無一郎呼吸。 時透無一郎の技、霞の呼吸の全型を画像付で解説!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

【悲報】時透無一郎が死亡!理由とシーンについて解説!【鬼化はしていません。】

無一郎呼吸

時透無一郎のプロフィール・人物像 使用する呼吸:霞の呼吸 日輪刀の色:白 誕生日:8月8日 年齢:14歳 身長:160cm 体重:56kg 出身地:東京府 奥多摩郡 大岳山(現:奥多摩 大岳山) 趣味:紙切り、折り紙(死ぬほど飛ぶ紙飛行機を作れる) 好きな物:ふろふき 登場当初は起伏のない性格で、常にぼーとしていることが多かった。 幼少期の頃の記憶がなく、この記憶は炭治郎の言葉をきっかけに思いだすことになる。 記憶が戻ってからは、笑顔が増えた。 記憶を取り戻す前は自分勝手な性格であり何事にも無頓着であった。 時透無一郎の過去は? 双子の兄である有一朗と共に育ち、両親とは死別をしている。 生まれは剣士でも何でもなく、杣人で生計を立てていた。 人里離れた山の中に住むごく平凡な家庭だった。 兄は無一郎と瓜二つの外見をしていたが性格は正反対で、言葉がきつく冷酷だった。 「情けは人のためならず 誰かのために何かしてもろくなことにならない」と両親の行動を批判していて、常に不機嫌な表情をしていた。 有一郎に対し、無一郎は 「人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ」 とかつて父が言っていた言葉を返していた。 この言葉は炭治郎とのやりとりと酷似しており、この言葉によって過去の記憶が一瞬よみがえったため動揺をしたのだと思われる。 ある日あまねが双子の家を訪ねた、その理由は無一郎の家は。 「始まりの呼吸の子孫」 であったことで鬼殺隊に誘いにきた それに対し有一郎は「なにか企んでるに決まってる」と追い返してしまう。 無一郎は鬼殺隊に有一郎を誘うと有一郎は激高。 自分の忠告を聞かず無理を通して死んだ両親と無一郎がそっくりだと言い 「人を助けるなんてのは選ばれた人間にしかできない」 「俺達にできることは犬死にと無駄死に」と反対する。 有一郎と無一郎は次第にすれ違い、まったく口を聞かなくなってしまう。 あまねはその後も通っていたが、有一郎が追い返し続けた。 ある日鬼が襲撃し双子を襲った。 兄に致命傷を負わせた鬼の 「いてもいなくても変わらないようなつまらない命なんだからよ」 の言葉に対して激高をした無一郎は鬼を返り討ちにした。 有一郎は 「どうか弟だけは助けてください 弟は俺と違う心の優しい子です 人の役に立ちたいというのを俺が邪魔した」と弟の無事と安寧を神仏に祈り 「無一郎の無は無限の無」という言葉を残し死んでしまった。 そして無一郎はその日訪ねてきたあまねと産屋敷の令嬢達に救護されるまで、 目の前で最愛の兄に蛆が湧き腐っていく様を自分の体にも蛆が湧きながら死の淵で見続けた。 この出来事で心身ともに深いショックを受けた無一郎は記憶喪失となり、更に新しいことを覚えていることもままならない状態となってしまった。

次の

時透無一郎(ときとうむいちろう)の技(呼吸)一覧【鬼滅の刃】!天才剣士が使う華麗なる剣技

無一郎呼吸

柱に2ヶ月で登りつめた天才剣士 時透は日の呼吸の使い手の子孫であり、刀の才覚に恵まれた血統です。 生まれ持った血統と並外れた鍛錬により、短くとも2年はかかると言われる柱に、約2ヶ月で登りつめます。 無一郎の来歴・活躍 刀鍛冶の里編 縁壱零式を使った訓練のため、刀鍛冶の里を訪れていた無一郎。 極秘な土地である里には平和な空気が流れていましたが、突如 上弦の鬼「玉壺」「半天狗」が襲来。 その場にいた炭治郎、甘露寺蜜璃、玄弥とともに戦いに挑みます。 しかし切れ味の悪い刀で戦ったことにより、水獄壺に閉じ込められてしまいます。 死を覚悟した無一郎でしたが、土壇場で小鉄が無一郎を命がけで救助。 小鉄の行動をきっかけに失った記憶を取り戻し、 痣を発現して玉壺の単騎撃破に成功します。 無限城編 産屋敷にもとに鬼舞辻無惨が襲来。 隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。 無一郎は無限城内で、祖先である黒死牟と対峙。 上弦の鬼である黒死牟に、仲間3人と共に立ち向かう玄弥ですが、呼吸と血気術の両方を扱う黒死牟に、圧倒されてしまいます。 しかし、土壇場で 無一郎の刀が赫刀化し黒死牟を攻撃。 大きな隙を作り出し、首を切断するチャンスを作り出すのでした。 激闘の末、無一郎は亡くなってしまいます。 主役級キャラクターの紹介記事 無一郎オリジナルの技。 高速移動と低速移動を繰り返し、敵を撹乱させた隙に、鬼の首を切断します。 時透の過去と記憶 木こりの家庭に生まれる 無一郎は、八王子に住む杣人 木こり の家庭に生まれます。 木を切る仕事を手伝いながら、双子の兄「有一郎」を含めた4人で暮らしていました。 両親が死に兄と2人暮らしに しかしある日、母が肺炎にかかり亡くなってしまいます。 一方で父は、肺炎を治すために薬草を取りに行った際、崖から転落して死亡。 10歳で、兄と2人暮らしになります。 冷たい言葉を使う兄との生活は、息が詰まるようでした。 突如訪れる兄の死 11歳になった頃、2人は夜に鬼に襲われます。 鬼により有一郎の腕が切断され、怒りに我を忘れた無一郎は、朝日が登るまで鬼の頭を潰し続けました。 鬼を倒した後、這うように家に戻った無一郎が見たのは、瀕死の兄の姿。 意識がほぼない有一郎は「 無一郎の無は無限の無なんだ」という言葉を最後に残し、息を引き取ります。 鬼への憎悪から鬼殺隊へ 体を動かせない無一郎は死の淵を見ますが、運良く産屋敷一族に保護されます。 しかし 最愛の兄が死んだことで、記憶を失います。 一方で鬼に対する怒り・憎悪は、体に深く刻み込まれており、忘れることはありませんでした。 こうして無一郎は、鬼殺隊入隊を決意するのです。 時透推しになるエピソード2選 先祖「黒死牟」との激戦 無一郎は、上弦の壱「黒死牟」との戦いで亡くなります。 無一郎の祖先である黒死牟は、柱3人と玄弥に対しても互角以上に戦う、まさに最高峰の鬼でした。 黒死牟との激戦の中で、無一郎は透き通る世界と赫刀を発現。 首を克服した黒死牟に致命傷を与えますが、その過程で両腕・片足・胴体を切断されてしまいます。 最終的に黒死牟を倒すことができますが、それの代償として無一郎は息を引き取るのです。 あの世で兄「有一郎」と再会 14歳で生涯を終えた無一郎は、あの世で兄「有一郎」と再会。 しかし兄から告げられたのは「こっちに来るな、戻れ」という言葉でした。 兄が無一郎を拒絶したようにも解釈できますが、無一郎を傷つけるためではなく「無一郎に長く生きて欲しかった」という愛情から出た言葉だったのです。 「幸せな人生だった」と告げる 一方で無一郎は、頑張ったことを兄が褒めてくれないことに困惑します。 仲間のために命をかけ、逃げずに戦ったことを後悔していません。 「無駄死にだ」と兄に辛い言葉をかけられながらも、家族・鬼殺隊の仲間と過ごした時間を思い出しながら「自分は幸せだった」と兄に告げます。 イチョウが降り注ぐ中最後を迎える 無一郎が無駄死ではないことは、有一郎も心の底で理解していました。 しかし深い愛情ゆえに厳しい言葉を使ってしまった有一郎。 無限の可能性を秘めた無一郎に、誰よりも生きて欲しいと願っていたのです。 涙を流しながら「ごめん…。 だけど無一郎だけは死なないで欲しかったんだ」と伝えます。 そして最後は「長寿」という花言葉を持つイチョウが降り注ぐ中、2人が抱き合うシーンで幕を閉じます。 現代にて転生者が登場 現代編にて、転生者と思われる人物が登場。 再び双子として生まれ変わり、有一郎と共にベビーカーの中で仲良く眠る姿が描かれています。 現代編の子孫・転生者について 過去が明らかになる14巻 無一郎の初登場巻は6巻。 そして14巻では、無一郎が記憶を失った理由・過去、上弦との戦いが描かれています。 U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃14巻を読むことができます。 無一郎について詳しく知りたい方は、以下のリンクから14巻を無料で読みましょう! 時透の担当声優・プロフィール 声優は河西健吾さん 時透無一郎の声を担当されたのは「河西健吾」さんです。 慎重勇者のマッシュや転生したらスライムだった件のゲルミュッドなどを演じられています。 プロフィール 名前 時透無一郎 階級 霞柱(かすみばしら) 誕生日 8月8日 身長 160cm 体重 56kg 出身地 (東京都 八王子 景信山) 趣味 紙切り、折り紙 好きなもの ふろふき大根 登場人物の現在の生存状況はこちら 主役級キャラクターの紹介記事.

次の

鬼滅の刃 呼吸と技の一覧まとめ!柱・主要キャラの名前と合わせて徹底解説

無一郎呼吸

鬼滅の刃霞の呼吸一覧:全型はどれだけある? 鬼滅の刃で使われている内在する力を最大限に発揮するのが、全集中の呼吸。 すべての呼吸の元となっている日の呼吸から火・水・風・雷・岩が派生しています。 そのうちの 風の呼吸からさらに派生されたのが、霞の呼吸です。 高速移動から繰り出される技の威力は本当に強力で、その動きに無駄がありません。 >> 霞の呼吸の斬撃は、 まるで霞がかった霧のようです。 上弦の伍である玉壺との戦いで使用した、 霞の呼吸で唯一の突き技です。 玉壺の血鬼術「水獄鉢」から脱出するために使いましたが、不発に終わってしまいました。 こちらも上弦の伍である玉壺との戦いで使われ、捕らわれていた水壺から脱出できました。 上弦の伍・玉壺の血鬼術で生み出された毒をもつ魚が降り注いだ時に、見事にそれを跳ね飛ばしました。 上弦の壱・黒死牟には躱され刀を奪われた上に、その刀で刺されてしまったシーンは印象的です。 スライティングに近いようなイメージですね。 上弦の伍・玉壺との戦いでは、玉壺の編み出したタコ足をみじん切りにしていましたね。 姿を見せる時は 亀のように遅く、姿を消す時は瞬き一つの間とのこと。 しかし上弦ノ壱・黒死牟には全く通じませんでした。 霞の呼吸の使い手は時透無一郎だけ? 鬼滅の刃で霞の呼吸を使えるのは、 鬼殺隊の柱の一人である時透無一郎のみ。 柱になるためには十二鬼月を倒すか、鬼を50体倒すことが条件です。 なんと時透無一郎は、わずか2ヶ月で柱まで上り詰めた天才剣士。 それなのに 14歳という若さで柱を務めているほどの実力者。 十二鬼月の上弦ノ伍を討伐するほどの実力があり、鬼殺隊の最高位にふさわしいですね。 >> 霞の呼吸を使う時透無一郎は変化していく性格? マイペースだと思われがちな時透無一郎ですが、とことん効率的かつ現実主義。 そして、 自分の中の優先順位を譲らない性格をしています。 また、あまり人との関わりが上手くありません。 「柱合裁判」の緊迫した場においてさえ、「あの雲の形、何て言うんだっけ」などと関係ないことばかり考えるほどのマイペース。 一方で、過去に何らかの理由によって 記憶喪失となっていることが明らかになっている。 そのため 「失った記憶は必ず戻る 心配いらない」と励ましてくれた産屋敷の存在を心の支えにしており、彼が認めてくれた柱としてその責務を果たすという意思がとても強い。 しかし炭治郎の言葉や周りの人と関わっていく中で、かつての父の過去や記憶を思い出します。 それ以降から、性格が軟化していくようになるのです。

次の