羅生門 季節。 至急!!!羅生門の背景について質問です!!

【羅生門 III】@我的天堂|PChome 個人新聞台

羅生門 季節

カメラマン宮川一夫が凄い! スポンサーリンク イタリアのヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞や、アメリカのアカデミー特別賞を受賞するなど、日本映画が初めて国際的に認められた記念すべき作品である。 この受賞はまだ米軍占領下であり、国際的な自信を失っていた日本人に現代では想像もつかないぐらいの希望と光明を与えた。 これ以降、黒澤作品並びに日本映画が世界で評価されていき、日本映画界も黄金期に入っていった。 ストーリーは、芥川龍之介の2つの短編小説「羅生門」と「籔の中」が元になっている。 物語の本筋は「籔の中」のほうで、これを新鋭の橋本忍と黒澤で脚本化した。 黒澤映画の常連脚本家、 橋本忍の登場である。 橋本忍は佐伯清の弟子としてサラリーマンをしながら脚本の勉強をしていた。 橋本は芥川龍之介の短編小説「籔の中」を脚色した作品を執筆しており、それを佐伯に見せたところ、かねてから友人であった黒澤明の手に渡り、黒澤がこれを次回作として取り上げたという橋本の出世作でもある。 冒頭の雨のシーンはモノクロカメラで迫力のある雨の映像をとるために、水に墨を混ぜてホースで降らせたという。 スポンサーリンク この作品はテーマと脚本で栄冠を勝ち取ったとされますが、モノクロの映像の美しさはそれに勝るとも劣らない価値でしょう。 かなり昔の作品であるにも関わらず、こんなにも映像が綺麗なのか、とため息がでる画がいくつもありました。 黒澤明とともにこの作品で世界的カメラマンとなった 宮川一夫の腕によるものと解釈をせざるをえません。 当時は絶対にタブーであった太陽にレンズを向けるというロックなことをやっていたり。 この作品のテーマは一言でいうと 「事実は1つだが、真実はいくつもある」ということでしょう。 とてもとても深いテーマです。 ひとつに事実に対して、関わった人の数だけ真実があるんですよね。 事実と真実は根本的に違う次元で存在し合っているということを個人的には感じる作品でした。 スポンサーリンク かんたんなあらすじ 平安時代。 羅生門で下人が雨宿りをしている。 そこには杣売りと旅法師も雨宿りをしており、なにか深刻な表情で話しあっている。 下人は退屈しのぎにその2人の話に入っていく。 その話は3日前に起こった、ある殺人事件について。 それはそれは、世にも奇妙な事件についてだった… 企画:本木荘二郎 製作:箕浦甚吾 脚本:黒澤明 橋本忍 原作:芥川龍之介「籔の中」 撮影:宮川一夫 美術:松山崇 照明:岡本健一 音楽:早坂文雄 助監督:加藤泰 若林光夫 田中徳三 出演:三船敏郎 京マチ子 森雅之 志村喬 千秋実 加東大介 上田吉二郎 『羅生門』各サイトレビューまとめ Yahoo! 映画 4. 12点 評価件数 416件 ・ 数学の証明問題のような凝縮された表現 ・芥川龍之介の「藪の中」と「羅生門」をベースにした作品。 ・人間のエゴイズムの醜さ ・鬼も逃げ出す人間の恐ろしさ ・黒澤明の日本人離れしたダイナミックな演出 ・この世の災いよりも恐ろしいものは人の心だ ・3人の人間の心理描写が凄まじく複雑 ・名声に違わぬ作品 ・微妙。 セリフが聞き取りにくい ・「真実が沢山ある。 com 3. 6点 25人 ・「人間」を描く。 ・人の心は不可解なもの ・何を喋っているのか聞き取れなかった。 ・食い違う証言、真実は藪の中。 人間とは何なのか。 ・黒澤映画初心者に ・白黒だけど、なんとなく色を感じる ・黒沢作品は落ち込むだけでは終わらない ・艶あり、凄みありと圧巻的な演技を披露する京マチ子。 ・何度見ても三船敏郎さん志村喬さんはかっこいい。 ・語り口、動と静のコントラスト、そのギラギラさ加減。 ・一つの事件を複数の視点で追ういわゆる『羅生門スタイル』の元祖 ・音楽も美術もそれに従うように骨太な印象。 アマゾンレビュー 4. 2点 24件のカスタマーレビュー ・黒澤明監督が「世界のクロサワ」たる所以の作品 ・迫力のある表現が素晴らしい ・今もまったく色褪せない傑作! ・黒沢映画の中でも特にお薦め ・俳優陣の鬼気迫る演技が素晴らしいのですが、特に京マチ子が傑出してます。 ・若き日の三船敏郎と京マチ子が出演 ・安易なヒューマニズムか、実存的ヒューマニズムか ・何たる衝撃、何たる人間描写。 『羅生門』は、アマゾンプライム会員なら無料で見れます。

次の

羅生門/芥川龍之介【あらすじ・簡単な要約・読書感想文・解説】

羅生門 季節

東寺の朝(2019年3月) 「この髪を抜いてな、この髪を抜いてな、かつらにしょうと思うたのじゃ。 」……老婆の声色を模して朗読をするのは果たして何度目だろうか。 高1を担当する年はほとんど、この教材を取り上げる。 今年は特に若いメンバーと学年チームを組んでいることもあって、やはり「定番」は扱っておくべきだろうと思い至った。 「定番」であり続ける理由とは何だろうか?今回改めて『羅生門』を声に出して読んだとき、私の頭に浮かんだのは、ヨーロッパの「シェンゲン協定」だった。 長崎大学多文化社会学部の過去問でこのテーマに触れたからだろうか。 現代が抱える課題にも迫ってくるようなテキスト。 別な言い方をすれば、時代が進むにつれて読みが変化していく可能性を有するテキスト。 『羅生門』もそのような作品なのだろうと、漠然と考えている。 ……宇多田ヒカルは「誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ みんなの願いは同時には叶わない」と歌った。 (あれ、恋愛の悲哀は普遍的か?) 高校の新学習指導要領が公表されている。 科目の名称も大きく変わる大改編であり、どうカリキュラムを組めばよいのか、どんな教材が教科書に掲載されるのか、現場はまだ見通しを立てられていないというのが正直なところだ。 ただ、『羅生門』は古典を基にした小説であるという点からして、新課程でも生き残るのではないかと個人的には予想している。 芥川とか、太宰とかがますます重宝されるのではないか、そんなことをこっそり期待している。 昔使っていた教科書の『羅生門』の頁を開けたら、かつての教え子の字と思われる「下人の心理変化」についてのプリントが出てきて懐かしかった。 今回の授業はどう展開していくのか。 その行方は、誰も知らない。

次の

中英劇團

羅生門 季節

1951年 《》 1975年 《》 1952年 《》 1989年 為他在電影上的成就鼓舞了全世界的觀眾,並影響了全球的電影人。 1980年 《》 1986年 《》 最佳外語片 1980年 《》 其他獎項 柏林議會特別獎 1953年 《》 FIPRESCI獎 1958年 《》 最佳導演銀熊獎 1958年 《》 1980年 《》 1950年 《》 義大利影評人獎 1950年 《》 1954年 《》 San Giorgio獎 1965年 《》 OCIC獎 1965年 《》 終身成就金獅獎 1982年 日語寫法 日語原文 黒沢 明 くろさわ あきら Kurosawa Akira 黑澤 明 黑澤明(日語: 黒沢 明,1910年3月23日-1998年9月6日),著名。 一生共執導了三十部,其中許多具有世界知名與影響力,如《》、《》、《》、《》、《》、《》、《》等代表作。 是使走向國際化的重要導演,也是日本近代電影史的重要人物,被譽為「電影界的」。 為「映明院殿紘國慈愛大居士」。 生平簡介 [ ] 1910年生於,父親黑澤勇曾為職業軍官。 黑澤明在家中排行第七。 1928年初中畢業時,興趣是與,特別是以探討見長的;二哥丙午於時代電影院擔任講評人職務,使他大量接觸電影後產生興趣。 他的專業為藝術及繪畫系,1936年加入當副導演,同時也擔任。 1943年初次執導了電影《》。 同年與日本加藤喜代(藝名: ( 日語 : ))結婚,同年12月20日長子久雄誕生。 1950年的《》奪下等幾項國際大獎令他聲名大噪,令國際開始關注日本電影。 1952年的《》獲得特別獎(安慰獎),1954年的《》獲得威尼斯影展。 1970年因根據的小說《》改編的電影《 ( 日語 : )》票房欠佳,1971年12月未遂。 1975年的《》獲得。 1980年的《》獲得了和最佳導演獎等多個國際大獎。 1985年的《》獲得英國電影學院獎最佳外語片和最佳外語片獎多個獎,同年被授予及美國終身成就獎。 1978年執筆寫下《蝦蟆的油》 ,1990年獲得。 1998年獲得日本終身成就獎,88歲時逝於東京,榮獲。 1998年獲得終生成就獎,1999年以《》獲得最佳外語片獎。 合作夥伴 [ ] 在黑澤明的電影中,出演過16部,出演過21部,兩人都是黑澤明的愛將,三人也被稱作鐵三角。 三船敏郎本身興趣是攝影,本欲當,在誤打誤撞下被黑澤明看中成為演員,從此兩人合作無間,在50年代和60年代拍出多部經典佳片,三船敏郎也憑藉1961年的《》和1965年的《》兩度於威尼斯國際電影節上稱帝,《紅鬍子》也是兩人合作的最後一部電影。 志村喬作為一名優秀的性格演員,他主演的黑澤明電影以1952年的《》中的絕症課長和《》裡的武士首領這兩個角色最為人津津樂道。 其他黑澤明常用的演員還有 ( 日語 : )、 ( 日語 : )、 ( 日語 : )等,而擅演反派的則是黑澤明中後期電影的中流砥柱。 黑澤明去世前曾給寫了封簡訊,上面寫道:「北野,你幹得很不錯。 如果沒有你,日本的電影的未來將會一片混沌。 我希望你能記住我的託付,繼續發揚日本電影的傳統。 」 風格與影響 [ ] 黑澤明自己曾說他深受美國電影大師的影響,在敘事方式上擅用的經典敘事法來處理,所以他的電影和其他日本電影大師相比,更加融合了西方特色,因此較容易為西方觀眾所接受,1985年的《》就完全體現了他東西合壁的藝術表現力。 黑澤明之所以那麼受人尊崇,除了他執導才華出色外,通常他都兼任編劇、監制和剪接等數職,堪稱全面的電影製作人。 因此,他對電影藝術天才的全能掌控力使得他對每齣作品都有嚴格的控制權,個人風格和表現效果能得以完全體現。 此外,電影故事的深度和拍攝手法的靈活運用也是他的成功所在。 電影作為一門講求創意的藝術,黑澤明的電影就表現出了無窮創意,如在《七武士》中,他運用一系列的快鏡剪接和攝影變速來補足武士的戰鬥,讓人看得十分過癮;而在《紅鬍子》中多次運用上深度鏡頭以突顯人物間的關係亦讓人稱讚。 他的不少拍攝手法也常被不少後來的傑出電影人模仿,如的《》系列,以及的《》等便活用不少黑澤明的拍攝手法。 Judo Story(Sanshiro Sugata)(1941年)• (美的尋求) The most beautiful (1944年)• They Who Tread on the Tiger's Tail (1945年)• No Regrets for Our Youth 1946年• One wonderful Sunday (1947年)-日本最佳導演獎• Drunken Angel (1948年)-日本每日電影獎最佳影片獎、年度最佳影片• The Quiet Duel (1949年)• Stray Dog (1949年) 1950年代 [ ]• Scandal (1950年)• In the Woods(Rashomon)(1950年)-威尼斯影展金獅獎、威尼斯影展義大利人影評獎、美國國家評論獎• The Idiot (1951年)• To Live(Ikiru)(1952年)-日本每日映畫賞最佳影片獎、電影旬報年度最佳影片、柏林影展柏林參議院特別獎• Seven Samurai (1954年)-威尼斯影展銀獅獎• Record of a Living Being (1955年)• Throne of Blood (1957年)• 深淵 沉淪 The Lower Depths (1957年)• The Hidden Fortress(1958年) 1960年代 [ ]• The Bad Sleep Well (1960年)• The Bodyguard(Yojimbo)(1961年)• Sanjuro (1962年)• High and Low (1963年)-日本每日映畫最佳影片獎• Red Beard (1965年)-日本每日映畫賞最佳影片獎、威尼斯影展OCIC Award、電影旬報年度最佳影片以及電影旬報年度最佳導演;藍絲帶賞最佳影片 1970年代 [ ]• ( 日語 : ) Clickety-Clack(Dodeskaden)(1970年)• Dersu Uzala(1975年)- 莫斯科國際電影節費比西獎、莫斯科國際電影節金牌獎、法國電影評論協會獎、最佳外語片、義大利電影金像獎最佳外語片 1980年代 [ ]• Shadow Warrior(Kagemusha)(1980年)- 、報知映畫賞最佳影片獎、每日映畫賞最佳影片獎以及每日映畫賞最佳導演獎;義大利電影金像獎最佳外語片、法國凱撒獎最佳外語片、藍絲帶賞最佳影片、英國影藝學院最佳導演獎• Chaos(Ran)(1985年)-聖賽巴斯丁影展OCIC Award、美國國家評論獎;日本每日映畫賞最佳導演獎、每日映畫賞最佳影片獎、義大利電影金像獎最佳外語片、最佳外語片、藍絲帶賞最佳影片、英國影藝學院最佳外語片獎 1990年代 [ ]• Dreams (1990年)• Rhapsody In August (1991年)• Not Yet(Madadayo)(1993年) 參考資料 [ ]• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• no award 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• (2019)• 1932• 1934• 1935• ( 英語 : ) 1943• 《》 1955• 1956• 1958• ( 英語 : ) 1964• 1965• ( 英語 : ) 1967• 1969• 1971• 1975 1976—2000• ( 英語 : ) 1977• 1980• 1981• 1982• ( 英語 : ) 1983• ( 英語 : ) 1986• 1989• 1991• 1992• 1993• 1994• ( 英語 : ) 1996• 1997• 1998• 1999• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• ( 英語 : ) 2007• 1945• 1946• 1947• 1948• 1949• 1950• 1951• 1952• 1953• ( 英語 : ) 1954• 1955• 1956• 1957• 1958• 1959• ( 英語 : ) 1960• ( 英語 : ) 1961• 1962• 1963• ( 英語 : ) 1964• 1965• 1966• ( 英語 : ) 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• ( 英語 : ) 1998• 1999• 2000• ( 英語 : ) 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019• ( 英語 : ) 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• ( 英語 : ) 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の