トヨタ ディスプレイ オーディオ。 改めて、ディスプレイオーディオって何なのさ。ほんとは多機能な市販ナビを使いたいけど、もう無理なの!?

トヨタ ディスプレイオーディオ 疑問を解決 社外 ナビメーカーどうする?

トヨタ ディスプレイ オーディオ

トヨタでは2019年9月のカローラからでィスプレイオーディオを標準化している トヨタはディスプレイオーディオのオプションサービスである「Apple CarPlay/Android Auto」を標準装備化し、6月発売の新型車よりスマートフォンの連携を強化することを発表した。 トヨタでは、2019年9月発売の新型カローラ/カローラツーリングからディスプレイオーディオ(以下DA)を標準装備としている。 DAは単体ではナビ機能を備えておらず、基本的にはスマートフォンと連携して使用することとなる。 標準サービスとしてはスマートデバイスリンク(SD L)が用意されており、スマホとBluetoothで接続することで、LINEカーナビなどスマホにダウンロードしておいたアプリをDA上で利用することが可能だ。 DAはApple CarPlayやAndroid Autoにも対応しており、USBケーブルでスマホと接続すると、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリなどを利用することができる。 ただし、その場合は3万3000円のオプションサービスを申し込む必要があった。 それが6月発売の新型車(新型ハリアー?)からはApple CarPlay/Android Autoが標準装備化されることとなったのだ。 なお、すでに販売済みのDA装着車についても、トヨタのコネクティッドサービスであるT-Connect通信(T-Connect契約が必要)によるバージョンアップを通じて、6月中旬以降、順次機能が付与されるとのこと。 DA装着車でApple CarPlay/Android Autoの利用を検討していたものの、3万3000円の出費を惜しんで見送っていたユーザーにとっては、うれしいニュースだ。 写真はグランエースに標準装備される8インチサイズのディスプレイオーディオ。 6月中旬以降、バージョンアップすればApple CarPlay/Android Autoの機能が付与されるはずだ.

次の

【疑問解決】ディスプレイオーディオについて【Q&A】

トヨタ ディスプレイ オーディオ

ちょっと大変な事になってます! 天下のトヨタが ディスプレイオーディオ(DA を 標準装備にしちゃってるんですね。 従来のオーディオレス設定は無し。 常識的範囲では、後付け社外ナビの選択が出来なくなってしまいました。 しかし今回のトヨタのディスプレイオーディオの評判、芳しくありませんね・・・。 何が良くて、何が良くないのか?使い勝手はどうなのか? この記事ではディスプレイの画像や動画再生能力、オーディオの音質など、気になる所を詳しく分析して行きたいと思います! 【緊急追記】2020年4月10日 当ブログの考察通り、どうやらトヨタはディスプレイオーディオ標準装備戦略を撤回するようです。 詳細は近日公開します! ディスプレイオーディオ標準装備でなにが変わる? そもそもディスプレイオーディオって何なの? ディスプレイオーディオ自体はかなり前からカロッツェリアなどの音響メーカーから販売されている。 大体、ナビ機能を持たない7インチ弱のディスプレイを持ったオーディオ機器といった所ですね。 当ブログでは(株)パイオニアさんのウェブコンテンツは許諾の上使用しています。 上の画像は既存のディスプレイオーディオの最高峰、カロッツェリアのFH-9400DVS。 サイズ的にも 汎用性の高い2DINを守り抜いて来たといえるでしょう。 使い方もスマートフォンの接続を前提として、時代の流れを考えれば、 1つのカーオーディオの方向性として違和感がなかった。 しかし今回のトヨタのディスプレイオーディオは、革新的と言うか、 思い切りが良すぎて違和感を覚えるのは隼人さんだけだろうか・・・。 新型カローラシリーズから始まったディスプレイオーディオの激流 天下のトヨタの看板車種、カローラのフルモデルチェンジに合わせて採用されたディスプレイオーディオ! この流れはカムリ、C-HRと続いている。 来年のヴィッツあらためヤリスにも採用されるそうだ。 この流れは近い将来、他メーカーも追随し国産車に広く採用されて行くのは想像に容易い。 現在のナビゲーションのニーズの低迷やスマートフォンの優位性を考えれば、当然の判断であると言えるのだろうが、隼人さんが違和感を覚え、多いに不満なのは カーオーディオの多様性や趣味性を一切無視してバッサリと切り捨てたところだ。 (新型カムリのみオプション有、でも録音機能無し。 この定義では今回のトヨタディスプレイオーディオは該当しなくなってしまう・・・。 普通にCDを入れて音楽を楽しんだり、DVDで入れて映像を楽しんだりする事が出来なくなってしまったんだよね~。 また「CDをナビゲーションに高音質で読ませて録音する。 」と言った慣れ親しんだ使い方が出来ない。 よってナビゲーション内でお気に入りのプレイリストを作り完結させる手法が全く出来ないのだ。 もっとも、こんな使い方はもう古臭いのだろうか? ディスプレイオーディオ標準装備の背景 車を販売する側からみれば、新車販売時にナビゲーションのオプションによる利益は美味しいところであるのは間違いない。 しかし隼人さんのようにオーディオレスで注文する困った客もいる。 (笑) その辺の完全なる囲い込みが理由のひとつとして間違いないだろう。 またナビゲーションは スマートフォンの機能と重複する部分が多く 、時代の流れから ナビとスマホの主従関係の逆転と言えるのではないか。 さらにいずれ後述したいと思っているが、トヨタは T-Connectサービスの拡充に焦り過ぎているのではないだろうかと心配する・・・。 カローラに見るディスプレイオーディオの功罪 上の画像とトップの画像は新型カローラセダンのメーカーオプション9インチのものだ。 (標準装備は7インチ、9インチは28,600円高。 この画質では値段が高過ぎる!) 問題は今まで守られて来た、2DIN(2DINワイド)のスペースを思い切りよく無くしてしまった事・・・。 要するに、 後付け社外ナビの選択・取り付けが不可能になったと言う事だ。 マイナーチェンジしたC-HRにも同様な事が言える。 まだ実際に外してみた事がないので正確な事は言えないが、今までの配線方法もかなり変更されているらしい。 全くハーネスコネクターは別物だ。 現状C-HRはスペース的に不可能ではないが、標準装備のディスプレイを外してまで社外ナビゲーションを付けるという猛者はいないだろうから、今後社外ナビのマーケットは急速にしぼんで行くんだろうな~。 製造している音響メーカーさんや販売していた大手カー用品店なども頭を抱えていることだろう・・・。 そして隼人さんの様に、カーオーディオに高音質・趣味性を求める人種にはとってもツライ改革(改悪)である。 「これからはナビゲーションもオーディオも、純正以外の選択肢はありませんよ!」と押し付けるところが、いかにもトヨタらしい。 昔から80点主義と言われて来たトヨタだが、最近の車両本体の出来は素晴らしく、もっと高得点を上げられる。 しかしオーディオ関係に至っては、相も変わらず「こんなもんで十分でしょう!」感が見え見えなんだよね。 正直、あまり歓迎できないトヨタのディスプレイオーディオではあるが、文句ばかりいってもなにも始まらないので、その使い方を見ていきましょう! トヨタディスプレイオーディオの使い方 新車購入時の段階的オプション 1)ノーオプション まったくオプションを加えなくても、使える機能は以下の通り。 Bluetooth:ハンズフリー通話とオーディオ再生 USB外部入力:給電、動画・音楽ファイルの再生(どのくらい出来るか未知数で期待しない方が良い) SmartDeviceLink スマートデバイスリンク):スマホをBluetooth接続して対応アプリが使えるようになる。 代表はLINEカーナビ Miracast:スマホの画面をワイヤレス(Wi-Fi接続)でディスプレイに表示できる。 ( アンドロイドのみ) マイカーサーチ:リモート確認・操作 うっかり通知 カーファインダー T-Connect利用契約が必要) ヘルプネット:エアバック連動でボタンを押すとオペレーターにつながる。 T-Connect利用契約が必要) eケア:警告灯が出た時のアドバイス T-Connect利用契約が必要) 以上のような機能が利用できます。 常時通信の利点が発揮できていると思いますが、スマホの通信料も気になるね・・・。 5G時代をにらんで・・・、と言うかこれからの当たり前になって行くんでしょうね。 2)オプションサービス TV+Apple CarPlay+Android Auto 開通時に33,000円(税込み)支払う事によって、 テレビの視聴と アップルカープレイと アンドロイドオートが使えるようになる。 月額利用料金等は発生しない。 これで晴れてスマホとUSB接続してアプリで高音質な音楽が聴けるようになるのかな・・・。 もっとも純正アンプと純正スピーカーでは悪いとまでは言わないが、 それなりの音質でしか無いのが悲しい現実だけど。 その他の機能として、GoogleマップやYahoo! カーナビ(iphoneのみ)などが使えるようになる。 まあ今後のディスプレイオーディオの発展は、 スマートフォンのアプリ次第!と言えるんでしょうね。 5Gが普及してくると、その通信量の飛躍的UPに伴って、アプリは凄い事になって行くんでしょうね! また助手席の乗員に限った事だが、走行中のテレビの視聴は難しそうだ・・・。 <追記> 社外品で良いキャンセラーが発売されはじめましたね。 しかしかなりお高く税込9880円! 次回の記事で詳しく紹介しましょう! 3)販売店装着オプション ナビキット スマホのナビは今一つ!と思っている方も多いはず!(隼人さんも同意) そんな方の為にナビキットも用意されている。 T-Connect付きが、税込み110,000円、エントリーナビが税込み66,000円。 (性能の割りには高過ぎる・・・) これで従来通りのナビゲーションが使えるようになる。 インパネの中に収納されるらしい。 もっともモニターと別体だからどこでもいいんだけどね。 このナビキットを用意するあたり、 トヨタの迷いと言うか探りを感じるね。 4)関連オプション品 ETCの連動タイプは有り。 ドラレコ連動は無し。 後席モニターは今まで設定のあった車種に対しては設定する方向だそうだ。 ディスプレイオーディオ標準装備化について最後に一言 これって、今後すんなりと受け入れられて行くんだろうか・・・? 若い人はスマホをかなり使いこなしているが、車の購入層と一致するのかね? 隼人さんだってスマホはあんまり使いたくない派。 ましていちいち、まともな音楽を聴く為に車とUSB接続するなんて面倒くさいでしょう。 スマホの端子が持つのかね? また、常時通信している事によって、車での行動が筒抜けになってしまうね。 悪意のある団体もしくは個人がその情報を利用する可能性は否定出来ない。 無料のアプリを使うっていうのは、自分の情報を売り渡しているのと同じ事だからね。 「この人はいつもあそこに行く人だからこんな広告をだそう!」 「この人の行動パターンのスコアは何点・・・。 」なんてAIから見張られる。 お~怖い、コワい! いずれにしても、これからの情報・通信また自動運転などの進歩の過程として、当然の成り行きなのは理解は出来るのだが、なんか拒否反応が出てしまうのはおじさんの証明なのだろうか。 (苦笑) 今後の展開を見守りたいです・・・。 今回はざっと書き流しましたので、近々にさらに掘り下げた続編を書きたいと思ってます。 文句ばかり言っても始まらないので実際の性能も検証して行きたいです。 <追記> さてトヨタディスプレイオーディオの実際の実力はどうでしょうか? よろしければ下記からどうぞ!.

次の

トヨタ ディスプレイオーディオ 疑問を解決 社外 ナビメーカーどうする?

トヨタ ディスプレイ オーディオ

なんでディスプレイオーディオ推しなのか 今までのようなナビじゃなくて、そもそもなんでディスプレイオーディオを投入してきたのか。 それには避けられない現実が大きな理由になっていました。 車離れならぬ、ナビ離れです。 ユーザーに車を購入してもらうと同時にナビをオプションで選んでもらえると、販売店に入る利益は増えます。 これには「ナビ単体の利益」と「ナビを付ける工賃」が含まれていますし、これに付随してバックカメラ・ETC・ドラレコももろもろセットになるケースが多いです。 しかし、このナビ市場が大きく低迷してきています。 2018年の平均ナビ売上金額が、2025年には50%までダウンすると予想されています。 トヨタの販売店オプションのナビは、実は毎年フルモデルチェンジしていて、これに掛かるコストは相当なものです。 しかし、せっかく莫大なコストを掛けても社外品のナビを購入してしまうユーザーがいたり、スマホの普及と進化によって純正オプションのナビを敬遠するケースが急増しています。 今の時代、スマホ1台あれば音楽も聴けますし、常に最新データのナビをアプリで簡単に利用できてしまいますからね。 これらの事から、 「だったら取り外しができないナビを標準装備にしちゃえ」という答えに辿りついたという訳です。 それがディスプレイオーディオです。 ここでちょっと暗い話をしますが、トヨタがディスプレイオーディオを標準装備にする事で、ナビに関する製造メーカー(特に販売店オプションナビに携わっていた下請け)は死活問題となります。 トヨタが今回の様に方針を変える度、それまで仕事を請け負ってきた下請け会社が倒産してしまって路頭に迷う人間が星の数ほどいる事を是非忘れないで頂きたいです。 ディスプレイオーディオ採用の車種【ライズとロッキー】 ディスプレイオーディオじゃなくて社外ナビは取付できないのか? はい。 出来ません。 厳密に言うと、標準装備となっている車種は出来ないということになります。 ディスプレイオーディオ本体の裏にある配線は「 わざと超複雑にされている」らしいのであまり現実的ではありません。 標準で装備されているディスプレイオーディオの超複雑な配線をわざわざ全部とっぱらって、さらに別の配線が必要な社外ナビを取り付ける必要があるので、 工賃だけでも相当な金額となりそうです。 ちなみに社外ナビであれば、オートバックスやイエローハットよりもネットであればさらに安く購入することが出来ますよ。 ディスプレイオーディオはそもそも、将来的に減少していくナビ関係の利益を食い止める為に新しく開発・考案した対策となりますので、簡単に取り外しができてしまったら意味がありませんからね。 そして、社外ナビのメーカーにはカロッツェリア・アルパイン・パナソニック・ケンウッド等がありますが、これら社外メーカーも今後のナビ市場が縮小していく事は予想しているはずです。 儲かるかどうかも分からないのに、わざわざ新しく一から開発するとも考えにくいです。 若者のクルマ離れが問題になっていますが、それはナビなどのAV関係にも言える事って知っていましたか?車に興味が無さすぎて、今では「憧れの馬鹿でかい四駆」「VIPカー」「ヤン車」「ドリ車」に乗りたい若者なんてほとんどいません。 これと同じように、「スピーカーに拘りたい」「デットニングがなんちゃら」「ウーファーはケンウッド」など、ひと昔前の若者が絶対に拘っていたAV関係にもほとんど興味がありません。 ただでさえ減益となっているこれらのメーカーが、ディスプレイオーディオに対抗してコストを掛けまくるとは到底思えないのが私の意見です。 ディスプレイオーディオ採用の車種【TJクルーザー】 トヨタのディスプレイオーディオ機能・ベース機能編 ナビ機能は装備されていませんが、トヨタからリリースされている TCスマホナビというアプリをBluetooth接続することで、ディスプレイオーディオ画面にナビが反映されます。 その他必要最低限のオーディオ機能が可能。 (利用料金0円)• USB外部入力• Miracasto対応• LINEアプリ• LINE MUSIC• auうたパス• radiko ただし、iPhoneやアンドロイドの機種・バージョンによっては使えない事案が多発中なので要注意。 ディスプレイオーディオもしくはスマホのバージョンアップを繰り返すうちに問題は解決されるが、それには時間が掛かる事も予想されます。 ディスプレイオーディオ採用の車種【CHR】 トヨタのディスプレイオーディオ機能・有料オプション編 上記で紹介した機能にプラスして、 初期費用として30,000円を払い、スマホをUSB接続する事によって便利な機能が広がります。 テレビ機能• マップアプリ(iPhoneのみ)• Googleマップ• Yahoo! カーナビ(iPhoneのみ)• ナビタイム(iPhoneのみ)• Waze• 電話アプリ• メッセージアプリ• 音楽アプリ• ラジオアプリ テレビは必ず見たい人、スマホでの操作をディスプレイオーディオで行いたい場合や、自分の気に入ったアプリを使用したい場合にはこちらの有料オプションの加入が必要。 ディスプレイオーディオ採用の車種【RAV4】 トヨタのディスプレイオーディオ機能・T-Connectナビキット編 従来通りのナビ操作ができる上記のエントリーナビキットの機能にプラスして、より贅沢で便利な機能が利用できるようになる。 取付に約11万円必要。 ディスプレイオーディオの標準機能も並行して利用可能。 従来通りのナビ操作(ハイブリッドナビ・Tルート検索機能付)• VICS受信• eケア• ヘルプネット• マイカーサーチPlus(毎月200円必要)• 地図更新• エージェント• リモートメンテナンスメール• オペレーターサービス(毎月300円必要)• オペレーターサービスPlus(毎月500円) マイカーサーチPlusとは(毎対200円)• うっかり通知(鍵・窓の閉め忘れ)• リモート操作(ドアロック・ハザード点灯の遠隔操作)• リモート確認機能• 停車位置確認機能 オペレーターサービスとは(毎月300円)• 目的地の代行設定• JAFの手配 オペレーターサービスPlus(毎月500円)• オペレーターによるホテル・レストランの案内と予約• 国内空港券の予約• レンタカー手配 エントリーナビキットにしろT-Connectナビキットにしろ、ナビ機能を使いやすいのは間違いありません。 ナビキットはアプリのように細かい道や曲がり角を案内しないように出来ていますので、運転の苦手な方にとってもオススメです。 有料の追加オプションは絶対に必要な機能ではありませんが、自分に必要性があれば選択して頂ければいいです。 当初の予定とは若干の変更があって、現在ディスプレイオーディオが採用されている車では車種間でデフォルトの機能が違ってくるので注意が必要です。 ディスプレイオーディオ採用の車種【ヤリス】 スマホでディスプレイオーディオを操るなら保険もスマホで管理 車に乗っている時には、ほとんどの時間スマホを触っている事になります。 いちいちグローブボックスの中から説明書を出すことも無くなりますし、目的地も操作方法も全部オペレーターが教えてくれます。 車のほとんどをスマホで管理しなければいけないので、そのついでに保険もスマホで管理しましょう。 保険証券どこ行った?事故しちゃったけどどこに電話すればいいの?そもそも保険料高くない?といった不満や不安を解消しましょう。 スマホで申し込み、スマホで証券を管理し、何かあったらそこへ連絡できるので超便利でしかも安ほとんどの方が安くなりますよ。 そもそも携帯代は節約しているのに、なぜ自動車保険は節約しないの?どれくらい安くなるかだけでも1度把握しておいて損はありませんよ。

次の