バスター ハチェット。 【ラグマス】メテオWizの最終装備の考察

【ラグマス】カート型BSの装備考察

バスター ハチェット

ホワイトスミスとは? ホワイトスミスはラグマスの上位2次職の1つです。 マーチャントからブラックスミスへと転職し、その後上位2次職としてホワイトスミスになります。 マーチャント系の職業なので、カートを持つことができ、アイテムを通常よりも持ち歩くことも可能です。 斧がメイン武器ということで他の職業とは少し違ったところがあります。 ホワイトスミスの基本性能 ラグマスのホワイトスミスは 補正ステータスとしてSTRが高くなります。 そのため、攻撃力が上がりやすい職業とも言えるでしょう。 この他にもホワイトスミスの特徴として 武器やアイテムを製造できるという部分があります。 これは他の職業ではすることができずに、属性武器を作れるのはホワイトスミスだけです。 それだけではなく、消費アイテムなども作れるスキルがあり、グレードアップで使うアイテムにもなっています。 そのため、製造に必要なDEXやLUKも補正値が高めに設定されています。 ホワイトスミスのメリット ホワイトスミスのメリットは他のマーチャント系の職業と同じくカートを持ち歩くことができることです。 これだけでは、アイテムを多く持ち運べるとうだけなのですが、ホワイトスミスにはカートを使ったスキルが増えます。 カートストライクはカートレボリューションとは違い、属性が乗るスキルです。 それだけではなく、ゼニーを消費して使うことができる オーバートラストマックスなど大きく火力を上げることが可能です。 PVPでもメルトダウンで相手の武器を破壊できるので、GVGでも活躍できる場所があります。 ホワイトスミスのデメリット ホワイトスミスの大きなデメリットとして、 ブラックスミスのスキルをメインにして戦わないといけないことです。 他の職業には上位2次職になると強力な攻撃スキルがあったりします。 しかし、ホワイトスミスが覚える事ができるカートストライクなどといった攻撃スキルもそれほど攻撃力が高くありません。 そのため、マーチャントのカートレボリューションやブラックスミスのバフスキルをメインにして戦う必要があります。 ブラックスミスの延長線上でしかない、というのが一番のデメリットです。 おすすめビルドとスキルステ振り AGI戦闘型 立ち回りかた AGI戦闘型は基本的な立ち回りは 自動戦闘が多くなり、ボス戦などではなくフィールドモンスターを倒すのに適しているビルドになっています。 AGI戦闘型は攻撃速度を上げて戦うスタイルになるので、耐久力は低く、攻撃は避ける必要が出てきます。 フィールドモンスターと戦うときの攻撃速度は圧巻であり、自分でバフを掛けて攻撃を行うことでダメージを稼ぐことができます。 しかし、説明した通りボスやレベルの高い敵になると攻撃を避けることができなくなってしまいます。 そのため、AGI戦闘型をやりたいと思った人はアイテム集めと割り切った方が良いかもしれません。 おすすめステータス AGI戦闘型というだけあり、 AGIが重要なステータスになります。 最終的にはSTRもAGIも99にしたいところですが、まずAGIへとある程度振ることをおすすめします。 そして、攻撃速度を確保した後にSTRを先に99にすることで攻撃速度と攻撃力を持ち合わせることが可能です。 命中力に当たるDEXですがスキルの武器研究を習得すると自然と上がっていくのでそこまで重要ではありません。 LUKに関してはクリティカル率に関わってきますので、最後に上げるのも良いでしょう。 スキル振り例 スキル振りとしてはマーチャント時代は攻撃ができるスキル振りにしましょう。 カートを使うために チェンジカート、攻撃にカートレボリューション、カート強化が重要なスキルです。 ブラックスミスではバフをメインに オーバートラスト、アドレナリンラッシュ、ウェポンパーフェクションを覚えます。 そして、 スキンテンパリングと武器研究を覚えておくとよいです。 カートストライクはホワイトスミスでもメインスキルになるので必須と言えるでしょう。 ホワイトスミスのスキルはオーバートラストマックスを覚えておけば問題はありません。 その他にアイテムを集めたいのであれば貪欲を覚えると便利です。 おすすめ装備 マーチャント時代に覚える カートレボリューションもまたホワイトスミスのメイン火力となります。 そこで、おすすめなのが ベチェルアックスです。 ベチェルアックスはAGI型に重要なAGIが上がるだけではなく、カートレボリューションが5%で自動発動の他にカートレボリューションのダメージが15%上昇します。 自動戦闘がメインとなるであろうAGI戦闘型におすすめの武器になっています。 この他にもホワイトスミスはルーン解放でカートストライクの攻撃力が増し、火属性の攻撃力を上げることもできます。 そこで、スキンテンパリングで火属性ダメージを上げる能力を持つバスターハチェットもおすすめです。 おすすめペット おすすめのペットはヨーヨーになります。 ヨーヨーはスキルで攻撃速度UPを持っています。 このスキルがAGI型と相性が良いのでぜひヨーヨーを使ってみてください。 この他にも 耐久が不安なのでオークウォーリアーもまたおすすめになります。 VIT戦闘型 立ち回りかた VIT戦闘型の特徴は攻撃を避けるのではなく、攻撃を耐える戦い方です。 AGI型よりもボスと戦うことに向いているビルドと言えるでしょう。 しかし、ナイト系といったタンクの本職には勝てないので無理は禁物です。 攻撃に関してもAGI型よりもゼニーを消費する戦いになりやすいのがVIT戦闘型です。 おすすめステータス VIT戦闘型は優先的にVITを上げるとよいです。 しかし、STRを上げて攻撃力を上げたいので、AGI戦闘型と同じくある程度VITへ振った後、先にSTRを99まで上げましょう。 VIT型はAGI型と違って攻撃速度が速くありません。 そのため、STRを上げて攻撃力を上げることも重要になってきます。 スキル振り例 スキル振りはAGI戦闘型とあまり変わりはありません。 しかし、ここで マーチャントのメマーナイトを覚える事を視野に入れましょう。 メマーナイトはゼニーを消費してモンスターにダメージを与えるスキルですが、10まで上げると非常に大きなダメージを与える事が出来ます。 それだけではなく、カートストライクと同じく属性が乗るスキルなので、敵の弱点を突きやすくなります。 ホワイトスミスではハートライトを習得しておくとよいでしょう。 人間系のモンスターのダメージを軽減させるスキルですが、人間型のモンスターも少なくはないので役に立ちます。 おすすめ装備 装備に関しては カートストライクなどをメインにするのであれば、火属性を選んでバスターハチェットがおすすめです。 この他にも VITを上げるためにゴヴニュの鎧などといった装備を選び、耐久度を上げておく方がよいです。 アクセサリーなどもタフネスネックレスといったVITを上げる装備がありますので、こちらもおすすめです。 おすすめペット VIT戦闘型は自分自身で耐えることができるタイプのビルドです。 そのため、 物理防御力を上げることができるサベージベベがおすすめです。 PVP型 立ち回りかた PVP型はどちらかというとGVGに参加する人が選ぶビルドになってくるのではないでしょうか。 PVPをする ホワイトスミスで大切なのは、味方が戦いやすくするようにするという部分です。 ホワイトスミスのバフは自分自身だけではなく、PT全体にも効果があるものです。 そして、特徴として敵へとデバフを付与させることもできるので、上手く狙っていきましょう。 おすすめステータス PVP型のおすすめのステータスは VIT戦闘型に近いものになっています。 PVPではホワイトスミスも近接戦闘をしなければいけないので、相手の攻撃を耐えなくてはいけません。 しかし、ホワイトスミスはアタッカーではないので、PVP型にするときはVITを優先的に上げておきましょう。 そして、敵に攻撃が当たるようにするためにDEXにもある程度振ることが大切です。 スキル振り例 PVP型はVIT戦闘型に近いスキルになるかもしれませんが、 一番重要なのはバフスキルとデバフスキルです。 ブラックスミスではアドレナリンラッシュやオーバートラスト、ウェポンパーフェクションといったスキルを覚えることをおすすめします。 そして、重要なのがホワイトスミスの メルトダウンです。 メルトダウンは相手をメルトダウン状態にするスキルで、物理防御力、攻撃力を下げることができるようになっています。 一番大きいのは相手の武器や防具を破壊することができるという部分です。 装備は強さに直結する部分であり、そこを破壊できるというのはPVPで大きな意味を持ちます。 そして、それは相手も同じことなのですが、ホワイトスミスは武器修理を覚えると破壊された武具を修理することが可能です。 おすすめ装備 おすすめの装備は 人型のモンスターや対人のダメージが上がる装備です。 PVPを遊ぶことで入手することができるマルコシアスシリーズが標準で対人ダメージの上昇や、相手からのダメージ減少がついています。 カードなどを吟味すると非常に大変になりますが、初心者の人や集めるのが大変という人はこちらから集めてみるのはいかがでしょうか。 おすすめペット PVPではペットを使うことができません。 そのため、おすすめするペットはいません。 製造型 立ち回りかた 製造型に立ち回りはないと言えるでしょう。 正直に話すと 製造型を最初に選ぶことはおすすめしません。 ラグマスではステータスを再度振り直すことができるアイテムがあるので、製造型にしたい場合はそちらをおすすめします。 どうしても製造型で戦いたいと言う場合は自分よりもレベルの低い相手を選び、カートレボリューションやメマーナイトを使って戦うようにしましょう。 おすすめステータス 製造型のステータスは非常に極端になっています。 アイテムを作るために必要なステータスはDEXとLUKの2つだけです。 そのため、製造型はDEXとLUKどちらも99を目指す様にしましょう。 そして、もし製造型で戦うのであればある程度STRに振っておくことで戦闘が楽になります。 スキル振り例 ここではスキル振り例となっていますが、アイテムを製造できるスキルは必須になっています。 武器製造、魔石製作、合金製作の3つは必ずマックスまで上げましょう。 そして、これらの成功率を上げるために武器研究、金属研究、制作マスターを習得します。 これらでスキルポイントがギリギリになるので、製造型はこれらのスキルで固まってしまうかもしれません。 おすすめ装備 おすすめの装備は製造に必要になってくる DEXが上がる装備です。 比較的簡単に作ることができるタイツが鎧にはいいのではないでしょうか。 この他にもオルレアンの手袋もDEXが上がる装備になっています。 残念ながらLUKを上げる装備はないので、注意してください。 おすすめペット 残念ながら製造に関するスキルを覚えるペットはいません。 そのため、戦うときにペットを使うのであれば防御力を上げることができるサベージベベがおすすめです。 まとめ ホワイトスミスに関する情報の説明と解説をしましたが、いかがだったでしょうか。 ホワイトスミスは戦う事に関して弱いというイメージが出来てしまったかもしれません。 しかし、お金を気にしないのであればオーバートラストマックスやカートターミネーションなどを思い切り使うこともできます! ホワイトスミスも色々なビルドがあるので、ぜひ試してみてください!.

次の

ラグマス EP5.0 武器合成一覧

バスター ハチェット

紹介した武器の装備とかは後日マイセット紹介で載せます…。 アイスボーン発売から3週間と少しが経ちました。 発売日に購入したモンハンファンの皆さんはもうとっくにMR上限を解放している頃かと思います。 僕の周りの友人たちも続々と解放しているのですが、よく言われることがありまして。 「とりあえずMR100まで上げたらいいのはわかるけど全然上がらないし、作業ゲーになりそう。 なんか上げやすい方法とかこれやっとけとかいうこととかないの?」的なことです。 確かに。 僕も同じ感想でしたね。 MR70までは割と地獄でした。 MRの上げ方を当時ググったところ、どこのサイトでも出てくるのはやはり導きの地に潜ること。 確かに導きの地のモンスターを倒して得られるMRポイントには補正がかかっているので効率は良いですが、正直作業ゲー感ありませんか? それと個人的には今作の強い武器防具が作成できるボーダーがMR70だと思っていて、正直なところそれまで色々な防具を作ったとしても結局MR70までの繋ぎになってしまう可能性があると思っています。 ですので装備作成もあまりモチベが湧かず、かといって導きの地にこもっていてもボーダーとなる地帯レベル6までは上がらないし 作業ゲーになっちゃう、と少しペースダウンした時期がありました…。 てなわけで、モチベ維持、というか単にMRを上げることだけが目標にならないよう、ランク別でやったほうがいいと思っていることをまとめておこうと思います。 まぁ、最終的には絶対導きの地になっちゃうんですけどね…。 それは申し訳無いですが避けては通れぬ道なので、頑張りましょう。 〜MR50まで〜 MRを解放して最初のランクキャップが49でかかります。 そこで任務クエが発生し、クリアすることでMRが69まで上がるようになり、導きの地の地帯レベルの上限も4から5に引き上げられます。 あくまでも作業ゲー化してくるのはある程度進めてからなので、最初はワクワクしながらの探索が進むことでしょう。 採取できるアイテムや剥ぎ取りアイテムなどが見たことない名前だった時は僕も声出るぐらい驚きましたし興奮したものです…。 さて、どのぐらい探索するかですが、オススメは 森林地帯をレベル3まで上げてを解放することです。 奴の防具はかなり優秀なので、絶対に早い段階で解放すべきです。 また、その最中におそらくも解放できている事でしょう。 オウガ防具は個人的には実用性はそこまででもないですが、以前当ブログでも紹介したヘビィを筆頭に、武器が一部強力なのである程度狩っておくのもいいと思います。 しかしそうはいっても一部の武器防具は優秀で、中にはゴール性能であるものも存在します。 そんな武具達をここでは紹介します。 いつか使う可能性が高い、と思われますので是非作っておくことをオススメします。 名称の後に括弧書きで部位がありますが、個人的な作成優先度です。 左なほど高くなってます。 ・EXカイザー(腕、頭、腰、胴、足) 言わずと知れた達人芸装備です。 闘技場などモンスターがあまり移動せず、継続戦闘時間が長引くステージであれば最も火力が高くなると言えるでしょう。 ただし付いてるスキルは微妙です。 推奨武器:剣士全般 ・EXゾラマグナ(頭、胴、腰、腕、脚) 3つつけるとシリーズスキルで 砲術・極意が発動します。 なんと砲術スキルがレベル5まで伸びるようになります。 今作はの砲撃が結構強く、また最近巷ではラスボスのボウガンを使って徹甲を単発自動装填してぶっ放す立ち回りが流行っており、砲術スキルは需要が高くなりました。 チャアクの超出力ぶっぱの立ち回りは弱体化と斧強化の登場により逆風を受けていますが、まだ斧強化に慣れていない方、昔の立ち回りが好きな方は是非是非作るべきだと思います。 前述の通りに導きの地を進めていればガルルガの脚は作れますので是非作っておくことをオススメします。 どのパーツも非常に汎用性が高いです。 ただ、なんだかんだレックスロアが作れるようになると使用頻度は落ちます…。 推奨武器:全て ・EXダマスク(腰、腰) 集中と多めのスロットがウリの装備です。 大剣やチャアクなど集中スキルが必要な武器にオススメ。 ハンマーにつけても悪くはないとは思いますが、個人的には溜め2を撃ちたい場面もそれなりにあることと、愛用している武器なので溜め時間が変わると感覚が狂うので不要かなと思ってます。 4部位シリーズスキルの 冰気錬成は、攻撃していない間ゲージが溜まり、溜まり具合によって攻撃力が上がり、攻撃をするとゲージが下がるという仕様になっており、手数武器と相性が悪く、逆に大剣との相性は抜群です。 この冰気錬成のおかげで、抜刀大剣は今作でしたと言っても過言ではないと思います。 前述したダマスクを組み込み、護石を匠の護石にしてラスボス大剣を担げばそれだけで倒せない敵はほぼいなくなるでしょう。 腕は超2と災禍転福と1スロ1つor超2と4スロ1つのどちらかを選べます。 ほぼ腐らないスキルなので優秀だと思います。 僕は転福・回避珠を持っているのでこのパーツ1つで災禍転福が3になります。 このスキル、結構強いと思ってるんですがどうでしょうか? 強敵は属性やられ、瘴気やられ、裂傷など何かしらの状態異常をもっていますが、それを克服することで力に変えられるわけです。 仮に何もないような敵でも、気絶ですら治れば発動する仕様なので腐る場面はほぼありません。 要検証ですが可能性は結構あると思っています。 推奨武器:の関係ある武器全般 その他、レックスやディノなど優秀な装備がありますが個人的には使用頻度が低いので除外します。 最低限、と言う意味で上記を紹介させていただいたので、他にもケースバイケースで作成すべき装備はあります。 テンタクルとかね。 ただシルソルに絶対抜かれます。 〜武器編〜 ・無相-不動- 抜刀大剣のみの立ち回りならおそらく最強。 威力アリそこそこ紫ゲージアリ。 ただし紫ゲージはとっても短い。 ザルファシュレッダーも候補ですがこの段階だとパーツ強化が満足に行えないのでこれ一択かと。 ・天地無双刀 長い白ゲ、高い防御ボーナス、高めの攻撃力と、ラスボス武器から瞬間火力を奪って使いやすくしたような武器。 個人的には飛竜刀【月】のが好みですが毒が効かなかったり物理が特に有効な敵なら快適に狩れる。 切れ味が微妙だが高めの物理攻撃力も有している。 サポート片手に適しています。 高めの爆破属性を備えているため敵を選ばない活躍が見込めます。 レア度が10なのでカスタムも簡単かつ回数を重ねられるので優秀。 ・屍銃槍ヴァルスピサ 放射レベル6のガンス。 起爆竜杭と溜め砲撃の組み合わせは優秀で、龍封力も兼ね備えているためにもうってつけ。 スロも2,2でレア度も11なので、もしかしたら放射ガンスのゴールはこれかも。 ・盛者必衰-散華-および回光返照-天道- 徹甲を自動装填するライト、およびです。 ワールド初期の斬裂弾を連想させるレベルで強く、クリ距離なども特に考えず頭にぺちぺち当てるだけなので一部の敵は作業ゲーと化します。 火力は最高ではないですがなによりスタンがとれまくるので安定感が半端ないです。 もしかしたら修正くるかもしれないので今のうちに使いたい人は使っておきましょう。 ・ブランハチェット 低めのレア度、高い属性値、そこそこの白ゲ、そして今作では確保しづらい低レベルスロットも備えている優秀な属性。 テンタクルとラヴィーナを複合させて属性特化にし、オロンに担いで行ってます。 結構瞬殺できるのでオススメ。 順番にやっていけば回避、不動の2つに行き着くと思います。 さて、ここまでやればMR50と言わず、70も見えてくるのではないでしょうか。 ここからは上記をこなしても70に到達してない方向けです! 〜MR70まで〜 MR50に上がると、導きの地の地帯レベルが5まで上がるようになり、 ナナテスカトリの調査クエに参加できるようになります。 未検証ですがナナテスカトリが探索に出現するようになるのもここからかもしれないですね。 で、何をやるかというと、 導きの地です…。 導きの地が5に上がると、危険度2扱いの歴戦モンスターが登場するようになります。 それで何ができるかというと、霊脈玉、および霊脈の剛竜骨が入手可能になるのです。 どちらも非常に重要な素材で、まず真っ先にできることといえばレア度11の防具のカスタム強化です。 優秀なガルルガ脚、ダマスクなどを最終まで強化できますし、霊脈の剛竜骨を使うとオウガヘビィを始め、いくつかの強い武器を最終強化することができるようになります。 カスタム強化も結構視野に入ってくる頃ですので、5まで上げることができるようになったらまずはそこまで上げるべきだと思います。 結局導きの地かよ…となってしまい申し訳無いですが、結局今作で強くなるには導きの地をやるしかないのです。 ただ、当記事で紹介していることをやれば導きは最低限だけでMR目標に達すると思います。 また前述のようにナナテスカトリも出現しますので、彼女の武器を強化するのもいいでしょう。 さて、色々と書きましたので、ここまでこなした方はMR70を迎えているのではないでしょうか? 目安は特定の導きの地が1つレベル5、森林が2か3、あとは1ってとこでしょうかね。 ガルルガに関して触れましたので、森林はあげていただいてると思います。 ちなみに上げるオススメ地帯は陵珊瑚です。 レベル7でネロマしてカスタム回復をするのに使います。 このぐらいまでいけてれば70になったときスムーズに地帯6にあげれるでしょうし、装備も整っていると思います! ではラスト、100までです。 といってもやることはほぼ同じかとは思いますが…。 〜MR100まで〜 MR70に到達したらもう言わずもがなですが、ティガ亜種、リオ希少種、傷ガルルガが解放されます。 ぶっちゃけ、こいつらの装備を作ってれば勝手にMR90は超えてきますので、MR上げという作業は必要ないように思います。 傷ガルルガはレア11武器にカスタム回復をつけるのに素材が必要なので、強いからと逃げずにちゃんとやりましょう…僕も逃げてますが。 というわけで、まずはレックスロア、そしてなんの武器を使っているかにもよるでしょうが、金レイア武器、そしてシルソル、傷ガルルガと揃えていくとスムーズだと思います。 ティガ亜種は頭破壊しちゃえば原種よりやりやすい(個人の感想です)ので、まずはここからでしょうね。 自分で出せない場合、オンラインで探すとMR70になっていれば他人の導きの地に参加できますので、それでコンプしましょう!切断は控えましょうね! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 予想以上に長くなってしまい、書くのにも相当時間がかかってしまいました…。 今回はこの辺で失礼したいと思います。 ではまた! ryoryo09.

次の

リィさんのホム研究日誌

バスター ハチェット

カート型BSの最終装備 物理攻撃に関連する事をできるだけ上げて、1確での狩りができるようにする。 カートストライクのルーンをある程度取れば、窓手で1確狩りができるようになります。 土属性以外の相手にはそこまで火力がでないので他の武器を使いたいです。 しかし、特化武器は複数あるのですが汎用性のある武器であまり良いものがありません。 課金斧を育てて使うのが一番だと思われます。 ただ、攻撃力が上がるわけではないので後回しでOK。 ただ、攻撃力が上がるわけではないので後回しでOK。 C級冒険者になっている必要あり。 カート型BSの最終装備の考察まとめ 現状、通常殴りで戦うには厳しい職業なので、スキル狩りが主流になっていると思います。 ルーン解放でダメージを上げやすい、カートレボリューション・カートストライクを使って狩りを行う事が多いと思いますので、Atkの値が非常に重要性が高いです。 現在実装されている斧・鈍器は汎用性のある武器が少ないので、課金ガチャ斧が素のAtkが高く最強だと言われています。

次の