愛知県 コロナ 解除。 愛知県緊急事態宣言の解除に際して 大村知事から県民・事業者の皆様へのメッセージ

新型コロナ:休業要請、今週にも解除判断へ 愛知知事「再開へ準備」 :日本経済新聞

愛知県 コロナ 解除

コロナ対策で、なぜ、他県へ移動してはいけないのですか? 愛知県に住んでいる者です。 コロナ対策で、都道府県をまたいでの移動を控えるように、と言われていますが、 なぜ、そのように言うのか、良くわかりません。 最近になって、規制が緩和され、一部の施設が営業を再開しました。 でも、他県からの流入は良くない、のように言われています。 先日もテレビで見ました。 三重県のある美術館が営業を再開したのですが、そこの館長さんが、 『他県からの来訪はしないでほしい』と言っていました。 これは、県内からは来てもいいけど、県外の客はお断り、 ということですね? これは、三重県民と他県の県民を差別していることになりませんか? 来館者が多すぎることを避けたいのであれば、入場制限などを すればよいので、 県内か県外かで区別する必要はないはずです。 愛知県は三重県よりも感染者が多いので、愛知県民はお断り、 なのでしょうか? それなら、奈良県や和歌山県の県民はどうなのでしょうか? 沖縄や離島の方が、『今は来訪しないでほしい。 』というのは、 良く理解できます。 都会から観光客などがやってきて、感染が広がれば、医療体制が 不十分な地域では、大変なことになってしまいますよね。 でも、陸続きの愛知県と三重県で、県をまたいでの移動が、 なぜいけないのでしょうか。 県内は移動していいのに、県外へ出るな、というのは、 理解に苦しみます。 私の住んでいる地域は車社会ですので、どこへ行くのも車です。 先週も、岐阜県の長良川沿いの公園へ出かけました。 自動車で高速道路を使っての移動ですから、 人との接触はまったくありません。 公園でも、あまり人がいなかったので、2メートルどころか、 半径30メートル以内に 他の人と近づくこともありませんでした。 もちろん、途中でサービスエリアなどに立ち寄って、 トイレ休憩や、食事などはありましたが、 この時はすべて愛知県内での立ち寄りでした。 これを考えると、自宅の近所のスーパーに食料品を買いに行く時の方が、 よっぽど多くの人や物と接触しています。 感染収束のためにできることはやりたいと思っていますが、 他県への移動を控えるといううのは、理由がわかりません。 不公正な方針では? 補足8件の回答でした。 (No. 1~No. 8) 感謝します。 最多のお答は、県外移動は遠出だから良くない、 です。 (No. 3,5,6) これは2つ問題があります。 1つ、県外移動が必ずしも遠出でない事。 県境にお住まいの方は、すぐ近所が県外、という事もあり、 また、私の家は県のほぼ中央ですが、 高速で40分走れば、県外です。 これは遠出ですか? 2つ目は、たとえ遠距離の移動でも、車の場合、 他との接触があまりない事です。 トイレ、食事等、皆無ではないが、 自宅にいて、近所に買い物に行くのと、大して変わらない、 事です。 以上から、この考えは二重に当てはまらない。 次に多かったお答は、 感染が多い県から外へ出ると、他県に感染を広げるから、 でした。 (No. 4,7,8) では、感染者が少ない県どうしでの移動は、 なぜいけないのか? この説明がまったくない。 よって、この考えも合理的な根拠といえない。 他に、感染に『内輪で対処したいから』(No. 1) もありましたが、 内輪でないと、何が悪いのか? 『それくらい、わからない?』とおっしゃいますが、 皆さんはわかるのですか? 以上、納得できる回答は1つもありません。 納得できない方針に多くの人が従う、というのは、到底無理では? あくまでも勝手な推測ですがわかりやすく明確に長距離移動を防ぐためのメッセージとして。 そしてコロナなど衛生分野の政策は県単位であることから、感染が広がるにしろなるべく県内に収めたいということなんでしょう。 状況把握の面でも そして感染者が少ない県同士でもなるべく接触者の人を減らしたいからそういうアナウンスをしている。 いくら数字上少なくてもコロナを持っている人間すべてを把握しているわけではないので。 そういったリスクの軽減 あとなぜ車での移動も推奨されないかは、交通事故のリスクでしょうね。 交通事故が起きれば、それだけ医療機関のリソースを使ってしまいますしね。 ニューヨークでは交通事故で運ばれた人間がコロナでしたという事例もありました。 そういった事案で対策も取らないといけないから推奨されないのでしょう。 そして政府も日常生活を営む上で県境を越える人たちが多く存在するのはわかっています。 日常生活を営む上で県境を越えることは何も悪くありません。 日本各地に県をまたがないと生活できない人たちなんていっぱいいます。 だから緊急事態宣言だって関西と関東周辺はどんだけ患者が少なくても解除されない県もあるのです。 政府は別にコロナを撲滅することは目指していません。 なぜなら無理だからです。 政府の専門家会議の資料においてもコロナの感染者数をどう見るかはあくまでも医療機関のキャパを超えるか超えないかなのです。 もしコロナの感染者数があまりに増えたら病院は対処不可能になるのです。 そうなるとコロナ以外の病気の方や先述した交通事故に遭遇した人も救えなくなってしまうのです。 日常生活で人と接触するのはしょうがない。 日常の行動範囲内で移動を収めてほしい。 そして娯楽で遠出したりして不必要に人と接触するのはやめてほしい。 こうして感染者数を極力減らして医療機関のキャパシティーを守る。 これが政府が目指すコロナ対策なのです。 早い話、コロナ疎開させないための対策ですよ。 そりゃぶっちゃけ観光業なんかは、日本全国津々浦々の客がきてもらったほうがいいに決まってます。 ですが、県外移動禁止にしておかないと、それこそ東京を引き上げて田舎に移住を企んでる奴は沢山いるわけで、田舎はそれを歓迎してないっていう事なんですよ。 前もさ、それこそ愛知県に都会のホスト連中が「系列の店でも名古屋は営業してるから」という事でコロナ疎開してきて問題になったじゃん? つまりあのホスト連中みたいな輩のせいで、我々は、とばっちりというわけです。 緊急事態宣言は解除されても、県外移動は解除できなくなってしまったのです。 感染が少ない県同士というのも、基準とか線引きが難しいのでしょうし。 田舎の人間からしたら、愛知県も都会なんですよ。 で、都会だと保菌者が多いというイメージとかなんじゃないかな? 何だか無茶苦茶だと思うけど、それくらい過剰に自粛する連中が多いもんで、世の中こんな事になってしまったわけで・・・ 何より、県外移動禁止を希望する層が圧倒的に多い。 だから、政治家連中は、自分らに票が入らない行為はしたくないわけです。 OKなんかにしたら、批判されまくって票が入らなくなるからです。 結局はその時代において、どういう意見がマジョリティーをしめたか? であって、 私や質問者様の意見が正しかろうが間違ってようが、個人レベルではどうにもならないというわけです。 ただ、車で行くと他県ナンバーで分かってしまうけど、電車でGOなら分からないという抜け道もありそうだけどね。

次の

愛知、福岡も解除検討 緊急事態宣言、大幅縮小へ―政府:時事ドットコム

愛知県 コロナ 解除

コロナ社会における観光の再生に向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同宣言 5月31日、愛知・岐阜・三重の3県知事は、観光地の早期再生を目指し、コロナ社会における新たな観光産業の構築に向けて、東海3県が連携して取組を進めるとする共同宣言を発出しました。 愛知県緊急事態宣言の解除に際して 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月25日、政府において、緊急事態解除宣言が発出され、全ての都道府県が緊急事態措置を実施すべき区域に該当しないこととなりました。 これを受け、愛知県では、県独自の緊急事態宣言の解除と、県民・事業者の皆様に対し感染防止対策の徹底をお願いするメッセージを発出しました。 営業を継続・再開する事業者の皆様へ 「徹底した感染防止対策」のお願い 愛知県は、県独自の緊急事態宣言に基づき、5月31日まで緊急事態措置を継続しつつ、段階的に社会経済活動のレベルを上げていくため、事業者の皆様への休業要請についても順次、緩和することといたしました。 5月18日、大村知事から営業を継続・再開する事業者の皆様へ、徹底した感染防止対策の実施をお願いするメッセージを発出しました。 国の「緊急事態宣言」解除を受けての愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ 5月16日、愛知・岐阜・三重の3県知事は、3県の県民・事業者の皆様に向けて、3県はすべて国の「緊急事態宣言」が解除されたものの、他の都道府県に宣言が発令されている間は、3県の県境をまたぐ不要不急の移動を控えることなどを呼び掛ける共同メッセージを発出しました。 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月14日、愛知県は、国における法に基づく緊急事態宣言の対象地域から解除されました。 しかしながら、本県では、引き続き県独自の「愛知県緊急事態宣言」の期間とした5月31日まで、緊急事態措置を継続しつつ、段階的に社会経済活動のレベルを上げていくこととし、県民・事業者の皆様へ引き続きご理解、ご協力をお願いするメッセージを発出しました。 緊急事態宣言の期間延長について 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月4日、政府において、緊急事態宣言の枠組みを5月31日まで延長することが決定されました。 これを受け、愛知県では、第8回愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、県の緊急事態宣言及び緊急事態措置の期間も5月31日まで延長することとし、県民・事業者の皆様へ引き続き感染症対策へのご理解、ご協力をお願いするメッセージを発出しました。 愛知県における新型コロナウイルス感染症対策 愛知県が取り組んでいる新型コロナウイルス感染症対策の概要です。 新型コロナウイルス感染症 愛知県緊急事態宣言 4月10日、新型コロナウイルス感染症に関する全国及び愛知県の感染状況等にかんがみ、その拡大を防止するため、を発出しました。 () 5月31日(日曜日)までの間、「」を実施します。 また、愛知県として当面、取り組む施策を「」として取りまとめました。 【愛知県の感染症発生状況】•

次の

名古屋市:新型コロナウイルス感染症関連情報(暮らしの情報)

愛知県 コロナ 解除

政府は2020年5月14日、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を39県で解除した。 特定警戒都道府県のうち、北海道・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県の8都道府県は、1週間後の21日をめどに解除の可否を専門家が評価する。 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言は、4月7日に東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・福岡県の7都府県を対象に発出。 4月16日に対象地域を全都道府県に拡大し、5月4日には期間を5月31日まで延長した。 5月14日の専門家会議において、感染状況、医療提供体制、監視体制の3点について、緊急事態措置の解除基準を策定し、この基準に照らして、北海道・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県の8都道府県を除く39県について、緊急事態宣言の解除を決めた。 8都道府県は、1週間後の5月21日をめどに専門家が状況を評価。 可能であれば、31日の期間満了を待つことなく、緊急事態を解除するとしている。 政府は、残された8都道府県に対して、感染者数は大きく減少しているが、気を緩めることなく、これまでと同様に外出自粛や都道府県をまたいだ移動を控えるよう要請。 解除した39県に対しても、手洗いやマスクの着用、3密回避などの感染対策を継続するよう求めている。 13の「特定警戒都道府県」のうち、解除されたのは、茨城県・石川県・岐阜県・愛知県・福岡県の5県。 愛知県では、県立学校の再開を6月1日としていたが、1週間前倒しして5月25日に変更。 5月18日から24日までを学校再開準備期間に設定した。 学校再開後は、分散登校・時差登校を1週間程度行い、円滑に学校運営ができることを確認したうえで、6月1日から通常授業に入り、給食も再開するとしている。 福岡県では、5月14日の緊急事態宣言解除を受け、県立学校の臨時休業終期を5月30日から17日に変更。 18日以降、準備が整った学校から分散登校を開始し、25日以降に順次、全面的な開校に移行していく。 両県では、市町村立学校については、県立学校の取組みを参考としつつ、各自治体の実態に応じて適切に対応するよう通知している。 《奥山直美》.

次の