こんにゃくの黒いつぶつぶ。 なんだって!こんにゃくはそのまま作ると白くなる。黒くするため、ひじきなどの海藻類を添加!

こんにゃくの黒いツブツブの正体を知ってる?予想外のモノが含まれていた!

こんにゃくの黒いつぶつぶ

蒟蒻(こんにゃく) 蒟蒻(こんにゃく)の漢字表記には「菎蒻」もあります。 蒟蒻(こんにゃく)は、サトイモ科のコンニャクイモや、その球茎からつくられる食品になります。 蒟蒻(こんにゃく)の原料となるコンニャクイモの主産地は群馬県で、第2位は栃木県・第3位は茨城県です。 日本のコンニャクイモの約95%は北関東で生産されています。 蒟蒻(こんにゃく)と呼ばれる食品は、コンニャクイモに含まれる「コンニャクマンナン」という多糖を糊化してアルカリ液で凝固させたものです。 蒟蒻(こんにゃく)は、強い弾力のプニプニとした独特の食感が特徴です。 蒟蒻(こんにゃく)は低カロリー食品として注目されています。 蒟蒻(こんにゃく)のカロリーは300gで約21kcalです。 低カロリーの食品で食物繊維も豊富なので、健康食品・ダイエット食品として人気があります。 昔から蒟蒻(こんにゃく)を食用としてきた主な地域には、日本・中国・ミャンマー・韓国などのアジア各国があります。 最近の和食ブームに伴って、蒟蒻(こんにゃく)は低カロリーの健康食品として欧米にも人気が広がりつつあります。 次に、蒟蒻(こんにゃく)が黒い理由・蒟蒻(こんにゃく)の白と黒の違い、などの紹介をします。 蒟蒻(こんにゃく)が黒い理由 蒟蒻(こんにゃく)の白と黒の違いを分かるために、蒟蒻(こんにゃく)が黒い理由を紹介します。 蒟蒻(こんにゃく)が黒い理由は、「ひじき」などの海草が入っているからです。 昔の蒟蒻(こんにゃく)は生のコンニャクイモで作っていたので、皮が入り見た目が黒っぽく粒も入っていました。 江戸時代になり蒟蒻作りの技術が発展して、コンニャクイモを精製した粉に出来るようになり、粒から蒟蒻(こんにゃく)を作るようになって大量生産が出来るようになったようです。 コンニャクイモの精製粉には皮が含まれないので、完成蒟蒻(こんにゃく)は粒がなくて白色になりました。 白色蒟蒻(こんにゃく)を好まなかった西日本では、「ひじき」等の海草粉末で色をつけてから、生芋コンニャクと同じ色味にして販売するようになりました。 蒟蒻(こんにゃく)の白と黒の違いは好みになります。 現在でも、西日本は黒蒟蒻(こんにゃく)で、東日本は白蒟蒻(こんにゃく)が中心になっているようです。 次に、「しらたき」と「糸こんにゃく」のことを紹介します。 「しらたき」と糸こんにゃく 蒟蒻(こんにゃく)が黒い理由は、「ひじき」等の海草粉末で色をつけているからです。 蒟蒻(こんにゃく)の白と黒の違いは好みです。 西日本は「黒こんにゃく」が、東日本は「白こんにゃく」が好まれているようです。 「しらたき」と「糸こんにゃく」の違いが気になりませんか。 関東では材料を細い穴から押し出してから凝固させて作る細い糸状のこんにゃくを「しらたき(白滝)」と呼んでいました。 関西では板こんにゃくを細く切って糸状にした物を「糸こんにゃく」と呼んでいます。 製法の違いもあるので、「しらたき」と「糸こんにゃく」は別物と言われていましたが、現在では「糸こんにゃく」も細い穴を通す製法になっています。 その為、「しらたき」と「糸こんにゃく」を区別する方法はなくなったとされています。 現在では、細い糸状の蒟蒻(こんにゃく)を、主に関東地方では「しらたき」、関西地方では「糸こんにゃく」と呼んでいるようです。

次の

コンニャク

こんにゃくの黒いつぶつぶ

こんにゃくの黒いつぶつぶの正体はひじき!?なぜ入れるの? こんにゃく芋を皮ごと使うこんにゃくは、元々は薄黒く染まっています。 しかし、こんにゃく芋を皮ごと材料に使うと、アクが強過ぎて、調理の時にアク抜きなどの手間がかかります。 なので最近では、黒いこんにゃくは白いこんにゃくの原材料の製粉化したこんにゃく粉を使って作ることもあります。 こんにゃく粉だけで作ると白いこんにゃくができてしまうので、本来黒いこんにゃくに見られるつぶつぶを再現するために海藻を使っているんですね。 黒いこんにゃくには、海藻の中でもひじきを粉砕して混ぜることが多いです。 ひじきを入れることで、ひじきのつぶと色素がこんにゃくに混ざって、本来の黒いこんにゃくのような姿になります。 ですから、こんにゃくにひじきを入れるのは「こんにゃくを黒くするため」だったんですね! こんにゃくの黒と白の違いは?作り方、栄養成分に差はあるの? スーパーに行くと黒いこんにゃくと白いこんにゃくが並んでいますが、どっちを買うかいつも悩みます。 こんにゃくの黒と白は、見た目以外に何か違いはあるんでしょうか? 実は、西日本と東日本では、こんにゃくの製法や好みの違いがあるんですよ! 黒いこんにゃくは主に西日本で人気があり、消費量が多いんです。 私は東日本の出身ですが、黒いこんにゃくを買うことが多いですけどね(笑) もともと黒いこんにゃくは、生芋を皮ごと使って作ります。 しかし、最近は白いこんにゃくにひじきを混ぜたものが「黒こんにゃく」と呼ばれています。 一方、こんにゃく粉で作られる白いこんにゃくは、東日本で多く消費されています。 白いこんにゃくの材料は、皮を剥いた生芋を乾燥させて製粉化したこんにゃく粉なので、匂いや アクが少なく、黒いこんにゃくと比較すると食べやすくなっています。 ひじきの入っている黒いこんにゃくと白いこんにゃくは、原材料は同じなので、栄養成分としては大きな違いはありません。 しいて言えば、ひじきに含まれるわずかな量の鉄分やマグネシウムの差ぐらいです。 なので、黒いこんにゃくか白いこんにゃくかは、料理の見栄えや、好みで選べば良いですよ。 こんにゃくと生いもこんにゃくの違いとは? 製粉されたこんにゃく粉で作られるこんにゃくと、生芋を皮ごと使うこんにゃく。 ローカロリーでグルテンフリーなのは、こんにゃくも生芋こんにゃくも同じです。 では、こんにゃくと生いもこんにゃくにはどのような違いがあるんでしょうか? まず、見てわかるとおり、色が違います。 こんにゃく粉から作られたものは白く、こんにゃくの生芋で作られたなまいもこんにゃくは皮も混ざっているので、黒ずんだ色になります。 いわゆる、生芋こんにゃくとは、元祖「黒こんにゃく」です。 そして、こんにゃく芋の皮が加わると芋のアクが増します。 ですので、生芋こんにゃくは、一般的には調理前にアク抜きや湯通しなど、下ごしらえが必要です。 栄養分は、同じこんにゃく芋を使っているにもかかわらず、若干違いがあります。 こんにゃくの皮の部分には、カルシウム、食物繊維、セラミドが多く含まれています。 そのため、生芋こんにゃくは普通のこんにゃくに比べると、カルシウム、食物繊維、セラミドが含まれていると言えます。 さらに、生芋の皮にはリン、鉄、亜鉛も、こんにゃく粉より若干多く含まれています。 特に女性には必要な栄養分が摂れるので、できるならなまいもこんにゃくを選んで、積極的に食べるといいですよ。 なまいもこんにゃくは、普通のこんにゃくよりもアクが多めですが、私は逆にそれが好きだったりします(笑) あと、食感も、普通のこんにゃくはツルンとしていて、ちょっと噛みにくいし、煮汁が染みこみにくいですよね。 一方、なまいもこんにゃくは、比較的弾力性が弱くてやわらかく、煮物にしたときにも味が染みこみやすいです。 なので、私はなまいもこんにゃくを好んで買うことが多いです。 箸で掴みやすいし(笑).

次の

こんにゃくの黒い粒の正体は?生芋による作り方と粉末の違いは?

こんにゃくの黒いつぶつぶ

こんにゃくというと、大きく分けて白いものと黒っぽいつぶつぶが入ったものがあるのをご存知ですか。 実はこの白こんにゃくと黒こんにゃく、地域により好みが分かれるようです。 「おでんの定番『こんにゃく』は何色か」についてウェザーニュースでアンケート調査を行ったところ、次のような結果となりました。 都道府県別にもっとも多い回答を色分けしてみると、東北周辺では白いこんにゃくがメジャーなのがよくわかります。 それ以外は「黒」が優勢ですが、特に東海や四国では、8割以上の人が「黒」と答えるなど、「黒」が圧倒していました。 ちなみに、「赤」は滋賀県の八幡周辺で食べられている珍しい「赤こんにゃく」のことです。 「白」と「黒」を決めるつぶつぶの正体は? 白こんにゃくと黒こんにゃくを比べて見ると、黒こんにゃくには黒いつぶつぶが入っているのがわかります。 これは一体何でしょうか。 管理栄養士の柴田聡美先生に伺いました。 「こんにゃくはもともとはこんにゃく生芋から作られていました。 生芋のこんにゃくの色のベースは灰色で、作る際に皮などがはいって黒っぽくなります。 これが本当の黒こんにゃくです。 時代を経て、こんにゃくは江戸時代、生芋を製粉化したこんにゃく粉から作られるようになり、この粉が真っ白なため、できたこんにゃくは白こんにゃくになったわけです」 柴田先生 また、西日本で「黒」が主流の理由も教えてくれました。 「西日本では昔から、生芋から作られた黒こんにゃくが食べられていたため、こんにゃく粉から作られる白こんにゃくは好まれなかったようです。 そこで、こんにゃくメーカーがこんにゃく粉に海藻の「アラメ」「ヒジキ」「カジメ」の粉末で色をつけ、生芋こんにゃくに似せたのがはじまりだそうです。 つまり、黒いつぶつぶは海藻の粉末というわけです」 柴田先生 女性に嬉しい健康効果 また、こんにゃくには美容や健康が気になる女性に嬉しい効果が期待できるそうです。 「こんにゃくには、コンニャクマンナンという体内で消化されない食物繊維が含まれます。 これは胃や腸の中で水分を吸って膨張し、便秘解消や血糖値の上昇を抑える効果があると言われています。 また100g食べてもわずか7kcalしかないので、ダイエット効果は抜群です」 柴田先生 年末年始の食べ過ぎ飲み過ぎでウエスト周りが気になる方は、この冬、鍋やおでんなどで積極的にこんにゃくを食べてみてはいかがでしょうか。

次の