マニ 50 2186。 JNR

【ゆうマニ東急へ】マニ50

マニ 50 2186

2019年7月3日、JR横浜線と東急田園都市線の交わる長津田駅にて、JR東日本の「マニ50 2186」が東急電鉄に譲渡されました。 牽引用の赤いディーゼル機関車と「マニ50 2186」。 「マニ50 2186」はかつてJR東日本のジョイフルトレイン「リゾートエクスプレスゆう」用の電源車として使用されていたため、「ゆうマニ」とも呼ばれています。 ディーゼル機関車が切り離されると、今度は東急側の牽引車両「TOQ-i」がやってきます。 無事連結し、このまま長津田駅へ入線。 その後は東急の車両基地へと運ばれていきました。 電源車の譲渡が行われた背景は? 北海道胆振東部地震の影響を受けた北海道を応援するため、JR北海道・JR東日本・東急電鉄・JR貨物の4社で連携し、観光振興と地域活性化を目的として「THE ROYAL EXPRESS」を運行する、というプロジェクトが進んでいます。 「THE ROYAL EXPRESS」は伊豆急行(東急グループ)の2100系「アルファリゾート21」を改造した車両です。 「美しさ、煌めく旅。 」をコンセプトに水戸岡鋭治氏がデザインを手掛けています。 そのままではJR北海道の交流電化区間や非電化区間を走行することは出来ません。 そのため、JR北海道の所有するディーゼル機関車で「THE ROYAL EXPRESS」を牽引、その間に電源車を連結して車内サービスに必要な電源を供給する、という手段を採ることになりました。 今回長津田駅へ来た「マニ50 2186」はこの電源車。 北海道への回送・運搬はJR貨物が担当するとのこと。 観光列車「THE ROYAL EXPRESS」は来年2020年の5月~8月間の約1ヶ月、週4日程度、札幌から道東エリアの運行を想定しています。 詳細は今後の発表待ち、旅行商品の内容発表・販売開始は来年1月~2月ごろを予定しているとのことです。

次の

マニ50 2186(ゆうマニ)が伊豆急行へ甲種輸送

マニ 50 2186

長津田から八王子・新鶴見経由で伊東へ 今回、マニ50 2186は甲種輸送 JR貨物の貨物列車 として横浜線長津田駅から八王子駅・そこから南武線・東海道貨物線・東海道本線・伊東線経由で伊東駅まで輸送されます。 その後、伊東駅からは東急の子会社・伊豆急行8000系による牽引により伊豆高原駅併設の伊豆高原運輸区へ搬入されることとなります。 これに先がけ、17日・18日の2日間に渡って伊東線では機関車の乗務員訓練が実施されていました ・。 このマニ50 2186ですが、2020年の夏にTHE ROYAL EXPRESSを使用した北海道クルーズを運行するため、東急電鉄が購入しました。 元々荷物車であったマニ50形を改造し、 機関車・電車双方の連結器に対応した双頭連結器を装備したほか、ディーゼルエンジンを搭載して電車側へ電源供給する機能を追設しました。 この改造で得た電源車機能ですが、本業以上に首都圏の通勤型電車をJR東日本各地の車両センターで改造するための配給輸送の控車として使用される方が多かった車両です。 特に山手線205系の転用関連で多く活躍していましたが、最近は双頭連結器搭載のEF64形・EF81形に電気式ブレーキ変換機能が加わったこともあって急速に活躍の場を減らしていました。 非電化区間での機関車とのアダプター・電車への電源供給という特殊機能を買われ、THE ROYAL EXPRESSの北海道走行用の控車に抜擢されることとなりました。 この運行がJR東日本・JR貨物などと連携した北海道の観光振興の共同事業となったことも譲渡実現の大きな引き金となったことでしょう。 今回話題となっているマニ50ですが、譲渡後には東急電鉄所有車両となっています。 東急電鉄の子会社である伊豆急行が実質的な運行を担っているTHE ROYAL EXPRESSですが、あくまで親会社の東急が主催するクルーズ列車・運転をするのがJR東日本と伊豆急というという少しややこしい存在です。 横浜高速鉄道恩田駅に併設されている長津田車両工場に輸送されていたこの車両ですが、既にプレスリリースにて公表されている塗装変更は実施されていません。 輸送時点でも小改造 以前のJR東日本からの譲渡時は運用されていたそのままの状態で輸送されていました。 今回の東急テクノシステム・長津田車両工場にて施された改造としては、 乗務員室扉の手すり交換・JR東日本銘板の撤去・札差しや業務用室窓の水切りの撤去といった、側面の出っ張りを除去するメニューとなりました。 床下機器こそ再塗装されているものの、従来塗色のままの再出場に意外と感じた方も多いのではないでしょうか。 東急電鉄では最小限の改造となりましたが、伊豆急行に搬入してから塗装 orラッピング 変更・電源供給試験が実施されると考えられます。 伊豆高原での改造・試運転はどうなる? 先行事例としては、2100系=THE ROYAL EXPRESSについても改造工事は東急テクノシステム・外板塗装は伊豆高原運輸区で実施されました。 この分業経緯は明らかにされていませんが、東急電鉄がステンレス車に統一して久しいことを考えれば、日常的にリゾート21へ塗装を施している伊豆急行の設備で行う方が効率が良いのでしょうか。 改造メニューがサボ受けなどの出っ張り撤去中心となっていたことを考えると、塗装の上にラッピング……となるのでしょうか。 また、連結訓練〜電源供給試験までは構内で行われるかと思いますが、それ以降の試運転は期待出来ません。 ファンとしては伊豆急行線で本線試運転をしてくれれば盛り上がるところですが、機関車牽引列車が廃れて久しい伊豆急行での実現は難しそうですね。 スケジュールについては現時点では明らかにされていないものの、改造を挟んで搬入となるので、6月〜7月ごろに北海道入りして運用線区の入線確認・各種試運転といった流れでしょうか。 乗車・撮影を楽しみにしている方も多いと思います。 クルーズ列車の運休が続けられている昨今ですが、無事催行となることを願って止みません。 YouTube=鉄道ファンの待合室資料館で動画を公開 YouTube=鉄道ファンの待合室資料館では、今回のマニ50-2186の甲種輸送・伊豆急行線内輸送の様子を動画にまとめて公開しました。 チャンネル登録・通知ONをしてお待ちいただければ幸いです。

次の

マニ50 2186(ゆうマニ)が伊豆急行へ甲種輸送

マニ 50 2186

鉄道ファンからは通称「ゆうマニ」と呼ばれ、水郡線営業所に配置されています。 外部塗色は「リゾートエクスプレス ゆう」と同一の配色となっています。 商品情報 品番 商品名 価格 税抜 発売日 5140-9 NEW マニ50 2186「ゆうマニ」タイプ 3,000円 2018年1月21日 販売方法 下記の3店舗にて販売• ホビーセンターカトー東京店• KATO京都駅店• カトーオンラインショップ 詳細情報• 片側テールライト点灯• アーノルドカプラー・双頭連結器標準装備• 交換用にアーノルドカプラー・双頭連結器が各1個付属• 車両形式(マニ50 2186)、所属、換算、検査、荷物、表記は印刷済み• 取付パーツとして反射板ランナー1枚付属(取付には加工が必要です。 特製インサート入り(単品クリアケース入)• 塗替えのため、屋根上機器や側面の表現が実車とは異なります。 【予約受付中!その1】 鉄道模型コンテスト2017の会場で販売した特製品「マニ50 2186 ゆうマニ」の店頭販売を1月21日(日)より予定しております。 ただ今予約受付中です。 惜しくも買い逃してしまった方、もう1両欲しい方、この機会をお見逃し無く! — ホビーセンターカトー東京 katoshoptokyo.

次の