赤い 斑点 かゆく ない お腹。 痒くない湿疹がお腹や腕にできる4大原因と対処法!赤い斑点やポツポツの正体とは?

体の皮膚に赤い斑点ができる8つの原因!かゆい場合とかゆくない場合の違いは?

赤い 斑点 かゆく ない お腹

スポンサードリンク 足に赤い斑点があるけどかゆくない かゆくない斑点として、多くみられるのが紫斑病です。 皮膚の粘膜下に出血を起こして紫斑が出来てしまう病気の総称です。 この中でもよく見られるのは「単純性紫斑症」で、痛みもかゆみもなく、 赤いツブツブとした斑点が現れ数日から数週間で自然に消えていくものです。 また、「ジベル薔薇色粃糠疹(ジベルばらいろひこうしん)」は数ミリの斑点が足などから腹部や背中まで広がる病気ですが、 こちらも自然治癒する病気です。 足、膝から下に多いまだら模様の斑点では「リベトー(網状皮斑)」などが考えられます。 これは皮膚と皮下脂肪の間で血液循環が悪くなって起きるもので、寒い時によく見られます。 これらは赤い湿疹の中でも軽いものです。 足の赤い斑点の原因は? 皮膚の粘膜下に出血を起こすなど、血管の虚弱性が原因のものが多くあります。 スポンサードリンク 毛細血管が破れて内出血し、赤い斑点に見えるのです。 これはビタミンCを多く摂り、血管を強くすることで予防することができます。 但し、ビタミンCは一度に多く摂りすぎても流れてしまうビタミンなので、適量を継続的に摂りましょう。 ダニに刺された時にも足に赤い斑点ができますが、ほとんどの場合かゆみがでます。 かゆくないとしても「咬まれた」跡なので、腫れて膨らむことが多くみられます。 また、体のどこかに別の症状があり、 他の病気の症状の一つとして斑点が表れていることもあります。 血小板減少性紫斑病などが代表的です。 体全体に赤い斑点が出来る病気は他にも多くありますので、 足の斑点を見つけたら、鏡で体全体をチェックしてみましょう。 足に赤い斑点があるのは何かの病気? 足の赤い斑点が、他の病気を示していることも多くあります。 受診科は皮膚科でいいと思います。 まとめ 赤い斑点は、毛細血管が破れて起きていることが多いので、 「単純性紫斑症」では病院でビタミンCを処方するところもあるようです。 ビタミンCは野菜や果物、サプリメントなど、普段の生活でも簡単に摂れる栄養素なので、 まずはビタミンCをしっかり摂取してみてはいかがでしょうか? また、別の病気を示すサインとして赤い斑点が出ることもあるので、 赤い斑点だけを気にせず、体全体を通して健康チェックすることが大切です。

次の

子供の赤い発疹で熱なし・かゆみなしの場合に疑われる病気は!?

赤い 斑点 かゆく ない お腹

腕やお腹を含めて、脇腹、股など「衣類に隠れる部分」に出来る湿疹の多くは「ダニ」によるものであることがあります。 ダニは、肌が露出していない部分で柔らかい所を好む傾向があります。 夏の発症が少なく、冬の発症が多いとされていますが、ホントは秋です。 スポンサーリンク 20代〜30代の人が多く発症し、高齢者や子どもの発症は少ないとされています。 発疹が出来る前に、風邪のような症状が現れる事があります。 病気は特に治療をしなくても、赤い発疹の大部分は1〜2ヶ月で自然に治ることが多く跡も残りません。 ただ、まれに、通常はかゆみなしの皮疹にひどいかゆみが起こることもあります。 その場合はかゆみ止めとして、外用薬や、内服薬が出されることもあります。 お腹や背中にかゆみのない発疹ができることって、それほど珍しいことじゃありません。 食べ物が合わなかったりして、蕁麻疹がいっぱいできていたのに気付かず、お風呂に入る時に鏡を見てびっくりなんてケースは良くあります。 痒くも痛くもない、そして数もそんなに多くはないですし、広げ てみて消えなくとも薄くなるなら、皮下出血を起こしているわけでもないです。 おそらく湿疹の部類でも深刻なタイプのものではなさそうです。 一度皮膚科で診察される事をお勧めします。 そして早期解決される事を願っております。 スポンサーリンク おすすめ記事.

次の

顔・腕・足・手・お腹・背中などのかゆくない湿疹の原因は?

赤い 斑点 かゆく ない お腹

ジベル薔薇色粃糠疹の症状は、身体の中心部に赤い発疹ができる所から始まります。 この最初の発疹の後、7日から10日の間に最初よりも小さく楕円形の発疹が現れて、広がりを見せます。 これが一定の方向へ広がるので、全体を見るとクリスマスツリーの様にも見えるのが特徴です。 スポンサーリンク 全身あるいは体幹(お腹や背中)を主とした部位に紅斑(赤い斑点)がたくさんできる病気です。 この多発性の紅斑の体幹における配列模様がクリスマスツリー様に見えるのが特徴です。 発熱や倦怠感などの全身症状はほとんどなく、皮膚病に有りがちな痒みもほとんどないのがもう一つの特徴です。 ジベル薔薇色粃糠疹の発症は、10〜30代の比較的若い年代に多く、夏よりも冬に多く見られます。 発疹の発生箇所は、二の腕、胸〜脇腹〜背中の一部、首、お腹、太もも。 発疹のサイズは大きくても直径1cm程度。 一番数が多いのは胸〜脇〜背中です。 原因は肝臓の働きが悪くなったために、アルブミンというタンパク質を十分に作れなくなったこと、そして肝臓が硬くなったために血液の流れが悪くなったことです。 肌が敏感な赤ちゃんは、食べこぼしや鼻水、よだれといった刺激で発疹が現れやすく、顔や頭、胸やお腹に現れます。 基本的には皮膚を清潔に保って、保湿してあげることが大切です。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の