背中 から 腰 の 痛み。 背中の痛みの主な原因 〜 『背筋の筋肉疲労、筋肉痛』について

背中と腰の間が右だけ痛いです|ヘルモア

背中 から 腰 の 痛み

麦茶様、こんにちは。 大森北田中鍼灸院の田中です。 >今日朝起きたら、背中と腰の間あたりが右側だけ痛くなっていました。 ジンジン痛むということですので、おそらく内臓系の疾患ではなさそうですが、 内臓の機能低下によって(特に右側の場合)胃腸などの消化器系の負担があると痛む場合はあります。 今回の場合、どういう動作で痛むのか?動かなければ痛くないのか?じっとしていても痛むのか?が分かりませんが、 可能性として言えることは「背部の捻挫」又は「ぎっくり腰」など考えられます。 ビニール袋に氷を入れて痛みのある部分に10~15分ほど冷やしてください。 その後、外して皮膚温が元に戻ったらまた冷やしてください。 これを2~3回繰り返してください。 先にも言いましたが胃腸などの負担によっても痛みが起きやすい部分ですので、脂っこいものや偏食など暴飲暴食をされている場合は食生活を見直すことも必要です。 運動は胃腸などの運動を活発にしますので今後の再発防止にもオススメです。 以上三点を注意してみて実践してみて下さい。 また何かございましたらお気軽にご相談ください。 大森北田中鍼灸院 田中 麦茶様・・・初めまして・・ 大阪府寝屋川市の総合整体院カワカミの川上です。 マッサージしてみて下さい。 実際見てないので分かりませんが疲れが溜まった り、運動不足、寝不足等々でびっくり腰になる場合 もあります。 時間があるようであれば毎日ウォーキングをするといいですね。 少しでも参考になれば幸いです。 健康の基本は足元から・・・のカワカミです。 麦茶様。 こんばんわ。 英気治療院の阿部です。 今回のご相談は 「背中の痛みに対する対応」かと思います。 <結論から> 安静にして変化がないのであれば病院へ行く必要があります。 安静耳痛は一番危険です。 寝違いでなくても、背中を違えることはあります。 お風呂に入る、冷やすなどされてみてくださいませ <考えられる原因> 筋肉の引きつりの可能性 首の向きなどの無理によって背中に痛みが出ることはあります。 内臓の問題 肝臓以外にも肺や胆嚢などの臓器もあります。 また、近くの内臓以外にも反射として他の臓器の影響を受けることもあります。 神経の問題 あばらの近くであれば、神経痛の可能性もあります。 <すべきこと> まずは悪化する動きや状態を見つけてください。 痛みに過敏になっているので、楽になることよりも探しやすいです。 温め違和感があれば冷やしてみてください。 <まとめ> いかがでしょうか? 持病や内臓の関連に思い当たることがなければ、体の変化を観察されてくださいませ。 もし、ご自身でもわからない場合は、専門家に見てもらいましょう。 少しでも麦茶様が楽になっていただければ、幸いです。 英気治療院 阿部英雄 麦茶様、おはようございます。 春か菜整体~陽(はる)の佐久間です。 >背中と腰の間が右だけ痛いです 情報が少なすぎて仮定でお話させていただきます。 「背中と腰の間の右側だけがじんじん痛い」のですね。 内臓が炎症を起こしているのであれば、肝臓・腎臓・膵臓・腸のあたりではないかと思います。 特に背中側に痛みや痺れのような感覚がある場合は、膵臓の炎症を疑った方がいいので、一度 病院で検査を受けてみて下さい。 実際にお体を観ていないので推測でしかありません。 因みに、肝臓が炎症を起こす理由の一つにお酒の飲み過ぎが原因のように言われることが多いですが、整体ではアレルギー体質の方や、毒虫などの中毒症状が出た際も肝臓の機能が低下するため、アルコールとの関係だけとは言い切れません。 もし身体が冷えている様なら、温めること、痛みがある箇所に熱がこもっている様なら、冷やしてください。 それ以外のケアは、お臍に輸気を10分入れるか、鳩尾が硬くなっているようなら弛めるなどすると良いかと思います。 その方法の一つに、腹式呼吸をゆっくりと行って下さい。 ご参考になりましたら幸いです。 お大事になさってください。 春か菜整体~陽(はる) 佐久間智子 初めまして。 那岐整骨院(西宮市)と申します。 背中が急に痛い時に考えられる事は、胆石等の結石の痛み、内臓疾患、帯状疱疹、肋間神経痛等が挙げられます。 病院で診察して、問題ないとなれば肋間神経痛と思います。 肋間神経痛は下部胸椎に問題が有ります。 下部胸椎の深層部の筋肉が過緊張して神経や血管を圧迫(絞扼症状)して神経症状が出ています。 そして、胸椎の動きも悪くなり姿勢の歪みも起こり痛みが出ています。 原因は、ストレス、季節の変化(秋)、疲労、軽微な胸椎を痛める事等(寝違い)が起因しています。 そして、体型や姿勢の歪みが素因となって起こっています。

次の

腎臓の痛みの原因は?背中や腰に痛みがある場合は病気?

背中 から 腰 の 痛み

タップできる目次• ぎっくり背中の前症状【痛みレベル低】 ぎっくり背中は急に背中に激痛が走りますが、僕の場合は本格的な発症前から「我慢できるくらいの痛みや違和感」を背中に感じていました。 具体的には以下のような症状でした。 首を下に向けると首元から背中にかけて痛みを感じる 普通に背筋を伸ばして歩く分には痛くないのですが、階段で下を向いたり少し屈むと首元から背中にかけて痛みを感じていました。 くしゃみや息を吸うと背中が痛い くしゃみや大きく息を吸うと背中が痛いと感じるようになりました。 ですが普通に呼吸する分には痛みは感じず、普段と変わらないという症状でした。 痛みやつるような感覚は背中の左側だけ 背中の痛みや、つるような感覚は背中全体ではなく、背中の左側だけに感じるものでした。 今まで生きてきて感じたことのない感覚だったので気持ち悪かったですね。。。 ぎっくり背中になった夜から翌朝にかけての状況 発症してから翌朝病院にいくまでの経過は以下のとおりです。 痛みがマシになる体勢を見つけて維持する 仰向けになっていましたがこの体勢が一番が突っ張った感覚がありきつかったです。 眠るために、痛みがマシになる体勢になる必要がありました。 僕の場合は、横向きで上側の腕を十字に伸ばすし背中を丸める体勢が合っていました。 この体勢にすると背中の痛みがマシになりました。 体勢を維持するとなんとか眠りにつけました。 (眠るまで3~4時間格闘していました... ) ぎっくり背中で朝起き上がるのに30分格闘 目覚めると背中の激痛はなく、昨晩よりは症状がマシになっていました。 しかし、横向きの状態から素直に起き上がろうと体勢を変えると、背中へ痛みが走ることが分かりました。 体が動かないわけではないので痛みに耐える気合いを入れれば、なんとか体勢変更はできました。 とはいっても横向きからうつ伏せへの体勢変更だけに30分格闘していました... その後のうつ伏せから起き上がるのは割とすんなりいきました。 背中が伸びた状態なら痛みを感じず、背中を少しでも曲げると痛みが走るという状態だったのです。 病院(整形外科)でレントゲン撮っても異常なし 病院に行き症状を伝えましたがレントゲンには何も映らないので特に異常なしと診断されました。 病院に行く前にネットで症状を調べており、ぎっくり背中の症状と合致したことを医者に伝えますがリアクション薄かったです(笑) 医者も「ほんとに痛いの?」という感じでした・・・若い医者だったからなのかぎっくり背中が正式な病名でなく認知されなかったのかは今でも分かりません。 ぎっくり背中は背中の靭帯・筋肉の炎症なのでレントゲンでは異常なしと診断されたのでしょう。 引用:ロキソニンS錠(第一三共ヘルスケア) ロキソプロフェン(Loxoprofen)、プロピオン酸系の消炎鎮痛剤。 商品名はロキソニン(Loxonin)で、第一三共が発売し、後発医薬品も各社から発売されている。 現在、日本・メキシコ・ブラジルでよく使用されている抗炎症薬の一つである。 主に変形性関節症、慢性関節リウマチ、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、筋肉痛、腰痛、急性上気道炎、歯痛、手術後の鎮痛に用いられる。 引用: 病院で痛み止めのロキソニン錠60mg 第一三共 を処方されました。 処方してもらったロキソニンを飲むと痛みがなくなり楽になりました。 昨晩あんなに苦しんでいたのが嘘のように。 寝返りしても痛くないことに感動しました(笑) 病院ではロキソニン錠60mg 第一三共 を処方されましたが病院に行く時間がなければ、市販薬のロキソニンS錠(第一三共ヘルスケア) で様子を見てもよいかもしれません。 冷シップで患部の炎症を鎮める 患部の炎症を鎮める冷シップを処方されました。 昨晩、背中にジンジンとした熱さがあったのは炎症を起こしていたからでした。 処方してもらった冷シップを背中に貼り冷やします。 背中を温めない 病院では、入浴方法についても指示がありました。 それは「シャワーは浴びてもいいけど湯舟には浸からないでね」というものでした。 冷シップで炎症を鎮めようとしているので、それに逆行する入浴は避け背中を温めないようにするのは当然ですね。 楽な体勢(横になって背中を丸める)で安静に ぎっくり背中は安静にすることが一番大事で一番効果のある治し方です。 背中を無理に動かさないようにすることが重要です。 自分で見つけた背中が楽な体勢(横になり背中を丸める)ただただ安静にしました。 寝る時もこの体勢で寝るようにしていました。 ぎっくり背中の原因 ぎっくり背中になった原因についてです。 一つの要因ではなく複数の要因が絡み合って発症すると思います。 一つでもぎっくり背中になる要因を減らして発症の可能性を減らしたいです。 長時間同じ体勢で起こる体の歪み デスクワークで長時間同じ体勢や、肘を付いて横になりながらスマホなど、長時間同じ体勢を続けることが多かったです。 このような長時間の同じ体勢は背中に負担がかかっていました。 自己流の無理なストレッチ 僕が発症した直接の原因は、長時間の無理な姿勢からくる背中のハリ解消のためにおこなったストレッチでした。 そのストレッチも自己流で、背中を力任せに思いっきり伸ばして… ストレッチがストレッチになってなく背中を傷めるだけの動作になっていたかもしれません。 猫背、姿勢が悪い 普段から猫背気味で姿勢が悪く、背中の筋肉が固くなっていたことも要因のひとつだと考えられます。

次の

背中と腰の間が右だけ痛いです|ヘルモア

背中 から 腰 の 痛み

それほど激しい痛みはなく、以下の様な症状が見られます。 筋肉痛のような鈍い痛み、うずく痛みを感じる• 背中の張り、コリ、だるさ、重さなどの違和感を感じる• 背中の筋肉が硬くなっている 初めは背中や腰まわりに軽い痛みを感じたり、背中がなんとなく疲れる、だるい、重苦しい感じがする、いつもよりこっている、などの不快感を感じます。 放置していると徐々に痛みが強まっていく傾向があり、突然強い痛みに襲われることもあります。 病院で診察を受け、X線撮影(レントゲン)でも背骨や神経に異常がなく、血液検査による内臓疾患も見当たらなければ、多くの場合 「筋筋膜痛症候群(きんきんまくつうしょうこうぐん」と診断されます。 難しい病名ですが、筋肉疲労による痛みの総称です。 一般的な肩こり、腰痛などもこれに分類されます。 1.「過度の運動」や「運動不足」 背中の筋肉「背筋」を使う運動をたくさん行うと、筋肉疲労による痛みを引き起こします。 いわゆる筋肉痛です。 背筋は普段の生活でも常に使われていますが、物を引っ張ったり、持ち上げたり、前かがみの姿勢をする時に特に負荷がかかります。 若い頃から部活動やスポーツをあまりしていなかったり、運動嫌いの人、運動不足の人ほど背筋が弱く、少しの運動で痛みが起こりやすくなります。 2.肩・背中・腰回りの筋力不足 背中の筋肉が弱い人は、日常生活において姿勢を維持するだけで筋肉が疲労し、背中や腰の痛みを起こします。 また、背骨は首から腰にかけて伸びており、首・背中・腰の筋肉で背骨をまっすぐにして姿勢を維持しています。 首や腰の筋力が弱いと、その分を背中の筋肉でカバーしなければならず背中の筋肉が傷みやすくなります。 筋力をつけることは、単に大きな負荷に耐えられるだけでなく、筋肉の収縮作用により血行が良くなる効果も期待できるため、背中の痛みの防止に役立ちます。 3.「不適切な姿勢」と「同じ姿勢の継続」 背中を丸めた前かがみの姿勢や中腰の姿勢は、背中と腰への負荷が特に大きく、筋肉が大変疲労します。 腰が弱くなることで更に背中の負担が増す悪循環にも陥りやすくなります。 また、例え姿勢が良くても、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続けると、筋肉が長時間緊張した状態になり、更に皮膚と筋肉が圧迫されて血行も悪くなるため、肩・腰・背中に疲労がたまります。 特にパソコンを使った仕事は、視神経と筋肉の緊張が長時間続き、ストレスも大きいため要注意です。 4.腰痛・肩こり 肩こりや腰痛になると、間接的に背中の痛みを発症しやすくなります。 は背中痛の原因として非常に多くみられるものです。 首から背中上部にかけて痛み、悪化すると背中や腕の痛み・しびれ、頭痛や吐き気などの症状が出ることもあります。 腰痛持ちの人は、普段の生活で無意識に腰をかばった動作をすることが多く、腰の負担を減らしつつ姿勢を維持するために背中の筋肉が酷使されます。 その結果、背中の痛みを生じやすくなります。 5.背中の冷え・更年期障害 背中が冷えると、血行(血液の流れ)が悪くなり、筋肉のコリやこわばりの原因になります。 エアコンの冷風や冷え性などによる以外にも、更年期障害やストレスによるホルモンの乱れ・減少によっても起こります。 (参考:) こうした危険因子については、別項で更に詳しく解説しています。 日常生活いおいて背中に負担となるような姿勢は動作は極力避けつつ、シップを貼って痛みがひくまで安静にしたり、マッサージを受けるなどの対策で治療できます。 また、背中痛が慢性的なものにならないよう、予防も含めて自分の生活習慣を見直しましょう。 軽めの運動やストレッチを習慣づけて運動不足解消したり、背筋を鍛えるトレーニングを行ったり、普段の姿勢に気をつけ、1時間に一度は姿勢を変えたり休息を取るなど、筋肉の緊張をほぐす対策が有効です。 運動やトレーニングをする場合は、最初から一生懸命やりすぎると、かえって筋肉痛になってしまいます。 症状が良くなってから、小さな負荷で少しずつ継続して行うことが大事です。 腰痛や肩こり、姿勢の悪さ、ストレスなどが原因となっている場合は、こうした要因を取り除くことが先決です。 根本的な原因が解消されない限り、薬やマッサージで一時的に症状がよくなっても、すぐに痛みが再発する可能性が高いです。 自分の体の状態や普段の生活を振り返ってみて、何が背中によくないのかしっかりと把握した上で改善を図りましょう。 激痛をともなう「ぎっくり背中」 背中のこりが現れ、徐々に痛んでくる「筋肉痛」のような症状以外にも、突然前触れもなく背中に" 足をつったような" 強い痛みを感じるケースがあります。 日常の何気ない動作をした瞬間に突然背中に激痛が走り、その発症の仕方がぎっくり腰に似ているため、俗に 「ぎっくり背中」と呼ばれることもある症状です。 頭、腕、肩、腰などを少し動かしただけでも強く痛むため、夜も寝返りがうてず、咳やくしゃみの振動でも痛みが走ります。 ぎっくり腰と同じで、入浴時は体への負荷が減るため症状が和らぐという特徴があります。 軽めの筋肉痛や筋肉疲労でも、何度も繰り返していると背骨に無理がかかり、ぎっくり背中やなどを発症しやすくなります。 痛みがひどい場合は椎間板の変性も同時に進んでいると考えたほうが良いでしょう。 たかが筋肉疲労と甘く見るのは禁物です。 痛みをこじらせないうちに、早めに予防と治療の措置をとりましょう。 安静にしたり、マッサージや鍼(はり)治療を受けるといった方法は、筋肉を休ませたり血行を良くすることで、現在表面に出てきている痛みを解消したり和らげる効果はあります。 しかし慢性痛に対しては、あくまでその場しのぎの一時的な処置であり、数日で痛みが戻るようになります。 完治のためには、背中の負担となっている悪い生活習慣の改善を図ることが必要です。 運動のしすぎが原因であれば、痛みがよくなるまでは運動を控えめにしたり、安静を保つことが必要です。 運動不足が原因なら、安静やマッサージによって症状が和らいできたら、小さな負荷によるトレーニングやストレッチ、軽めの運動が効果的です。 姿勢の悪さが原因と考えられるならば、姿勢の矯正や作業合間の休憩やストレッチで背中の緊張をほぐすことを習慣づけるよう努力しましょう。 慢性化した痛みは解消まで時間がかかるため、すぐに結果を求めず、焦らずに少しずつ体質や環境を改善してゆきましょう。 「ぎっくり背中」のような、激しい痛みをともなう症状が出た場合は、症状がおさまるまで数日安静を保つのが基本ですが、1週間経っても全く症状が改善しなかったり、日常生活に支障をきたすほど症状がひどい場合は、別の病気や障害が潜んでいる可能性もあるので、できるだけ早く整形外科を受診しましょう。 症状が更に進行しているため、治療にはより長い期間が必要となります。 加齢に伴う自然な老化現象の一つでもあるため、無理に完治は目指さず、少しでも痛みが和らげばそれで十分と考えたほうが良い結果をもたらします。 前向きな気持ちになったり、運動やマッサージによって心地よさを感じることで、快楽ホルモンが分泌され、痛みが和らぐ効果があることが科学的に証明されています。 逆に、完全に痛みが消えないと納得できないといったふうに神経質になってしまうとよくありません。 悩みやストレスは体の機能を調節する自律神経などの働きを鈍らせ、痛みを増幅させてしまいます。

次の