下記の件承知いたしました。 「了解しました」は失礼?「承知しました」との正しい使い分け

メールでの「表題の件」の意味・使い方と例文|標題の件との違い

下記の件承知いたしました

了解の意味とは?了解の敬語は? ビジネスシーンだけでなく、日常生活においても何気なく使われている「了解」という言葉の本来の意味はどのようなものなのでしょうか。 理解しました 「了」と「解」どちらの漢字も「よくわかる・理解する」という動詞としての意味があります。 「了解」という言葉は動詞を重ねて作られたもので、「すっかり~し終える」という意味があり、一般的には物ことについて「理解しました」という意味で使われています。 了解しましたは丁寧語 「了解」はこのように「理解した」という意味しか無く、自分をへりくだるようなニュアンスは含まれていません。 したがって、「了解」に「しました」をつけて「了解しました」とした場合、これは謙譲語ではなく丁寧語となります。 「いたしました」を付けると、「いたす」が「する」の謙譲語であるため、より丁寧な印象です。 了解の類語とその違いは? 「了解」の類語にはどのようなものがあるのでしょうか。 「了解」と同じ意味のように使用される「了承」や「承知」など詳しい意味を調べると、少しずつですがニュアンスが違っています。 丁寧語、謙譲語、尊敬語の違いも含めて解説します。 了承しました 「了承」は、事情を理解し納得することという意味があります。 そのため「了承しました」となると、「納得しました、それでいいです」という意味で、立場が上の者の行為であるニュアンスがあります。 したがって、目上の人との間で使用する場合は、自分の行為としてではなく、「あらかじめご了承ください」など相手の行為として使用するのが適切です。 承知しました 「承知」は、ある事柄について知ること・知っていることという意味で使用されます。 「承る」という漢字が入っているので、「了解」とは異なり自分をへりくだったニュアンスを含みます。 したがって、「承知しました」については、謙譲語となり「理解し納得しました」という意味になります。 「ご承知のように」のような表現で使用されることもありますが、謙譲語ですので、目上の人に使うのは誤りです。 承りました 「きちんと聞きました・お受けいたします」といった意味で使用されています。 電話応対などで、「確かに承りました」のように使用しますが、この場合間違いなくお受けしましたという意味で使われ、「了解しました」とは意味合いも使用方法も違っています。 かしこまりました 上司や客に対して「〇〇の件、かしこまりました」のように使用し、相手の要望や命令などについて、わかりました・承りましたという意味合いで使います。 「承知しました」と使い方は同じですが、「承知しました」が理解し受ける事に対し、「かしこまりました」は指示を承るという意味であるという違いを意識して使うようにしましょう。 了解と承知の使い分け例文 「了解」と「承知」の使い分けについて見ていきます。 どのような場面で使うことが適切なのか、具体的な例文を見ながら、言葉の意味合いについてご説明します。 日時変更、了解です 「日時の変更についてわかりました」といった意味で使用されます。 「了解です」は「了解しました」や「了解いたしました」に比べるとフランクな印象を与えるため、同僚など会話の相手を選んで使用することが大切です。 ご依頼の件承知しました 「ご依頼の件了解しました」とすると、自分をへりくだるニュアンスはありません。 しかし、 「ご依頼の件承知しました」の場合は謙譲語が使用されていることになるため、取引先や上司に対する表現として用いられます。 了解の使い方注意点 「了解」の使い方の注意点について詳しく見ていきます。 どういう場面では失礼にあたるのか、気軽に使いがちな「了解」について詳しく知ることで、ビジネスマナーとして失礼のないような使い方を身に着けることができます。 社外や目上の人には使わない 「了解しました」は絶対に目上の人に使ってはいけない言葉というわけではありません。 しかし、一般に使用しない方が無難であるとされています。 安易に使用すると相手を不快にさせる可能性がありますので、注意しましょう。 厳密には失礼ではないが承知が無難 「了解」・「承知」は謙譲語であるかどうか、という違いの他に、「了解」は「わかりました」という意味、「承知」は「わかりました。 そのようにいたします。 」という意味という違いがあります。 そのため、「承知」の方が理解しただけでなく、「そのことを実行します。 」といったニュアンスがあるので「承知」を使った方が無難です。 厳密な使い方が決められている訳ではありませんが、ビジネスシーンでは、同僚同士や目上の人が目下の人に対して使う言葉であると認識している人が多数です。 そのため、取引先や上司には「了解しました」よりも「承知しました」を使うことをおすすめします。 まとめ 気軽に使ってしまいがちな「了解しました」という言葉ですが、その意味やビジネスマナーとしての一般的な認識を知り、話している相手との立場を考えて使用することが大切です。 「承知しました」もその意味をきちんと理解したうえで使用するようにしましょう。

次の

メールでの「表題の件」の意味・使い方と例文|標題の件との違い

下記の件承知いたしました

「わかりました」より「承知いたしました」を使うべきビジネスシーン• 目上の人の命令を受け、その通りに動きます、と伝えたいとき• 目上の人からの依頼を承諾するとき [ad co-1] 「承知しました」と「承知致しました」どちらが正しいの? さらに細かい点について考えると、「承知いたしました」と「承知しました」のどっちが正しいのか迷われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 結論から言うと、そこまでこの2つの使い分けにこだわる必要はないでしょう。 「承知しました」より「承知致しました」の方がよりていねいな印象を与えることができるのは間違いありませんが、場合によっては他人行儀な印象を与えてしまうこともあります。 「承知しました」は目上の人に使う言葉として、会話ではもちろんのこと、メールでのやり取りとしても使用することができますから、こちらを主に使っておくのが無難かもしれませんね。 メールを送る際にも「承知いたしました」と「承知致しました」と2つの表現の仕方がありますが、どちらかが間違っているということではありませんので、そこまで気にする必要もないともいえます。 [ad co-1] 「致しました」と「いたしました」…漢字を使う?使わない? メールを作成している時に、「承知いたしました」の「いたしました」の部分はひらがなが正しいの?それとも「致しました」と漢字にすべきなの?と悩んだ経験があるという人もいらっしゃるかもしれません。 少し難しい話になりますが、「いたします」と「致します」の違いは、補助動詞であるか単独の動詞であるかの違いです。 相手に言われたことに対して反応する場合には補助動詞である「いたします」で、自分から何かアクションを起こす場合には、「致します」と漢字にするということになります。 厳密に言えば「承知いたしました」と伝える場合は、目上の人から言われたことへ返答するということになるので、「いたします」と使うのが正しいともいえます。 しかし、ビジネスメールで使うのはどちらかといえば「致しました」と漢字に変換したほうが、丁寧な受け答えをしているという印象を与えやすいです。 [ad co-1] Sponsored Links 就活のメールなどで「承知いたしました」は使ってもいいの? 最近では就活でも、採用担当者とメールでやりとりする場面は多くなりましたね。 就活のメールのやり取りでも「承知いたしました」という言葉は、「承知いたしました」という言葉は使ってもいいのでしょうか? 結論から言うと、就活メールでも「承知いたしました」という表現は正しいので普通に使うことができます。 「わかりました」という言葉を使うよりもていねいな印象を与えられるのは一般的なビジネスシーンと同じですから、積極的に使うようにしましょう。 以下では、就活での採用担当者とのやりとりの例文をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。 [ad co-1] 就活で採用担当者に送るメールの例文• 承知いたしました:目上の人に使ってOK• 了解しました :目上の人に使うのはNG• わかりました :目上の人に使うのはNG• かしこまりました:目上の人に使ってOK 日本語は同じ「わかりました」という意味でもさまざまな言葉があります。 同じ意味でもさまざまな表現の仕方があるのが、日本語の魅力なのですがビジネスシーンでは、どの言葉が適切なのか迷ってしまうなんてこともありますよね。 そこでここでは、目上の人、つまり上司に対して「わかりました」と伝えるためにはどの言葉が適切なのかということをご紹介します。 [ad co-1] 「了解しました」はだめ? 結論から言うと、「了解しました」は目上の人に対して使う言葉としては適切ではありません。 実は、「了解しました」は同僚や部下などに使う言葉なのです。 「了解しました」と使ってしまえば、上司や取引先に対して目上と感じていないということにもなってしまうので、失礼です。 あまり厳密に使い分けている人は少ないですが、意味を知っている目上の人に対して「了解しました」といってしまうと、「言葉づかいがわかっていないな」という評価をされてしまう可能性がありますから、注意しなくてはなりません。 上司や取引先など目上の人に対して「了解しました」ということばは使わないようにしましょう。 [ad co-1] 「了解いたしました」もだめ? 「了解いたしました」は一見「了解しました」よりていねいに表現しているように感じますね。 しかし、こちらも意味は「了解しました」と同じですので、目上の人に対して使う言葉としては適切ではありません。 「了解しました」、「了解いたしました」という言葉は、同僚や部下などに使う丁寧語ですので、間違えないようにしまししょう。 「承知しました」は? 「承知しました」は「承知いたしました」同様、目上の人に対して「わかりました」ということを伝える適切な言葉です。 ただ、「承知いたしました」に比べると失礼とまではいきませんが、少しだけていねいさが足りないようにも感じられます。 ですので、心配な人は「承知いたしました」といえる癖をつけておくといいですね。 「承知いたしました」もしくは「承知しました」という言葉は、ビジネスシーンでもよく使われる言葉ですので、自然に使えるように日ごろから慣れておきましょう。 「かしこまりました」は? 「かしこまりました」という言葉も目上の人に対して「わかりました」ということを伝えるのに適切な言葉です。 「かしこまりました」という言葉には、「ていねいに対応をする必要がある相手に対して使う言葉」という意味合いがありますので、目上の人に使う言葉として適切です。 目上の人に対して「わかりました」ということを伝えるときには、「承知しました」、もしくは「承知いたしました」、「かしこまりました」といった言葉を使いましょう。 [ad co-1] Sponsored Links まとめ 今回は、ビジネスシーンで使う「承知いたしました」という言葉の意味 について解説しました。 「わかりました」と相手に伝えるだけでも、実にさまざまな日本語がありますね。 結論的には、目上の人に「あなたの言っていることを理解できました」ということを伝えたいときには、「承知いたしました」「承知しました」「かしこまりました」を使うのが適切です。 一方で、「了解しました」「了解いたしました」ということばは本来は自分よりも目下の人(部下や後輩など)に対して使う言葉ですから、目上の人やお客さんとのやりとりでは避けなくてはなりません。 言葉の正しい使い分けを理解していれば、ちょっと怖い上司やお客さんとのコミュニケーションも自信をもってのぞめますよ。 ぜひ参考にしてみてくださいね! [ad co-1].

次の

「かしこまりました」の意味は?「承知」「了解」との正しい使い分け

下記の件承知いたしました

「承知しました」の意味と類語 「内容を理解する」「引き受ける」という意味 「承知しました」には「内容を理解する」と「お引き受けする」の2つの意味があります。 かしこまったシーンでも使われる「承知」という単語に、丁寧語の「しました」を付け加えた単語である「承知しました」は、ビジネスシーンで多く使われる言葉です。 例えば、目上の相手から会議の内容が変更になったという連絡に対して「承知しました」と返事をした場合、「変更されたことを理解した」という意味で「承知しました」が使われています。 「お引き受けする」という意味で使われる場合は、「会議の内容をまとめておいてくれ」という上司の依頼に対し、「承知しました」となります。 「内容を理解する」と「お引き受けする」どちらの意味でもビジネスシーンでは使われるため、状況に応じて使ってください。 類語「了解しました」への言い換え 「承知しました」の類語となる言葉が「了解しました」です。 「承知すること」を意味する「了解」に丁寧語の「しました」を加えた敬語表現で、「承知しました」と同じく内容を理解した場面や依頼を受けるシーンで使われます。 類語「了解しました」は失礼ではない 目上に「了解しました」を使うことは失礼であり、「承知しました」の方が丁寧でビジネスシーンに適しているという意見がありますが、「了解しました」は目上の人へ使える言葉です。 「了解しました」を失礼と捉える側の意見としては、「了解」という言葉がくだけた物言いであり敬意を感じられないということが挙げられます。 しかし、「了解」という単語自体に「承知」という意味が含まれていることを考えると、丁寧語に変換された「了解しました」は目上に使える丁寧な言葉といえるでしょう。 ただ、注意が必要なのは言葉としては失礼ではないのですが、捉え方によっては失礼と感じる人がいるということです。 敬意を示しているつもりでも、相手に伝わってなければ意味がありません。 「了解しました」を使うことで失礼と捉えられる危険性があるのであれば、「承知しました」を使用することが無難だといえるでしょう。 「承知しました」の使い方 「承知しました」は上司へ使える 丁寧語の「しました」が付けられている「承知しました」は、上司や取引先の担当者など目上の相手へ使う言葉として適しています。 目上への敬意が感じられる「承知しました」を目下や同僚などに使用すると違和感がある場合もあるため、誰にでも使うのではなく状況に応じて「わかりました」などの柔らかい表現に言い換えることも大切です。 「承知いたしました」は二重敬語でない 「承知しました」を更に丁寧に表現した言葉が「承知いたしました」です。 「承知いたしました」は二重敬語だという意見もありますが、二重敬語には当てはまりません。 「承知」という言葉自体、「承る」の謙譲語であるため「いたす」と謙譲表現が重なってしまっているという意見がありますが、「承知」は1つの単語であり謙譲語は「いたす」のみです。 目上の相手へ使用できる「承知いたしました」ですが、親しい上司など距離の近い相手へ使うと、「堅苦しい」や「仰々しい」と感じられてしまうため状況に応じて使用してください。 「承知しました」はメールでも使える 「承知しました」はビジネスメールでも多く使われる言葉です。 話し言葉と違い、書き言葉は相手の声色や表情が分からない分、さらに丁寧な必要があります。 場合によっては「承知いたしました」と使い分けて丁寧なメールを心掛けましょう。 簡単に「承知しました」を使わない 簡単に「承知しました」と、何にでも返事をすることは避けた方がいいと言えます。 「承知しました」には「理解した」という意味の他に、「お引き受けする」という意味が含まれていることを説明しました。 話の内容をしっかり聞かず「承知しました」と答えてしまうと、相手は「引き受けてくれた」と解釈してしまう恐れがあります。 相手の話をしっかりと聞き、引き受けられる状況で「承知しました」を使ってください。 違和感がある場合は類語に言い換える 相手に「承知しました」を使うことに違和感がある場合は、類語に言い換えましょう。 相手との距離や密度によっては「承知しました」が堅苦しく感じられる場合や、フランクに感じられる場合があります。 丁寧な言葉だからといって、いつ誰にでも使えることにはなりません。 相手とコミュニケーションを取ることに、「これが絶対!」は無いため、相手や状況に応じてその場に合った適切な言葉を選びましょう。 1日の予定でしたが、15日に変更となりました」と、納期変更のメールが届いたとしましょう。 上記の例文の場合「納期変更の件、承知しました」と、「理解した」という意味で使われます。 相手との距離感によっては、「承知いたしました」と言い換えることも大切です。 上記の例文の場合「10個追加納品、承知いたしました」となり、「お引き受けします」という意味で「承知いたしました」が使われます。 まとめ 「承知しました」は「理解する」と「お引き受けする」の2つの意味が込められている言葉で、両方の意味がビジネスシーンで使われます。 「承知いたしました」は二重敬語に当てはまらないため、より丁寧にしたい場合は言い換えてください。 また、相手との距離感によっては類語と使い分けましょう。

次の