コストコパンオショコラ。 【コストコ】ミニパンオショコラの冷凍保存方法とサクサクに焼くポイント!

コストコ「パンオショコラサヴール」冷凍方法・解凍方法も紹介♪リニューアル後さらにおいしく!

コストコパンオショコラ

パンオショコラの生地はクロワッサンのようなサクっとした生地になります。 バターもたくさん使用しており正確な数字ではありませんが 1つだいたい125カロリーぐらいです。 なんと24個全部で3000カロリーもあります。 口に入れた瞬間に発行バターの風味と後からくるチョコチップの香りでついつい食べすぎてしまうくらい美味しいパンオショコラ おすすめは後で紹介する 冷凍保存で先に食べる分だけ取って置き先に冷凍しちゃいましょう。 この後に紹介する賞味期限や美味しい解凍法を紹介していくので、朝食や子供のおやつにもピッタリな商品なので買うっきゃないです。 次は買うために着になる価格を説明していきます。 コスパ最高のコストコの本領発揮? 2019年に値上がり 2019年に値上がりしてました。 素材の高騰とこだわりの結果ねあがりの要因です。 素材の高騰は今回置いときます。 ではコストコがこだわったのはなんでしょうか。 答えは「バター」です。 先ほど紹介した発酵バターこれが以前は普通のバターでした。 2019年のリニューアルで「フランス産の発酵バター」を使用するこになったようです。 以前の値段は880円(税込み)で 現在の 価格は、998円(税込み)になっています。 1つあたり41円になります。 うん、普通にコスパいいですね。 発酵バターは普通のバターの2倍、3倍くらいすると言われています。 それを118円の値上がりで実現じてるのはむしろ企業努力の結果ですよね。 値段は上がりましたが、美味しさもかなりアップしています。 ちなみに普通のバターと発酵バター生クリームを発酵させて作るので普通のバターより酸味が強くミルキー感が強く一口食べた時のバターの風味が一段と感じられますよ!! コストコ店内でも「さらにおいしくなりました」と書いてますがハードル上げてもサクっと超えてきます。 次に注意点を書いていきます。 使っている食材に注意 アレルギーはありますか? たくさんの食材を使っているので、アレルギーの持っている方は注意しましょう。 公式の原材料は 「小麦粉、バター、チョコレート、砂糖、イースト、乳糖、全粉乳、卵、食塩、小麦グルテン、乳化剤、香料、V. C、カロチン色素(原材料の一部に大豆を含む)」 と書かれています。 後は「この製品は落花生、そばを使用した設備で製造しています」 この一文も書かれいいるので 小麦粉アレルギー 乳製品アレルギー カカオアレルギー 卵アレルギー そばアレルギー など複数の種類があるので、あてはまるのをあなたが持っているなら気をつけましょう。 特にそばアレルギーなど一見使っていなくても製造過程でそば粉などついてしまうこともあるでしょう。 私の友人はうどんを食べてそばアレルギーが発症しました。 同じ釜で茹でられていたので、発症してしまったそうです。 パンオショコラの説明は以上です。 次は賞味期限や保存法を解説していきます コストコのパンオショコラを冷凍するときの賞味期限は? そもそも冷凍できるのか 冷凍できます。 はじめの方に書いていたので今さらですけど冷凍保存は可能です。 特に気にせず冷凍しちゃいましょう。 上で書いたように先に食べる分以外は冷凍してしまいしょう。 後回しにするとめんどくさくなりますし、つい食べてしちゃいますよ。 後、すぐ冷凍した方がパンの水分が抜けず美味しく解凍ができます。 冷凍が出来ることは分かりましたか?その保存方法を解説します。 おすすめの冷凍の仕方と賞味期限 出来れば1つずつラップを食べるのは3日以内にしましょう。 ラップをすると解凍時の味の低下を防げます。 賞味期限が3日に設定されているので冷凍保存する場合も3日に以内で食べるのがいいと思います。 説明でも書いている通りおすすめは1つずつラップにくるんで、ジップロックなどで保存は一番いいです。 冷凍庫の臭いなどパンに着くことをラップとジップロックが二重で防いでくれるので手間を惜しまなければこのやり方をしましょう。 「めんどくさい」 「直ぐ食べるから」 などの理由であれば ジップロックだけでもまぁいいと思いますが早く食べてくださいね。 美味しい解凍の仕方 電子レンジ+オーブントースターでサクっと 電子レンジだけだとべちゃっとしちゃうので最後の仕上げはオーブントースターでサクっとさせちゃいましょう 手順を説明していきます。 冷凍したパンをお皿に並べます。 電子レンジの500Wで30秒あたためて、様子を見て追加あたためする。 トースターで1分半焼く 完成です 外側のサクサクの食感が戻ってとってもおいしくい食べれます。 食べる前のバターの香りも元通りで味も低下も気にならないでしょう まとめ 値上がりはしたけどコスパいい 味もグレードアップしている 賞味期限は3日間 冷凍保存ができて便利 解凍するときはオーブントースターを使おう 以上コストコの「パンオショコラサヴール」でした。 コストコのなかでもおすすめの商品なので見つけたらぜひ買ってみてください。 商品を購入して、さらに2000円分買い物ができるのでお得ですね。 楽天カードを持っていると、今後 楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります。 持っているとお得ばかり! もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。 商品を購入して、さらに2000円分買い物ができるのでお得ですね。 楽天カードを持っていると、今後 楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります。 持っているとお得ばかり! もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。 楽天カードの新規作成はこちらでできます.

次の

【コストコ】パンオショコラサヴール

コストコパンオショコラ

商品情報• 商品名:ミニパンオショコラ• 品番:93308• 価格:880円(税込)• 内容量:550g(24個入り)• 賞味期限:3日• 原材料:バター、チョコレート、イースト、転化糖シロップ、食塩、乳化剤、香料他• 保存方法:直射日光、高温多湿をさけて保存• アレルギー情報:落花生を使用した設備で製造 感想 コストコの主力商品のパン。 いろいろな種類がありますが、今回はこの「パンオショコラ」を試してみました。 うわさには聞いていた、この商品。 トコ子の友人のお子さんは、この「パンオショコラ」にハマって、このパン以外食べなくなったほどとのこと。 期待大で食べてみました。 ひと口目。 さくさくのパイ生地が口に広がります。 そしてチョコレートの甘さと香りもふわっときました。 「んんおいしい!!」。 期待通りのおいしさですがなんとも 想像とは違うお味でした。 想像では甘い系のパンだと思っていたトコ子でしたが、なんとそんなことはありません。 パイ生地に甘さはほぼなく、チョコレートの甘さと一緒に味わうといった感じで、 意外にも大人向けのお味だったのです。 チョコレートもミルク風味よりもビターよりの味で、甘すぎることなく、パイ生地ととっても合っていました。 先ほど大人向けのお味と言いましたが、甘ったるいパンでないので子どもにも安心して食べさせることができます。 友人の子どもがハマっていた理由も納得。 シンプルな味わいなので、飽きがこないだろうと思いました。 コストコのパンはほんとにどれもヒットなので挑戦するのが楽しみで仕方ないです。 冷凍保存&解凍方法 24個入りということで、毎日3つづつ食べても8日間もかかりますし、毎日チョコレート食べるのも・・といういう人も多いかと思います。 そんな方におすすめの保管方法が冷凍保存です。 冷凍しても上手に解凍してあげれば、フワフワ、サクサクのまるで出来立てのようなパンオショコラが楽しめますよ。 冷凍方法 パンデショコラの箱はおっきくてかたいので、そのままだと冷凍庫には入りそうもないサイズです。 なので、おすすめは1つづつサランラップで巻いてから、ジップロックで密閉して冷凍庫に保管しておくといいですよ。 食べるときは、1つづつ取り出して解凍できるので、便利です。 解凍方法 解凍方法はまずは600Wの電子レンジで15秒程度あっためてあげます。 あまり長くしすぎると、チョコレートが溶けてしまうのでご注意を。 温まったら、トースターで2~3分程度焼いてあげればオッケーです。 これでアツアツ、ほくほくの出来立てのようなミニパンオショコラが楽しめますよ。

次の

コストコのパンオショコラについて紹介!気になるカロリーや冷凍保存方法を大公開

コストコパンオショコラ

見出し• 商品情報• 商品名:パンオショコラサヴール• 品番:0093184• 価格:998円(税込)• 内容量:550g• 原材料:小麦粉、バター、チョコレート、砂糖、イースト、乳糖、全粉乳、卵、食塩、小麦グルテン、乳化剤、香料、V. C、カロチン色素(原材料の一部に大豆を含む)• この製品は落花生、そばを使用した設備で製造しています。 賞味期限:購入日を入れて3日• 保存方法:直射日光・高温多湿をさけて保存してください。 レビュー コストコの「パンオショコラサヴール」。 2017年秋にリニューアルされた新商品・新作パンです。 以前のは息子(6歳)も大好きなサクサクのパイ生地がおいしい人気のパンでした。 店内ポップには 「さらにおいしくなりました」と書いてあるので、これは期待大!おいしいパンがさらにおいしくなるだなんて嬉しい限りです。 それもそのはず、「ミニパンオショコラ」から「パンオショコラサヴール」への大きな変更点は バターにあるんです。 「普通のバターとどう違うの?」という疑問が湧きますよね。 普通のバターは生乳をクリームと脱脂粉乳に分けて作るのですが、 発酵バターは生クリームに乳酸菌を添加することで作るそう。 そのため、 普通のバターよりも 酸味が強く爽やかな味わいがするという特長があります。 お値段も普通のバターに比べると2倍、3倍の差があるんです。 「パンオショコラサヴール」はそんな香り高い高級バターを使っているので店内ポップの通り「さらにおいしく」なったんですね。 店内広告には他にも、 「一口食べた瞬間から口いっぱいに広がる芳醇なバターの香り、ミルキー感あふれる生地とチョコレートの絶妙なバランスをお楽しみ下さい。 トースターで軽く温めると焼きたての食感と香りがお楽しみいただけます」 という文言が。 材料が変わった分、お値段も118円ほど値上がりしています。 値上がりした分、おいしくなっていれば言うことなしなのですがいかに。 チョコレートは、チョコチップが入っているのかな、と思いきや、 棒状のチョコレートが2本入っています。 カットした断面写真(下の写真)をご覧いただければ分かる通りカットしてもしっかり2つのチョコレートが見えます。 なので、真ん中までしっかりとチョコレートの味わいが楽しめるというわけ。 どっちが好きとか嫌いとかはあるかもしれませんが、トコ子はしっとりパイ生地の方が好きです。 しっとりしている分、たっぷりとバターが使われているようで、食べ応えがあります。 それに、ポロポロと生地が落ちない!気を使って食べなくてもある程度大丈夫なのでそれもポイント高いです。 フランス産発酵バターの香りもとっても良くて、「おいしー、おいしー」と思っている間にひとつ完食してしまっていました(笑)。 ついつい手が伸びて2つ目も食べたのですが、やはりバターがたっぷりだから?ちょっと胃にドンときました。 胃もたれするほどではなかったですが。 あまーーいパンだったら2つも食べさせるのに抵抗があるのですが、 「パンオショコラサヴール」は クロワッサン生地自体も甘みはほとんどないですし、 チョコレートも甘いのは甘いですが、意外や意外、ビターな甘さなんです。 チョコレート単体で食べてもビターなので食べやすく、コクがあってとってもおいしいんです。 24個も入っているんだから!と思っていたのですが、気づけばなくなりそうな勢いでして。 はじめから冷凍保存することが決まっているのなら、できれば購入当日にしてしまうことをおすすめします。 その方が、パン自体の水分が失われず解凍した時にもおいしくいただけますよ。 冷凍していたパンをお皿に並べる 2. 電子レンジの500Wで30秒あたためて、様子を見て追加あたためする。 (2個解凍するのに500Wで最終的に40秒あたためました) 3. トースターで1分半焼く 完成! 外側のサクサクの食感が戻ってとってもおいしくいただけました。 フランス産発酵バターを使用することで、バターの香りもより気品高く感じました。 また必ずリピートしたいと思います! カテゴリー• 609• 111• 231• 494• 194.

次の