どれ だけ 練習 し て も ピアノ が うまく なり ませ ん。 ピアノを弾く時、窓は閉めないもの?

ピアノ初心者がピアノを何とか弾けるようになるまでの期間は?

どれ だけ 練習 し て も ピアノ が うまく なり ませ ん

独学で一年「バイエル」を弾いてみた高校生Aさんの場合(女性) Aさんは保育士志望の高校生、これから受験する大学は「保育科」です。 大学の授業にピアノがあることを心配し、高3の一年でピアノを独学することにしました。 センター試験の勉強もあるので、ほんの息抜き程度にしかピアノは弾けません。 大学の授業や保育士試験では、昔からある教材「バイエル」が出ることが多いと聞き、Aさんも「バイエル」を独学することにしました。 楽譜は大人用の薄い楽譜ではなく、子供が買うような分厚いテキストを2冊用意。 簡単な方(上巻)はスマホで音符の読み方を調べたので、すぐに弾けてしまいました。 2冊目で両手に入ってからは、しっかり時間をかけて練習しないと進まなくなってきました。 練習して2ヶ月、44番から60番くらいまで弾けたので「残りの40曲を10ヶ月で弾き終える」という目標を立てました。 1ヶ月に4曲、1週間に1曲弾ければ終わる計算です。 週の前半を片手練習、後半を両手練習にあてて、Aさんのバイエル練習はコツコツと進められていました。 両手ではまだ上手に弾けませんが、片手ずつ弾けるだけでも、大学の授業で有利なのではと思っています。 独学で一年「ショパンのワルツ10番」を弾いてみた会社員Bさんの場合(男性) 突然ショパンに目覚めた会社員Bさん。 バイエルなんて完全無視して、ショパンのワルツをいきなり練習し始めました。 楽譜はネットで買い、youtube動画を見まくり、演奏者の体の動き「くねくね」もしっかり取り入れます。 楽譜の音符はあまり読めませんが、耳で聞こえた音をピアノでさぐっていくと、だいたいどの音か問題なくわかります。 会社から帰宅すると真っ先に家の電子ピアノに向かうほど、熱心にピアノに取り組むBさん。 独学・・・というより毎日1時間はピアノで遊んでいたんじゃないかと思います。 楽譜通りに弾けてなくてピアノの専門家から見たらめちゃくちゃな演奏かもしれませんが、自分の奏でるピアノの音色に満足するBさんにはそんなことはどうでもいいのです。 途中で止まってもつっかえても、Bさんの楽しいピアノライフはまだまだ続きます。 独学で一年「バタフライ」を弾いている主婦Cさんの場合(女性) 親友の結婚式が1年後に決まった主婦のCさん。 前々から親友には、披露宴で「ピアノ演奏」をプレゼントしたいと考えていました。 親友は大のピアノファンなんです。 しかしCさんはピアノを習ったことがなく、独学でのピアノ学習。 吹奏楽部でトロンボーンを吹いていたので、右手、左手とも楽譜はかろうじて読めます。 ネットでヤマハの「ぷりんと楽譜」を出して、親友の好きな木村カエラさんの「バタフライ」を検索。 サンプル楽譜を見て「初級」「中級」で迷ったので、両方の楽譜を買いました。 「初級」で最初の半年練習してみて、ゆっくりなら両手でも弾けるようになってきました。 「中級」も片手ずつ丁寧に、練習を始めてみました。 もし親友の結婚式に間に合えば中級で弾いてみたいのですがちょっと難しくて、間に合わないかもしれません。 初級で当日弾いてもいいように、こちらの練習もずっと続けようと思っています。 独学でも楽譜さえ読めれば、だいたいそれらしく弾けています。 弾きにくいところはコッソリ音を減らしたりしていますが、聴いてる人にはバレないんじゃないかと思います。 Cさんは「バタフライ」中級の楽譜を参考に、初級の楽譜に自分で音を付け足して、元の楽譜より素敵に編曲しました。 結婚式当日、自分の技術レベルに合わせて作った手作り楽譜を元に、親友にピアノ演奏のお祝いプレゼントをしました。 まとめ クラシックピアノは技術的にむずかしいので、独学で一年ではそれほど上達しないのが正直なところです。 しかし好きな曲一曲だけを楽しく弾きたい場合には、専門的に不正確な面があるかもですが、独学でもピアノは楽しく弾けます。 ポピュラーピアノはもっと取り組みやすく、独学で弾く人の方がむしろ音楽性が高かったりする場合をよく見かけます。 ピアノ練習に大切なのは「情熱」です。 練習時間がなかなか取れないかもしれませんが、熱心に励んでみてください。

次の

電子ピアノで差がつく!子供の演奏力が育つ電子ピアノの選び方とは?|ピアノのせんせい

どれ だけ 練習 し て も ピアノ が うまく なり ませ ん

大人からピアノを始めて上級曲を弾けるようになった方おられますか? 40になって習い始め、いずれはショパンエチュードを弾けるようになりたいと思っています。 練習は毎日最低2時間、多くて3,4時間です。 ピアノを習う前はエレクトーンを7年ほど習っていました。 その頃から練習時間は同じくらいでほぼ毎日欠かさず練習しています。 今後も同じくらい練習するつもりですが、以前エレクトーンの先生に「大人は現状維持で精いっぱい」ということを言われたことがあり、ピアノをどれだけ練習しても、上級曲を弾くことはできないのではと思ってしまいます。 ピアノの先生は基礎からしっかり教えてくださいますが、時折大人だからこのくらいという気持ちがあるのが見えます。 何年かかってもいいので、いずれはショパンエチュード(または相当の曲)を弾けるようになりたいと思っています。 まず、子供の頃からピアノを練習しても、ショパンエチュードに到達できる人は1割くらいしかいない、という事実は知っておいたほうが良いです。 つまり、確率的には非常に実現度の低い、望み薄い希望ということになります。 ピアノに限りませんが、いきなり高レベルなものを目標に掲げると、そこに到達する道筋が見えないので、練習を続けるモチベーションを維持するのが困難になります。 レッスンを始めれば自分の上達速度などがわかってきますので、1年後、2年後、3年後くらいまでの目標を考えて、そこへ向けて努力するのがいいと思います。 ショパンエチュードもさまざまな難易度の曲があり、簡単な曲であれば5~6年で手が届くはずです(難しい曲は10年かかっても弾けません)。 2人の友人の例です。 一人の友人は、大学入学とともにピアノをはじめ、黙々とバイエルとインベンション(バッハ)を練習していた。 社会人になても継続しており、中年になって、先日、なかなかの演奏で、ベートーヴェンの後期ソナタを聴かせてくれました。 ベートーヴェンの後期ソナタは、普通の音大生でも、ちょっと敷居が高いですね。 もう一人の友人は、ピアノ弾いたことが無かったが、バッハが大好きで、安いキーボードを購入。 片手で、バッハの曲の旋律や声部を弾いて楽しんでいたが、いつのまにか両手になり、6年目に、バッハのパルティータ2番(抜粋)を演奏。 質問者さまは、練習時間も十分に取れており、またエレクトーンの経験もおありなので、かなり(彼らよりは)条件は良いように思います。 しかし、先生が言われることにも一理あるのです、残念ながら。 ピアノは、多くの楽器の中で特に(ヴァイオリンとともに)、脳や筋肉が発達する時期に集中して訓練しないと、プロに通用するメカニックは身に付かないようです。 一日8時間づつピアノを弾くと、指をコントロールする脳の部分が発達するが、これは成長期に限定され、成人してからではもう発達しないようです。 実際、日本最難の芸高(芸大附属)には、ほとんどメカニックが完成し、相当に難しい曲でも弾けるレベルではいってくる、とも言われています。 要するに、高速で音階を弾く、とか、3オクターブのすばやい跳躍をまちがいなく当てる、とか、重戦車のような大音響の和音の連続、などは、成人してからはじめても、どうしても、限界が生じてしまうわけです。 それで、意外に簡単な曲でも、高速の分散和音や音階などを伴うものは、レートスターターには不利になります。 ショパンの練習曲は、そういう意味で、けっこう、不必要に高いハードルです(もちろん、音楽性勝負の何曲かは問題なく弾けるようになります)。 音楽の構造で勝負するバッハとか、音楽性で勝負する一部ロマン派、などを目指したほうが、音を並べるのは得意でもおつむがちょっと、、、という音大生にも一目置かれ、楽しいですよ。

次の

ピアノが独学でうまくなる人、ならない人

どれ だけ 練習 し て も ピアノ が うまく なり ませ ん

大人からピアノを始めて上級曲を弾けるようになった方おられますか? 40になって習い始め、いずれはショパンエチュードを弾けるようになりたいと思っています。 練習は毎日最低2時間、多くて3,4時間です。 ピアノを習う前はエレクトーンを7年ほど習っていました。 その頃から練習時間は同じくらいでほぼ毎日欠かさず練習しています。 今後も同じくらい練習するつもりですが、以前エレクトーンの先生に「大人は現状維持で精いっぱい」ということを言われたことがあり、ピアノをどれだけ練習しても、上級曲を弾くことはできないのではと思ってしまいます。 ピアノの先生は基礎からしっかり教えてくださいますが、時折大人だからこのくらいという気持ちがあるのが見えます。 何年かかってもいいので、いずれはショパンエチュード(または相当の曲)を弾けるようになりたいと思っています。 まず、子供の頃からピアノを練習しても、ショパンエチュードに到達できる人は1割くらいしかいない、という事実は知っておいたほうが良いです。 つまり、確率的には非常に実現度の低い、望み薄い希望ということになります。 ピアノに限りませんが、いきなり高レベルなものを目標に掲げると、そこに到達する道筋が見えないので、練習を続けるモチベーションを維持するのが困難になります。 レッスンを始めれば自分の上達速度などがわかってきますので、1年後、2年後、3年後くらいまでの目標を考えて、そこへ向けて努力するのがいいと思います。 ショパンエチュードもさまざまな難易度の曲があり、簡単な曲であれば5~6年で手が届くはずです(難しい曲は10年かかっても弾けません)。 2人の友人の例です。 一人の友人は、大学入学とともにピアノをはじめ、黙々とバイエルとインベンション(バッハ)を練習していた。 社会人になても継続しており、中年になって、先日、なかなかの演奏で、ベートーヴェンの後期ソナタを聴かせてくれました。 ベートーヴェンの後期ソナタは、普通の音大生でも、ちょっと敷居が高いですね。 もう一人の友人は、ピアノ弾いたことが無かったが、バッハが大好きで、安いキーボードを購入。 片手で、バッハの曲の旋律や声部を弾いて楽しんでいたが、いつのまにか両手になり、6年目に、バッハのパルティータ2番(抜粋)を演奏。 質問者さまは、練習時間も十分に取れており、またエレクトーンの経験もおありなので、かなり(彼らよりは)条件は良いように思います。 しかし、先生が言われることにも一理あるのです、残念ながら。 ピアノは、多くの楽器の中で特に(ヴァイオリンとともに)、脳や筋肉が発達する時期に集中して訓練しないと、プロに通用するメカニックは身に付かないようです。 一日8時間づつピアノを弾くと、指をコントロールする脳の部分が発達するが、これは成長期に限定され、成人してからではもう発達しないようです。 実際、日本最難の芸高(芸大附属)には、ほとんどメカニックが完成し、相当に難しい曲でも弾けるレベルではいってくる、とも言われています。 要するに、高速で音階を弾く、とか、3オクターブのすばやい跳躍をまちがいなく当てる、とか、重戦車のような大音響の和音の連続、などは、成人してからはじめても、どうしても、限界が生じてしまうわけです。 それで、意外に簡単な曲でも、高速の分散和音や音階などを伴うものは、レートスターターには不利になります。 ショパンの練習曲は、そういう意味で、けっこう、不必要に高いハードルです(もちろん、音楽性勝負の何曲かは問題なく弾けるようになります)。 音楽の構造で勝負するバッハとか、音楽性で勝負する一部ロマン派、などを目指したほうが、音を並べるのは得意でもおつむがちょっと、、、という音大生にも一目置かれ、楽しいですよ。

次の