玉串料 書き方。 地鎮祭の玉串料の相場やのし袋の書き方や渡すタイミングのマナーは?

御玉串料とは? のし袋や水引の選び方

玉串料 書き方

「玉串料」の意味と読み方とは? 「玉串」とは神への捧げもののこと 「玉串」とは、そもそも「神への捧げもの」のことで、紙でこしらえた紙垂(かみしで)や木綿(ゆい)を榊や杉、樫の木の枝に結び、垂らしたものを指します。 また、神聖なる神への捧げものとあり、神垂の結びは麻のものを使用します。 「玉串」を使用する目的は、神が存在する領域と、人間が生活する外界を分けて区別するためだと言われていますが、加えて、玉串に付けられた紙垂から先を神のいる聖域としながら、神と人間とを結びつける証という重要な役割も果たしています。 「玉串料」とは玉串の代わりに納める金銭のこと 「玉串料」とは玉串の代わりとして神前に供える金銭のことを言います。 「玉串料」は神事や神葬祭の際、神道に基づいて神前に納める金銭を指しますが、もともとは天照大神(あまてらすおおみかみ)に玉串を納めたという伝承に由来していると言われています。 実際、天照大神が天岩戸に身を潜めた時に、玉や鏡などの高価なものをつけた五百津真堅木(いほつのまさかき)を供えたという言い伝えも今日に残されています。 「玉串料」の読み方は「たまぐしりょう」 「玉串料」の正しい読み方は「たまぐしりょう」です。 「たまくしりょう」や「ぎょくかんりょう」などと誤読しないように気をつけましょう。 この時、神主への謝礼金についても「御玉串料」や「御礼」とのし袋に記して渡すと良いでしょう。 のしの種類は「蝶結びの紅白」か「銀の結びきり」で無地ののし袋が最も適切です。 仏式に使用する蓮の絵などが入っているのし袋は使わないようにして下さい。 「玉串料」も「初穂料」も神仏に捧げる金銭 「玉串料」も「初穂料」も似たようなイメージがありますが違いは何でしょうか? 「玉串料」も「初穂料」も神仏へ納める金銭のことですが、現在では「初穂料」は、御守りやお札に付ける値段のことを指す言葉となります。 ちなみに「初穂料」はかつて収穫祭や秋祭りの際に、その年の米の収穫を祝い神前に捧げる金銭のことを表していました。 「玉串料」が必要な場面とは? 結婚式などのお祝い事 「玉串料」は結婚式やお宮参り、七五三や十三参り、その他慶事や各種祭りの際に送る祝い事に対して使います。 「玉串料」はこれらのめでたい場面でも神道に基づく重要な文化の一つとして存続されています。 安産祈願などのお願い事 「玉串料」は安産祈願、交通安全、家族安全、学業成就などのお願い事に関する儀式でも使われています。 「玉串料」を納めるとともに、神に願いをなげかけ、心から安全や成就を願います。 地鎮祭などを含むその他各種祈願 「玉串料」は地鎮祭などの各種祈願にも用いられています。 厄除けや厄払いなどのシーンででも「玉串料」を奉納するるのが通常です。 場合によっては神職に祝詞をあげてもらったり、祈祷やお祓いを行うこともあります。 とくに地鎮祭の場合、人の命を含め、土木工事や建物建設での無事を願うために行われる重要な儀式となっています。 また、地鎮祭の一般的な「玉串料」の相場は2万円から5万円程度である場合が多いと言われています。 神式の葬儀 「玉串料」は神式の葬儀で必要な金額と謝礼を合わせたものを意味します。 仏式の「香典」にあたるものが「玉串料」で、つまり、神式か仏式かのいう点で言い方が変わるということになります。 「玉串料」を使う場面で気を付けたいことは? 「玉串料」は新札か可能な限り綺麗なお札を使う 「玉串料」で使用するお札は、新札が最も好ましいです。 しかし、新札が無理であれば、可能な限りシミや汚れ、折れの少ないお札を選ぶようにし、のし袋に入れる際は、向きを同じ方向にして揃えて入れるようにして下さい。 「玉串料」はふくさで包んで渡すのがマナー 「玉串料」はふくさ(袱紗)で綺麗に包んで渡すのがマナーとなります。 ふくさとは絹の布を二枚重ねた正方形の布を指し、紫や黄色など用途によって適切な色が変わってきます。 通常、神葬祭では黒や紺色などが好まれます。 「玉串料」を奉納する場面ではのにも注意する 「玉串料」を奉納するほとんどの場面では、大人ならスーツやワンピースなどの常識ある服装、また学生の場合は制服が好ましいとされています。 間違っても、ジーンズやサンダル、Tシャツや短パンなどのカジュアル服は場違いとなりますので注意して下さい。 まとめ 「玉串料」とは神道の教えに基づき、神事や神葬祭の際、玉串の代わりに神前に奉納する金額のことを指しています。 もともと「玉串」は紙垂などを樫の木の枝に結んで垂らしたものを指し「神へさげるもの」として崇められていました。 「玉串料」を納めるシーンは結婚式や七五三などの祝い事、安産祈願や交通安全などの願い事、また地鎮祭や魔除けなどで使われます。 それぞれの相場は目的や内容やによって異なりますので、事前に確認することをおすすめします。

次の

【マナー】玉串料はいくらがいいの?相場や書き方・包み方・水引き

玉串料 書き方

玉串とは神前に捧げる榊の枝(さかきのえだ)に、紙で作った飾りの紙垂(しだ)をお供え物として捧げていたということが始まりです。 榊や米、果物、魚などのお供え物は祈祷(きとう)をお願いする側が用意するものでした。 最近では榊などのお供え物を用意することが難しくなっており、神社がサービスの向上などを考えて祈祷に必要なお供え物などを全て用意する神社も多いです。 このような流れから依頼者は祈祷の代金と一緒に神職に対する謝礼も含めて渡すように変わりました。 神道の祭礼では結婚式や葬儀、お祝いごと、お祓いなどでも神様に礼拝する際は必ず玉串奉奠が行われます。 玉串料は、 神様に奉納するお供え物の代わりにお金を奉納するという意味が込められているので、その事を忘れないようにしましょう。 のし袋には赤と白の細い紐が結ばれていてこれを水引(みずひき)といいます。 水引の形と色は神事の種類により変わります。 慶事の場合には紅白や金銀、赤金などを選び、弔事には白黒や黄白、青白、銀、黒などといった色を選びましょう。 結び方には蝶結びと結び切り、鮑(あわじ)結びがあります。 蝶結びで紅白は祝い事全般に、結び切りで紅白はお見舞い金など一度きりにしたい時に、結び切りの紅白や紐が10本のものは婚礼用です。 蝶結びの金銀は祈祷やお祓いなどを受ける時、結び切りの金銀は婚礼用か長寿祝いなどの慶事に、結び切りの白黒は弔事や仏事全般です。 のし袋の右上には熨斗(のし)と言われる飾りがついていますが 熨斗が着いていないものもあります。 その場合も玉串料に使えます。 結婚式などのおめでたい慶事の玉串料の場合には新札を入れるのがマナーです。 新札は急に用意できないので、結婚式に参加する事が決まったらすぐに用意しておきましょう。 お札は顔が見えるように上向きに揃えましょう。 弔事の場合には新札を使わないのがマナーです。 どうしてかというと、新札だと不幸を予期してあらかじめ用意しておいたように感じられてしまうからです。 最近では気にしない方も多いですが、年輩の方などは不快に感じられる場合もあるので新札は避けた方が安心です。 注意点はクシャクシャのお札では礼儀に欠けるので、新札ではないけど比較的に綺麗なお札を使うか、新札であれば一度折り目をつけてから入れると良いです。 お札は顔が見えないように下向きに揃えましょう。 香典としての玉串料の場合には、葬儀会場の受付で渡すか遺族に直接お悔やみの挨拶をして渡します。 その他の玉串料の場合には、神職へのお礼として渡します。 神社で祈禱やお祓いを受ける時には、当日に神社の受付で渡すようにしましょう。 不祝儀袋は袱紗(ふくさ)に入れて持っていきます。 袱紗にも慶事用と弔事用があり、赤やピンクなどの華やかな色のものは慶事用ですので葬儀の時には使わないようにしましょう。 葬儀で使用できる袱紗は紫や緑、灰色などの地味な色のものです。 葬儀式場には受付が設けてあり、受付係の人に一言お悔やみの言葉を述べてから記帳をして不祝儀袋を差し出しましょう。 袋はお盆や袱紗の上に載せて、相手の方を向くようにして渡します。

次の

玉串料の相場!のし袋書き方や入れ方は?封筒の種類や初穂料との違いは?

玉串料 書き方

御玉串料とは、神道式で交わされる金品のこと 「玉串」は、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)を付けたもので、神事を執り行う際に、神前に捧げるものです。 御玉串料は、この「玉串」の代わりになるお金のことをいいます。 御玉串料は、神社で行う結婚式や葬儀(神葬祭)、神式の地鎮祭、七五三、お宮参り、厄払いなど、神式の祈祷の際に「神様にお供えするもの」であり、同時に、「神社への謝礼」という意味も持ちます。 御玉串料、初穂料の使い分け 初穂料も御玉串料と同様に神事に伴うさまざまな場面で使われますが、少しニュアンスが異なります。 初穂とは「その年の最初に収穫された稲」のことで、初穂料は、初穂をお供えする代わりのお金を意味します。 お守りやお札を受ける際には、初穂料を用います。 また、葬儀(神葬祭)や通夜祭などの弔意を表明する場では初穂料は不向きとされているので、御玉串料を用います。 そのほかの、七五三、お宮参り、結婚式、厄払いや祈願などは、御玉串料でも初穂料でも構いません。 神前結婚式での御玉串料 神前結婚式の際には、神職への謝礼として御玉串料をお渡しします。 御玉串料は挙式費用とは別になっていることがほとんどですが、挙式費用に含まれている場合もあります。 神前結婚式の御玉串料、のしと水引のマナー 結婚式で用いる御玉串料の封筒は、赤白の結びきりの水引を用います。 もしくは、白封筒でも構いません。 表書きの上半分に「御玉串料(御初穂料・御礼・御神饌料でも構いません)」、下半分には新郎新婦両家の姓を並べて書き入れます。 通夜・葬儀での御玉串料 弔事の御玉串料は、「参列者から喪家へ、弔い金として」と「喪家から神職へ、謝礼として」の2つの役割があります。 同じ御玉串料でも、表書きの書き方が異なりますので注意が必要です。 御玉串料「参列者から喪主へ」、のしと水引のマナー 黒白か双銀の結びきりの水引を用います。 表書きの上半分には「御玉串料(御霊前・御神前も可)」、下半分には名前をフルネームで書きます。 「御香典」は仏教の言葉ですので、神事では使いません。 表書きには薄墨を使用するのが理想ですが、市販の上包みが濃墨ならば、濃墨で書いても構いません。 葬儀後にとり行われる四十九日や初盆などの霊祭は濃墨を使用します。 御玉串料「喪主から神職へ」、のしと水引のマナー 黒白の結びきりの水引を用います。 不祝儀袋には蓮の絵がプリントされたものがありますが、神式では使わないので避けてください。 表書きには濃墨を使用して、表書きの上半分には「御玉串料(御祭祀料、御祈祷料、御礼も可)」、下半分には名前をフルネームで書きます。 「御布施」は仏教の言葉ですので、神事では使いません。

次の