近くに配達パートナーが見つかりません uber。 Uber Eatsのフードデリバリーの始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録してみた男の独り言

近くに配達パートナーが見つかりません uber

UberEats配達員登録の方法 気になったらUberEats配達員(UberEatsでは「配達パートナー」と呼んでいますが一般的には配達員と呼ぶことが多いです。 )に早速登録していきましょう。 もちろん費用は一切かかりませんのでご安心を。 1.インターネットで登録する 1 パソコンまたはスマホから基本情報を登録する。 まず下記にアクセスして基本情報を登録します。 登録情報は以下の通りです。 メールアドレス 登録後も連絡はこのメールアドレスか、電話番号にショートメールで行われますので普段使っているメールアドレスを登録するとよいでしょう。 この仕事をするのにスマートフォンは必須なので、スマホで利用しているアドレスにしたほうが良いです。 キャリアメールは迷惑メール設定に引っかかって案内が読めない可能性がありますので、可能であれば避けましょう。 使う場合、現時点で【uber. com】からメールが来ることはわかっているので、必ず事前に迷惑メール設定で受信設定をしておきましょう。 氏名 名 氏 の順番にローマ字で入力しましょう。 電話番号 固定電話ではなく、必ず 配達のときに持っていくスマートフォンの番号を登録します。 なぜかというと、ここで登録した番号にショートメールで連絡が来ることが多いですし、 この先の承認作業でもこの番号に認証番号が送られてきます。 固定電話やIP電話などショートメールを受けられない電話番号ではいちいちサポートセンターに対応してもらわないといけないので 極めて不便です! 都市 神戸で登録するのであれば kobe と入力してください。 (例えば大阪なら【osaka】と入力) ここで登録した都市がどうかというと、ホームページなどにアクセスしたときに、 都市によってカスタマイズされた案内がされるようです。 ですので配達するエリアを登録するのが良いでしょう。 2 他の登録方法 神戸の場合はLINEバイトでも求人が掲載されています。 LINEバイトから応募すると、LINEに案内のメッセージが来ますので、案内に従って同じように登録します。 メールアドレスの入力を求められたら、登録に使うメールアドレスを入力しましょう。 メールにて詳細な案内が来ます。 3 必要書類をアップロードする 必要書類 ・自転車の場合 運転免許証、プロフィール写真が必要です。 ・原動機付自転車の場合 運転免許証、プロフィール写真に加えて 【自動車損害賠償責任保険の証明書】と【ナンバープレートの写真】 が必要ですので【自動車損害賠償責任保険の証明書】も手元に用意しておきましょう。 パソコンの場合はファイルをアップロードできますので、【ナンバープレートの写真】はあらかじめ撮影しておくとよいです。 スマホの場合は撮影モードになりますので、原付の近くで登録することになります。 少し面倒ですね。 必要書類の詳細はからご確認ください。 下記のような画面になりますので、画面の指示に従って進んで行ってください。 下記の画面が出たら晴れて事前登録は完了です。 2.アプリをダウンロードする 次に配達に必要なアプリをスマホにダウンロードします。 1 UBER Driverアプリ 上記画面のリンクから【アプリをダウンロード】に進むか、App Store、Google Playで「UBER Driver」と検索すると下記のアイコンのアプリが見つかります。 インストールが完了したら先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインします。 上手く事前登録ができていると、下記の画面が出るはずです。 むしろ下記の画面しか見れなくてそわそわしますが・・・この画面がでていたら成功していますので、 パートナーセンターに行って最終登録をするだけです。 2 Google Mapアプリ 配達のときはGoogle Mapアプリを利用します。 スマホにはすでにインストールされていることが大半ですが、念のため確認しておきましょう。 3.パートナーセンターで最終登録 パートナーセンター神戸については以下の記事で詳しく解説していますのでご参照ください。 実は少々登録がうまくいかなくても、 パートナーセンターに行けばスタッフが協力してしっかりを直してくれます。 怖がらずにパートナーセンターに行ってみることをお勧めします。 パートナーセンターに行って最終登録が完了すれば、もう仕事を開始することが可能です。 神戸の場合はサービス開始日がまだですが、開始日が確定したらメールで連絡が来るそうですよ!楽しみに待っていましょう。

次の

3月11日福山でUber Eats(ウーバーイーツ)開始 配達と注文情報まとめ【広島県】

近くに配達パートナーが見つかりません uber

【公的身分証明書一覧】• パスポート• 運転免許証• 住民基本台帳カード(写真付き)• 契約者の住所 氏名(必ずUberアカウントの登録名と合致している) 有効期間 車両の情報(ナンバープレート番号など) これらが記載されていることを確認して撮影をしましょう。 自賠責保険のシールは必ず貼ってあること。 ナンバープレートの番号と自賠責保険の書類に記載されている番号と一致しているか確認しましょう。 125cc以上のバイク・軽自動車の登録に必要な書類 大型バイク・自動車で配達をする場合は事業許可を取得する必要があるため手続きが面倒です。 個人的にUber Eatsで大型バイク・自動車での配達は駐禁を切られる危険が高いのでおすすめはしません。 契約者の住所 氏名(必ずUberアカウントの登録名と合致している) 有効期間 車両の情報(ナンバープレート番号など) これらが記載されていることを確認して撮影をしましょう。 もちろんUberアカウントの登録名と合致しているかの確認もお忘れなく。 万が一、自賠責保険にナンバープレート等の情報が記載されていない場合は 保険会社に情報の追加を依頼してください。 基本的に届出制なので審査は特になく問題がなければ誰でも発行できます。 例としてハイゼット、エヴリィ、ミニキャブなど… 車両関連の資料については地域によって書類の名称が異なることもあります。 分からない場合はを利用するか、またはパートナーセンターへ行くことをおすすめします。 車両がない場合でも配達員になれます! 自転車を所有をしていない場合、があります。 Uber Eats配達パートナーに向けに定額で乗り放題になる特別プランが用意されています。 もちろん一般のレンタサイクルで配達をすることも出来ます。 車両が手元にない方はとりあえず自転車で登録しましょう。 車両を間違えて登録してしまった場合の対処法 新規で登録をする際、自転車と間違えて自動車で登録手続きを進めてしまうことがあります。 その場合は 一旦アプリをアンインストールして、再度インストールすると初期から登録し直すことができます。 再インストールしても変わらない場合はサポートに連絡をして修正してもらいましょう。 車両変更をしたい場合 Uber Eatsでは登録外の車両での配達についてはできませんが、車両を変更することは何度でも可能です。 お近くの人はパートナーセンターで即日変更ができます。 車両変更後のインセンティブの適用には最大3日ほどかかります。 急ぎでお金が欲しい人は早めに変更しましょう! 登録車両以外で配達するとアカウントが永久停止されます 仮に登録以外の車両で配達をすることはUber Eatsの規約上で禁止されています。 例えば)自転車で登録しているが、実はバイクで隠れて配達をしているなど… 「でもUber Eatsって一人で仕事するから別にバレないでしょ!」って思いますよね〜。 実際そういう輩が多いからなのか、Uber Eatsには通報システムがありますし、お店側でも配達員がどんな乗り物で料理を受け取りにくるのか情報が出ているので誤魔化しても丸見えです。 もし、見つかって運営側に報告されたら 「アカウント永久凍結」処分となり、今後二度と配達ができなくなってしまいます。

次の

Uber Eats (ウーバーイーツ)の口コミ・評判 | みん評

近くに配達パートナーが見つかりません uber

この記事の内容• Uber Eatsの配達パートナーは自転車・バイク・原付どれが有利か• 自転車からバイク・バイクから自転車への車両変更方法 Uber Eatsの配達パートナーに登録しようとした時に、決めなければいけないのが「原付で配達するか自転車で配達するか」です。 ここで決めた配達方法は、もちろん後から Uber Eatsパートナーセンターで変更することができますし、 説明会の時に変更することもできます。 なので決められない時は、 一旦手続きの簡単な「自転車配達」を選んで、後から変更するという形がオススメ。 そうは言ってもちゃんと選びたい!そんなあなたのためにこの記事では、以下の内容を紹介していきます! 目次• 原付・バイク・自転車の登録に必要な書類の違い ではまずは「それぞれの配達車両の登録に必要な書類の違い」について紹介していきます! UBer Eatsの配達に使うことができる車両は全部で4つ。 自転車• 原付バイク 125cc未満• 軽貨物 黒ナンバー• 125cc以上のバイク 緑ナンバー ただし、 黒ナンバーと緑ナンバーの取得は、陸運局に書類を送ったりお金を払ったりとかなり面倒です。 参考: もうすでに黒ナンバー・緑ナンバーを取得している人以外は避けたほうが無難でしょう。 それぞれに必要な書類を表にすると以下の通りです。 [全員必要]• 身分証明証の写真• メールアドレス• 電話番号• プロフィール写真 スマホ写真可 [原付で配送する人が追加で必要]• 運転免許証• 自賠責保険証書• ナンバープレートの写真 [軽貨物または125cc以上のバイクで配送する人が追加で必要]• 運転免許証の写真• 自動車損害賠償責任保険の証明書• 任意保険または共済保険の証明書• 車検証または軽自動車届出済証• ナンバープレートの写真 先ほども言ったように、 手続きが最も簡単なのが「自転車」での登録です。 どれにしようか迷っている人は、とりあえず自転車で登録しておきましょう。 もし気が変われば、説明会の際にでも書類を持っていくと、スタッフの案内に従って簡単に登録ができます。 他の配達パートナーはバイク・原付・自転車どれで配達している? 配達パートナーの配達車両はどれが多いのか?Uber Eatsの公式発表はありません。 しかし先日、当サイトはUber Eatsの配達パートナーのアカウントを対象にアンケートを行いました 101件の回答ありがとうございました! これにて回答を締め切らせていただきます。 ご協力ありがとうございました! — [報酬あり]Uber Eatsに関するアンケート実施中! uberharaki このアンケート結果をもとに、他の配達パートナーはどんな車両で配達しているのかをみると以下の通りでした。 125cc以上のバイクで配達している人も見られましたが、本業で運送業をしていてすでに緑ナンバーを取得済みである人が多かったです。 原付と自転車はどっちが稼ぎやすい? 当サイトが独自に行ったアンケートの結果、原付で配達時と自転車で配達時の時給換算の平均を算出しました。 更に詳しい情報は上の参考記事を御覧ください。 今回原付の条件として、 年間走行距離を10000kmとしました。 これは大体1週間で20時間程度稼働したくらいだと考えてもいいでしょう。 よく原付を使う人であればも税金や保険などは、Uber Eatsの配達車両の維持費として換算しなくてもいいかもしれません。 しかし基本的に 原付のほうが維持費が高くつくということは知っておきましょう! 5. 自転車と原付のレンタル車両料金の違い Uber Eatsの対象エリアから少し離れた場所で稼働する場合や、配達できる車両を持っていない場合は、車両をレンタルしなければいけません。 車両をレンタルした場合は、 維持費用やメンテナンスの手間がかからないこともメリットになります。 自転車と原付のレンタル費用は、都道府県別にも異なります。 そこで都道府県別のレンタル車両の料金をまとめていきたいと思います。 ドコモ・バイクシェアとヤマハYPJはUber Eatsと提携しているので、通常料金よりも安くなっています。 ドコモ・バイクシェアリングは通称「赤チャリ」と呼ばれ、Uber Eats配達パートナーの間ではかなり有名なレンタサイクル。 表をみると分かるように、都道府県別で料金が大幅に異なります。 稼働の元が取れそうかどうかを判断してみてください。 帝都産業はUber Eatsと提携しているため、通常よりも料金が割引されます。 レンタルバイクはかなり費用が高いので、 Uber Eatsの配達パートナーで利用している人はほとんどいません。 原付も試してみたいなと思った時に1ヶ月だけ使う、というような使い方が理想かもしれません。 レンタルバイクで長期間配達をするよりかは、中古の原付を買ってしまったほうが結果的に安上がりになる可能性もありますよ。 原付・自転車での配達のメリット・デメリット 原付と自転車のメリット・デメリットを、全てまとめて紹介していきたいと思います。 全て表でまとめた結果以下の通りです。 原付・バイク 自転車 メリット• 体力的に楽• 長距離配達依頼が増えるので、1回あたりの報酬が高くなる• 配達速度が上がる• 広範囲の移動が可能• ダイエット効果がある• 維持費用が安い• 小回りがきく• 短距離配達が多いので配達数を稼ぐことができる• 車両を置く場所は見つかりやすい• 渋滞に巻き込まれにくい デメリット• 駐禁のおそれがある• 渋滞に巻き込まれる可能性がある• 駐輪場所に困ることも• 小回りが利きにくい• 違反の可能性が高くなる• 維持費用が高い• 体力的にキツイ• 長距離配送依頼が少ないので、1回あたりの配達単価が下がる バイクの大きなメリットは、体力的に楽であるということでしょう。 やはりUber Eatsは肉体労働ですから、体力の消耗は結構大きいです。 なので体力がない方だったら自転車での配達は結構厳しいかもしれません。 しかしその反面、原付での配達は小回りが利きにくく、道を間違えてしまうと大幅な時間ロスになることもあります。 一方通行や二段階右折など交通ルールもややこしく、自転車と比べると煩わしく感じることもあるでしょう。 自転車だと体力的にキツイため 原付・バイクは小回りが利きにくいというデメリットはありますが、長距離移動も体力消費が少なく可能というメリットがあります。 なので長距離配達が多くなる、世帯数の少ないエリア、つまり 比較的田舎のエリアはバイクの方が有利と言えるでしょう。 他には坂道の多いエリアなども、自転車配達の人が避けるのでバイク配達の人は狙い目です! 8. バイクと自転車はそれぞれどんな人にオススメか? 以上を踏まえた上で結論として、「バイクをオススメする人」「自転車をオススメする人」についてそれぞれ紹介していきます。 結論からまとめると以下の通りです。 バイク・原付がオススメ 自転車がオススメ• 女性や中年男性など体力に自信がない人• 普段からバイク・原付を使う人• 稼働エリアに精通している人• 比較的田舎で稼働する人• 比較的若い人・体力に自信がある人• 普段原付移動をしない人• 稼働エリアに精通していない人• 比較的都会で稼働する人 女性や中年男性などの体力に自信がない人は、バイクでの稼働がオススメ。 体力面でのデメリットをカバーすることができます。 さらに普段から原付を使う人や、稼働エリアに精通していて道を知っている人は、「道を間違えると復帰が難しい」という原付のデメリットを解消することができます。 逆に 配達するエリアの道をよく知らないという人は慣れるまで自転車を使った方がいいかもしれません。 車両変更は簡単にできるので、とりあえずどちらかで試してみるといいですね。 自転車の車両追加は必要ありません。 好きな自転車で配達しましょう! 車両追加はいつも使っている「Uber Driver」から行います。 まずアプリを起動すると以下の画面になります。 右上のプロフィール写真をタップしてください。 すると以下のような画面になるのでアカウントをタップしましょう。 車両という項目があるのでそこをタップします。 車両追加画面になるので、車両の追加をタップします。 「車種」「モデル名」「年式」「ナンバープレート」「車体の色」を入力した後に、車両を追加するをタップすると完了です。 登録している原付・バイク以外での配達は厳禁。 最悪アカウント停止の可能性もあるので、車両追加や車両変更はしっかりやっておきましょう。 まとめ.

次の