東京 モーター ショー スバル。 スバル レヴォーグ プロトタイプ 東京モーターショー2019

新型レヴォーグ 新エンジン搭載で来年発売!! スバルが貫く「安心と愉しさ」新世代へ!!!【東京モーターショー2019】

東京 モーター ショー スバル

レガシィが代替わりを経て大型化し、それに伴って「日本市場向け車種」としてレヴォーグが世界初公開されたのが、ちょうど6年前、2013年の東京モーターショーだった。 その後、2014年に現行型レヴォーグが発売されてから約5年の時を経て、新型レヴォーグがアンベールされた。 これまでティザー写真のみが公開されていた新型レヴォーグ。 初披露された実車は、現行型を踏襲したデザインながら、随所でエッジの効いたスバルらしい、シャープさとスポーティさを纏ったデザインへと一新された。 新型レヴォーグプロトタイプのリアスタイル そして、中身のトピックは新しいエンジンとアイサイト搭載。 新型レヴォーグは、新開発の1. 8L水平対向ターボエンジンを搭載(従来型は1. 6Lと2. 0Lのターボエンジン)。 このエンジンは、新型レヴォーグへの搭載がスバル車初となる。 8Lのエンジンを新開発したのか? これについて、新型レヴォーグの開発に携わるプロジェクトゼネラルマネージャーの五島賢氏は、「パワーというよりはトルク。 高速道路を含めた実用域での加速性能と環境性能を両立するための最適解(がこのエンジン)です」とコメント。 スバルらしさの柱、「愉しさ」を司るエンジンだけに、動力性能と環境性能のバランスを考えた末にたどり着いたのが、「1. それだけに、「エンジン自体も物凄くコンパクトになっている」といい、従来の1. 6Lと大差ない大きさを実現しているという。 新しいアイサイトも引っさげ、2020年後半に日本発売! プレスカンファレンスで新型レヴォーグプロトタイプを公開した中村知美・代表取締役社長 そして、もうひとつのトピックがアイサイトの進化。 これによって、「見通しの悪い交差点での出会い頭」といったシーンで、自動ブレーキの作動範囲拡大を実現しているという。 このほか詳細のスペックや価格については未公表ながら、新型レヴォーグは現行型より若干拡大されたボディサイズでのデビューが濃厚。 日本発売は2020年後半とアナウンスされている。 最後の「EJ20」出展で新旧スバル揃い踏み 2019年12で生産終了となる現行型WRX STIの限定車「EJ20 Final Edition」 その他、出展車でのトピックは、「WRX STI EJ20ファイナルエディション」の出展。 既報のとおり、1989年発売の初代レガシィ以来、ブラッシュアップを重ねてきたEJ20型エンジンを搭載するモデルは、同車が最後。 30年に渡り進化してきた最終仕様として、最高出力308ps、最大トルク43. 0kgmを発揮し、回転系パーツの重量公差、回転バランス公差を低減した「バランスドエンジン」を搭載するほか、往年のWRCマシンを思わせるゴールド塗装のアルミホイールなどを装備。 WRX STI EJ20ファイナルエディションは555台の限定販売で、明日10月24日から11月10日まで予約を受け付け、応募多数の場合は抽選により商談の機会が設定される。 名エンジンの最終モデルと新開発エンジンを初搭載するモデルが同時に存在するブース展開は、まさにスバルの「これまでとこれから」を象徴している。 ブレずに、独自の路線を貫くスバルの新しい「安心と愉しさ」。 そのヒントが、東京モーターショーのブースに詰まっている。

次の

超絶人気WRX STIファイナルエディションのこれから【東京モーターショー2019】

東京 モーター ショー スバル

プレスカンファレンスに登壇したスバルの中村知美代表取締役社長は、「100年に1度と言われる大変革期を迎え、新たな領域への対応が求められている。 しかし、スバルの安心と愉しさを普遍的な価値として個性的で魅了的なクルマを提供していく」と、今後もスバルらしさを追求しながら、顧客を笑顔にするブランドでありたいとした。 その想いを象徴する新型レヴォーグについては、今後のモビリティ社会がどのように変化しようとも、誰もが自分の意思で運転をどこまでも楽しめる未来を実現することを目指して、目下開発中だという。 その内容は、全面刷新といえるものとなる様子であり、発売時期については、2020年後半を予定していることも明かされた。 今回、レヴォーグ以外にも、スバルファンが注目するモデルがお披露目された。 それがWRX STIの限定車「EJ20 Final Edition」だ。 詳細は下記の解説に譲るが、FJ20エンジンを搭載するWRX STIの受注が年内で終了することもあり、スバルファン、いやクルマ好きにとって、記憶に刻まれる特別な1台となりそうだ。 世界初公開されたレヴォーグプロトタイプは、初代となる現行型のイメージを受け継ぎつつ、新デザインコンセプト「BOLDER」を採用。 現行型同様に、スポーツワゴンと呼びたくなるアグレッシブなスタイルを纏う。 新デザインには、「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」と「今まで経験したことのない、新しいアクティビティに向かってチャレンジして欲しい」という想いを表現したという。 メカニズムは、全面的にアップデートされる。 ボディは、スバル新生代プラットフォーム「SGP」にフルインナーフレーム構造を組み合わせたものを採用し、より高剛性化。 パワーユニットは、第4世代となる新開発の1. 8L水平対向直噴ターボエンジンを搭載し、環境性能に加え、性能向上も図る。 スバルが誇る先進安全運転支援機能「アイサイト」についても新世代へと進化させ、広角化した新開発ステレオカメラと前後合わせて4つのレーダーによる360度センシングによって、見通しの悪い交差点での出合い頭や右左折時まで衝突被害軽減ブレーキの作動範囲を拡大させるという。 発売時期は、2020年後半の予定だ。 写真:スバル WRX STIの最終限定車「EJ20 Final Edition」のプロトタイプが初公開された。 初代レガシィを皮切りに幅広い車種に採用され、スバルのモータースポーツでの活躍を支えてきたEJ20型水平対向エンジンの生産終了が決定。 このために、現行型WRX STI 国内仕様 の受注が2019年12月23日をもって終了することから、その最後を飾る記念モデルとして企画されたもの。 WRX STI の上級グレード「タイプS」をベースに、回転機のパーツの重量交差・回転バランス交差を低減させたバランスドエンジンを搭載。 WRCマシンを彷彿させるゴールド塗装のBBS19インチ鍛造アルミホイール、フロントグリルやリヤバンパーのチェリーレッドのアクセント、ウルトラスエード巻きステアリングホイール、シルバーカラーのシートベルトなどの専用装備を加えた特別仕様となる。 限定数は555台となり、2019年10月24日〜11月11日の期間で、購入希望者を募る。 応募多数の場合は、厳正な抽選が行われ、当選者に販売されるという。 価格は、4,521,000円〜4,851,000円。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

新型レヴォーグ プロトタイプを世界初公開!|スバル、東京モーターショー2019出展車両を発表【東京モーターショー2019】

東京 モーター ショー スバル

SUBARU LIVE 番組表 1日目:10月26日 土 2日目:10月27日 日 11:00 〜 13:00 「believe. 「LEVORG PROTOTYPE発表!開発関係者が生出演!?」 ・山本シンヤさん 自動車研究家の山本シンヤさんが発表されたばかりのLEVORG PROTOTYPEを紹介。 気になる市販モデル予想などレヴォーグで盛り上がるトーク番組です。 13:00 〜 15:00 SUBARUブース プレカン映像・ステージ演出映像 15:00 〜 17:00 「SUBARUブースの魅力を女性目線でチェック!」 ・深山幸代さん MC渡辺順子さん 新人自動車ジャーナリストの深山幸代が女性目線でSUBARUブースを紹介します!また、併催イベントのキッザニアSUBARUブースの体験レポートを報告します。 「EJ20ファイナルトーク・ありがとうEJ20! 」 ・マリオ高野さん 生産終了が発表されたEJ20に感謝を込めて、これまでのEJ20搭載SUBARU車の思い出や、モータースポーツでの栄光を振り返るトーク番組です。 会 期 2019年10月24日 木 ~11月4日 月 開催スケジュール• プレスデー 10月23日 水 8:00~18:00 10月24日 木 8:00~13:00• プレビューデー 10月25日 金 9:00~14:00• オフィシャルデー 開会式等招待者 10月24日 木 11:30~18:00• ・SUBARUコーナーではメカニックの仕事を体験いただけます。 会 場 東京ビッグサイト青海展示棟 東京都江東区青海1-2-33.

次の