ダイソー ブルートゥース。 ダイソーのブルートゥーススピーカーに、100均マニアが「史上最高のスピーカー!」と興奮

500円でmicroSDも使えるダイソーのBluetoothスピーカーを試す!

ダイソー ブルートゥース

私の中でのスマホ用イヤホンは、もう完全に無線の「ブルートゥース(Bluetooth)」なのである。 線が付いているだなんて ありえない。 アップルの「AirPods」ばんざーい! ばんざーい!! AirPodsに関しては、心の底から買ってヨカッタと思っている。 今でもなお。 使うたびに。 ずばり、「ブルートゥースイヤホン入門用としてならアリ」だ。 500円だしね。 しかし、1度でもブルートゥースイヤホンを使ったことのある人であれば、買う必要は一切ない。 これが答えだ。 500円でブルートゥースイヤホンが買えるという状況は素晴らしいし、オドロキだ。 それなりに重厚なイヤホンも、とても500円とは思えない。 マグネット式なのでパチンとくっつくし…… リモコンも付いている。 装着感も悪くない。 電源ONして、スマホでBluetoothを検索したら…… すぐに出てきて、いとも簡単にペアリング。 ここまでは素晴らしい。 今まで様々なブルートゥースイヤホンを使ってきた。 それこそ20種類くらいは使ってきたと自負しているが、 これほどまでに音がダメダメなブルートゥースイヤホンは人生初。 厳しく言えば、「 ダメなイヤホンをBluetooth仕様にしました」的な商品であり、二度と使いたくないイヤホンだ。 しかしながら、先にも書いたが 入門用、「なるほど、Bluetoothってこういうモノなのか〜」と学ぶためなら、ギリのギリでアリである。 Amazonで売っている謎の中国メーカーの商品に2000円くらい出して失敗するよりは、500円で「なるほど、安物とはこういうものなのか〜」と人生の厳しさを学んだほうが安上がりだ。 Report:100均評論家・ Photo:RocketNews24•

次の

【500円】ダイソーでBluetoothイヤフォン(ワイヤレス)を買ってみた!

ダイソー ブルートゥース

スポンサーリンク ダイソーの500円ブルートゥースイヤホンの使い勝手は? 最近ダイソーの商品に急にデザインとか機能が優れてる商品が出てきた気がします。 黒と白があって、価格が500円。 少し前からダイソーで見かけるようになってちょっと気になってました。 ダイソーにしてはパッケージがちょっとカッコイイ感じです。 そして何より、 価格が500円! ダイソーにしては高い商品ですが、イヤホンとしては破格の値段じゃないでしょうか? イヤホン的にはあまりに安いので、逆にちょっと品質に難ありなのかな?とか思ってしまい迷っていたのですが、今まで使っていたスマホ付属のイヤホンが調子悪くなったので試しに買ってみました。 ダイソーの500円ブルートゥースイヤホンが秀逸! イヤホンって最近、進化が凄いですよね。 耳にだけ装着する完全なコードレスタイプも結構使ってる人を見かけるようになりました。 でも、家電店で買おうとするとイヤホンって結構いい値段がします。 箱はオシャレですよね。 0対応です。 おおおお、、、、悪くないじゃないですか!充電用のケーブルもついてます。 一応使い方を見ておきます。 裏には英語版の説明書きが書いてあります。 グローバル商品ということでしょうか。。 実際にiPhoneに接続して使ってみると、接続もスムーズだし、音も悪くないです。 思った以上に良いですね、というか、この品質で500円とはちょっと驚きの商品という感じです! まとめ ダイソーの500円商品で今まで外れたものはほとんどなかったのですが、今回のブルートゥースイヤホンも、やはり 優れものでした! 早速通勤電車で使いたいと思います。

次の

ダイソーの600円の防滴Bluetoothスピーカーを買って、使って、分解してみました~吸盤で吸いつく! 英語でよく喋る!

ダイソー ブルートゥース

100円ショップとおなじみのダイソーですが、ライバルのキャンドゥやセリアと違って200円や、300円など100円以外の商品を扱っているのが戦略の大きな違いです。 100円にする努力をしてないだけでは……と思う商品もありますが、100円ではできない品揃えを実現しているのも確かです。 そんなダイソーに、600円 税別 の防滴仕様なBluetoothスピーカーが並んでいたので、早速購入してみました。 購入した店舗にはグリーンしかありませんでしたが、パッケージを見るとホワイト、グリーン、ブルーの3色をラインナップをしているようです。 製品名は「Bluetoothスピーカー ワイヤレス、防滴仕様 」、型番は「BTS-032A」と書かれています。 端子部はカバーされています 操作ボタンは「-」「再生」「+」3つだけ。 「-」を短押しで前の音楽、長押しで音量ダウン、「+」を短押しで次の音楽、長押しで音量アップ、「再生」は短押しで再生・停止・応答、長押しでBluetooth接続解除ができます。 実際に使ってみると、音量の調整が曲の前後と同じボタンなのは操作しづらいところはありますが、最低限の操作はできます。 音質面では低音が出ず、音量を上げていくと、かなりこもりますが、価格を考えればしかたないところ。 ただ、音量は最大にすれば、かなり大きくなるのが嬉しいところです。 なお、スマートフォン側で設定した音量を上限に「BTS-032A」で調整する形になります。 分解してみた! ・この記事の情報は編集部が購入した個体のものであり、すべての製品に共通するものではありません。 ・この記事を読んで行なった行為(分解など)によって、生じた損害はネタとぴ編集部および、メーカー、購入したショップもその責を負いません。 ・ネタとぴ編集部では、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。 この価格で防滴って、どういう構造になっているんだろうということで、早速分解してみました。 プラスティックの本体を、吸盤一体型のシリコンゴムのカバーが覆う構造で、このカバーが本体への防滴となっているようです。 このカーバー外すと、プラスティックの丸い本体があらわれます。 この本体は上下がネジ止めされていて、ネジ穴が4つあるのですが、実際に使われているのは2本だけでした……。 防滴や耐久性には疑問が残るものの価格を考えればアリ 600円 税別 という価格ながら、音質面ではソコソコではありますが、機能面では価格からの想像を上回るものがあり、Bluetoothスピーカーを試してみたい、お風呂にお手軽に音楽が欲しいといった用途にはぴったりな製品です。 ちなみに、実はほぼ同じものだと思われるスピーカーが、Amazpn. jpで417円 2018年5月4日現在 で販売されていますが、ダイソーの方は技適マークが付いており、店頭で確認して購入できる安心感もあり、価格差分の価値はありそうです。

次の