Question: 継続的な監査と呼ばれますか?

継続的な監査は、会計慣行、リスク管理、コンプライアンス、情報技術システム、および継続的な事業手順を調べる内部プロセスです。継続的な監査は通常テクノロジ駆動であり、リアルタイムでのエラーチェックとデータ検証を自動化するように設計されています。

連続監査の別の名前は何ですか?

連続プロセス監査システム(CPA)として知られている、開発システムMiklos VasarhelyiとHalperが会社の請求情報の測定、監視、および分析を提供した。

継続的な監査アプローチとは何ですか?

連続監査は、より頻繁に頻繁に自動的に制御とリスク評価を実行するために使用される方法です。連続監査は、リスクの有病率と対照の有効性のためのテストに焦点を当てています。技術とともに、そのようなアプローチを可能にするための枠組みと詳細な手順は鍵です。

連続監査の例は何ですか?

継続的な監査および監視ソリューションは、効率を駆動するために使用できる追加の管理情報を提供します。監視されたプロセス。例えば、連続監視解決策で利用可能な粒状内プロセスデータを使用して、KPIを追跡し、プロセスボトルネックを特定し、固定することができる。

連続監査αの不利な点は何ですか?

1。図の変更継続的な監査の場合、監査人はいくつかの訪問でアカウントの書籍をチェックします。監査人が前日にそれらをチェックした後に顧客の職員が変更された帳簿を改変する可能性があります。

連続監査の利点は何ですか?

1。本は年間を通して検証されているので、会計年度末の直後に買収が直後に確定することができ、その後すぐに株主に占めることができます。 2.本を広くチェックすることができ、間違いを整理することができます。

Join us

Find us at the office

Sheaffer- Lesczynski street no. 98, 44691 Moscow, Russia

Give us a ring

Zerrick Molero
+69 859 388 603
Mon - Fri, 7:00-21:00

Write us