バジル ハダニ。 ハダニの駆除や予防対策は?どんな生態?農薬で退治する方法は?

ハダニは人体に影響ある?皮膚の症状や対処方法

バジル ハダニ

植物に詳しい方、是非教えてください。 マンションのベランダでバジルを2鉢育てています。 7月に購入した苗からで、だんだん枯れて来てしまいました。 毎朝水やりしています。 最初は、葉っぱが葉脈を残してなくなってすかすかしていくような感じで、調べたらハダニかもしれないと、もうだいぶ進んでしまってから薬をまきましたが変わりません。 暑さもあるのか枯れは進行していき、ある日2匹毛虫が付いていたので取りました。 それからは毛虫は見ませんが、葉っぱに食べられた跡が付き、もともとすかすかした葉っぱだったのでもうほとんど無い状態になってしまいました。 茎はありますが、もう駄目でしょうか。 水や液肥でよみがえる様子はないですが、しばらく続けると良いですか? ベランダにはウッドタイルを敷いていて、建物前の大きな木の木陰もあり、超高温にはなっていないと思います。 でも、35度も超えたこの夏の暑さでは難しかったでしょうか。 イタリア料理を良く作り、バジルを育てるのが夢だったので是非やりたいのですが・・・ どうぞ、宜しくお願いします。 ユーザーID: 1534025099 どのように育てられているかわからないので原因になりそうなところを。 1、鉢を買ってきてから植え替えましたか? 7月スタートという段階で少し遅いかな?という印象です。 バジルは1年草なので花が咲いたら枯れますよ。 7月の苗だと育ちすぎて鉢の中の根がぱんぱん、なイメージがあります。 大きめの鉢に移してあげないと根が混んでいて呼吸ができず枯れることがあります。 2、水のやりすぎかな? 土の表面乾いてますか?鉢の水はけはどうですか?水をやると鉢に水が溜まりなかなかしみこまないようなら土が悪いかも。 朝水をやってから直射日光は当たってないですか?鉢の中の水が高温になって根がゆだってしまったかも。 水や液肥とおっしゃっていますが、液肥は栄養であって再生させるための薬ではないです。 元気な状態でないと過剰な肥料は植物に負担をかけますよ。 根で吸収するのも体力がいるのです。 バジルを育てるのが夢なら来年春からやりましょう。 4月くらいに苗を買い、大きめのプランターに元肥入りの水はけのよい土をいれて植え替えをし土がかわいたら水をやる。 種がとれたら毎年新しい種で苗を作りましょう。 ユーザーID: 5262461025• バジル バジルは簡単なので失敗してもあきらめずに またチャレンジしてみてください。 暑さには強いので暑さの心配はあまりいらないかもしれません。 鉢が大きすぎて通気性が悪いと 根腐れを起こしている可能性もあります。 根腐れだと成長が遅く病害虫にも負けやすくなります。 水やりの前に鉢の重さを確認することでも まだ水がどれだけ含まれているか分かります。 一方土がカラカラでも すぐには枯れずにしおれてうなだれたりするぐらいなので 水不足にはそこまで神経質にならなくても良いかもしれません。 肥料はいくらかは必要だと思います。 ハダニはよく見ると小さい虫がいるので目で確認できます。 小さな蜘蛛みたいな生き物です。 やられると葉が白っぽくかすれていき もっとひどくなると糸が張られていきます。 水が苦手なので 水やりの際葉にもかけると増えにくいです。 食べ物なのでできるだけ薬には頼りたくないですね。 無農薬でも育てられますが 使うとしても「粘着くん」など自然派志向的なものがいいかもしれません。 バジルは元気な株なら 切って水に入れておくだけでも 数日ですぐに根が出てくるので簡単に殖やせますよ。 ユーザーID: 6748569422• ハダニでしょうか? 葉脈を残してすかすかとのことですが、ハダニでしょうか? ハダニは、葉の色がぬけていくような感じです。 葉の裏に、小さな点々があったら、ハダニです。 薬をまいたとのことですが、バジルは葉を食べるので、できれば使いたくないですよね。 それに、ハダニは霧吹きで水をかけるか、粘着くんくらいしかきかないように思います。 切って水差しで、根を出すこともできますが、もう9月なので、秋の終わりにはバジルも枯れてしまうので、ちょっと遅いかもしれません。 液肥は、弱ってるなら、控え目の方がいいかもしれません。 水は、乾いたらたっぷりとまだ涼しい朝の時間にあげるのが理想的です。 鉢が小さくなって、根づまりしてくると、バジルは株が弱るように思います。 私は、成長が悪くなってきたと思ったら、どんどん一回り大きいものに植え替えてます。 南向きのベランダで、今年は暑かったですが、茂ってます。 4月に種まきして育てました。 毎年、だんだんうまく育てられるようになったので、ぜひ来年、再チャレンジされるといいと思います。 今年よりうまくいくはずです。 種まきもおすすめです。 ユーザーID: 7477582504• 土が乾くとたちまち枯れてきますよ。 また水をやりすぎてもプラ ンターにカビが生え、バジルもこれにやられます。 肥料はどうですか?液肥を適量週に一度与えるか、月に一度追肥 をして下さい。 肥料が不足するとたちまち下の葉から枯れて行き ます。 ダニやムシが付いたら、まずマメに手で取り除く事。 害虫は夜 に活動するので、日が暮れてからが勝負です。 ライト片手に 頑張りましょう。 防虫ネットをかけてしまうのが一番効果的 かもしれません。 水で薄めた重曹は病気の予防に、エタノールに唐辛子を漬けて カプサイシン抽出液を作り、これを水で薄めた物は害虫よ けになります。 あと一つ。 摘心はちゃんとやりましたか?花が咲いてしまうと バジルの寿命はもう終わりです。 先芽を摘んで脇芽を増やし ましょう。 葉はどんどん増えて行きます。 トピ主のバジルがまだ元気なら、摘んだ枝をコップに入れて 根がでたら、プランターに移して又一から始められては どうですか? 私も素人なので参考になるかどうか・・? それではミッションの成功を祈る。 ユーザーID: 4034912390• 一年草 去年までバジル全然育ちませんでした。 今年は睡蓮鉢用にホテイアオイを買ってきて、育てていたら穴が沢山開き始めたじゃないですか。 それから毎朝、特に仕事が休みの休日は頻繁にじーとみていると、なんとバッタがいることに気がつきました。 それから出るわ出るわで、この夏、花壇から30〜40匹ほどのバッタを捕まえました(そんな大きな花壇ではないんですけど、葉っぱが穴だらけになっている・・・)。 アオムシなどもそうですが、臭いの強いバジルは大好物みたいですね。 そして捕まえているうちにバジルが今年は育ったんです! また最近は猛暑が続いたので、葉っぱに水をかけると枯れると思います。 葉っぱになるべくかからないように、土の方に水をあげる工夫はしました。 それ以外は外で放置状態です。 一旦、棒のようになったら駄目なのかなとは思いますが 今年はバッタに気をつけていたら復活しました。 可能性は低いかもしれませんが、 葉っぱがなくなる原因を探した方がいいかもしれません。 今年はバジルを使ってスパゲティをおいしく頂けました。 トピ主さんも頑張ってみてください。 ユーザーID: 3672338323• 暑いですもんね それはがっかりですね。 お住まいの地域がわかりませんが。 ベランダで鉢となると、水やり朝1回では足りないのでは? 我が家は南関東ですが、南西向き6号鉢位だと朝に下から流れる位 水やりしてもお昼前には土色がはっきり変わる程カラカラです。 暑い日には1日3回水やりしてます。 鉢の下から見て、根が回り過ぎてはみ出てたら、植え替えも必要かも。 虫の種類によって(ナメクジも)は、日中は土に中に潜り夜中以降 活動するものが多いです。 夜中に懐中電灯で探すと何かいるかも。 茎だけとのことですが、脇芽の出てくる成長点は葉の付け根にあります。 葉が残っているか、葉のあった場所(節っぽい)があり、水々しい 緑色であれば、これから季節もよいので期待が持てるのではないでしょうか? 最近ホームセンターでバジルの苗を見ました。 猛暑のせいにして 新しく買い替えることも考えてみては? もうだめかもという植物を復活させるのもガーデニングの醍醐味 ですよね。 がんばって下さい。 ユーザーID: 3143198841• お花を咲かせてしまったらいけません.花芽が出て来たら下の脇芽のすぐ上で切ります。 そうすると脇芽が育ってきます。 今、葉が無い状態で水をやっても、蒸散しないので土が湿った状態が続き根腐れの状態になります。 水やりは土がカラカラになってから。 (ハーブは乾燥がちで育つ)肥料もやらない。 (弱っている時に肥料をやるのは良く無い) 脇芽があるなら、それが育つ事に望みをかける。 虫については日頃から忌避剤を使う。 ニームの液体や自然の薬剤を使い、虫が発生したら、仕方なく殺虫剤を使う。 周りにバジル以外のハーブを植える。 私はセージやミント、レモンバームを植えてますが、嫌いな臭いの所には虫も来ません。 相乗効果で、どのハーブも健やかに育ってます。 来年は、これらを頑張ってください。 ユーザーID: 1906903649• 地域によるのでは? ご丁寧にたくさんのお返事いただき、本当にありがとうございます。 バジルが一年草ということを知りませんでした。 でも、花は咲いておらず、そういうプロセスを経ないで立ち枯れて行く感じだったので、寿命とはあまり思えないですが。 7月に購入したのがそもそも遅かったかもしれません。 購入時は大変元気な苗でしたが。 ハダニの薬は、食物に使われるものでできている薬です。 でんぷんのような。 液肥はこのような時はあまり良くないのですね。 水やりは、過度にならないようと思っていましたが、、一日何度もやった方がいいというご意見もありとても迷います。 葉にもスプレーで掛けています。 鉢も植え替えて大きさ不足ではないと思いますが。。 ハーブ用の、水はけが良いという土を使っています。 バジルは、ご意見にある通りそんなに難しくないと聞くので、何か基本的なことができていないのか考えてしまいます。 もし今回が駄目だったら、アドバイスを参考にさせていただき、来年以降早めに購入しやり方を変えてみます。 できれば種から育てたいです。 皆様、お忙しい中どうもありがとうございました! ユーザーID: 1534025099• 来年もう一度頑張りましょう 葉脈を残して知らない間に食べられたのでしたら、ヨトウガの幼虫やナメクジの可能性があるかもしれません。 見つけた毛虫は、ヨトウガの幼虫かもしれません。 奴らは、美味しい葉っぱを選んで、夜中に土の中から出て来てやわらかい部分を食べてしまいます。 朝くらいうちに起きて、出て来たのをとって捨てるしかないと思います。 ナメクジについては、ビールの飲み残しをおいておくと、翌朝その中に溺れていますよ。 でも、バジルは一年草。 ここ、九州では、すでに種が出来ましたので、今年のシーズンはもう終わるはずです。 来年の春に苗か種を勝って来て、新しい土に植え、防虫ネットをかけて育てましょう。 近くに木陰を作るほどの気があるとすれば、飛んでくる虫もいると思います。 来年は,プランターに沢山植えて、いろんなものに使って楽しみましょう。 ユーザーID: 4450796461.

次の

バジルに付いたハダニの対処法

バジル ハダニ

1はじめに バジルは比較的育てやすく、少量でもいろんな料理に活かせるので、家庭菜園でも人気の品目の一つです。 しかし、丹精込めて育てたバジルが収穫まじかで枯れてしまう…なんてことになるのは絶対に避けたいです。 そこで今回はバジルを育てるうえで気を付けるべき病気や害虫、そしてそれらへの対策方法をご紹介します。 2バジル栽培で注意したい病気 2. 1うどんこ病 うどんこ病では、葉に白いうどん粉をまき散らしたような斑点が出ます。 白は太陽光を反射してしまうので、斑点が広がると葉の光合成が妨げられ、成長が止まってしまいます。 うどんこ病は乾燥時に発生しやすくなりますが、カビの胞子は雨が当たることにより飛散して拡大するので、雨が降るたびに繁殖して患部が広がり、対処がさらに難しくなっていきます。 湿気が溜まるとカビの胞子が拡散しやすくなるので、罹患部位はすぐに取り除き、植わっている場所の風通しをよく保ちましょう。 発生初期であれば、木酢液や酢を水で薄めたものまたは重曹の散布で症状が消えることがあるので試してみてください。 2灰色かび病 灰色カビ病は、ボトリティス菌という風によって飛散する糸状菌が原因となる病気で葉、茎などに発生し、特に枯れた葉先、が主な伝染源となり、それらが落ちる時に接触した葉に病斑ができます。 初めに水浸状の病斑が現れ、時間が経過すると病斑部に灰白色〜褐色のカビが生じます。 ま 葉が茂りすぎていたり植わっている場所の風通しが悪い場合、湿気が溜まって胞子が拡散しやすくなります。 できるだけ風通しの良い場所で株間を空けて育て、成長して葉が多くなってきた場合には必要に応じて摘葉しましょう。 バジル栽培で注意したい害虫 3. 1ヨトウムシ ヨトウガという蛾の幼虫です。 孵化した幼虫はとても小さく、葉の裏から食害を始め、幼虫は大きくなってくると体の色が黒っぽくなります。 昼間は土の中に隠れ、夕方になると出てきて葉を食べ始めるので、朝気づいたら葉が食べられているけど虫がいない!という時はヨトウムシの可能性が高いです。 成長すると昼間は土の中に隠れているので、被害が出ているのに見つからないという場合は土の中を探して駆除しましょう。 薬剤での防除も有効です。 2アブラムシ 小さい黄色や黒色の虫で、繁殖力が高く大量に発生します。 主に葉の裏に群生して吸汁するので、葉の萎縮や生育阻害を引き起こします。 排泄物によって葉をベタベタにしてウイルス病を媒介したり、アリを誘因したりもします。 牛乳と水を1対1で割ったものを吹きかけて窒息死させ、その後に水を吹きかけると、きれいにアブラムシを駆除することができます。 天敵のテントウムシを利用した方法もあります。 また、アリはアブラムシの排泄物をもらう代わりにアブラムシを守っていて、アブラムシと共存関係にあるので、アリを駆除することも重要です。 3ハダニ ハダニは、植物の葉の裏や果実に寄生して多数の白い斑点やカスリ状の傷をつけます。 また、幼虫は根を食害します。 発生が少数の場合はテープなどを使って集団ごと捕獲するか、窒息死させるなどの方法で駆除できます。 大量発生した場合は農薬を使用しましょう。 4バジルを健康に育てるために 明るくて風通しが良い場所で育てるのが、健康にハーブを育てるための基本です。 ベランダの端など、風が通りにくい場所で育てていないか確認し、葉が密生している場合は適宜葉を取り除く、または収穫して密度を調整しましょう。 害虫予防には防虫ネットをかけることが有効な対策になります。 被害が大きくなりそうなときや、より確実に対策を行いたいときには薬剤の使用ももちろん有効です。 本ページの(対象農作物にハーブの名前、適用病害虫に害虫名を入力してください)も参考にしながら適切な方法で駆除を行ってください。

次の

バジルのプランターでの育て方が分かる!摘芯と追肥、病気や害虫は?

バジル ハダニ

の続報です。 ハダニの仕業ではないかと疑っていましたが、今日、葉の上を歩くハダニを発見しました。 写真ではちょっと確認できませんが、肉眼では、よく見れば3~4匹は見つかりました。 枯れて下に落ちてしまった葉もあり、このままではジェノベーゼどころか、今年は一枚も食べられずに終わってしまうかもしれません。 ひとまず、弱りきっている株を復活させるべく、まず蒸れる原因になりそうな防虫ネットを一旦はずしました。 また、ベランダに照りつける陽射しは、今のバジルには強すぎる気がするので、半日陰に移しました。 もちろん、ハダニ対策として、葉の裏表を水でよく洗い流しました。 これは、葉が傷まない範囲でこまめにやらないといけませんね。 さて、無事に復活できるのか・・・。 結果はまた後日。 かわいそうなバジルの行く末と、新たな挑戦?について、よろしければ続きの記事をお読みくださいませ。 スポンサーリンク カテゴリー.

次の