イライラ が 収まら ない 時。 格ゲーのイライラとの向き合い方

ああイライラする。人に腹が立って仕方がないときの対処法

イライラ が 収まら ない 時

就職・転職・人事異動や進学・進級などで人間関係に変化があり、ストレスを感じている。 異動のない職場や夫婦関係など、長く停滞した人間関係に嫌気がさしてきている。 ちょっとした一言やディスコミュニケーション、信じられないような裏切り、積年の恨みつらみ……。 人に対してイライラすることは誰にでもある。 しかし強い怒りの感情はストレスになる。 血圧や心臓、脳や睡眠にも影響を及ぼすとも言われる。 世の中、人と人との関わりによって成り立っていることばかりだ。 人間関係にまつわる悩みは尽きない。 人に腹が立って仕方がないとき、どうすべきか。 怒りに任せて相手に不用意な言葉を投げつけたり、物に当たったりする前に、まずは怒りを鎮めることを考えたい。 筆者自身、未熟ながらアンガーマネジメントを模索してきた。 最近は以下の10パターンのどれか、あるいは組み合わせで心の沈静化をはかるようにしている。 「人を変えることは困難。 結局は他人である」と自らに言い聞かせる。 人に対して怒りの感情を抱くとき、往々にして相手に何かを期待しているものである。 それは時に「私だったらこうするのに」と、自分の感覚や流儀に勝手に当てはめているものだ。 上司が部下に、親が子に、年長者が年少者に、「どうしてできないのか」「どうしてこうしないのか」と詰めるときは、「どうして(私ならできることが)できないのか」「どうして(私ならこうするのにあなたは)こうしないのか」という無意識のフィルターをかけていることがある。 さらに「あなたに変わってほしい」「成長してほしい」という思いが、相手にとってはお仕着せになってしまうこともある。 そもそも目の前にいる相手は自分自身ではないし、相手に自分の思い通りのレスポンスを求めるのは合理的ではない。 ましてや相手の考え方や言動を変えようとするのは、驕りとも言えるかもしれない。 「人の心は移ろうものだ」と認識する。 他人を変えることが困難である一方で、他人は勝手に変わるものだ。 好きな色を問うと、同じ人でも赤が好きな時期と青が好きな時期があったりする。 ゴールドのアクセサリーを身に着けたくなる時もあれば、シルバーで統一したくなる時もある。 「あの時こう言ったじゃない」「以前のあなたはこうだったのに」などと、相手の過去と現在の言動の整合性を問うても仕方がない。 「人の心は移ろう」ということを認識しておけば、過剰に相手に期待しなくてよくなる。 コミュニケーションコストを鑑みる。 コミュニケーションには意外とコストがかかっているものだ。 話の通じない相手に理解してもらおうと努めるほど、時間やエネルギーがかかり、消耗していく。 他人に怒りをぶつけている1時間のあいだに、もっと生産的な仕事や、次の旅の計画ができたかもしれない。 そのエネルギーを他の人に向けていれば、より良い関係性を築けていたかもしれない。 成立しないコミュニケーションを延々と続けているのは、自分にとっても、相手にとっても不経済である。 自分自身を省みる。 他人に怒りを覚えている間は、自分自身が正義だ。 「自分も悪いんだけど、あいつ、本当に頭にくる!」と言っている人はあまりいないように思う。 相手に怒りをぶつけているうちに、自分の心が怒りと興奮で万能感に支配され、相手に過剰な言葉をぶつけてしまう。 そんなことになる前に、「自分はそこまで完璧な人間なのだろうか」と一瞬考える。 自分の過去の失敗を思い起こし、束の間の寛容さを取り戻すことが、結果的に自分自身を守ることにつながるかもしれない。 相手の状況に思いを馳せてみる。 相手が失敗したり、不遜な言動をしたり、もしくはやらなければいけないことをサボっていたり、やってはいけないことをやってしまったり。 それ自体を頭ごなしに詰る前に、なぜそのようなことになってしまったのか、相手の状況を考えてみる余裕が必要だ。 もしかしたら体調がすぐれないのだろうか。 プライベートで辛いことがあったのか。 家族の事情で時間が取れないのだろうか。 そもそもタスク過多に陥っているのかもしれない……。 相手の状況に思いを巡らすことで、思いがけないことに気づき、怒りが収まることもある。

次の

格ゲーのイライラとの向き合い方

イライラ が 収まら ない 時

【仕事関係のイライラ感】 ・営業成績が伸びない、売り上げが上がらない。 ・ミーティングなどで自分の意見を否定される。 ・時間をかけて作業した業務を否定される。 ・上司、部下によるパワハラやモラハラ。 ・必要な書類や物がなかなか見つからない。 など、 イライラするポイントは人それぞれですが、人間関係や仕事の関係でイライラを感じてしまう方も多いです。 自分に対してのイライラ 自分自身にイライラしてしまう方も多いと思います。 例えば・・・ 「人に対して嫌味な事を言ってしまった後悔」 「自分の性格や言動に対してのイライラ」 などが多いのではないでしょうか? なぜ、こんな発言や行動をしてしまったのだろう…。 と後々深く反省するという方もいると思います。 性格の問題もありますが、自分自身の不甲斐なさにイライラする事も多いようです。 寝不足も大きく影響する 寝不足は身体にも負担がかかりますし、 自律神経が乱れる事によって普段はイライラしない方でもイライラしやすくなります。 睡眠不足はイライラが止まらない原因としては一番多いパターンでもありますので、 適度に睡眠を確保しておくことが大切です。 自律神経の乱れや交感神経の乱れは自分では直ぐに実感できない事も多いので、睡眠不足でも気が付かない場合が多いですが、 「最近、イライラが止まらない」という方は寝不足ではないか?思い返してみましょう。 イライラの解消法や抑える方法 イライラは人によって感じるポイントが異なります。 些細な事でイライラが止まらないという方もいれば、そんな事は気にしないという方もいます。 結局は、人それぞれという事です! しかし、そうも言っていられない事もありますよね?大人になれば、 ある程度は自分が寛大にならなければいけませんし、自分のイライラ感によってワガママを貫き通すのにも限界があります。 という事で、イライラが止まらない人の為に、 実践できる解消方法をまとめていきたいと思います。 適度に運動をして体を動かす まずは、 体を動かす事。 特に、以前は適度に運動をしていた、クラブや趣味で体を動かしていたという方が急に動く事を止めてしまうとイライラ感が溜まってきます。 ウォーキングやランニングなどの適度な運動を行い、体を動かすことで ホルモンバランスを正常に維持したり、体調の整えて健康的な体つくりにも役立ちますので、オススメです。 20代、30代ではあまりないかもしれませんが、 男性にも更年期障害があり、ホルモンバランスの乱れによってイライラする事もありますので、何歳になってもある程度体を動かすことはしておきましょう。 食生活の改善や栄養をしっかり摂る 食生活が乱れている方や、栄養がしっかりと摂れていない方もイライラしやすい傾向にあります。 男性には テストステロンという男性ホルモンがあり、年齢やストレスなどによってテストステロンが減少する場合もあります。 テストステロンを生成する食事や栄養を取り入れる事で、健康的な身体のキープや、病気にかかりにくい身体つくりにも繋がっていきますので、単なる食事といっても 非常に重要なポイントです。 イライラしやすい人の性格 直ぐにイライラしてしまう性格の人は、 知らぬ間に周りから遠ざけられてしまっている事もあります。 やっぱり、怒りっぽい人とは一緒にいたくないですよね? イライラしやすい人には 特徴があります。 参考までに、まずは紹介していきたいと思います。 男のイライラは更年期の始まり? イライラが止まらない男性に多いパターンとして、 更年期障害である可能性も考えられます。 更年期障害は 40代以降に多いと言われていますが、早い段階で更年期障害を感じてしまう方もいます。 先程もお伝えしましたが、 ストレスやイライラ、食生活の乱れなどでホルモンバランスが乱れると起こりやすくなります。 また、20代、30代では更年期障害と診断されなくても、単純にホルモンバランスが乱れてイライラが止まらない事もありますし、それが原因となって うつ病を発症したり、 睡眠障害になってしまう事もありますので、早めの対策が必要です。 イライラ解消法まとめ ここまで、イライラが止まらない方向けの情報や、周囲に常にイライラしている人がいるという方の為の情報を紹介させて頂きましたが、いかがでしょうか? 確かに・・・。 と、頷ける部分もたくさんあったのではないでしょうか? ホルモンバランスの乱れは女性に多いような印象がありますが、 男性でも起こり得る事ですし、それが原因で体調を崩してしまう事もありますので、できる限り 健康的な生活習慣を送る事や ストレスの解消を日常的に行っておきましょう!.

次の

【イライラが収まらないときの対処法】沸々としつこく残るイライラ

イライラ が 収まら ない 時

イライラのマグマのような衝動というのは、そんなに長続きしないって言われています。 その場で我慢できそうだったら、6秒程度こらえきれれば、怒りはだんだんシューっと沈んでくれるという事が多いようです。 そのためには、リラックスすることが重要です。 怒っている時や興奮している時は、胸で荒い呼吸をハアハアとしています。 リラックスするために、まずは呼吸を整えてみましょう。 《リラックスするための呼吸法》• 1 2秒かけて鼻から息を吸います。 このとき、鼻からシューっと音が出るので、その音と鼻先に気持ちを集中させます。 2 1秒息を止めます。 座っている場合は、お尻や肛門あたりにウッと力を入れる感じで止めます。 3 3〜4秒かけて息を口から吐き出します。 残り3~4秒間でハアーと口から吐いていきます。 息を吐ききるということがが大事です。

次の