておりますが、お気づきの点がございましたらご一報くださいますようお願い申し上げます。 皆様には、日々の健康維持の一助として当サイトをご活用いただければ幸いでございます。 当サイト内で使用している「マッサージ」という言葉は、もみほぐし・整体・鍼灸・リンパ・アロマ・足ツボなど、広く一般に行われている、主にリラクゼーションを目的とした施術全般を指しています。 あん摩マッサージ指圧師をはじめとする、国家資格を有する施術者が在籍する店舗においては、その旨を記載させていただいております。 また、体の悩みを示す「肩こり」「腰痛」「頭痛」といった言葉は、分かりやすさを考慮して一般に浸透している表現を採用したものであり、特定の症状やその改善を意味するものではありません。 個々のサロンページを含め、文言の使用には細心の注意を払っておりますが、お気づきの点がございましたらご一報くださいますようお願い申し上げます。 皆様には、日々の健康維持の一助として当サイトをご活用いただければ幸いでございます。 "一回のお客様を、一生のお客様に。

次の

福岡市南区の内科の病院とクリニック【お医者さんガイド】103件の該当があります

さわやま内科総合診療クリニック

おすすめポイント• 駐車場あり。 西田辺駅・南田辺駅から徒歩約8分 近隣に専用駐車場が3台分あります。 御堂筋線「西田辺駅」3番出口から徒歩約8分、JR阪和線「南田辺駅」西口からも徒歩約8分なので、お車でも電車でも通院できます。 「日本内科学会認定 総合内科専門医」が診療 些細な症状も「日本内科学会認定 総合内科専門医」、「日本消化器病学会認定 消化器病専門医」の院長が診療。 紹介が必要な場合は患者さまの希望も考慮していただけます。 病気の予防対策・食事管理のパンフレットが充実 木材の温かみがある「さわクリニック」。 待合室には病気や予防対策、食事管理など、健康増進に役立つパンフレットが多数置かれています。 患者さまのことを第一に考え、設計段階からこだわりました。 たとえば、職人さんには「山間から木漏れ日が差し込むような感じにしてほしい」とオーダーして、温かみがあって落ち着ける空間にしていただきました。 また、建材には身体によくないものはなるべく使わないようにして、床には木材を、壁には漆喰を用いるなど、自然素材を取り入れています。 当クリニックは、入ってすぐの場所に診察室があります。 そのため「誰がどのような状態でご来院しているのか」をすぐに把握することができます。 小さな庭園が見える待合室で、リラックスして待ち時間をお過ごしいただければ幸いです。 また、当クリニックの医療機器には、レントゲン、超音波診断装置、動脈硬化計測器などがあります。 必要に応じてこれらの医療機器を使い、しっかりと診断を付けるようにしています。 そして、患者さまに必要な医療へとつなげてまいります。 診療のモットーを教えてください。 どんな病気にも真剣に取り組み、どんな症状にも真剣に耳を傾けることです。 たとえば、風邪であったとしてもその症状は多彩なので、「風邪くらい」と軽視することはありません。 漢方も含めたいろいろなお薬を使って、患者さまを悩ませている症状をしっかりと改善するように努めています。 専門外のことは専門の医療機関へ紹介しますので、お困りのことがあれば気軽にご相談ください。 初めて来院された患者さまに対して心がけていることがあれば教えてください。 0歳のお子さまからご年配の方まで幅広くご来院されますが、どんな患者さまに対しても必ず立ち上がってごあいさつをしています。 数あるクリニックの中から、当クリニックを選んでいただいたことに対する感謝の思いをお伝えするためですが、患者さまのお顔などをしっかり見て、診察に生かす目的もあります。 ご年配の方に配慮していることがあれば教えてください。 まずは、急かさないようにしています。 そして、その方のコミュニケーションに合わせて対応しています。 たとえば、耳が遠い方であれば、ゆっくり大きな声で話しています。 それでも難しそうな方であれば、パソコンの画面に大きな文字でタイピングして会話を行っています。 患者さまのニーズに応えるための努力を何かしていますか? 勉強を怠らないようにしています。 自分の専門である内科はもちろん、地域の一次医療を担うクリニックとして、どのような症状の患者さまが来院されても、それぞれの症状に合った医療機関を紹介できるよう幅広く学んでいます。 また、どの先生が何を専門としているのかなどを知るためにも、近隣の医師ともコミュニケーションを取るようにしています。 今後力を入れていきたいと考えている治療について教えてください。 不定愁訴と呼ばれる検査をしても原因が分からない症状を、より重点的に診ていきたいと考えています。 検査では異常がないにも関わらず、調子が悪い状態が続いているのはつらいことだと思います。 そのような患者さまに対して漢方薬を処方したり、食事・睡眠といった生活習慣の指導をしたりして、「元気になった」と喜んでいただけるように治療していきたいです。 この町で開院に至った経緯を教えてください。 いわゆる「町医者」になるために、医師になりました。 出身大学である大阪市立大学の近くにあるこのビルがとても気に入ったので、この場所で開院しました。 健康上、気を付けていることがあれば教えてください。 カロリー制限、糖質制限など食事に気を付けるほか、週2回くらいのペースでランニングもして、体重管理をしています。 開院して数年経った頃に少し太ってしまい、これでは患者さまに生活指導を行う際に説得力がなくなってしまうと思ったので、それ以降努力しています。 休日の過ごし方を教えてください。 妻の家事を手伝ったり、一緒に買い物に行ったりしています。 また、車が大好きなので、よく車を運転して、エンジンの振動やハンドリングなどを楽しんでいます。 好きな本とその理由を教えてください。 車の雑誌はよく読みます。 そのほか、その時々で興味を持ったジャンルの本を読んでいます。 たとえば、経済に興味を持ったときは経済の本を読みます。 移動時間に読むことが多いです。 座右の銘とその理由を教えてください。 「ザ・ノーマル」です。 ベーシックなことができていないと、何もできないと考えています。 これからも気負うことなく、スタンダードな部分を大切にしていきたいです。

次の

当院のご案内 / 医療法人さわやまクリニック さわやま内科・総合診療クリニック いびき・睡眠時無呼吸管理センター

さわやま内科総合診療クリニック

おすすめポイント• 駐車場あり。 西田辺駅・南田辺駅から徒歩約8分 近隣に専用駐車場が3台分あります。 御堂筋線「西田辺駅」3番出口から徒歩約8分、JR阪和線「南田辺駅」西口からも徒歩約8分なので、お車でも電車でも通院できます。 「日本内科学会認定 総合内科専門医」が診療 些細な症状も「日本内科学会認定 総合内科専門医」、「日本消化器病学会認定 消化器病専門医」の院長が診療。 紹介が必要な場合は患者さまの希望も考慮していただけます。 病気の予防対策・食事管理のパンフレットが充実 木材の温かみがある「さわクリニック」。 待合室には病気や予防対策、食事管理など、健康増進に役立つパンフレットが多数置かれています。 患者さまのことを第一に考え、設計段階からこだわりました。 たとえば、職人さんには「山間から木漏れ日が差し込むような感じにしてほしい」とオーダーして、温かみがあって落ち着ける空間にしていただきました。 また、建材には身体によくないものはなるべく使わないようにして、床には木材を、壁には漆喰を用いるなど、自然素材を取り入れています。 当クリニックは、入ってすぐの場所に診察室があります。 そのため「誰がどのような状態でご来院しているのか」をすぐに把握することができます。 小さな庭園が見える待合室で、リラックスして待ち時間をお過ごしいただければ幸いです。 また、当クリニックの医療機器には、レントゲン、超音波診断装置、動脈硬化計測器などがあります。 必要に応じてこれらの医療機器を使い、しっかりと診断を付けるようにしています。 そして、患者さまに必要な医療へとつなげてまいります。 診療のモットーを教えてください。 どんな病気にも真剣に取り組み、どんな症状にも真剣に耳を傾けることです。 たとえば、風邪であったとしてもその症状は多彩なので、「風邪くらい」と軽視することはありません。 漢方も含めたいろいろなお薬を使って、患者さまを悩ませている症状をしっかりと改善するように努めています。 専門外のことは専門の医療機関へ紹介しますので、お困りのことがあれば気軽にご相談ください。 初めて来院された患者さまに対して心がけていることがあれば教えてください。 0歳のお子さまからご年配の方まで幅広くご来院されますが、どんな患者さまに対しても必ず立ち上がってごあいさつをしています。 数あるクリニックの中から、当クリニックを選んでいただいたことに対する感謝の思いをお伝えするためですが、患者さまのお顔などをしっかり見て、診察に生かす目的もあります。 ご年配の方に配慮していることがあれば教えてください。 まずは、急かさないようにしています。 そして、その方のコミュニケーションに合わせて対応しています。 たとえば、耳が遠い方であれば、ゆっくり大きな声で話しています。 それでも難しそうな方であれば、パソコンの画面に大きな文字でタイピングして会話を行っています。 患者さまのニーズに応えるための努力を何かしていますか? 勉強を怠らないようにしています。 自分の専門である内科はもちろん、地域の一次医療を担うクリニックとして、どのような症状の患者さまが来院されても、それぞれの症状に合った医療機関を紹介できるよう幅広く学んでいます。 また、どの先生が何を専門としているのかなどを知るためにも、近隣の医師ともコミュニケーションを取るようにしています。 今後力を入れていきたいと考えている治療について教えてください。 不定愁訴と呼ばれる検査をしても原因が分からない症状を、より重点的に診ていきたいと考えています。 検査では異常がないにも関わらず、調子が悪い状態が続いているのはつらいことだと思います。 そのような患者さまに対して漢方薬を処方したり、食事・睡眠といった生活習慣の指導をしたりして、「元気になった」と喜んでいただけるように治療していきたいです。 この町で開院に至った経緯を教えてください。 いわゆる「町医者」になるために、医師になりました。 出身大学である大阪市立大学の近くにあるこのビルがとても気に入ったので、この場所で開院しました。 健康上、気を付けていることがあれば教えてください。 カロリー制限、糖質制限など食事に気を付けるほか、週2回くらいのペースでランニングもして、体重管理をしています。 開院して数年経った頃に少し太ってしまい、これでは患者さまに生活指導を行う際に説得力がなくなってしまうと思ったので、それ以降努力しています。 休日の過ごし方を教えてください。 妻の家事を手伝ったり、一緒に買い物に行ったりしています。 また、車が大好きなので、よく車を運転して、エンジンの振動やハンドリングなどを楽しんでいます。 好きな本とその理由を教えてください。 車の雑誌はよく読みます。 そのほか、その時々で興味を持ったジャンルの本を読んでいます。 たとえば、経済に興味を持ったときは経済の本を読みます。 移動時間に読むことが多いです。 座右の銘とその理由を教えてください。 「ザ・ノーマル」です。 ベーシックなことができていないと、何もできないと考えています。 これからも気負うことなく、スタンダードな部分を大切にしていきたいです。

次の