サラリーマン 小遣い 平均。 【2020年版】年収別 サラリーマンのお小遣いの目安

サラリーマンの飲み代平均額をご存知ですか?【すぐできる節約方法も】

サラリーマン 小遣い 平均

未就学児のみ:25,828円 未就学児と小学生:27,777円 小学生のみ:23,638円 小学生と中高生:34,824円 中高生のみ:31,492円 中高生と大学生:27,000円 大学生のみ:50,167円 大学生と社会人:42,172円 子供の年齢別に見てみると、小学生以下の子供がいる世帯ではいずれも2万円台となっており、サラリーマン自身の年齢が30代が多いと考えられるため、その年代の給与に対し、子育てにかかる費用の負担が大きいことが考えられますね。 中高生の子供がいる世帯ではサラリーマンの方の年齢とともに給与も上がってくるのもあって、3万円台に上がり ますが、中高生から大学生の子供になるとまた2万円台に減っています。 子供がいる世帯で唯一5万円台という高いお小遣い金額だったのは、大学生の子供のみの世帯だけで、大学までの学費・教育費もまた、負担が多くなることが見えてきます。 20代:593円 30代:553円 40代:582円 50代:633円 ここでも50代のサラリーマンの方だけが600円台と差が出ました。 1回の金額だと100円程度の違いは少なく感じますが、これが3カ月続くと約1万円近くの差が出てきますから、1年間では?と考えると昼食代もあなどれません。 そうなると、先述したひと月分の昼食代として必要としている金額と同等ぶんが節約できるので、この差は積み重なると非常に大きいのです。 お小遣い使い道の飲み代1回の平均金額 仕事終わりに飲みに行く人は40. お酒を飲む人の飲み代の平均は全体で5,286円でしたが、年代別に見てみると下記のとおりです。 20代:4,501円(自宅2,215円) 30代:4,949円(自宅2,459円) 40代:4,750円(自宅2,168円) 50代:7,349円(自宅3,396円) 20代から40代にかけて飲み代は、外と自宅を合わせても7000円前後ですが、50代だけが外だけで7,349円、自宅と合わせると1万円以上と飛びぬけていました。 50代になると給与も若い世代より高くなることや、後輩のほうが多くなるのでその影響、コミュニケーションのひとつとしての飲む機会が多いということもあるのでしょう。 サラリーマンのお小遣い管理状況 家庭に全額 家庭に一定額 一定額を残し残り 自分の自由 子供なし 共働き 42. 唯一、全額家庭に入れている世帯が半数にも満たなかったのは、共働きで子供がいない世帯ということで、それぞれの財布で生活費を持つスタイルであることがわかります。 また興味深いのは、子供のいない専業主婦の世帯では、サラリーマンの方が自分の自由に使っているという割合が唯一10%となり、ほかの世帯の2倍以上の割合だったことも判明しました。 そうそう!まずはそれで始めてもらえるといいかもな! サラリーマンのお小遣いは減らすより増やす方法を活用するのがおすすめ サラリーマンの約7割の方が家庭にお金を入れており、お小遣いの範囲でやりくりするということでしたが、肝心なのは夫婦がきちんとコミュニケーションを取り話し合いの下であることです。 お金の管理はサラリーマンの方がおこなっているという家庭もありますが、どちらを選択するにしても、お金の流れを見える化しておくことでお互いに現実味を持って日々の生活を送れます。 ただそうは言ってもすぐに状況を変えるのは非常に難しく、 お小遣いで家計の調整をする家庭も少なくありません。 しかしそれでは長期的にストレスを抱えることにもつながってしまいます。 生涯雇用、年金制度も残念ながら形にならない若い世代を中心に行動を起こしているように、や投資でお金を増やすことを考えていくのがお小遣いを増やすには最適で、おすすめの方法です。 まとめ 今回一般的なサラリーマンのお小遣いの状況を知ることができたと思います。 その中で自分自身がどのような生活をしたいかで今後どんな行動をとるべきかもなんとなくわかったと思います。 EnoLoGでは僕自身が副業からブログを始めて独立してセミリタイアするまでに至った考え方や方法をお届けしていきます。

次の

サラリーマンのお小遣いは平均いくら? お小遣いを増やす方法を解説

サラリーマン 小遣い 平均

Contents• 2017年全体のお小遣いの平均 新生銀行発表の以下の調査によると、サラリーマン全体のお小遣いの平均額(2017年度)は37,428円ということ。 おお、多いではないですか。 という印象。 月に4万円近く自由になるお金があれば十分遊べますね。 という感想です。 しかし、1979年の調査依頼、過去2番めに低い水準だそうです。 子育て世代の平均お小遣い額の減少が全体の水準を押し下げているんですね。 お小遣い額、40代の平均は? では働きざかりの40代を見てみましょう。 この年代は子育てで最もお金がかかる年代。 サラリーマンのお父さんも多いことでしょう。 加えて社内でのつきあい、ゴルフなど、お金のかかる年代。 さぞかし多くのお小遣いが必要でしょう。 きになる額は・・・どうでしょう。 2017年は40代は35,457円だそうです。 うーん、以外と・・・多くはないのか?どうでしょう。 その内訳を見てみないことにはなんともわかりませんね。 では次に内訳を見ていきます。 shinseibank. pdf 問題はその内訳がどのようになっているか、ということですね。 調査では以下のような内訳になっています。 男性の内訳は、食費(飲み代除く)、趣味の費用、飲み代が続き、女性では食費、身だしなみのための費用、携帯電話代が続いています。 面白いのが男性と女性の性別の違いか、コミュニケーションにかけるお金として、男性は飲み会などを重視しているのに対し、女性は携帯電話代にお金をかける傾向があるようですね。 趣味は男性にとってはなくてはならないものなのか、2位にランクインしていますが、女性では6位になっています。 性別によるお金の使いみちが全然違うことが驚きです。 内訳を詳しく見てみます 40代で試算 実際、4万円近くお小遣いをもらっていて、その内訳は昼食代がかなりの部分を占めているようです。 試しに昼食代をひいてみますと・・ 500円のお得ランチを毎日食べる試算して見ました。 20日働くとして500円*20日で10500円。 うーん、痛いですね・・お小遣いの実に30%をしめるんですね。 苦しい実情が浮かび上がります。 調査の表にしたがって、一般的なお小遣いの使いみちをエクセルに落とし込んでみると・・・以下のようになりました。 あなたの場合は内訳がことなるかもしれまんが、一般的と思われる使いみちを書いてみました。 携帯電話代金はUQモバイルなど、安いものを賢く利用されている方もおられるかもしれませね。 図はあくまでも目安です。 しかし、4万円近くもらっていても結構ギリギリな額であるということがわかります。 これでは趣味に回すお金は一切残らないことがわかりますね・・1300円の趣味って何でしょうか・・ほぼ趣味にかけるお金は残りません。 サラリーマンは趣味を楽しむ余裕がないのでしょうか? この調査結果では男性は趣味にかけるお金を重視しているとのことですが、どのようになっているのか、不思議で仕方ありません。 サラリーマンの40代といえば、会社でそれなりの地位になっている場合も多く、飲み会といえば部下におごるシーンも出てきます。 そのとき、「ごめん、割り勘ね」とは言えないですよね・・その場合、エクセルの表では3000円の飲み会を月に3回いくことになっていますが、1回おごっただけで、軽く超えてしまうでしょう。 つらい実情がわかります。 副業を考えてしまいますね・・これを読んで頂いているあなたはどうでしょうか。 サラリーマンが給与所得だけでは満足の行くクオリティオブライフを実現することが難しくなっている実情がわかりますね。 次に平均年収を見ていきます。 40代、50代の平均年収 国税庁が発表している調査に、というものがあります。 この資料をもとに、サラリーマンの40代、50代の働き盛りの給与を書いてみます。 まずはグラフで見てみましょう。 nta. pdf 青の棒が男性、黒の棒が女性です。 男性は50代前半でピーク、女性は30代前半でピークを迎えています。 では今回は平均年収の40代・50代編です。 まずは40代をみてみます。 まずは40代から 仕事の大きな流れを理解し、部下育成にも自信がついてきた働き盛りの年代40代、男性は年収のピークの一歩手前を迎えています。 40代前半 40~44歳• 男 563万円• 女 302万円 40代後半 45~49歳• 男 633万円• 女 299万円 40代平均• 男 598万円• 女 301万円 平均年収は男女の開きでちょうど2倍くらい、となっています。 男性の平均年収の場合、40代前半と後半の開きがちょうど100万円くらい開いているのはおそらく役職が関係しているものでしょう。 40代後半は部長クラスや役員クラスになる人もでてくる年代です。 この年代になると、ぐっと給料もあがりますので、平均年収をおしあげているのですね。 50代も見てみます 男性の場合、平均年収のピークを迎えるのが50代です。 女性の場合は勝手が少し違います。 男女の平均年収に最も大きな差がつくのがこの年代の特徴といえます。 50代前半 50~54歳• 男 661万円• 女 296万円 50代後半 55~59歳• 男 649万円• 女 288万円 50代平均• 男 655万円• 女 292万円 50代前半は男性の生涯年収で最も高くなる年代です。 企業の幹部クラスになる人が増える年代で、逆に50代後半になってくると、役職定年を迎える人も出てくることもあり減少に転じていることと推測致します。 50代全体で見てみると、男性650万円代半ば、女性は300万円アンダーと、男女間の開きが2倍を超えています。 おそらく、女性の場合は30代くらいから仕事、子育て、という大きな2択を迫れれ、結果的にバリバリキャリア派とゆるキャリア派とに分かれており、正社員以外の雇用形態の給与所得者が増えるものと推測致します。 まとめ いかがでしたか?サラリーマンの2017年のお小遣い平均額は前年とほぼ変化なく、35000円前後です。 この額は年々減少しており、過去2番めにひくい額とのこと。 4万円近くあるお小遣いがすくないとは、・・という内訳を見てみると、以外と、昼食代や飲み代を削ってもほぼ手元に残らない計算。 苦しい懐事情が伺えます。 またサラリーマンの平均年収もあわせて見てみると、40代で男性約600万、女性で300万となっています。 50代ではその差が開き、男性650万円、女性290万となっています。 最近、労働力不足を解消するための女性活用という言葉をよく聞きますが、数字の背景として、女性は非正規労働者が多いことが伺えます。 今や共働きが一般的な時代、女性も正社員として勤務し続けることを会社としてもバックアップしていかなければ労働力不足への決定打に欠けるのかもしれませんね。

次の

サラリーマンのお小遣いの平均は?旦那さんの使い道・内訳!!

サラリーマン 小遣い 平均

サラリーマン・会社員の平均的なお小遣い金額を20代・30代・40代・50代の年代別でご紹介します。 「他のサラリーマンは一体毎月いくら位お小遣いを貰っているんだろう」 「旦那に渡すお小遣いはいくらが妥当?」 こんな疑問をお持ちのサラリーマンや主婦の方はぜひ本記事をご覧ください。 会社の飲み会代やクライアントとの会食、毎日のランチ代、趣味代など、サラリーマンが自由に使うことができるお金には限りがあります。 多くのサラリーマンの方が、限られたお小遣いの中でなんとか節約しながら、やりくりをしているのではないでしょうか。 また、家族全体の家計を考える上でも、平均的なお小遣い金額を知っておくことは重要です。 もし平均的な金額よりも多すぎる場合は、一度、お小遣いを見直して、節約できないか考えてみましょう。 今回は、サラリーマンやその奥さんを対象に、サラリーマンの平均的なお小遣いは月にいくらなのかを解説していきます! サラリーマンのお小遣いの平均額は3. 9万円!昼食代や飲み代を年代別に解説! サラリーマンの平均お小遣い額は3. 7万円! 新生銀行グループによる、「2018年サラリーマンお小遣い調査」によれば、サラリーマンの毎月お小遣いの平均額は前年に比べて、2,408円増加し 39,836円となりました。 こうした増加の背景には、働き方改革の推進に伴って、遊びに出かけたり、飲みに行く機会が増えたことが理由の一つであるとされています。 また、男性会社員のお小遣い金額は2014年から継続的に増加しているので、この傾向がどこまで続いていくのか楽しみでもあります。 ただし、未婚者と既婚者によって、お小遣い額が1〜2万円以上の開きがあります。 未婚者の会社員の平均金額は5万円近くなのに対し、既婚の会社員の平均金額は、3万円前後となっています。 特に、中高生以下の子供がいる家庭では、総じてお小遣いが低く、養育費や教育費が負担となっていることが分かります。 ではここからは、年代別のお小遣い金額と昼食代や飲み代についてまとめていきます。 20代サラリーマンのお小遣いと昼食代・飲み代 先ほどのデータによれば、20代のお小遣いは平均で 42,018円となりました。 一回の昼食代は541円で、一か月の飲み会代は13,041円となりました。 20代のサラリーマンの中には独身の方が多いため、稼いだ金額のうち、自分のために使える金額が多いのかもしれませんね。 お小遣いがもっと欲しい!でも副業はどうなの?禁止される理由はなぜ? そもそも副業が禁止される一般的な理由は!? お小遣いがもっと欲しいから副業をしたいと思うのは至極当然なことで悪いことではありません。 そもそも大前提として サラリーマンの副業は憲法的には認められる権利です。 日本国憲法には「 職業選択の自由」が明記されており、サラリーマンに関しては法律上は副業を行うこと事態は全く問題はありません。 ですが、会社の規則によって副業は禁止または制限がなされるパターンが多くあります。 公務員の場合は国家公務員法で営利目的の活動は禁止されているので注意ですね。 では会社の規則が憲法に優先するのか?という疑問も出てきますよね。 一般的な解釈としては企業が会社員に対して副業を制限することは認められていません。 しかし、あくまで会社員は評価される側なので査定や出世などでなんらかの制裁を与えられることも少なくないようです。 一般的な企業の提示する副業を禁止する理由は以下の3つと言われています。 副業に従事することによる疲労が本業に影響する場合• 本業と副業が競合状態にある場合• 副業によって本業の企業の信頼性を失墜させる場合 つまり、副業によっぽど没頭して本業が手につかなくなったり、会社に不利益を与えるようなことがなければ規則上は副業は問題にならない場合が多いです。 出世に響くか不安な方は、あらかじめ休日だけやるなどの条件を提示して、上司に相談することも考えたほうが良いかもしれません。 最近では、クラウドソーシング等の普及もあり、個人が手軽に副業を始められる環境が整ってきています。 世の中的な流れを受けて、とくにベンチャー・中小企業を中心として副業OKとしている会社も増加傾向にありますので、会社で副業がOKされているのであれば、ぜひ取り組んでみても良いでしょう。 関連記事 副業はどうして会社にバレる?その理由は? 副業が会社にバレる可能性としては、税金を支払う場合に誤差でバレるパターンと、友人から密告されてバレるパターンがあります。 後者に関しては誰にも言わないか、本当に信頼できる人にしか言わないなどの対策をとる以外に選択しはないですね。 ただし、前者に関しては住民税の支払いをする際に給与以外の所得の存在を会社に知られて副業がバレるパターンがあります。 会社員の場合は自分で確定申告はせずに、会社がまとめて年末調整をしてくれます。 つまり会社はその人の年間の給与所得額を知っているのに、住民税の支払い額が認識していた金額を上回っていると給与以外の収入があることが発覚しまうのです。 以上、今回はサラリーマン・会社員の平均のお小遣い額と昼食代、飲み代などを年代別にまとめていきました。 お金のカタチでは、お小遣いだけに限らず、家族構成別の生活費もまとめていますので宜しければ参考にしてください。

次の