モーツァルト 肖像画。 海老沢敏

【衝撃】バッハやモーツァルトの髪がカツラって本当!?

モーツァルト 肖像画

新しいパスワードの作成 myViennaにおきましては、必要となるログインデーターがございますが、これらは、いただいた同意に基づき、オーストリアの「個人情報保護にかかわる基本法規命令」第6条に沿って収集と処理を行い、その目的は、ご本人を確認すること、ご旅行の計画を保存すること、さらにこれらの目的のためにご連絡を差し上げることといたします。 これらの個人情報は、必ずご提示いただきますが、これは、ご提示いただかなければ、サービスをご提供することができないためです。 ご旅行の計画につきましては、ウィーン・ツーリズムが解析を行いますが、匿名扱いにしたうえで、目的を統計データーの収集に限定いたします。 これらの個人情報は、独立でアカウントの各種設定から削除を実行することが可能です。 Googleか、または、Facebookのいずれかを経由してMyViennaへログインいただく場合は、Googleか、または、Facebookでご入力いただいている個人情報を、ウィーン・ツーリズムにて収集し処理することは、一切、ございません。 Googleか、または、Facebookによる認証は、これらサービスの各提供者が定める利用規約によります。 モーツァルト・ファンはウィーンの至るところで、モーツァルトゆかりの地を訪ねることができます。 からシュテファン大聖堂まで、さらには、オリジナルなまま保存されたモーツァルトの住居で、アマデウスと出会う体験の世界となっています。 1896年に制作された大理石のモーツァルト記念像は王宮庭園(ブルクガルテン)にあり、ト音記号をあしらった花壇が印象的です。 ウィーンにあるモーツァルトゆかりの地 ヨハネス・クリソストムス・ヴォルフガング・テオフィルス・モーツァルトは、1756年1月27日にザルツブルクで生まれました。 早くも5才のとき、彼は最初の作品を作曲しています。 1762年ウィーンを訪れたモーツァルト姉弟は、シェーンブルン宮殿の鏡の間で、マリア・テレジア女帝に、その神童ぶりを披露したのです。 コンサートの後、マリア・テレジアの膝に乗ったヴォルフェール少年は、女帝の首に腕をまわしキスしました。 神童の噂は街中に広がりました。 1768年、マリア・テレジア女帝はハプスブルク家の居城であるで、2時間にわたり12才のモーツァルトと謁見しました。 1781年の秋には同じくホーフブルク王宮で、モーツァルトはヴュルテンベルク公爵のためコンサートを行っています。 同年のクリスマスをモーツァルトは、マリア・テレジア女帝の息子である皇帝ヨーゼフII世とともにで過ごしました。 独立への道 1781年25才のモーツァルトは、ザルツブルク大司教の従者として、ウィーンのドイツ騎士団の家で数週間を過ごしました。 ここで彼は直ちに独立しようと決心し、大司教の不興を買って解雇されました。 モーツァルトはウィーンに留まり、独立した音楽家として暮らすようになりました。 作曲依頼やピアノ・レッスンが収入源でした。 ゴシック建築様式ので1782年、モーツァルトはコンスタンツェ・ウェーバーと結婚しました。 2人はウィーンの音楽界・社交界を活動の場とし、6人の子供を得ましたが、成人に達したのは2人だけでした。 幾つかの浮気問題はあったものの、モーツァルトの死まで2人は夫婦として暮らしました。 モーツァルトは1786年「サンデー・アカデミー」と名づけたコンサートシリーズを開催、現在ので、ピアノを演奏し歌いました。 シェーンブルン宮殿のオランジェリーでは1786年、皇帝ヨーゼフII世の希望により「音楽コンテスト」が催されました。 このとき対決したのはモーツァルトと当時の宮廷楽長アントニオ・サリエリで、皇帝はサリエリに軍配を上げました。 1790年当時のモーツァルトは成功の頂点にありました。 「コジ・ファン・トゥッテ」が初演され、1791年には「皇帝ティートの慈悲」と「魔笛」が続きます。 しかしレクイエム作曲中、モーツァルトは重病となりました。 1791年12月5日に世を去ったとき、モーツァルトはまだ35才でした。 彼の葬儀は、婚礼と同様シュテファン大聖堂で行われました。 ノスタルジックな雰囲気の漂う聖マルクス墓地に、モーツァルトの永眠の地があります。 当時の慣習によって、彼は他の死者とともに墓穴に埋葬され、十字架は立てられませんでした。 しかし音楽史上の巨星は永遠に輝き続けています。 モーツァルト・ファンのための特別プログラム• ダウンロード&プリントアウトして、モーツァルト散策に出掛けましょう。 天才の人生に関する情報、エピソード、道案内など、内容豊富です。 english• :音響をテーマとするウィーンの博物館で、インタラクティブな音響の世界とモーツァルトの世界を探訪しましょう。 モーツァルト・ホログラム、インスタレーション「ナマデウス」と「フェーシング・モーツァルト」などをお楽しみください。

次の

海老沢敏

モーツァルト 肖像画

This is about a new Mozart portrait. Text from with Japanese translation. モーツァルトの肖像画が見つかったという記事です。 からの記事と、訳です。 ウィーン:18世紀の肖像画に描かれた丸顔にふさふさの毛髪の若者は、長い間専門家を悩ませてきたが、ようやく名前がわかった。 その名は、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。 Image: artdaily. ザルツブルグのモーツァルテウム博物館の研究者が、この絵画の人物はモーツァルトであると断定したことを金曜日に発表した。 They say that of 14 known portraits, it is one of only a few showing him gazing directly at the viewer and without his signature white powdered wig. そして、これまでの肖像画とは印象が違う。 専門家によると、これまで知られてきた14の肖像画の中で、見る者を見つめモーツァルトの代名詞である白い粉をかけたカツラを付けていないのは、この肖像画を含めほんのわずかしかない。 専門家のクリストフ・グロスチッチ氏によると、今回の発見は、肖像画を調査し、同時代の歴史的記録を調べた結果だという。 また、専門家は、今回の発見と同時に、これまでモーツァルトだと信じられてきた鳥の巣を持つ若者の肖像画は、モーツァルトではないと結論づけた。 長い間モーツァルトだとされてきた肖像画が否定された。 国際モーツァルテウム財団が1924年に英国の美術商から購入した絵画には、少年が開いた本が乗っている机の横で鳥の巣を持っている姿が描かれている。 本には、ウォルフガング・アマデウスを表していると見られる「W. Mozart 1764」という文字が銘記されている。 ところが、モーツァルトは生前「Amadeus アマデウス」と表記することはほとんどなく、そのドイツ語名「Gottlieb」を好んでいた。 この肖像画の信憑性に疑いがもたれる中、この銘記が実は後世に、おそらく1906年に書き加えられたものであったことが判明し、肖像画がモーツァルトではないことが確定した。 A portrait on tortoise shell snuffbox turned out to be the opposite, however. Acquired in 1956, the box shows an angelic face surrounded with curly hair and dark eyes. The Foundation found a document confirming that Mozart had owned such a snuffbox and had given it as a gift to a friend, whose brother then painted a miniature of Mozart. べっ甲細工のかぎたばこ入れに描かれた肖像画は、その反対であることがわかった。 この入れ物は1956年に入手し、カールした髪の毛の中に天使のような顔に黒い瞳が描かれている。 銘記には「Johann Mozart, 1783」とあり、モーツァルトの名前が記述されている。 国際モーツァルテウム財団は、モーツァルトがそのようなかぎたばこ入れを所有していて、友人に贈り、その兄弟が後にモーツァルトの細密画を描いたという文書を発見した。 今ではこの肖像画が、1781年以降存在する唯一正面を向いたモーツァルトの肖像画であると考えられている。

次の

ウィーンのモーツァルト

モーツァルト 肖像画

新しいパスワードの作成 myViennaにおきましては、必要となるログインデーターがございますが、これらは、いただいた同意に基づき、オーストリアの「個人情報保護にかかわる基本法規命令」第6条に沿って収集と処理を行い、その目的は、ご本人を確認すること、ご旅行の計画を保存すること、さらにこれらの目的のためにご連絡を差し上げることといたします。 これらの個人情報は、必ずご提示いただきますが、これは、ご提示いただかなければ、サービスをご提供することができないためです。 ご旅行の計画につきましては、ウィーン・ツーリズムが解析を行いますが、匿名扱いにしたうえで、目的を統計データーの収集に限定いたします。 これらの個人情報は、独立でアカウントの各種設定から削除を実行することが可能です。 Googleか、または、Facebookのいずれかを経由してMyViennaへログインいただく場合は、Googleか、または、Facebookでご入力いただいている個人情報を、ウィーン・ツーリズムにて収集し処理することは、一切、ございません。 Googleか、または、Facebookによる認証は、これらサービスの各提供者が定める利用規約によります。 The Tourist Info Wien city center opens daily from 10:00 - 18:00. The Tourist Infos at Vienna Airport and Vienna Main Station are currently closed. 閉じる モーツァルト・ファンはウィーンの至るところで、モーツァルトゆかりの地を訪ねることができます。 からシュテファン大聖堂まで、さらには、オリジナルなまま保存されたモーツァルトの住居で、アマデウスと出会う体験の世界となっています。 1896年に制作された大理石のモーツァルト記念像は王宮庭園(ブルクガルテン)にあり、ト音記号をあしらった花壇が印象的です。 ウィーンにあるモーツァルトゆかりの地 ヨハネス・クリソストムス・ヴォルフガング・テオフィルス・モーツァルトは、1756年1月27日にザルツブルクで生まれました。 早くも5才のとき、彼は最初の作品を作曲しています。 1762年ウィーンを訪れたモーツァルト姉弟は、シェーンブルン宮殿の鏡の間で、マリア・テレジア女帝に、その神童ぶりを披露したのです。 コンサートの後、マリア・テレジアの膝に乗ったヴォルフェール少年は、女帝の首に腕をまわしキスしました。 神童の噂は街中に広がりました。 1768年、マリア・テレジア女帝はハプスブルク家の居城であるで、2時間にわたり12才のモーツァルトと謁見しました。 1781年の秋には同じくホーフブルク王宮で、モーツァルトはヴュルテンベルク公爵のためコンサートを行っています。 同年のクリスマスをモーツァルトは、マリア・テレジア女帝の息子である皇帝ヨーゼフII世とともにで過ごしました。 独立への道 1781年25才のモーツァルトは、ザルツブルク大司教の従者として、ウィーンのドイツ騎士団の家で数週間を過ごしました。 ここで彼は直ちに独立しようと決心し、大司教の不興を買って解雇されました。 モーツァルトはウィーンに留まり、独立した音楽家として暮らすようになりました。 作曲依頼やピアノ・レッスンが収入源でした。 ゴシック建築様式ので1782年、モーツァルトはコンスタンツェ・ウェーバーと結婚しました。 2人はウィーンの音楽界・社交界を活動の場とし、6人の子供を得ましたが、成人に達したのは2人だけでした。 幾つかの浮気問題はあったものの、モーツァルトの死まで2人は夫婦として暮らしました。 モーツァルトは1786年「サンデー・アカデミー」と名づけたコンサートシリーズを開催、現在ので、ピアノを演奏し歌いました。 シェーンブルン宮殿のオランジェリーでは1786年、皇帝ヨーゼフII世の希望により「音楽コンテスト」が催されました。 このとき対決したのはモーツァルトと当時の宮廷楽長アントニオ・サリエリで、皇帝はサリエリに軍配を上げました。 1790年当時のモーツァルトは成功の頂点にありました。 「コジ・ファン・トゥッテ」が初演され、1791年には「皇帝ティートの慈悲」と「魔笛」が続きます。 しかしレクイエム作曲中、モーツァルトは重病となりました。 1791年12月5日に世を去ったとき、モーツァルトはまだ35才でした。 彼の葬儀は、婚礼と同様シュテファン大聖堂で行われました。 ノスタルジックな雰囲気の漂う聖マルクス墓地に、モーツァルトの永眠の地があります。 当時の慣習によって、彼は他の死者とともに墓穴に埋葬され、十字架は立てられませんでした。 しかし音楽史上の巨星は永遠に輝き続けています。 モーツァルト・ファンのための特別プログラム• ダウンロード&プリントアウトして、モーツァルト散策に出掛けましょう。 天才の人生に関する情報、エピソード、道案内など、内容豊富です。 english• :音響をテーマとするウィーンの博物館で、インタラクティブな音響の世界とモーツァルトの世界を探訪しましょう。 モーツァルト・ホログラム、インスタレーション「ナマデウス」と「フェーシング・モーツァルト」などをお楽しみください。

次の