マイクロ コスモス bts。 btsが大好きなひと:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

Wi

マイクロ コスモス bts

여러분 안녕하십니까? お久しぶりです。 【 LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF】ワールド・ツアーが始まっておりますね。 隙あらばに張り付いてます 笑 そして... !! 日本オリジナル曲「Lights」の発売が決まりました... !! しかも、「Lights」のミュージックビデオと、 「Boy With 」と「IDOL」のJapanese ver. まであるとは... 素直に嬉しすぎます。 ありがとうございます。 私はというと、「Boy With 」の記事からかなり感覚が開いたような気もしますが、 マイペースに『MAP OF THE SOUL : PERSONA』の日本語訳を続けております。 今回は「소우주 Mikrokosmos 」の日本語訳とルビ、ビハインド、解釈・考察 =感想 です。 「소우주 ソウジュ 」は、日本語にすると「小宇宙」。 漢字由来の言葉 漢字語 なので音が似ていますね。 いつものことですが、日本語訳は個人的な意訳で、ルビは聞こえた音を書いています。 韓国語初心者なので、あくまで参考までに、日本語の意訳を楽しんでください。 「소우주 Mikrokosmos 」~日本語訳・ルビ~ の公式音源です。 きらめく星の光たち ゆらめく明かりともる建物 僕たちは輝いている それぞれの部屋 それぞれの星から ある光は野望 ある光は彷徨い 人々の明かりたち すべて重要なひとつ 暗い夜 寂しがらないで 星のように皆 僕たちは輝く 消えないで 大きい存在だから 僕たちを輝かせて もしかするとこの夜の表情がこんなにも美しいのは あの星でも明かりでもなく僕たちのせいかもしれない 君は僕を得た 僕は君を見れば夢を見る 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 お互いが見るお互いの光 同じ話をしていたんだ、僕たちは 最も深い夜に、さらに輝く星の光 最も深い夜に、さらに輝く星の光 夜が深いほど、さらに輝く星の光 一人にひとつの歴史 一人にひとつの星 70億個の光で輝く 70億種類の世界 70億種類の人生 都市の夜景は もしかするとまた違う都市の夜 それぞれの夢 僕たちを輝かせて 君は誰よりも明るく輝く 一人 もしかするとこの夜の表情がこんなにも美しいのは あの闇でも月の光でもなく僕たちのせいかもしれない 君は僕を得た 僕は君を見れば夢を見る 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 お互いが見るお互いの光 同じ話をしていたんだ、僕たちは 最も深い夜に、さらに輝く星の光 最も深い夜に、さらに輝く星の光 夜が深いほど、さらに輝く星の光 都市の明かり、この都市の星 幼い時、見上げた夜空を思い出すよ 人という明かり、人という星で 満ちた まさにこの場所から 僕たちは輝いている 君は僕を得た 僕は君を見れば息をする 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 輝き 夢 笑顔 僕たちにこの夜を明るくさせてよ 僕たちは僕たちのまま輝く 輝き 夢 笑顔 僕たちにこの夜を明るくさせてよ 僕たち自身で輝く今夜 「소우주 Mikrokosmos 」~ビハインド文字起こし~ V LIVEで無料で見ることが出来るビハインド 制作秘話 です。 バンタンのアルバムが発売された際には、 リーダーのRM氏がビハインドを話してくださいます。 「소우주 Mikrokosmos 」は、動画の30分36秒~35分23秒です。 文字起こしは要約です。 まぁまぁ長いですが 笑 ・コンサートで一番輝く曲 イントロから凄くいい。 コンサートでやる機会があれば、一番輝くんじゃないかと思います。 サビの「You got me」「I got you」で合唱する瞬間、君がバンタンで、僕がARMYという感じで。 ・タイトル 曲名 元々は、「Mikrokosmos」だけで行くところでした。 でも、メンバーたちの意見で「소우주 ソウジュ:小宇宙 」というハングルのタイトルが生まれたんですが、すごくよかったと思います。 僕のラップパートを聞いていただければわかると思いますが、僕が「アールカイブ Rkive 」というを楽しく入れました。 ・「Hey! 」を入れたかった 正直、僕が一番残念な部分が何かというと、忙しなく各自作業してレコーディングしたので、サビ前に「Hey! 」の合唱を入れることができませんでした。 これを入れようって言おう、言おうって思っていて、うっかり忘れてしまったんです。 でも、このミックスが全て進んでしまって…あ~、残念だ。 これから、この曲をお聞きになる度に、自主的に「Hey! 」を必ず入れてください。 分かりましたか? 笑 ・気に入っている歌詞 僕が、この曲で一番好きな歌詞は「最も深い夜に、さらに輝く星の光」です。 これは本当によくやったと思います。 すみません 笑 それと、サビの最後の「우린 ウリン 」は、「우린 ウリン:僕たちは 」の発音を活かすと、歌詞がよく聞こえて、意味がもっと生かされるんじゃないかと思って、これにしました。 ・曲の世界観 この曲は、すべてが一つの宇宙だという話です。 君も一つの小さな宇宙。 家に帰る時、外でイヤホンをしながら歌詞を書いていて。 人の体がレントゲンのように透過されて、人体の組織が星座のように輝く... そんなビジュアルを想像しながら書きました。 なので、実際に収録曲の中でも反応が一番いい歌だと思うし、本当に色々と良い曲だと思います。 ・「소우주 ソウジュ:小宇宙 」と「소주 ソジュ:焼酎 」... 笑 これはただの冗談ですが、メンバー同士「ソウジュ 小宇宙 」というたびに、「ソジュ ハンジャン~! 焼酎一杯~! 」って言いながら…「ソジュ 焼酎 」…はい、次の曲 笑 「소우주 Mikrokosmos 」~歌詞解釈・考察~ メロディーも、歌詞も、本当に美しい曲。 ビハインドでほとんど解説があったので、ここでは感想を長々と 笑 人の体がレントゲンのように透過されて、人体の組織が星座のように輝く... そんなビジュアルを想像しながら書きました。 RM氏ビハインドより抜粋 どうしたら、そんな素晴らしい想像が出てくるんでしょうか...?? 笑 LOVE YOURSELFのRM氏ソロ曲「Love」の時も思ったんですが、 作詞の才能、着眼点が素晴らしすぎる。 尊敬しております。 韓国語でも英語でも最強だと思う。 いや~、ほんとにすごい方だ。 英語詞だと、スブ・アオキ氏とコラボした「Waste it on me」がおすすめ。 というか、ひたすらに私の好み 笑 アルバムの日本語訳が終わったら記事にしようかな? ちなみに、曲名の「Mikrokosmos ミクロコスモス 」はドイツ語表記。 英語表記にすると「Microcosmus マイクロコスモス 」になります。 言葉の意味を、自分の過去の記事から貼り付けておきます 笑 ミクロコスモス マクロコスモスmacrocosmusの対概念で、大きな世界 大宇宙 に対応する小さな世界 小宇宙 、すなわち人間を指す。 世界大百科事典 第2版より さぁ、歌詞本編へ行きますね。 導入部分から。 きらめく星の光たち ゆらめく明かりともる建物 僕たちは輝いている それぞれの部屋 それぞれの星から ミクロコスモスは宇宙に対する人間のことなので、人々の暮らす都市の夜景を 宇宙に例え、人々が住む部屋を星と比喩しています。 ロマンティック。 飛行機から見える夜景も、宇宙みたいに見えますよね。 ある光は野望 ある光は彷徨い さまよい 人々の明かりたち すべて重要なひとつ 野望や彷徨いという、人間臭さのある光もひっくるめて、 すべてが重要な、大切なひとつ。 彷徨い さまよい と訳しましたが、ここも漢字語なので彷徨 ほうこう と読み替えても。 でも彷徨 ほうこう って普段あまり使わないですよね... どちらも意味は同じに取れるのでお好きな方で読み替えてください。 暗い夜 寂しがらないで 星のように皆 僕たちは輝く 消えないで 大きい存在だから 僕たちを輝かせて 「消えないで 大きい存在だから」という、慈しむような歌詞にはいつも癒される。 これまでの曲でも、「Paradise 낙원:ナグォン:楽園」の 「We deserve a life 僕たちは生きるに値する 」と いう歌詞や、 「Not Today」「Magic Shop」などの歌詞の世界観にも表れてますよね。 もしかするとこの夜の表情がこんなにも美しいのは あの星でも明かりでもなく僕たちのせいかもしれない いやもう、本当に歌詞の美しさが凄い。 自分の意訳で伝わってない気がするから、各自韓国語から訳してみて? 笑 個人的には、「この夜」が、コンサートの風景と重なります。 バンタンはもちろん輝いてるし、ARMYも輝いてる。 そして、アミボム ペンライト の海って、本当に宇宙や銀河みたいで美しいよね... 映像でしか見たこと無いけど... いつか必ずこの目で見たい。 ここからはサビです。 君は僕を得た 僕は君を見れば夢を見る 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 お互いが見るお互いの光 同じ話をしていたんだ、僕たちは 「You got me」「I got you」の訳は、あくまでニュアンスです。 「君がバンタンで、僕がARMYという感じ」とビハインドでおっしゃっていたので、 「お互いが見つけた・出会った」という意味での「得た」というニュアンスです。 「君を見れば夢を見る」... 美しすぎて泣ける。 ARMYからみたバンタンはもちろん光だけど、バンタンから見るとARMYも光なんだ。 「同じ話をしていたんだ、僕たち」の部分の解釈は、 今回のSpeak Yourself Tour、カ、ロサンゼルス、ローズボール公演での RM氏のエンディングコメントを引用します。 皆さんがどこから来ても、何を話しても、何歳でも、 ここRose bowlで、今夜、僕たちはひとつです。 僕たちは同じことを話します。 僕たちは同じ声で話します。 僕たちは同じ言語で話します。 それが「Community コミュニティ:共有・一体感・共同体 」です。 同じ言語で話し続けましょう。 Rose Bowl RM氏コメントより抜粋・意訳 「Community」という同じ言語で、同じ話をしているということなんです。 このエンディングコメント、本当に感動しました。 上記は抜粋なので、全文はあとがきに書きます。 最も深い夜に、さらに輝く星の光 最も深い夜に、さらに輝く星の光 夜が深いほど、さらに輝く星の光 ここも、本当に美しい歌詞。 暗いほど光は輝く。 続いて、RM氏バース。 1分31秒あたりに、「アールカイブ Rkive 」のーが入っています。 一人にひとつの歴史 一人にひとつの星 70億個の光で輝く 70億種類の世界 70億というのは、現在の世界の人口。 それぞれが歴史をもっていて、それぞれが輝く。 SUGA氏バース。 70億種類の人生 都市の夜景は もしかするとまた違う都市の夜 それぞれの夢 僕たちを輝かせて 君は誰よりも明るく輝く 一人 RM氏バースと繋がっているので、「70億」という共通する歌詞があります。 「都市の夜景はもしかするとまた違う都市の夜」... 詩的な表現で、 これだっていう確信がないですが、夜景と夜の対比かな... 夜だけだったら明かりがないイメージで、夜景は光り輝くイメージ。 別の解釈があったら教えてください... 続く歌詞はもう解釈しないでも、そのまま受け取ってください 笑 「One」は、歌詞の流れから「一人」にしました。 もしかするとこの夜の表情がこんなにも美しいのは あの闇でも月の光でもなく僕たちのせいかもしれない サビ前のパート。 一番と歌詞が少し変わっています。 一番は「星たちと明かり」でしたが、 二番は「闇と月の光」に。 ここからはサビ。 君は僕を得た 僕は君を見れば夢を見る 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 お互いが見るお互いの光 同じ話をしていたんだ、僕たちは 最も深い夜に、さらに輝く星の光 最も深い夜に、さらに輝く星の光 夜が深いほど、さらに輝く星の光 繰り返しの歌詞。 ただの「黒」ではなく「漆黒」なのがちょっと気になる。 さぁ、ここはブリッジ... 大サビとも言うかな? 都市の明かり、この都市の星 幼い時、見上げた夜空を思い出すよ 人という明かり、人という星で 満ちた まさにこの場所から 僕たちは輝いている 「幼い時に見上げた夜空」ってもうロマンティックの極みな気がする。 「まさにこの場所」は、コンサート会場だったり、 それぞれが暮らす街でもあると思います。 最後のサビへ。 ARMYがバンタンの「理由」っていう言葉を思い出す。 僕たちのまま、僕たち自身が輝いて、夜を明るくする今夜。 この曲の一貫するメッセージが、「僕たちは輝いている」。 7月3日に発売される、日本オリジナル曲の「Lights」には、 「僕らはいつでも音で繋がることができる、そして目を閉じればいつも互いの光を見ることができる」というメッセージが込められているそうです。 的な作品作りがバンタンの音楽の最大の魅力です... 新曲楽しみ... 是非、この曲の歌詞とメロディーの美しさに酔いしれてください。 お読みいただきありがとうございました。 Rose bowl RM氏 エンディングコメント全文と日本語訳~ 解釈のコーナーで書いた、RM氏のエンディング・コメントをあとがきにします。 本文で抜粋した部分も含めて、日本語訳をしてみました。 一部歓声で聞き取れなかった部分もありますが、参考までに。 Yesterday and tonight were the best, best, best kick-offs I ever had on a tour. From 2013, in six years, we had many memories. We were RM, J-Hope, Jimin, Jung Kook, Jin, V, Suga. We were seven boys from Korea. All just Koreans. Idols, artists… And you guys, your names were... You guys were our school. You guys were our dream. You guys were our happiness. You guys were our wings. You guys were our cosmos. You guys were our light to our nights. You guys were our the beautiful moment in life. We speak the same thing. We speak the same voice. We speak the same language. This is community, what we call community. I love you. Thank you so much. We will all of you — all your stories, ARMY. [日本語意訳] 何といえばいいのか分かりません… 昨日と今日は、これまでで最高の、最高の、最高のツアー初日でした。 2013年から6年間、僕たちには、たくさんの思い出があります。 僕たちは、RM、J-HOPE、JIMIN、JUNG KOOK、JIN、V、SUGAです。 僕たちは韓国から来た、韓国人だけの、7人の少年です。 アイドル、アーティストなど 色々な名前で呼ばれました... そして、皆さんたち、皆さんの名前は… 皆さんたちは僕たちの「学校」でした。 皆さんたちは僕たちの「夢」でした。 皆さんたちは僕たちの「幸せ」でした。 皆さんたちは僕たちの「翼」でした。 皆さんたちは僕たちの「宇宙」でした。 皆さんたちは僕たちの「夜を照らす光」でした。 皆さんたちは僕たちの「」でした。 僕は皆さんのすべての名前を愛しています。 でも、今夜は、この瞬間は、ただ忘れましょう。 ただ僕たちを呼び合いましょう、分かってますよね? 僕たちはただであり、皆さんはARMYです。 そして、同時に、皆さんたちはであり、僕たちはARMYです。 皆さんがどこから来ても、何を話しても、何歳でも、 ここRose bowlで、今夜、僕たちはひとつです。 僕たちは同じことを話します。 僕たちは同じ声で話します。 僕たちは同じ言語で話します。 それが「コミュニティ 一体感・共同体 」です。 愛しています。 本当にありがとうございます。 僕たちは皆さんを、皆さんの話のすべてを、決して忘れません。 ARMY。 同じ言語で話し続けましょう。 「소우주 Mikrokosmos 」を聞きながらこのコメントを読むと、 さらに感動が押し寄せてくる。 スクロールお疲れ様でした。 お読みいただきありがとうございました。

次の

ミクロコスモス (将棋)

マイクロ コスモス bts

여러분 안녕하십니까? お久しぶりです。 【 LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF】ワールド・ツアーが始まっておりますね。 隙あらばに張り付いてます 笑 そして... !! 日本オリジナル曲「Lights」の発売が決まりました... !! しかも、「Lights」のミュージックビデオと、 「Boy With 」と「IDOL」のJapanese ver. まであるとは... 素直に嬉しすぎます。 ありがとうございます。 私はというと、「Boy With 」の記事からかなり感覚が開いたような気もしますが、 マイペースに『MAP OF THE SOUL : PERSONA』の日本語訳を続けております。 今回は「소우주 Mikrokosmos 」の日本語訳とルビ、ビハインド、解釈・考察 =感想 です。 「소우주 ソウジュ 」は、日本語にすると「小宇宙」。 漢字由来の言葉 漢字語 なので音が似ていますね。 いつものことですが、日本語訳は個人的な意訳で、ルビは聞こえた音を書いています。 韓国語初心者なので、あくまで参考までに、日本語の意訳を楽しんでください。 「소우주 Mikrokosmos 」~日本語訳・ルビ~ の公式音源です。 きらめく星の光たち ゆらめく明かりともる建物 僕たちは輝いている それぞれの部屋 それぞれの星から ある光は野望 ある光は彷徨い 人々の明かりたち すべて重要なひとつ 暗い夜 寂しがらないで 星のように皆 僕たちは輝く 消えないで 大きい存在だから 僕たちを輝かせて もしかするとこの夜の表情がこんなにも美しいのは あの星でも明かりでもなく僕たちのせいかもしれない 君は僕を得た 僕は君を見れば夢を見る 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 お互いが見るお互いの光 同じ話をしていたんだ、僕たちは 最も深い夜に、さらに輝く星の光 最も深い夜に、さらに輝く星の光 夜が深いほど、さらに輝く星の光 一人にひとつの歴史 一人にひとつの星 70億個の光で輝く 70億種類の世界 70億種類の人生 都市の夜景は もしかするとまた違う都市の夜 それぞれの夢 僕たちを輝かせて 君は誰よりも明るく輝く 一人 もしかするとこの夜の表情がこんなにも美しいのは あの闇でも月の光でもなく僕たちのせいかもしれない 君は僕を得た 僕は君を見れば夢を見る 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 お互いが見るお互いの光 同じ話をしていたんだ、僕たちは 最も深い夜に、さらに輝く星の光 最も深い夜に、さらに輝く星の光 夜が深いほど、さらに輝く星の光 都市の明かり、この都市の星 幼い時、見上げた夜空を思い出すよ 人という明かり、人という星で 満ちた まさにこの場所から 僕たちは輝いている 君は僕を得た 僕は君を見れば息をする 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 輝き 夢 笑顔 僕たちにこの夜を明るくさせてよ 僕たちは僕たちのまま輝く 輝き 夢 笑顔 僕たちにこの夜を明るくさせてよ 僕たち自身で輝く今夜 「소우주 Mikrokosmos 」~ビハインド文字起こし~ V LIVEで無料で見ることが出来るビハインド 制作秘話 です。 バンタンのアルバムが発売された際には、 リーダーのRM氏がビハインドを話してくださいます。 「소우주 Mikrokosmos 」は、動画の30分36秒~35分23秒です。 文字起こしは要約です。 まぁまぁ長いですが 笑 ・コンサートで一番輝く曲 イントロから凄くいい。 コンサートでやる機会があれば、一番輝くんじゃないかと思います。 サビの「You got me」「I got you」で合唱する瞬間、君がバンタンで、僕がARMYという感じで。 ・タイトル 曲名 元々は、「Mikrokosmos」だけで行くところでした。 でも、メンバーたちの意見で「소우주 ソウジュ:小宇宙 」というハングルのタイトルが生まれたんですが、すごくよかったと思います。 僕のラップパートを聞いていただければわかると思いますが、僕が「アールカイブ Rkive 」というを楽しく入れました。 ・「Hey! 」を入れたかった 正直、僕が一番残念な部分が何かというと、忙しなく各自作業してレコーディングしたので、サビ前に「Hey! 」の合唱を入れることができませんでした。 これを入れようって言おう、言おうって思っていて、うっかり忘れてしまったんです。 でも、このミックスが全て進んでしまって…あ~、残念だ。 これから、この曲をお聞きになる度に、自主的に「Hey! 」を必ず入れてください。 分かりましたか? 笑 ・気に入っている歌詞 僕が、この曲で一番好きな歌詞は「最も深い夜に、さらに輝く星の光」です。 これは本当によくやったと思います。 すみません 笑 それと、サビの最後の「우린 ウリン 」は、「우린 ウリン:僕たちは 」の発音を活かすと、歌詞がよく聞こえて、意味がもっと生かされるんじゃないかと思って、これにしました。 ・曲の世界観 この曲は、すべてが一つの宇宙だという話です。 君も一つの小さな宇宙。 家に帰る時、外でイヤホンをしながら歌詞を書いていて。 人の体がレントゲンのように透過されて、人体の組織が星座のように輝く... そんなビジュアルを想像しながら書きました。 なので、実際に収録曲の中でも反応が一番いい歌だと思うし、本当に色々と良い曲だと思います。 ・「소우주 ソウジュ:小宇宙 」と「소주 ソジュ:焼酎 」... 笑 これはただの冗談ですが、メンバー同士「ソウジュ 小宇宙 」というたびに、「ソジュ ハンジャン~! 焼酎一杯~! 」って言いながら…「ソジュ 焼酎 」…はい、次の曲 笑 「소우주 Mikrokosmos 」~歌詞解釈・考察~ メロディーも、歌詞も、本当に美しい曲。 ビハインドでほとんど解説があったので、ここでは感想を長々と 笑 人の体がレントゲンのように透過されて、人体の組織が星座のように輝く... そんなビジュアルを想像しながら書きました。 RM氏ビハインドより抜粋 どうしたら、そんな素晴らしい想像が出てくるんでしょうか...?? 笑 LOVE YOURSELFのRM氏ソロ曲「Love」の時も思ったんですが、 作詞の才能、着眼点が素晴らしすぎる。 尊敬しております。 韓国語でも英語でも最強だと思う。 いや~、ほんとにすごい方だ。 英語詞だと、スブ・アオキ氏とコラボした「Waste it on me」がおすすめ。 というか、ひたすらに私の好み 笑 アルバムの日本語訳が終わったら記事にしようかな? ちなみに、曲名の「Mikrokosmos ミクロコスモス 」はドイツ語表記。 英語表記にすると「Microcosmus マイクロコスモス 」になります。 言葉の意味を、自分の過去の記事から貼り付けておきます 笑 ミクロコスモス マクロコスモスmacrocosmusの対概念で、大きな世界 大宇宙 に対応する小さな世界 小宇宙 、すなわち人間を指す。 世界大百科事典 第2版より さぁ、歌詞本編へ行きますね。 導入部分から。 きらめく星の光たち ゆらめく明かりともる建物 僕たちは輝いている それぞれの部屋 それぞれの星から ミクロコスモスは宇宙に対する人間のことなので、人々の暮らす都市の夜景を 宇宙に例え、人々が住む部屋を星と比喩しています。 ロマンティック。 飛行機から見える夜景も、宇宙みたいに見えますよね。 ある光は野望 ある光は彷徨い さまよい 人々の明かりたち すべて重要なひとつ 野望や彷徨いという、人間臭さのある光もひっくるめて、 すべてが重要な、大切なひとつ。 彷徨い さまよい と訳しましたが、ここも漢字語なので彷徨 ほうこう と読み替えても。 でも彷徨 ほうこう って普段あまり使わないですよね... どちらも意味は同じに取れるのでお好きな方で読み替えてください。 暗い夜 寂しがらないで 星のように皆 僕たちは輝く 消えないで 大きい存在だから 僕たちを輝かせて 「消えないで 大きい存在だから」という、慈しむような歌詞にはいつも癒される。 これまでの曲でも、「Paradise 낙원:ナグォン:楽園」の 「We deserve a life 僕たちは生きるに値する 」と いう歌詞や、 「Not Today」「Magic Shop」などの歌詞の世界観にも表れてますよね。 もしかするとこの夜の表情がこんなにも美しいのは あの星でも明かりでもなく僕たちのせいかもしれない いやもう、本当に歌詞の美しさが凄い。 自分の意訳で伝わってない気がするから、各自韓国語から訳してみて? 笑 個人的には、「この夜」が、コンサートの風景と重なります。 バンタンはもちろん輝いてるし、ARMYも輝いてる。 そして、アミボム ペンライト の海って、本当に宇宙や銀河みたいで美しいよね... 映像でしか見たこと無いけど... いつか必ずこの目で見たい。 ここからはサビです。 君は僕を得た 僕は君を見れば夢を見る 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 お互いが見るお互いの光 同じ話をしていたんだ、僕たちは 「You got me」「I got you」の訳は、あくまでニュアンスです。 「君がバンタンで、僕がARMYという感じ」とビハインドでおっしゃっていたので、 「お互いが見つけた・出会った」という意味での「得た」というニュアンスです。 「君を見れば夢を見る」... 美しすぎて泣ける。 ARMYからみたバンタンはもちろん光だけど、バンタンから見るとARMYも光なんだ。 「同じ話をしていたんだ、僕たち」の部分の解釈は、 今回のSpeak Yourself Tour、カ、ロサンゼルス、ローズボール公演での RM氏のエンディングコメントを引用します。 皆さんがどこから来ても、何を話しても、何歳でも、 ここRose bowlで、今夜、僕たちはひとつです。 僕たちは同じことを話します。 僕たちは同じ声で話します。 僕たちは同じ言語で話します。 それが「Community コミュニティ:共有・一体感・共同体 」です。 同じ言語で話し続けましょう。 Rose Bowl RM氏コメントより抜粋・意訳 「Community」という同じ言語で、同じ話をしているということなんです。 このエンディングコメント、本当に感動しました。 上記は抜粋なので、全文はあとがきに書きます。 最も深い夜に、さらに輝く星の光 最も深い夜に、さらに輝く星の光 夜が深いほど、さらに輝く星の光 ここも、本当に美しい歌詞。 暗いほど光は輝く。 続いて、RM氏バース。 1分31秒あたりに、「アールカイブ Rkive 」のーが入っています。 一人にひとつの歴史 一人にひとつの星 70億個の光で輝く 70億種類の世界 70億というのは、現在の世界の人口。 それぞれが歴史をもっていて、それぞれが輝く。 SUGA氏バース。 70億種類の人生 都市の夜景は もしかするとまた違う都市の夜 それぞれの夢 僕たちを輝かせて 君は誰よりも明るく輝く 一人 RM氏バースと繋がっているので、「70億」という共通する歌詞があります。 「都市の夜景はもしかするとまた違う都市の夜」... 詩的な表現で、 これだっていう確信がないですが、夜景と夜の対比かな... 夜だけだったら明かりがないイメージで、夜景は光り輝くイメージ。 別の解釈があったら教えてください... 続く歌詞はもう解釈しないでも、そのまま受け取ってください 笑 「One」は、歌詞の流れから「一人」にしました。 もしかするとこの夜の表情がこんなにも美しいのは あの闇でも月の光でもなく僕たちのせいかもしれない サビ前のパート。 一番と歌詞が少し変わっています。 一番は「星たちと明かり」でしたが、 二番は「闇と月の光」に。 ここからはサビ。 君は僕を得た 僕は君を見れば夢を見る 僕は君を得た 漆黒の様だった夜たちの中 お互いが見るお互いの光 同じ話をしていたんだ、僕たちは 最も深い夜に、さらに輝く星の光 最も深い夜に、さらに輝く星の光 夜が深いほど、さらに輝く星の光 繰り返しの歌詞。 ただの「黒」ではなく「漆黒」なのがちょっと気になる。 さぁ、ここはブリッジ... 大サビとも言うかな? 都市の明かり、この都市の星 幼い時、見上げた夜空を思い出すよ 人という明かり、人という星で 満ちた まさにこの場所から 僕たちは輝いている 「幼い時に見上げた夜空」ってもうロマンティックの極みな気がする。 「まさにこの場所」は、コンサート会場だったり、 それぞれが暮らす街でもあると思います。 最後のサビへ。 ARMYがバンタンの「理由」っていう言葉を思い出す。 僕たちのまま、僕たち自身が輝いて、夜を明るくする今夜。 この曲の一貫するメッセージが、「僕たちは輝いている」。 7月3日に発売される、日本オリジナル曲の「Lights」には、 「僕らはいつでも音で繋がることができる、そして目を閉じればいつも互いの光を見ることができる」というメッセージが込められているそうです。 的な作品作りがバンタンの音楽の最大の魅力です... 新曲楽しみ... 是非、この曲の歌詞とメロディーの美しさに酔いしれてください。 お読みいただきありがとうございました。 Rose bowl RM氏 エンディングコメント全文と日本語訳~ 解釈のコーナーで書いた、RM氏のエンディング・コメントをあとがきにします。 本文で抜粋した部分も含めて、日本語訳をしてみました。 一部歓声で聞き取れなかった部分もありますが、参考までに。 Yesterday and tonight were the best, best, best kick-offs I ever had on a tour. From 2013, in six years, we had many memories. We were RM, J-Hope, Jimin, Jung Kook, Jin, V, Suga. We were seven boys from Korea. All just Koreans. Idols, artists… And you guys, your names were... You guys were our school. You guys were our dream. You guys were our happiness. You guys were our wings. You guys were our cosmos. You guys were our light to our nights. You guys were our the beautiful moment in life. We speak the same thing. We speak the same voice. We speak the same language. This is community, what we call community. I love you. Thank you so much. We will all of you — all your stories, ARMY. [日本語意訳] 何といえばいいのか分かりません… 昨日と今日は、これまでで最高の、最高の、最高のツアー初日でした。 2013年から6年間、僕たちには、たくさんの思い出があります。 僕たちは、RM、J-HOPE、JIMIN、JUNG KOOK、JIN、V、SUGAです。 僕たちは韓国から来た、韓国人だけの、7人の少年です。 アイドル、アーティストなど 色々な名前で呼ばれました... そして、皆さんたち、皆さんの名前は… 皆さんたちは僕たちの「学校」でした。 皆さんたちは僕たちの「夢」でした。 皆さんたちは僕たちの「幸せ」でした。 皆さんたちは僕たちの「翼」でした。 皆さんたちは僕たちの「宇宙」でした。 皆さんたちは僕たちの「夜を照らす光」でした。 皆さんたちは僕たちの「」でした。 僕は皆さんのすべての名前を愛しています。 でも、今夜は、この瞬間は、ただ忘れましょう。 ただ僕たちを呼び合いましょう、分かってますよね? 僕たちはただであり、皆さんはARMYです。 そして、同時に、皆さんたちはであり、僕たちはARMYです。 皆さんがどこから来ても、何を話しても、何歳でも、 ここRose bowlで、今夜、僕たちはひとつです。 僕たちは同じことを話します。 僕たちは同じ声で話します。 僕たちは同じ言語で話します。 それが「コミュニティ 一体感・共同体 」です。 愛しています。 本当にありがとうございます。 僕たちは皆さんを、皆さんの話のすべてを、決して忘れません。 ARMY。 同じ言語で話し続けましょう。 「소우주 Mikrokosmos 」を聞きながらこのコメントを読むと、 さらに感動が押し寄せてくる。 スクロールお疲れ様でした。 お読みいただきありがとうございました。

次の

ニュース | BTS JAPAN OFFICIAL FANCLUB

マイクロ コスモス bts

概要 [ ] この作品は、が『』6月号で発表した。 同誌の同年10月号では、詰将棋作家で橋本の先輩でもある桔梗が、と共同で検討した結果が解説されている。 出題当時は1519手詰で、に発行された書籍『詰将棋探検隊』上にて作者自身による改良図が発表され、手数が6手延び、1525手詰となっている。 2007年6月現在、1000手を超える詰将棋は、本作と、『詰将棋パラダイス』2006年8月号に発表された添川公司による1205手詰の「新桃花源」の2作のみである。 後に「ミクロコスモス」作者である橋本が「新桃花源」の詳細な解説を掲載している。 橋本はミクロコスモスの発表の半年前に、「イオニゼーション」という789手詰の作品を『』1985年12月号にて発表している。 「ミクロコスモス」が発表されたとき、解答者の講評として「イオニゼーションは前奏曲に過ぎなかった」というコメントが残っている。 なお、同じ号で添川公司による767手詰の「桃花源」も発表されている。 長手数の要因 [ ] 知恵の輪(上)と馬鋸(下) ミクロコスモスが1000手を超えた要因として、多くの長手数のための趣向を組み合わせたことが挙げられる。 具体的には以下のようなものが使用されている。 駒位置変換 盤上の駒を取り、玉方に取らせて別の場所にとして打たせる。 この一連の手順により、盤上の駒が通常なら動けない位置に移動する。 などを利用し合駒などを取ることによって、を変える手順。 この作品では、歩または香車を桂馬に変換している。 知恵の輪 を含む手順を利用して、局面を少しずつ変えていく手順。 ミクロコスモスではこの手順を利用して駒位置変換や馬鋸に適した位置に玉を誘導している。 馬(竜馬)をジグザグに動かしていく手順。 この作品において、上の3つの趣向はすべてこの馬鋸のために行われている。 変化手順でのを回避するため、特定の条件がそろわないと馬が移動できない。 ミクロコスモスで馬は右の図の下部のような軌道をたどる。 右の図では省略したが、持駒変換は盤の左上で行われている。 盤面を分割し、それぞれの趣向を使用する場所を独立に配置したことが成功の要因であるとも考えられている。 ミクロコスモスと脊尾詰 [ ] 脊尾詰(せおづめ)は脊尾昌宏が開発した、最初として公開され、2017年3月現在はとして公開されているコンピュータ詰将棋解答ソフトである。 1997年、脊尾詰でミクロコスモス を解き、同作が余詰が存在しない完全作であるという結論が導かれた。 後に新バージョンの「脊尾弐」「脊尾参」「脊尾四」が公開されたが、アルゴリズムが異なるため、古いバージョンで解けた詰将棋が新しいバージョンでは解けないということもある。 「ミクロコスモス」は脊尾詰で解けたが、脊尾弐では解けなかったとされている。 脊尾詰はその後いずれのバージョンも入手不可となっていたが、2017年3月に、usi通信プロトコルを用いる将棋用に対応した「脊尾詰」が、脊尾が所属する将棋部のウェブサイトでとして公開された。 参考文献 [ ]• 角建逸著『詰将棋探検隊』(毎日コミュニケーションズ刊)• 『』2006年2月号付録『ミクロコスモスの世界』• 編『看寿賞作品集』(毎日コミュニケーションズ刊) 脚注 [ ].

次の