セディナ。 セディナ「わくわくポイント」 : 三井住友銀行

【注意】05038270481はしつこいセディナです!

セディナ

セディナカードJiyu! の報酬が高いポイントサイトBEST5 セディナカードは人気があるカードなので掲載しているポイントサイトもたくさんあります。 私が良く利用しているポイントサイトの中からどこが一番報酬が高いか調べてみました。 セディナカードには、色々な種類(セディナカード、セディナカードJiyu! 、セディナゴールドカード、セディナJTB旅カード)がありますが、今回は年会費無料で報酬も高い セディナカードJiyu! について。 ちょびリッチ 6,000円 ポイントインカム 6,000円 ECナビ 6,000円 ゲットマネー 5,700円 ポイントタウン 4,000円 ポイント獲得条件は、 カード申込後、新規カード発行+お申込み完了日の翌月月末まで合計5,000円(税込)以上のショッピング利用 となっています。 5,000円以上のショッピング利用ができないという人はあまりいないと思いますが、電子マネーへのチャージも利用金額に含まれますので、特に買いたいものがない場合は、 とりあえず電子マネーへのチャージで条件をクリアしておくのもありです。 セディナカードJiyu! のポイントサイトでの報酬は、下 記のように推移して来ました。 過去最高は 9,000円でした。 過去の統計では5,000円から8,000円くらいの間で推移していることが多いです。 7,000円以上であれば報酬額が高いタイミングと言えるでしょう。 ポイントサイトに掲載されていない場合は、直接公式サイトから申 込むしかありません。 公式サイトの入会キャンペーン 現在、セディナカードJiyu! は入会キャンペーンを実施中で、条件を満たすと 20%ポイント(最大10,000円相当)がもらえます。 ・運転免許証(あれば) ・カード代金の引き落とし口座になる金融機関口座 セディナカードのメリット セディナカードJiyu! は、下記の2種類の券面デザインから選べます。 年会費は永年無料です。 セディナカードJiyu! のメリットを見てみましょう。 支払い方法は自由に変更できる リボ払い専用カードですが、毎月の支払額は5,000円以上から5,000円単位で自由に変更できます。 (申込時は「5,000円コース」「10,000円コース」「20,000円コース」のいずれかから選びます) 「リボ払いの手数料は払いたくない」 そんな方は、 毎月の支払額を大きく設定しておいて、その設定額を超えないように使えば、実質一括払いになりリボ手数料を払わずに使うことができます。 また、余裕がある時はインターネットや銀行ATMで 「よゆう払い」を使って追加で払うこともできます。 対象店舗でポイントアップ 対象店舗でセディナカードJiyu! を使えば いつでも3~5倍のポイントが貯まります。 ポイント3倍 【コンビニ】セブンイレブン 【イオン・ダイエー系列】ダイエー、グルメシティ、フーディアム、イオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、ボンベルタ成田、ホームワイド、光洋、マルナカ、山陽マルナカ、ピーコックストア、サンデー、ジョイ、ザ・ビッグ 【ガソリンスタンド】宇佐美グループSS ポイント5倍 藤田観光グループ 海外でのショッピング利用でも 3倍のポイントが貯まります。 ご優待デーは5%OFF ご優待デーを実施している店舗でセディナカードJiyu! を使うとお買い物代金が 5%OFFになります。 対象店舗 開催日 マルエツ、マルエツ プチ、リンコス、魚悦 毎週日曜日 三春屋、中合福島、今治デパートグループ、スーパーストア 毎月第2・第4日曜日 東武イーストモール、東武サウスヒルズ 毎月1日 セディナカードとマイル セディナカードで貯まるのは、 「わくわくポイント」です。 わくわくポイントをANAマイルやJALマイルにどのように交換 するとお得なのかを解説します。 ANAマイルに交換 わくわくポイントは直接ANAマイルには交換できませんが、以下のルートを通ることでANAマイルに交換できます。 交換レートは 67. 5%です。 わくわくポイントはGポイントに等価交換できますが、一般カードとセディナカードゴールドは交換ポイント数によって以下のように交換レートが変わるので、なるべく5,000ポイント以上貯めてから交換しましょう。 1回の交換ポイント数が5,000ポイント以上 わくわく1,000ポイントで 1,000Gポイント 1回の交換ポイント数が5,000ポイント未満 わくわく1,000ポイントで 800Gポイント JRキューポから永久不滅ポイントへの交換には、 JQ CARDセゾンが必要です。 TOKYU POINTからANAマイルへの交換には、 ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要です。 交換レートは 50%です。 交換する手間はかかりますが、わくわくポイントは ANAマイルに交換した方がお得です。 セディナカードの審査 公式サイトでのセディナカードJiyu! の申込資格は.

次の

【注意】05038270481はしつこいセディナです!

セディナ

セディナ OMCカード 、過払い金請求の概要 セディナ OMCカード から借入やキャッシングをしているという方の中には「もしかしたら過払い金が発生しているのでは?」と思う方もいるでしょう。 セディナの過払い金対応は良い 実際にセディナ OMCカード の過払い金回収率や期間などを調べてみると 過払い金請求に応じてくれる可能性は非常に高く、回収率も他の企業に比べれば高いようです。 また 過払い金が返還されるまでの期間も比較的短く、その後任意整理をし残債を分割払いで支払いたいと交渉した場合、応じてくれる可能性は非常に高いです。 セディナ OMCカード に過払い金請求できる人 セディナ OMCカード の金利についてみてみると、グレーゾーン撤廃に伴いセディナ OMCカード も金利の改定を行いました。 それまでは利息制限法ではなく出資法に基づいた金利を採用していたため現行の18%よりも高い金利で取引をしていたことになります。 2007年9月より以前の借入は対象 つまり セディナ OMCカード が金利を改定した2007年9月2日より以前に借入や返済の実績があるという場合、過払い金が発生している可能性があるのです。 元々はOMCカードだったものが現在はセディナで取り扱っていることになりますので、2007年9月2日以前にOMCカードと取引していたという方はセディナに過払い金請求をしてみてください。 具体的な過払い金請求の流れ 具体的なセディナ OMCカード への過払い金請求実績をみてみると、和解で終わらせる場合、個人で過払い金請求をするよりも、弁護士や司法書士に依頼したほうが回収率は高くなります。 7~9割戻る事も 実際に セディナ OMCカード と交渉した専門家によると、7~9割は戻ってくるといいます。 もちろん場合によっては和解金が5割程度になることもありますが、ほとんどの場合は満額に近い回収率となるようです。 回収率に不服があれば訴訟し、満額を勝ち取るしかありませんが期間はその分伸びます。 和解からは早いが初動は遅い そもそも セディナ OMCカード は取引履歴を請求しても開示するまでに最大4ヶ月かかりますから和解が終わってからの返還は早くても初動は非常に遅いです。 和解さえしてしまえば支払までにかかる期間は3ヶ月程度と短いのですが、そこに至るまでの期間は長いと覚えておきましょう。 なお取引期間が長くてもショッピングセンターダイエーやOMCカードに勤務していた実績があるという場合、社員への利率優遇があるため過払い金が発生しないケースがあります。 心当たりのある方は本当に過払い金が発生するかどうか、専門事務所の無料相談で確認してみるといいでしょう。

次の

セディナがSMBCファイナンスサービスと合併。セディナのクレジットカードが無くなる可能性は?

セディナ

会員は、本規約のほか、第2条にて申請した当該カードの会員規約,その他の注記事項を遵守するものとします。 本サービス利用に際し、本規約に定めない事項もしくは会社が別に定める会員規約と本規約の内容が一致しない場合については、会員規約が優先的に適用されるものとします。 第2条 (会員登録) 1. 本サービスの会員登録を申請できる方は、当社の発行するクレジットカードの貸与を受けた個人会員のうち、本規約を承認した方とします。 会員登録を希望する方は、当社所定の方法による会員登録が必要となります。 会員は、本サービスを利用する場合、ID及びパスワードを入力することにより当社所定のWebサイトにアクセスするものとします。 当社は、ID及びパスワードの一致を確認することにより、当該アクセス者を会員本人とみなします。 会員は、定期的あるいはいつの時点においても、当社に会員登録の内容のうちメールアドレス、メール配信、パスワードの変更を請求でき、当社は特に事由がない限り、速やかに変更の手続を行うものとします。 第3条 (本サービスの提供内容) 1. 会員が利用できる本サービス及びその内容については、別途当社から会員に対して開示するものとします。 当社は、本サービスの内容を予告なく変更できるものとします。 その結果、会員に不利益が生じても、当社は補償その他の義務を負わないものとします。 第4条 ID及びパスワード 1. 会員は、自己のID及びパスワードの管理及び使用について責任を負い、自己のID及びパスワードにより本サービスを利用してなされた一切の行為について当該行為を自己がしたか否かを問わず原則として責任を負うものとし、当社は一切その責を負わないものとします。 会員は、理由の如何を問わず、ID及びパスワードを第三者に使用させてはならないものとします。 会員は、ID及びパスワードが第三者によって不正に使用されていること、又はその恐れがあることが判明した場合、直ちに当社へ届出るとともに、当社からの指示がある場合にはこれに従うものとします。 ID及びパスワードは、カード単位で登録するものとします。 また一度設定されたIDは、再登録することはできません。 会員は、自己が取得し設定した会員ID・パスワードを失念した場合は、速やかに再度会員登録を行なうこととします。 尚、再登録の前後に当該会員ID及びパスワードによりなされた本サービスの利用は、当該会員が利用したとみなすことに異議ないものとします。 会員が退会を希望する場合には、当社所定の方法により届け出るものとします。 当社は、運営上の必要な事由によりIDの変更を出来るものとします。 第5条 本規約の適用および変更 1. 当社は、会員の承諾を得ることなく、当社が適当と判断する方法で会員に通知または公表することにより、本規約を変更できるものとします。 当社は、本規約変更後の会員の最初の本サービス利用をもって当該変更内容に同意したものとみなします。 但し、会員による犯罪行為の未然防止等当社が必要と認める場合には、変更後の規約において変更後の規約の適用開始日を明記することにより、上記期間の経過を待たずに、当社は会員に対して変更後の規約を適用することができるものとします。 本規約の変更の内容については会員向け情報提供画面上に表示するものとし、会員は定期的に閲覧し本規約の内容を随時確認するものとします。 第6条 禁止事項 1. 会員は、本サービスの利用者として有する権利を第三者に譲渡もしくは行使させてはならないものとします。 会員は、本規約に定める事項を遵守する他、次の行為を行わないものとします。 1 会員登録の際、虚偽の内容を登録する行為 2 本サービスにより利用し得る情報を改竄する行為 3 有害なコンピュータプログラム等を送信し又は書き込む行為 4 本サービスの運営を妨げる行為もしくはそのおそれのある行為 5 その他法令に違反する行為もしくはそのおそれのある行為 6 その他、当社が不適当・不適切と判断する行為 3. 前項各号に掲げる内容の情報その他当社が本サービスの運営上不適当と判断した情報が本サービスに書き込まれた場合、当社は会員その他当該情報の書込みを行った者の承諾なしに、本サービスに掲載された当該情報を削除することができるものとします。 第7条 会員登録の抹消 1. 当社は、会員について以下のいずれかの事由が発生した場合、会員の登録を抹消できるものとします。 1 会員登録時に虚偽の事項を通知したことが判明した場合 2 当社が発行するカード会員としての資格を喪失した場合 3 会員登録したクレジットカードが解約された場合 4 本規約に違反した場合 5 当該会員登録について登録したクレジットカードの会員名義で異議が申立てられた場合及び本規約第3条記載のサービスに関するクレジットカードの利用否認等、登録の異議に準ずる苦情が申立てられた場合 6 その他、当社が不適当と判断した場合 第8条 本サービスの一時中断、中止 1. 当社は、次のいずれかに該当する場合、会員への事前通知又は承認なくして、本サービスを一時停止又は中止できるものとします。 1 システム保守その他本サービス運営上の必要がある場合 2 天災、停電その他本サービスを継続することが困難になった場合 3 その他当社が必要と判断した場合 2. 当社は、本サービスの一時停止又は中止に起因して生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。 第9条 著作権等の尊重 1. 本サービスに関する全ての著作権その他の知的財産権は、全てその権利者に帰属するものであって、会員はそれらの権利を侵害し若しくは侵害するおそれのある行為を行ってはならないものとします。 会員は本サービスを利用することにより得られる情報を、権利者の事前の承諾なしに、会員自身の私的利用以外の目的で利用することはできないものとします。 第10条 会員情報の取扱い等 1. 会員が本サービスに登録した情報及び本サービスの利用に関する会員の情報は、当社及び当社と個人情報の提供に関する契約を締結した提携企業 以下「提携企業」といいます。 が正当な事業活動に利用することができるものとします。 当社は会員情報を厳重に管理し、次のいずれかの場合を除き個人の識別が可能な状態では提携企業を除く第三者に提供しないものとします。 1 会員の同意が得られた場合 2 法令等により開示を求められた場合 3 当社の権利又は財産を保護する必要がある場合 3. 当社または提携企業は、同意が得られた会員に対し広告宣伝等、各種情報のためのご案内を電子メール等でお送りすることがあります。 第11条 通知 1. 本サービスの利用及び本規約に基づく会員宛の諸通知は、会員が登録したメールアドレスに行うものとします。 当社は登録されたメールアドレスを、会員に対する通知や情報提供に利用します。 ただし、会員は所定の届出をすることにより、必要通知を除くメールによる通知、情報提供の中止を依頼することができるものとします。 メールの管理を行うプロバイダーのコンピュータシステムの事故、会員がメールアドレスの変更・廃止を行ったにもかかわらず当社宛に変更後のメールアドレス等の登録・届け出を行わなかった場合は、当社に登録されているメールアドレスに前項の通知を行うものとします。 第12条 免責事項 1. 当社は、本サービスの内容、及び会員が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。 また、これらに起因して生じた損害に対しても一切の責任を負わないものとします。 当社は、本サービスの利用に起因して生じた会員の損害のうち、会員が本規約各条項に反する利用に起因して生じた損害について、一切責任を負わないものとします。 第13条 準拠法 本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。 第14条 合意管轄 本サービスの利用に関して当社と会員との間に生じた紛争については、東京地方裁判所を合意管轄裁判所とします。 第15条 (本人認証サービス利用に関する特約) 1. を本規約に従った上で受けることができるものとします。 本人認証サービスとは、利用者が受けることができる各本人認証サービスに対応した当社加盟店並びにマスターカード、VISAインターまたはJCBに加盟したカード会社・金融機関の加盟店 以下これらを単に「加盟店」という。 においてインターネットショッピング等の電子商取引を行うにあたって、パスワードを入力することにより、会員以外の者による不正利用を防止するためのサービスをいいます。 会員は、カード利用に対する承認の可否及び本人認証サービスに基づく認証結果について加盟店に通知及び利用されることに同意するものとします。 制定日:平成31年3月6日 なお、本同意条項に定める以外の個人情報の取扱いについては、カードお申込時に同意頂き、更新時を含めたカード送付時にお届けする「個人情報の取扱いに関する同意条項」に定めるとおりとします。 1 サービス利用時の会員確認のため 2 サービス利用またはサービス利用案内等の各種資料の送付又は電話等による営業案内のため 第3条(ウェブビーコンの使用について) サービス内のサイトでは、ウェブビーコンを使用して会員の当社サイト閲覧履歴情報等が収集され、以下の目的に利用されることに同意します。 1 当社カード関連事業の統計的な分析および商品・サービス等の改善のため 2 会員が興味を持っている内容や、当社サイト上での利用状況をもとに会員ごとに商品・サービス等の情報を提供するため 第4条(個人情報の取り扱いに関する問合せ等の窓口) 個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止についてのお問い合わせ、その他のご意見の申出に関しては、末尾記載の【個人情報の取扱いに関するお問い合わせ相談窓口】までお願いします。

次の