生理 周期 ダイエット。 生理中のダイエットは軽めの運動でガマンの時!

ダイエットは2週間が勝負?!生理周期と痩せやすい時期の関係

生理 周期 ダイエット

生理周期に合わせて女性ホルモンの量が変化することで、女性の身体は痩せやすくなったり、痩せにくくなったりすると言われています。 ダイエットに関係している主なホルモンは、生理と深い関わりを持つ、 「エストロゲン(卵胞ホルモン)」、 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つと言われています。 エストロゲンは、生理周期をつかさどり、妊娠の準備を整えたり、女性らしい身体を作ったり、代謝をよくするなどの役割を持っています。 排卵期(生理終了から約1週間後)を過ぎたあたりから、徐々に量が減少していくと言われています。 プロゲステロンは、排卵期から生理前までに多く出され、妊娠に備えて、栄養や水分を体内に備蓄する役割があります。 生理前や生理中のむくみの原因となると言われているホルモンです。 このような2つのホルモンの影響で、体内の水分量や、脂肪燃焼のしやすさ、精神面にも変化が現れると考えられています。 では、具体的に痩せやすい時期と、痩せにくい時期についてご説明します。 これを10~20回程度繰り返します。 注意点 ・無理はしない 痩せやすいからといってこの時期に無理をしすぎると、ホルモンバランスが乱れて生理不順になることもあります。 過度にストレスがかかるダイエットや極度の食事制限などは控えましょう。 ・栄養バランスに気をつける しっかり身体を動かし、食事の栄養バランスが偏らないように気をつけましょう。 この時期に食べ物を我慢し過ぎると、反動で生理前や生理中に栄養を補給しようと身体が意識して、過食になる可能性があると言われています。 3.生理前・生理中のダイエットについて プロゲステロンの量が増える生理前と、反対に減る生理中は、あまりダイエットをおすすめできる時期ではありません。 どちらも、水分や栄養を身体にためこみやすく、やせにくい時期といわれています。 この時期の体重は、普段より3kg程度増えるというのも珍しくありません。 一般的には、生理が終われば自然と元の体重に戻ることがほとんどです。 ダイエットは一時中断でもかまいませんが、まったく無頓着で良いというわけではありません。 痩せやすい時期に備えて、これからご紹介することを意識して過ごしてみましょう。 3-1.食事・嗜好品 ・甘いものを食べ過ぎない 生理前・生理中は、食欲が増進され、普段より食欲が抑えにくくなると言われています。 特に、ストレスを感じやすい時期のため、身体が甘いものを欲しがる傾向にあります。 ストレスを感じると、血糖値が下がることで、身体が糖分を補給しようとするためです。 特に、生理中に白砂糖を多く含むものを食べすぎると、白砂糖が身体を冷やすことがあると言われているため、血行が悪くなり、生理痛がひどくなることもあります。 しかし、甘いものを我慢して、それがストレスになるのは良くないので、完全に甘いものを断つことはおすすめしません。 間食では、白砂糖が少なめのものや、ドライフルーツやナッツ類、ヨーグルトなどを食べるのが理想的です。 ・カフェイン・タバコを控える ダイエットによって生理不順になったり、生理が止まってしまうことがあります。 原因は、ホルモンバランスの乱れや、無理なダイエットなどがあげられます。 下記の範囲からはずれている場合には、生理不順と考えられることがあります。 ・25日~38日周期 ・たまにずれたとしても7日以内 ・1回の生理が3~7日 毎月生理が来ないことだけではなく、2日以内で終わる、8日以上続くなど、極端に短い・長い生理の場合も考えられます。 たまにずれることはあるかとは思いますが、定期的に続く場合や、少しでも不安のある方は、早めに医師に相談するようにしてください。 4-2.正しい肥満指数を知る 最近では、身体が細いほど美しいという風潮がありますが、生理不順や痩せ過ぎ、拒食症などを招く可能性もあるので、ご自身の体型が痩せすぎていないか、数値で知っておくことも大切です。 BMIとは肥満指数のことで、22を標準とし、標準に近いほど健康的であると言われています。 現在の身長 m と体重 kg から、痩せすぎていないか、または減量が必要かどうかを計算して、判定結果をご確認ください。 個人差はありますが、1カ月に体重の5%程度落ちるのが理想的であると言われています。 例えば、体重が60kgの人なら、1カ月で3kg程度落とすのが理想ということです。 それ以上になると、生理不順だけでなく、リバウンドの原因にもなると言われています。 ダイエットの小さな疑問:「恋をすると痩せる」は本当?!.

次の

生理後1週間で一気に痩せる!成功率を上げる食事・運動方法を徹底解説

生理 周期 ダイエット

女性の体は、生理周期に合わせて2つの女性ホルモン= エストロゲン(卵胞ホルモン)と プロゲステロン(黄体ホルモン)の増減があります。 そして生理後のダイエットが効果的な理由は、 エストロゲンの分泌量が多いことが大きく関係しています。 それぞれの女性ホルモンの特徴を比較してみましょう。 エストロゲン(卵胞ホルモン)• 妊娠の準備のため、卵巣や子宮などの発達をサポートする• 女性らしい体を作り、コラーゲンを合成することで肌をツヤツヤにする• 食欲を抑える働きがある• 代謝をより効率的にする傾向がある• 血管にコレステロールが溜まるのを予防する プロゲステロン(黄体ホルモン)• 基礎体温を上げることで妊娠しやすい環境をつくる• 妊娠のために栄養を溜めこもうと食欲旺盛になる• 体内に水分を溜め込む傾向があるため体がむくみがちなる• 妊娠に備えて体を安静にするため、気だるい気分にさせる• 不足すると不妊症の原因になることも 2種類の女性ホルモンは、妊娠や出産のためにはどちらも重要なものです。 しかし、 ダイエットという点では、エストロゲンの方が有利ということが、この比較でお分かりいただけたはずです。 エストロゲンの量が多い時期に効率的なダイエットをするのが、女性がダイエットをする上での成功の秘訣の1つなのです。 生理後1週間がダイエットにピッタリの痩せ期! 女性の生理周期は、生理開始日を1日目として28~31日で1サイクルというのが一般的となっています。 さらに、このサイクルを4つの時期に分けることができます。 月経期(1~6日目) 月経期は、妊娠が成立しなかった子宮内膜が剥がれ落ち、生理が始まろうとする期間をさします。 妊娠が成立していると当然生理は来ませんが、妊娠していない場合は、女性ホルモンが減少することで子宮内膜が剥がれ、排泄されます。 卵胞期(7~13日目) 卵胞期は、増殖期とも呼ばれる時期で、生理終了後から排卵が起こるまでの時期をさします。 この時期には卵胞ホルモンの分泌が増加してくることが大きな特徴です。 排卵期(13~16日目) 排卵期では、その名の通り、排卵が起こる時期となり最も妊娠しやすいと言われる時期です。 排卵期では、卵胞ホルモンがピークになり、黄体ホルモンも増加してきます。 黄体期(17~28日目) 黄体期は、分泌期とも呼ばれる時期で、排卵が起こったあとに、卵胞が黄体に変化する時期をさします。 黄体ホルモンが増加することにより、子宮内膜が着床を成功させやすい環境をつくります。 さて、この4つの中で 卵胞期では、エストロゲンの分泌量が増えます。 つまり、 生理後1週間の期間がもっとも痩せやすい時期ということができます。 一方、排卵期になってもエストロゲンの分泌量に大きな変化は見られません。 しかし、プロゲステロンの分泌量が増え始めるため、徐々に痩せにくくなってしまいます。 そして生理前である黄体期に入ると、エストロゲンは減少し始めるので、痩せるどころか、体重増加やむくみが気になるようになってしまいます。 これらのことから、生理後のダイエットは1~2週間をめどに行うと良いでしょう。 生理が終わり、いざダイエット!せっかく痩せやすい期間なのですから、少しでも効率的にダイエットしたいものです。 まずはダイエットの要でもある食事面からポイントを抑えていきましょう。 主食や甘いものは控えめに エストロゲンの影響で食欲が抑制されている生理後は、主食や甘いものを控えるようにしましょう。 糖質は、食後の血糖値を急激に上昇させ「インシュリン」というホルモンが分泌します。 これは、 糖をエネルギーに変えた後、余った分を脂肪として溜め込んでしまいます。 そのため太りやすい体になってしまうのです。 しかし、ごはんもパンもイモ類もお菓子もすべてを食べずに過ごすことは難しいでしょう。 そこで糖質を食べる際には、先に血糖値の上昇を抑える働きのある食物繊維を摂るようにしましょう。 鉄分を含む食べ物を摂ろう 生理後は経血の排出や、子宮へ血液が集中していることが原因で、貧血を起こしやすくなっています。 そこで生理後は、血液の大部分を占める「ヘモグロビン」の材料で「鉄分」を積極的に摂るようにしましょう。 効率的に吸収するには、ヘム鉄という鉄分を含む食べ物を選ぶのがオススメで、豚や鷄、牛のレバーや牛豚肉の薄切り、かつおやまぐろなどに含まれています。 ビタミンCと一緒に摂ることで、より吸収率が高まります。 鉄分はほうれん草、小松菜などにも多く含まれているので、グリーンスムージーを摂取するのもおすすめ!中でも イージースムージーグリーンはダイエットサポート成分が豊富に含まれている機能性表示食品なので、生理後のダイエットにピッタリです。 タンパク質を積極的に摂ろう 鉄分と一緒に血液中のヘモグロビンを作り上げているのが、「タンパク質」です。 血流をより良い状態に戻し、代謝を高めるためには、タンパク質も一緒に摂るようにしましょう。 タンパク質が生理後のダイエットに必要な理由は、タンパク質には エストロゲンの分泌を促す作用があることです。 また、タンパク質は 筋肉の材料にもなります。 筋肉はエネルギー消費を行う場所です。 つまり筋肉が正常に稼働すれば、それだけ効率的に代謝が行われることになります。 サプリで脂肪燃焼を更にサポート ダイエット成功には脂肪燃焼をどのように効果的に行うかも一つの大きな鍵となります。 そこで、おすすめなのが脂肪燃焼効果のある機能性表示食品の シボヘール。 普段の脂肪燃焼効果もサポートしてくれるため、ダイエットの強い味方になってくれますよ。 生理後のダイエットは、食事だけでなく運動も大切です。 エストロゲンの作用で代謝が高まっている今、より効率的に痩せるためのポイントをチェックしましょう。 まずはストレッチで筋肉をほぐそう 運動を始める前には準備運動として、軽めのストレッチを行いましょう。 ストレッチで筋肉をほぐし、体温を上げると、 血流が良くなり、代謝をより高めることに繋がります。 また筋を伸ばすといったケアを行うことで、運動中のケガ予防にも効果的です。 おすすめはラジオ体操です。 だれでも手軽にできるので、まずはラジオ体操から体を慣れさせるのも良いでしょう。 生理後ダイエットにおすすめの有酸素運動は? 生理後のダイエット期間中だけ集中的に運動したいという場合は、ウォーキングや踏み台昇降といった有酸素運動を選ぶのがオススメです。 ジョギングの方が消費カロリーは高いですが、普段それほど運動をしない人が急に始めてしまうと、ひざや腰を痛めてしまう可能性があります。 運動習慣がなかった人でも手軽に始められて、ライフスタイルを問わず行える有酸素運動といえば、 ウォーキングがベストでしょう。 また、 踏み台昇降もおすすめです。 専用の台を買わなくても、段ボールに雑誌などを詰め込んだ手作りの台で代用することができるので手軽に始めることができますね。 脂肪燃焼効果を上げるなら有酸素運動の前に無酸素運動をしよう! より効果的にダイエットを行うなら、 有酸素運動の前に無酸素運動を行うのがオススメです。 無酸素運動とは、短時間で体に強い負荷をかける運動です。 瞬発力が求められるので、代謝を行う場所となる筋肉を鍛える効果があります。 有酸素運動で効率的に脂肪を燃焼するために、無酸素運動でその土台を作っておこうというわけです。 身近な無酸素運動といえば、筋トレがあります。 ヒップや太もも裏といった下半身を鍛えるのに効果を発揮します。 お腹を鍛える筋トレと一緒に行うと、より効果的です。 こちらの筋トレも、ストレッチ用のマットがあると良いでしょう。 ダイエットスパッツの併用で脂肪燃焼効果UP ダイエットに効果的な運動などを紹介してきましたが、さらに脂肪燃焼効果をアップさせたい!という人におすすめしたいのが レスタリアージュウルトラスリム。 履くだけでダイエット効果のあるスパッツなので、履いて運動すれば、脂肪燃焼効果がぐんと上がります。 生理中には、なかなか痩せにくいと感じる人も少なくないと思いますが、これは体の基礎体温に関係しています。 生理中には 基礎体温がいつもより低くなってしまうので、体内の代謝が下がってしまいます。 その結果、脂肪燃焼などが上手にできず、いつもより痩せにくい体質になってしまうのです。 また、生理中には自律神経が乱れることで、イライラいてしまう人も多いのではないでしょうか。 自律神経の乱れは正常なホルモンバランスを崩す原因にもなるため、どうしても痩せにくいと感じてしまうのです。 生理後1週間がすぎたらどうすればいい? 生理後1週間が最も痩せやすい時期とお話しましたが、1週間を過ぎてしまった場合には、次回の生理後のタイミングに向けてダイエットの体調をしっかり整えましょう。 運動などは、過剰にしすぎないように適度に抑えましょう。 生理後1週間が過ぎた時期では、排卵期に突入するため、過剰な体への負担は体調を崩す原因にもなるのです。 生理前にできる事はある? 生理前の1週間は、もっとも代謝が低下し、ダイエットには不向きな時期になります。 そのため、体の中には老廃物が溜まりやすくなるのです。 そのため、生理前の時期は、この老廃物や毒素をデトックスでしっかり排出し、生理後のダイエットがスムーズに行える準備を行うと良いでしょう。 しかし、ストレスを溜めすぎると、体調を崩しやすい時期でもあるため、自分の体と相談しながら無理をしすぎないデトックスを行いましょうね。 ぜひ自分の生理のタイミングに合わせた上手なダイエットで、いち早く理想的なボディを手に入れるようにしましょう!.

次の

生理周期とダイエットの関係性【女性用】

生理 周期 ダイエット

こんにちは! D-HEARTSトレーナーのミレーナです。 「ダイエット中なのに生理前の食欲がやばい…」 「生理中で浮腫むからモチベーションが下がる」 「生理前なのか体重が落ちない…」 女性にとって人生の中の悩みですよね。 そこで 生理を味方にする生理周期ダイエットをお話ししていきます。 まず、生理が始まった日を1日目とします。 無理なダイエットは逆効果week 1日目-7日目 生理中は浮腫んだり、腹痛、吐き気、貧血気味や目眩などを引き起こす女性も多くないはず…なので辛い日はダイエットを休みましょう。 適度な運動をしよう 適度な運動を行う事でストレス解消、体の血流を良くする、生理痛を軽減するなど良い事尽くしです。 過激な運動は少し休憩し、軽く汗を掻くような運動にスイッチしてみましょう! 体を温めよう 冷えや血行不良は生理痛を酷くしてしまう原因の1つです。 温かい飲み物を飲む、お腹を温める、猫背などの血行不良になりやすい体勢は避けてください。 バランスの取れた食生活を送ろう バランスの良い食生活を心掛け、生理中はとくにビタミンB群、亜鉛、カルシウム、マグネシウムは積極的に摂りたい栄養素です。 食べ物だけでなくサプリメントなども補助として取り入れてみましょう! ビタミンB群を多く含む食べ物 カツオ、レバー、マグロ、豚肉、ナッツ類、牛乳、バナナ、ほうれん草、菜の花、いわし、納豆、卵、カキ キラキラダイエットweek 8日目-14日目 生理が終わった直後-2週間は女性にとって嬉しい最も痩せやすい時期です。 代謝も上がりやすく、肌荒れが治ったり、気分が上がったりと1番ダイエットに効果的! 食事を調整していこう まず始めに食事調整、食事制限で大事なのは痩せやすいからと言って無理にカロリーを落とすのはNG。 タンパク質中心に適度な炭水化物、良質な脂質を入れて目標カロリーを立てていきましょう。 運動を始めよう 生理中には避けていた少しハードな筋トレと適度な有酸素運動を組み合わせて、更にダイエット効果がUPして引き締まった体になっていきます。 ここで重要なのが継続できる運動を選択することです。 筋力トレーニング経験者なら誰でも思うはず… 「筋トレは辛い!」 「やり方がわからない!」 「自分じゃ追い込めない!」 だからこそパーソナルトレーニングジムがあり、パーソナルトレーナーが皆様の理想の体に近づけるようサポートさせて頂いております。 トレーナーと一緒であれば諦めずに継続してトレーニングをやる事が出来るはず! 忍耐の排卵期week 15日目-21日目 キラキラweekが終わり、次に来るのが停滞期。 ダイエット中の停滞期はモチベーションも下がり、思ったように数値も見た目も変わらなくイライラする事が続きますよね… なので、この時期は痩せるではなく体の状態をキープするという目標を作りましょう! 重要なのはストイックになり過ぎず、ダイエットを続行していく事。 何しても太る?魔のweek 生理1週間前は痩せにくい時期でむしろ太るっていう方も多いはず。 「何しても太る…」 「頑張ってるのに体重が増えていく!」 その結果、ダイエットをやめてしまい、また一からやり直しの繰り返し。 けどそれは生理前のこの時期特有の事ですので諦めないでください。 デトックスしよう 白湯やデトックス効果の高いハーブティー、湯船に浸かる頻度を増やして血行促進に専念しましょう。 食欲を抑えよう 食欲を抑える方法はたくさんあります。 その中でオススメしたい方法は低糖質高タンパクの食事です! 食欲MAXと感じたらお菓子を爆食いではなく、低糖質で高タンパクのものを食べる方がダイエットには効果的です。 オススメ食品 適量のナッツ類、ラカントを使用したスイーツ、卵、納豆、無脂肪ヨーグルト、肉や魚類 押さえておきたい点として お腹が空いたから、今日は沢山動いたからと言って糖質を沢山摂取する事はせずになるべく糖質を控えめに摂取こと、高タンパク質な食事を心がける事で余計なカロリーを摂らずに済みます。 上記で述べたように特に痩せやすい時期が7日しかないのです。 その7日でどうダイエットしていくか、その他の痩せにくい、太りやすい時期をどう乗り越えるかが 生理周期ダイエットのポイントとなります。 D-HEARTSでは女性トレーナーも在籍しておりますのでお困りの事がございましたら、是非ご相談ください! 私達と大事な体を考えながら、目標を見て無理の過ぎないボディメイクを行なっていきましょう。

次の