ビッグバン セオリー シーズン 11。 ビッグバン・セオリー シーズン6 第11話~第15話 あらすじ・感想

【ビッグバンセオリーシーズン11】あらすじ1話~3話と感想

ビッグバン セオリー シーズン 11

米CBSネットワークで2007年秋にスタート、本国アメリカでは2019年5月、シーズン12をもって放送が終了した。 またイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ブラジル、インド、オーストラリア、南アフリカなど、世界各国でも人気を集めた。 今シーズンは第1話・第13話・第24話に『レディ・バード』などに出演のローリー・メトカフがシェルドンの母メアリー役で、第2話には、2018年『ビール・ストリートの恋人たち』でヒロインの母親を熱演し、アカデミー賞助演女優賞を受賞したレジーナ・キングがレナードたちが勤める大学の人事課職員役で、第4話には、 『マンマ・ミーア!』でターニャ役を演じたクリスティン・バランスキーがレナードの母ビバリー役で、第6話には、エミー賞ゲスト男優賞受賞のボブ・ニューハートがプロトン教授役でそれぞれ再登場。 さらに、何といっても見逃せないのが最終話に続々と登場する豪華ゲストスター。 『スター・ウォーズ』ルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミルが本人役で登場。 長年の『スター・ウォーズ』ファンだという製作総指揮のスティーブ・ホランド。 マークに台本がない状態で出演をオファーし、製作陣の熱意に応え快諾してくれたそう。 また、エイミーの両親役には『ミザリー』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したほか、数々の作品で評価されている名女優キャシー・ベイツが母親役で、米国でマジシャンとして人気を誇るペン&テラーのテラーが父親役で登場。 その他、シェルドンの双子の妹ミッシー役として『ステイ・フレンズ』に出演のコートニー・ヘンゲラー、『スタンド・バイ・ミー』 や「新スタートレック」に出演のウィル・ウィートン、『ジュラシック・ワールド』に出演のローレン・ラプカスなど多くのゲストが出演しており、華やかで大がかりな最終話となっている。 おなじみのキャラクターから新たなキャラクターまで続々登場、今シーズンも最後まで見逃せない! シェルドンとエイミーは一時的に同棲生活を始めたことをきっかけに仲を深めていたのだが、エイミーはプリンストン大学から客員研究員として招かれ、遠距離恋愛に不安を抱えながらも、3か月間ニュージャージーに行くことに。 そんな中、大学院生時代にシェルドンを慕って付きまとっていたラモーナが、研究員として大学に戻ってくる。 周囲の心配をよそにまったくラモーナを意に介さないシェルドンだったが、ついにラモーナからキスをされてしまう。 シェルドンはそのキスをきっかけにエイミーへの想いに気付かされ……。 一方、ハワードとバーナデットの間には子供が生まれ、夫婦そろって育児に奮闘中。 しかし、順調かと思われた二人に予期せぬ出来事が起きる。 そして、無事2回目の結婚式を終えたレナードとペニー。 距離のあったレナードの母ビバリーとペニーはひょんなことからコミュニケーションをとるようになり、レナードが知らぬうちに二人はすっかり仲良しに。 それに嫉妬するレナードは、ペニーに対してひどいことを言ってしまい……。 それぞれのカップルに新たなトラブル発生!? 次々と起こる展開から目が離せない! ジョニー・ガレッキ Johnny Galecki 1975年4月30日、ベルギー生まれ。 3歳の時、米空軍で働く父親ら家族と米国イリノイ州へ転居。 7歳でシカゴの劇場に出演してショービズ界入りし、数々の舞台に立つ名子役に。 映画・TVにも進出し、1992年から人気コメディ「Roseanne 原題 」に出演、全米に知られるスターとなった。 他にも『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』、『ラストサマー』、『ビーン』、『偶然の恋人』、『バニラ・スカイ』などの映画に出演し、「LAX」「マイネーム・イズ・アール」などのTVシリーズにゲスト出演、さらにはヒット映画『ハンコック』や『TIME/タイム』『ザ・リング/リバース』にも出演、と引っ張りだこ。 本作レナード役で2011年、エミー賞主演男優賞 コメディ部門 、2012年にはゴールデン・グローブ賞主演男優賞 TVシリーズ・コメディ部門 にノミネート。 近年は、1988年から1997年まで9シーズンにわたって放送され、2018年に復活した「Roseanne 原題 」やそのスピンオフ「The Conners 原題 」に出演、さらに『僕のワンダフル・ライフ』の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』にも出演予定。 ジム・パーソンズ Jim Parsons 1973年3月24日、米テキサス州ヒューストン生まれ。 ヒューストン大学で演技を学びながら数々の舞台に立ち、その後サンディエゴ大学でも演技を修業する。 TV「エド~ボーリング弁護士」にゲスト出演したのを最初にショービズ界入り。 1999年から放送が始まっていた人気ドラマ「Judging Amy 原題 」に繰り返しゲスト出演して注目される。 本作のシェルドン役で、エミー賞主演男優賞 コメディ部門 を4回受賞、ゴールデングローブ主演男優賞 TVシリーズ・コメディ部門 を1回受賞。 なかでも2014年度エミー賞では本作の主演男優賞 コメディ部門 と「ノーマル・ハート」の演技で助演男優賞 ミニシリーズ/TV映画部門 の2部門でノミネートされていた。 シェルドンの幼少期を描く「Young Sheldon 原題 」に製作総指揮として参加、ナレーションもつとめる。 趣味はピアノ演奏とスポーツ観戦。 最近では、1970年に映画化されたのち、ブロードウェイや日本でも舞台上演され、2020年に再映画化されることが決定した人気作『The Boys in the Band 原題 』への出演も予定されている。 ケイリー・クオコ Kaley Cuoco 1985年11月30日、米カリフォルニア州生まれ。 6歳で子役俳優やモデルとして活動するようになり、「たどりつけばアラスカ」、「アンジェラ15歳の日々」など多数のTVにゲスト出演し、『バーチュオシティ』、『ピクチャー・パーフェクト/彼女が彼に決めた理由』などの映画に出演。 2002年からTV「パパにはヒ・ミ・ツ」でヘネシー家の長女ブリジット役を演じて全米の人気者に。 同番組終了後、続いて「チャームド~魔女3姉妹~」のシーズン8でビリーを演じてから本作に出演。 全米TV批評家協会が主催する、第3回批評家協会TV賞 2013年 でコメディ部門助演女優賞を受賞。 2018年6月には、騎手のカール・クックと結婚した。 DCコミックスを原作としたアニメ「Harley Quinn 原題 」 2019 にハーレイ・クイン役で声優として出演予定。 サイモン・ヘルバーグ Simon Helberg 1980年12月9日、米カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。 ニューヨーク大学で劇団に所属し、演技を学ぶ。 映画『マムフォード先生』でデビュー。 TV「ジョーイ」でセス役を演じた。 ほか「マッドTV! 」「ブル~ス一家は大暴走!」などにゲスト出演し、『グッドナイト&グッドラック』、『エバン・オールマイティ』、『ウォーク・ハード ロックへの階段』などの映画に出演。 06年からはTV「Studio 60 on the Sunset Strip 原題 」に準レギュラー出演した。 プライベートでは2007年に女優のジョスリン・タウンと結婚。 ピアノの腕前はプロ級。 全米TV批評家協会が主催する、第3回批評家協会TV賞 2013年 でコメディ部門助演男優賞を受賞。 脚本・主演を務めた『We'll Never Have Paris 原題 』で監督デビューも果たしている。 クナル・ネイヤー Kunal Nayyar 1981年4月30日、英ロンドン生まれ。 インド系で、子供の頃からインドのニューデリーでミュージカルや演劇などの舞台に立ち、高校卒業後に渡米。 オレゴン州のポートランド大学でビジネスと演技を学び、舞台で数々の賞を受賞。 テンプル大学でもファイン・アートの学位を取得した。 それからプロの俳優となり、映画『S. E 原題 』を経て2007年、TV「NCIS ネイビー犯罪捜査班」にゲスト出演。 本作が初のTVシリーズレギュラー出演となった。 その後も映画『アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険』やジェシー・アイゼンバーグ脚本・主演の舞台「The Spoils 原題 」 2015 にも出演。 今後も『Dogs Best Friend 原題 』のほか、アニメ『トロールズ』の続編『Trolls 2 原題 』にGuy Diamondの声で出演予定。 2011年に元ミス・インドでモデルのネハ・カプールと結婚している。 メリッサ・ローチ Melissa Rauch 1980年6月23日、米ニュージャージー州生まれ。 ニューヨーク市のメリーマウント・マンハッタン大学で美術学士号を取得。 大学に通いながら、マンハッタンでスタンドアップ・コメディを始めると、ニューヨークのコメディ界ですぐに名が知られるようになった。 元大統領の娘ジェナ・ブッシュを描いた一人舞台「The Miss Educations on Jenna Bush」では高い賞賛を集め、客席を満員にした。 本作で演じているバーナデットの声は、自分の母親を参考にしているとのこと。 夫は脚本家のウィンストン・ローチで、2017年12月には女児を出産した。 最近ではスティーブン・ソダーバーグ監督、メリル・ストリープ、ゲイリー・オールドマン出演の『The Laundromat 原題 』に出演予定。 メイエム・ビアリック Mayim Bialik 1975年12月12日、米カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。 1990年に主演したTVシリーズ「ブロッサム」で一躍有名になった。 「ブロッサム」が放送中の1993年にはすでにハーバード大学とイェール大学から入学許可をもらっていたが、最終的にUCLA カリフォルニア大学ロサンゼルス校 へ進学。 2000年に学士号を取得してからも、神経科学で博士号を取得するためにさらに勉強を続け、2007年に見事目標を達成した。 エミー賞助演女優賞 コメディ部門 には本作のエイミー役で、これまでに4回ノミネートされている。 完全菜食主義者。 「ドクター・フー」のパロディ映画、『The Inspector Chronicles 原題 』に声優として出演予定。

次の

ビッグバン・セオリー シーズン6 第11話~第15話 あらすじ・感想

ビッグバン セオリー シーズン 11

スポンサーリンク 海外ドラマ「ビッグバンセオリーシーズン11」全体のあらすじ 海外ドラマ「ビッグバンセオリーシーズン11」の全体のあらすじです。 そんなエイミーは、プリンストン大学へ研究員としていくことになった。 しかし遠恋になるため、エイミーには不安が残っていた。 そしてかつてシェルドンが好きで執拗に追いかけていたラモーナ。 大学へ戻った彼女から、シェルドンはキスされてしまう。 だがそのキスのおかげでエイミーへの気持ちに気づいたのだった。 一方でハワードたちには子供が誕生した。 育児を頑張る中、あるとき予想だにしていないことが起きてしまう。 そしてレナードとペニーは結婚式を終えた。 以前は距離ができていたレナード母との関係も、今では良好になっていた。 しかし嬉しがるどころか嫉妬したレナードは、ペニーを傷つけて…。 しかしそのおかげで、エイミーへの愛に気づかされる。 エイミーは今ニュージャージー州にいたが、出向いて彼女にプロポーズした。 エイミーは喜び、プロポーズは大成功。 婚約したことを友人たちに報告するが、バーナデットに異変が…。 実は彼女は2人目を妊娠していて…。 しかし業績がないことをうっかり発言し、支援者たちが離れていってしまう。 近いうちに大きな発見があると発表するよう人事課から言われてしまった。 しかしそれは発言撤回のためであり、嘘をつくのに躊躇してしまい…。 80日に絞ったのだが、ハワードから1日だけにしろと言われる。 どうしたら完璧にいくのか頭を悩ますシェルドン。 そしてエイミーは、シェルドンの寝言に悩まされていた。 密かに録音しておき、それをペニーたちに聞かせた。 そんなところに、シェルドンがやってきて録音を聞いてしまう。 エイミーは隠している心の声が出ているのではと言うが…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「ビッグバンセオリーシーズン11」あらすじ1話~3話の感想&ネタバレ ラモーナしつこいですね! しかもキスまでしちゃって! まあそのおかげで、シェルドンはエイミーへの愛に気づかされたわけですが。 エイミーもシェルドンも幸せになってほしいですね! そしてレナードはうっかり発言してしまいましたね~ せっかくのアピールの場が残念なことに…。

次の

【ビッグバンセオリーシーズン11】 あらすじ全話一覧&放送情報 | 海外ドラマ情報室|あらすじ、相関図やキャスト情報をお届け!

ビッグバン セオリー シーズン 11

第11話 サンタクロース救出ゲームの法則 あらすじ・感想 レナード、シェルドン、ハワード、ラージ、スチュアートの5人はクリスマスを題材にしたTRPGゲームをレナード達の部屋でやることに。 クリスマスらしくオーガに捕らえられたサンタクロースを救い出すのが目的だ。 しかし、クリスマス嫌いのシェルドンは最初はノリノリだったが、サンタを助けるというのが納得いかずにショックを受けている。 後先考えずに突っ込んだラージのキャラは序盤で殺されてしまう。 ペニーとバーナデット、エイミーの3人はおしゃれしてドレスアップし、バーでガールズナイトを楽しもうとしていて、すでにゲームで死んでやることのないラージも参加することに。 クリスマスソングを歌ったり暗号を解いてベルでクリスマスソングを演奏したりなど、どんどんストーリーが進んでいてみんなもシェルドンすらも楽しんでる様子である。 ラージはバーで女性のメールアドレスをゲットするが、ラージを嫌っている偽アドレスでがっかりしている。 ラージはバーナデットとペニーを好きになったことがあると告白し、エイミーはどうかという話を振られるが全く興味なしだと言ってエイミーを傷つけてしまう。 クリスマス時期にふさわしいエピソードで、男性陣はクリスマスをテーマにしたTRPGにいそしみ、女性陣はおしゃれしてバーに繰り出して盛り上がっています。 TRPGのシナリオを作ったのはレナードみたいですね。 すっかりスチュアートもみんなの仲間として受け入れられたみたいですが、あまり明るくなった感じはないです。 そして、シェルドンのクリスマス嫌いがここかしこに現れているのにもかかわらず、クリスマスソングはしっかり歌えるしエッグノッグも大好きで、シェルドンほどクリスマス気分に浸っている人は他にはいなかったです。 そんなシェルドンのせいでゲームのエンディングはとんでもないことになりましたが、その罰をしっかり受けて、さらにシェルドンのクリスマス嫌いに拍車がかかったかもしれませんね。 一方、ドレスアップした女性陣がとっても素敵でした。 ただ、エイミーはあんまり普段と変わっていなくて、露出しているのがくるぶしくらいというのがおかしかったです。 アレックスはある講演を聴きに行き、その内容を教えてあげるから一緒に食事に行こうとレナードを誘う。 女性から誘われたレナードは上機嫌で、カフェテリアでシェルドン達3人を相手にそのことを報告する。 シェルドンはアレックスに男性に不適切なアプローチをしたとか、卵サンドに例えた女性の衝動や感染症について説明して忠告する。 怒ったアレックスは大学の人事課にクレームを入れ、シェルドンは人事課に呼び出される。 セクハラ発言や行動があったと指摘されるが、シェルドンはレナードやハワード、ラージらはあからさまなセクハラ行動を取っているとついしゃべってしまう。 シェルドンがペニー達に女性について相談し、ペニーはアレックスがレナードに近づいたことを心配し始める。 ペニーはレナードにイライラした態度を取り、シェルドンからアレックスのことを聞かされレナードがうれしそうだったことを怒っていた。 その後、ペニーの部屋の前でレナードはチェロを弾きながら自前の曲を歌ってペニーに謝り、ペニーがアレックスのことで不安になっていると知る。 レナードはやっとアレックスが自分に気があると気づいたんですが、それをみんなに報告してシェルドンが知ってしまったがために、大事になってしまいました。 嬉しそうだったレナードですが、狙っていたラージが1年計画を立てていたのにもびっくりです。 ずいぶん気の長い話しで、1年後にアレックスがシェルドンのアシスタントかどうかも怪しいものです。 相手を納得させるためにレナードやハワード、ラージまで引き合いに出してしまって、全員人事課から呼び出されてひと騒動でしたね。 それにしても、ハワードが以前は人事課の常連さんだったのにもびっくりだし、ラージが担当者をハニーちゃんと呼んでいたのもおかしかったです。 シェルドンはアレックスに自分の代わりにセクハラ講座に行かせようとしていましたが、アレックスは怒っていましたから本当に行ったかどうか怪しいものです。 レナードの車の音声案内にシェルドンが細工して、カーナビはシェルドンの声になりミニクイズまで出している。 途中で新スタートレックのロケ地を通りかかり、ラージの提案でみんなでコスプレしてノリノリで写真を撮っていた。 車にキーをさしたまま写真を撮っていたため、車が盗まれてしまう。 ヒッチハイクで車を止めようとするが誰もスピードを落とさず、挙句の果てにシェルドンは車からゴミを投げつけられてしまう。 近くの店までコスプレ姿のまま歩き店に入ると、店内の客が一斉に注目してバツの悪い思いをしてしまう。 事情聴取しに来た警官もバカにしたような態度で、ラージ以外の3人はすっかり落ち込んでいて早く家に帰りたいと言っている。 一方、女性3人は夫や恋人がコミックに夢中になっている理由を探ろうと、コミックストアでコミックを買う。 普段あまり本を読まないペニーは、他の2人に比べて読むスピードが遅かった。 ソーのハンマーのことで3人は議論となり、ペニーはレナードのコミックを借りて真相を明らかにしようと提案し、バーナデットとエイミーも賛成する。 ちょうど新スタートレックのロケ地を通りかかったので、みんなでコスプレして写真を撮ることになりましたが、ここからが悲劇の始まりです。 どこか微妙に違う新スタートレックのコスプレでしたが、みんな楽しそうで何よりです。 何でチャーリーズ・エンジェルのポーズで写真を撮ったのかが不思議でしたが・・・。 写真を撮っている間に車を盗まれてしまって、とんだ災難でしたね。 コスプレ衣装のままじゃ変な人扱いされて、ヒッチハイクすらできなかったのはかわいそうでした。 いつも強気のシェルドンも、車からジュースを投げつけられてしょんぼりしていたのが印象的です。 ソーのハンマーのことで熱くなって議論を交わしているなんて、すっかり女性陣もオタク道まっしぐらで、シェルドンやレナード、ハワードにしっかり鍛えてもらえばいいオタクになれそうですね。 お互いにレポートを交換することになるが、シェルドンは自分のアイデアを盗まれないよう白紙のレポートを渡す。 しかし、クリプキに気づかれ、仕方なく自分のレポートを渡すことに。 クリプキのレポートは自分のよりも出来が良く、すっかり落ち込んでしまう。 クリプキがシェルドンのオフィスにやって来てレポートの出来が悪いと文句を言いつつも女がいると指摘し、シェルドンも話を合わせ、堪能していると答えクリプキをうらやましがらせる。 ペニーにはエイミーと体の関係を持つ可能性があるのかと聞かれ、シェルドンはなくはないと言うとペニーは大はしゃぎしていた。 ハワードとラージは自分そっくりのフィギュアを作ってもらうが、全然似ても似つかない物が届いてしまう。 ラージのアイデアで3Dプリンターを買い、自分そっくりのフィギュアを作って満足していた。 ハワードはバーナデットの分も作ってプレゼントするが、3Dプリンターに大金を払ったことを怒られ、プリンターはラージの物になってしまう。 シェルドンとクリプキ、天敵同士のペアでさっそくシェルドンがレポートを出ししぶって、白紙のレポートをクリプキに渡していました。 次々に封筒に入った白紙レポートが出てきましたが、シェルドンは何個同じものを用意していたんでしょうね。 クリプキのレポートを読んでシェルドンは自分のよりデキがよくて、大学一頭がいいと思っていたプライドが崩れてしまいました。 クリプキはとんだ勘違いをしてしまいます。 シェルドンの頭のよさは普段から認めているようで、女性と付き合っているせいだと思い込んでいました。 言い訳を考えていたシェルドンにとっては好都合で、エイミーと体の関係になっていると思わせておいてグイグイ話を広げてクリプキを喜ばせていたのが面白かったです。 ハワードとラージは3Dプリンターを買って自分達でフィギュアを作ったまではよかったですが、家庭を持ったハワードには高い買い物だったようです。 かわいいフィギュアだったから、せっかくだしみんなの分も作ってあげればよかったですね。 怒ったレナードはルームメイト協定をゴミ箱に入れて、ここを出て行き、ペニーと一緒に住むと宣言する。 ペニーはまだレナードと同棲する心の準備ができていなかったが、渋々レナードを受け入れることに。 シェルドンはエイミーとレナードの荷物をチェックしていると、エイミーがここで一緒に暮らすと言い始める。 自分ほどシェルドンに適したルームメイトはいないと主張し、理論武装しているエイミーはシェルドンに反論するすきを与えない。 困ったシェルドンはレナードに戻って来てくれと頼むが、断られてしまう。 廊下で一緒になったペニーとシェルドンは本音を言い合い、お互いにパートナーに本当のことを話そうと決めるが、シェルドンはペニーのせいにしてしまう。 ハワードとバーナデットが会社の旅行に行くことになり、ラージはハワードから母親の様子を見て来てくれと頼まれる。 夕食をごちそうになった後、寂しそうなハワードの母を見たラージはつい親切心から泊まって行くが、ハワードのビデオ通話で今すぐそこを出ろと忠告される。 二日酔いでクレープのニオイにつられたラージはそのまま朝食をごちそうになるが、洋服などが部屋から消えていた。 レナードが怒ってシェルドンとの同居を解消することになりました。 シェルドンはレナードこそ文句が多いと言い返していましたが、レナードがシェルドンに注意していることはどれも正論なんですよね。 こんなことはしない方がいいとシェルドンのために忠告しているのに、そこを解ってあげて欲しかったです。 ペニーは急展開でこんな風にハプニングで一緒に住むことになってしまって、戸惑うのも無理はありません。 シェルドンの方もエイミーと同棲する流れになっていて何とか回避したいんですが、エイミーの理論を切り崩すことができずに嫌々受け入れていました。 反論できずに「あー」とだけしか言えないシェルドンも珍しいですね。

次の