仙洞 仮 御所。 上皇后美智子

高輪皇族邸

仙洞 仮 御所

あまり動きのない皇室ですが、今日は午前中は愛子さまが宮中三殿に高等科卒業をご報告、そして午後には中国武漢コロナ感染者521人、今日1日で78人の感染者が出た都内に上皇上皇后陛下が仮住まいになる高輪皇族邸(仙洞仮御所)に入りました。 約1年半の滞在になる予定。 どこから情報が洩れるのか?沿道には約200名の人達がお迎えに出て、上皇上皇后陛下は会釈をしながら高輪皇族邸に入られました。 上皇陛下は紙マスク、上皇后は布マスクでした。 昔は使い捨ての紙マスクがなく、ガーゼで作られたマスクを洗って使ったものですが、美智子さまも洗って布マスクを使用しているそうです。 先ほどニュースに安倍総理が出ていましたが、布マスクをしているように見えました。 ギャザーの寄り方が紙マスクと違うんですよね。 新型コロナ感染者が増えている東京都内ですが、広い敷地に至れり尽くせりでのんびり過ごせていいですよね。 感染対策も万全ですし侍医もいることだし、なんの心配も無さそうでホント、羨ましい老後でございます。 上皇ご夫妻は31日午後、引っ越し作業に伴い滞在していた御料牧場(栃木県)を出発し、仙洞仮御所(東京都港区)に入られた。 仮住まい期間は1年半以内の見通し。 上皇ご夫妻を乗せた車は午後4時ごろ、仙洞仮御所に到着。 ご夫妻はマスク姿で、沿道に集まった人たちに会釈しながらゆっくりと正門の中に入った。 お住まいだった皇居・吹上仙洞御所は今後改修工事が進められ、終了次第、天皇ご一家が赤坂御所から移り住む。 その後、バリアフリー化工事などを施した赤坂御所に上皇ご夫妻が入居して「仙洞御所」となる。 jiji. 後ろめたさなど、皆無なのでしょうね。 あの嬉しそうなお顔 笑。 どこが、「末席にひっそりつきたい」でしょうか -。-; 海外の別の知人にも、随分ノンキな国ねと言われて、恥ずかしさと、不休で闘ってくださっている医療従事者の方々に申し訳なさとで、「一部の非常識な人だけよ」と反論しつつも、いたたまれない思いでした。 オリンピックの日程を早々に決めるスピード感は、国民救済には発揮しない、若い人は旅行をやめない、皇室はこのお振舞い…何と言われても仕方ありませんね。 高輪に、運動施設もお建てのご予定だったのですよね〜 ーー; 今はジム並みのマシンが家庭用でも揃いますから、室内にお備えになれば充分と思います。 パーソナルトレーナーに毎日指導していただきながらメニューをこなせば、万全です。 お散歩より踏み台昇降の方が、筋肉の維持には効果が高いですし、場合によってはラジオ体操も、第二まで本気でなさると、なかなかの運動です。 mayuさんも仰るように、もうここを終の住処になさればよろしいのでは、と思います。 職員数もお住まいもコンパクトに。 引退した女優より目立ちたい方ですから。 マスク姿を見せて、庶民と同じ私たちもコロナと闘ってますのよ~に見えたりしてね。 そうそう、当初は運動施設も建てる予定でしたが批判が多かった為か? 止めましたよね、広いお屋敷で85才にもなる高齢者がどんな運動するつもりだったんだか。 お屋敷内をグルグル回って散歩していれば十分じゃないでしょうか。 平屋だし終の棲家には良さそうなところですよね。 ところで、今しがた教会から無理してミサに出ないで、とお便りが来ました。 全然行っていないけど、ふら~っと行くかもしれない人にお便りを出したのかしら。 マスク姿で、寄り添いもアピールでしょうか ーー; 消毒液やらアルコールやらウエットティッシュなど、国民が品薄で困惑する品々も豊富に届けられているのでしょうし、何かあれば、医療の公平性などいともたやすく蹴散らして 笑 最優先の検査、処置ですし…人権がおありでなくても、人権のある国民よりもパーフェクトに守られることを思うと、国民の人権など、何と軽い扱いかと思わされます。 そうですよね、お住まいをぐるっと周れば充分です。 「運動のためのご移動」の無駄な警備費も出ずに済みます。 元神奈川県民、現東京都民として、どれだけこの方々に多額の税金がパッと消化されているかと思うと、いつもゲンナリします -。-; mayuさんに、教会からそんなお知らせが届いたのですね。 東京教区はもうずっとミサは中止で、枝の主日も過越も徹夜祭も無理です。 こんなことは禁教令以来、400年ぶりだそうです。 菊池大司教さまがガラガラのお御堂で、毎週ミサを動画配信してくださっていて、それを視聴することで与ったことになるようです。 ちなみにその配信で、詩篇や先唱の男性の声 姿は映らずでした が、なかなか安定の歌唱でした。 私もあそこで先唱させていただきたいかも…なんて思いました。 カテドラルは、家からわりと近いのです。 前回、マスクしなかったのを批判する方がどこかにいて、今回はマスク着用にしたのかも。 私事ですが、今回実家に行き、デイサービス開始についてケアマネさんと面談してきました。 驚いたことが。 4月から契約したんですが、ここは区の中で最も人気のあるデイでして、今回コロナが心配で退所した方が数人おられて、母は繰り上がりで4月からデイに行かれることになりました。 ところがこの現状。 私はゴールデンウィーク明けまでスタートを延ばしたかったのですが、ケアマネさんいわく、我が母の後ろにも待機している方が大勢おられて、この現状でもデイに行きたいと皆さんおっしゃられているので、もし4月1回もデイサービス利用なければ、一旦契約解除して、待機順番を一番最後にしてもらいたいと。 そうすると今度は何カ月先になるかわからなくなります。 私はそれでもいいかと思ったんですが、母が結構デイサービス行く気まんまんになっていて、確かに年齢90歳。 友人全くいなくなりまして、毎日退屈、しゃべる会話内容も同じ話ばかりになり、このままではボケの速度が速くなるなと。 で、来月20日過ぎにスタート決めてきました。 コロナ終息してほしいと切実に祈ります。 なぁんていう心配、このお二人は全くしなくていいんですもんねぇ。 寒空に窓を開けて、沿道の方々にご挨拶。 余裕ですねぇ~ 本来なら警備の方が「クラスターになるので、解散してください」と皆さんにお願いしてもいいところだけど、皇室って世間の非常識がまかり通るところなんですね。 いろんな皇室公務が中止になっていますが、天皇皇后のお出ましがなくても、世の中ちっとも困らないなというのが最近の実感です。 なお「仙洞御所」歴史上では知ってはいたけど、この名前が本格的に使われるようになり、それも御所の位置があっちへ行ったりこっちへ行ったり。 「へんなの~~」と思ってしまいますよ。 やしまさん お母さんが90才でこれから初めてデイサービスに通うとはお元気ですねぇ。 家の母は父が亡くなった後、2ヵ月後くらいからデイサービスに通わせました。 83才か84才でした、見学に行く前は嫌がっていましたが、見学に行ったら かなり気に入って1回を2回に増やしたくらいでした。 話し相手、友達もできて 良かったです、それにデイサービスと同じ系列の介護施設に入所させて貰ったので 後は特老まで系列グループにお任せになりました。 人気のあるデイサービスは良い所があるから人気なのと、お母さんが行く気になって 良かった、話し相手、友人もできますから。 今は介護サービスはコロナに凄く神経質になっています、自分の施設からは 絶対に感染者出さない覚悟でやっているので4月20日でも大丈夫だと思いますが。 私の母の面接解除はGW明けになるか?長期になるだろうと予測しています。 上皇夫妻はなーんにも心配がなくて特権階級ですよね。 今は皇族の動きがなくても何と言う事もなく世の中動いていますね(苦笑) 仙洞御所は私は知りませんでした。 香淳皇后が住んだ吹上御所を仙洞御所って 呼んでいた記憶がないんです。 mayuさん、ラミリーさん ありがとうございます。 デイについて、ご助言感謝します。 勇気が出ました。 スタートさせようと思います。 「仙洞御所」は、上皇のお住まいになられる御所を言います。 だから未亡人になられた皇太后様が住まわれるところは仙洞御所とは言わないんです。 ということで、この「仙洞御所」も「上皇」同様久しぶりに使われる言葉です。 本当にもお、好きなことしまくりご夫妻ですよね。 私は今上ご夫妻よりも、こちらの方々のほうが、頭に来ることが昨今は多いです。 母は頭はまだ大丈夫なんですが、高校時代からの一番の親友が今年1月に亡くなり、外で会える友人が一人もいなくなりました。 また電話で話ができる友人も、最後の一人が危なくなりそうで、今は外の世界と遮断された生活になりつつあり、デイに行けるものなら行ってほしい。 皆様の後押しで私も頑張ります。 ありがとうございます。 mayuさん、こんばんは。 宮内庁はこの時期人が集まるのがまずいと、葉山から御料牧場への移動日は伏せたのですから、今日のお帰りは最初から分かっていたことで、集まった人々を解散させるようにすべきではなかったのか?と思いました。 3つの密を避けるようにと知事から要請が出ているのも無視するんですね。 人が集まらないとどなたかのご機嫌に障るから仕方なかったのかもですが。 今後も、不要不急の外出は控えて欲しいという政府からの依頼もなんのその、高輪邸では狭いから体力作りが出来ないと皇居に通われるんでしょうね。 交通規制して。 良い御身分ですよね? 高齢の国民の死亡者が毎日出ているのに。 右腕の具合は如何ですか? ぐるぐる回しと上げ下げ運動して下さいね。 昨日の高輪入りは最初から発表されていたので人が集まるのはしょうがなかったかもですが、私が不思議なのは事前に何の発表もないのに待っている人がある程度いるという現実です。 昨日の愛子様しかり、雅子サマがお出掛けの時は必ずいます。 宝塚のファンクラブみたいなものがあって侍従職から情報が通知されてるんでしょうかね? 私がたまにコメントするブロクは皇室ブロクではないのでわからないかもです。 罵り言葉のコメントが溢れている、rさんは苦手。 Fさんはご本人が偽物説ではないですね。 ネコダさんのコメントにあったように、こちらが一番コメンテーターの皆様常識がおありですし、揚げ足とりもなく、気持ち良く皆様のコメントを読ませて頂いています。 このところ毎日のように有名人の陽性が発表されています。 首都封鎖等になっても立皇嗣礼は執り行われるのかしら? 5chで、この儀式があるから封鎖が出来ないんだ なんて意見も見ました。 評判評価が駄々下がりの秋篠宮家。 無理に今しなくても2ヶ月位延期しても良いようなきがしてきました。 延期したからといってその間に愛子様を皇太子に出来るわけはないですから。 今の状況で決行すると却って反秋篠宮家が増えそうな。。 ? そうならないことを願いますが。 右腕、だんだん良くなってきているとのこと、安心しました。 引き続きお大事になさって下さいね。 mayuさん、こんばんは。 ありがとうございます。 愛子さまの方は微笑ましいですが、美智子さんの嬉しそうな顔。 結構な人混み。 このご時世に、なんかムカつきます。 京都産業大学の欧州から持ち込んだ武漢コロナ、それぞれ実家に帰り、2府7県に広げてしまいました。 氏名住所は、明確なので、隔離するとは思いますが。。 とにかく享楽的な人々は、一定数いるようで、ツイッターで嘆いてる人がいました。 飲み会中止を提案したら、ごねてる人がいるって。 ミヤネ屋も、志村さん関連が見たくて見ていたら、宮根氏、夜の色々な、お店閉められたらかなわん。 とばかり、家賃がどーの、オーナーがどうの、本音が出て「ホステスさんだって大変。 」だって。 満員電車に乗って働きに行く人だって命がけだっちゅうの。

次の

仙洞御所 天皇皇后両陛下ご退位後のお住まい|東宮御所を改修し仙洞御所に

仙洞 仮 御所

あまり動きのない皇室ですが、今日は午前中は愛子さまが宮中三殿に高等科卒業をご報告、そして午後には中国武漢コロナ感染者521人、今日1日で78人の感染者が出た都内に上皇上皇后陛下が仮住まいになる高輪皇族邸(仙洞仮御所)に入りました。 約1年半の滞在になる予定。 どこから情報が洩れるのか?沿道には約200名の人達がお迎えに出て、上皇上皇后陛下は会釈をしながら高輪皇族邸に入られました。 上皇陛下は紙マスク、上皇后は布マスクでした。 昔は使い捨ての紙マスクがなく、ガーゼで作られたマスクを洗って使ったものですが、美智子さまも洗って布マスクを使用しているそうです。 先ほどニュースに安倍総理が出ていましたが、布マスクをしているように見えました。 ギャザーの寄り方が紙マスクと違うんですよね。 新型コロナ感染者が増えている東京都内ですが、広い敷地に至れり尽くせりでのんびり過ごせていいですよね。 感染対策も万全ですし侍医もいることだし、なんの心配も無さそうでホント、羨ましい老後でございます。 上皇ご夫妻は31日午後、引っ越し作業に伴い滞在していた御料牧場(栃木県)を出発し、仙洞仮御所(東京都港区)に入られた。 仮住まい期間は1年半以内の見通し。 上皇ご夫妻を乗せた車は午後4時ごろ、仙洞仮御所に到着。 ご夫妻はマスク姿で、沿道に集まった人たちに会釈しながらゆっくりと正門の中に入った。 お住まいだった皇居・吹上仙洞御所は今後改修工事が進められ、終了次第、天皇ご一家が赤坂御所から移り住む。 その後、バリアフリー化工事などを施した赤坂御所に上皇ご夫妻が入居して「仙洞御所」となる。 jiji. 後ろめたさなど、皆無なのでしょうね。 あの嬉しそうなお顔 笑。 どこが、「末席にひっそりつきたい」でしょうか -。-; 海外の別の知人にも、随分ノンキな国ねと言われて、恥ずかしさと、不休で闘ってくださっている医療従事者の方々に申し訳なさとで、「一部の非常識な人だけよ」と反論しつつも、いたたまれない思いでした。 オリンピックの日程を早々に決めるスピード感は、国民救済には発揮しない、若い人は旅行をやめない、皇室はこのお振舞い…何と言われても仕方ありませんね。 高輪に、運動施設もお建てのご予定だったのですよね〜 ーー; 今はジム並みのマシンが家庭用でも揃いますから、室内にお備えになれば充分と思います。 パーソナルトレーナーに毎日指導していただきながらメニューをこなせば、万全です。 お散歩より踏み台昇降の方が、筋肉の維持には効果が高いですし、場合によってはラジオ体操も、第二まで本気でなさると、なかなかの運動です。 mayuさんも仰るように、もうここを終の住処になさればよろしいのでは、と思います。 職員数もお住まいもコンパクトに。 引退した女優より目立ちたい方ですから。 マスク姿を見せて、庶民と同じ私たちもコロナと闘ってますのよ~に見えたりしてね。 そうそう、当初は運動施設も建てる予定でしたが批判が多かった為か? 止めましたよね、広いお屋敷で85才にもなる高齢者がどんな運動するつもりだったんだか。 お屋敷内をグルグル回って散歩していれば十分じゃないでしょうか。 平屋だし終の棲家には良さそうなところですよね。 ところで、今しがた教会から無理してミサに出ないで、とお便りが来ました。 全然行っていないけど、ふら~っと行くかもしれない人にお便りを出したのかしら。 マスク姿で、寄り添いもアピールでしょうか ーー; 消毒液やらアルコールやらウエットティッシュなど、国民が品薄で困惑する品々も豊富に届けられているのでしょうし、何かあれば、医療の公平性などいともたやすく蹴散らして 笑 最優先の検査、処置ですし…人権がおありでなくても、人権のある国民よりもパーフェクトに守られることを思うと、国民の人権など、何と軽い扱いかと思わされます。 そうですよね、お住まいをぐるっと周れば充分です。 「運動のためのご移動」の無駄な警備費も出ずに済みます。 元神奈川県民、現東京都民として、どれだけこの方々に多額の税金がパッと消化されているかと思うと、いつもゲンナリします -。-; mayuさんに、教会からそんなお知らせが届いたのですね。 東京教区はもうずっとミサは中止で、枝の主日も過越も徹夜祭も無理です。 こんなことは禁教令以来、400年ぶりだそうです。 菊池大司教さまがガラガラのお御堂で、毎週ミサを動画配信してくださっていて、それを視聴することで与ったことになるようです。 ちなみにその配信で、詩篇や先唱の男性の声 姿は映らずでした が、なかなか安定の歌唱でした。 私もあそこで先唱させていただきたいかも…なんて思いました。 カテドラルは、家からわりと近いのです。 前回、マスクしなかったのを批判する方がどこかにいて、今回はマスク着用にしたのかも。 私事ですが、今回実家に行き、デイサービス開始についてケアマネさんと面談してきました。 驚いたことが。 4月から契約したんですが、ここは区の中で最も人気のあるデイでして、今回コロナが心配で退所した方が数人おられて、母は繰り上がりで4月からデイに行かれることになりました。 ところがこの現状。 私はゴールデンウィーク明けまでスタートを延ばしたかったのですが、ケアマネさんいわく、我が母の後ろにも待機している方が大勢おられて、この現状でもデイに行きたいと皆さんおっしゃられているので、もし4月1回もデイサービス利用なければ、一旦契約解除して、待機順番を一番最後にしてもらいたいと。 そうすると今度は何カ月先になるかわからなくなります。 私はそれでもいいかと思ったんですが、母が結構デイサービス行く気まんまんになっていて、確かに年齢90歳。 友人全くいなくなりまして、毎日退屈、しゃべる会話内容も同じ話ばかりになり、このままではボケの速度が速くなるなと。 で、来月20日過ぎにスタート決めてきました。 コロナ終息してほしいと切実に祈ります。 なぁんていう心配、このお二人は全くしなくていいんですもんねぇ。 寒空に窓を開けて、沿道の方々にご挨拶。 余裕ですねぇ~ 本来なら警備の方が「クラスターになるので、解散してください」と皆さんにお願いしてもいいところだけど、皇室って世間の非常識がまかり通るところなんですね。 いろんな皇室公務が中止になっていますが、天皇皇后のお出ましがなくても、世の中ちっとも困らないなというのが最近の実感です。 なお「仙洞御所」歴史上では知ってはいたけど、この名前が本格的に使われるようになり、それも御所の位置があっちへ行ったりこっちへ行ったり。 「へんなの~~」と思ってしまいますよ。 やしまさん お母さんが90才でこれから初めてデイサービスに通うとはお元気ですねぇ。 家の母は父が亡くなった後、2ヵ月後くらいからデイサービスに通わせました。 83才か84才でした、見学に行く前は嫌がっていましたが、見学に行ったら かなり気に入って1回を2回に増やしたくらいでした。 話し相手、友達もできて 良かったです、それにデイサービスと同じ系列の介護施設に入所させて貰ったので 後は特老まで系列グループにお任せになりました。 人気のあるデイサービスは良い所があるから人気なのと、お母さんが行く気になって 良かった、話し相手、友人もできますから。 今は介護サービスはコロナに凄く神経質になっています、自分の施設からは 絶対に感染者出さない覚悟でやっているので4月20日でも大丈夫だと思いますが。 私の母の面接解除はGW明けになるか?長期になるだろうと予測しています。 上皇夫妻はなーんにも心配がなくて特権階級ですよね。 今は皇族の動きがなくても何と言う事もなく世の中動いていますね(苦笑) 仙洞御所は私は知りませんでした。 香淳皇后が住んだ吹上御所を仙洞御所って 呼んでいた記憶がないんです。 mayuさん、ラミリーさん ありがとうございます。 デイについて、ご助言感謝します。 勇気が出ました。 スタートさせようと思います。 「仙洞御所」は、上皇のお住まいになられる御所を言います。 だから未亡人になられた皇太后様が住まわれるところは仙洞御所とは言わないんです。 ということで、この「仙洞御所」も「上皇」同様久しぶりに使われる言葉です。 本当にもお、好きなことしまくりご夫妻ですよね。 私は今上ご夫妻よりも、こちらの方々のほうが、頭に来ることが昨今は多いです。 母は頭はまだ大丈夫なんですが、高校時代からの一番の親友が今年1月に亡くなり、外で会える友人が一人もいなくなりました。 また電話で話ができる友人も、最後の一人が危なくなりそうで、今は外の世界と遮断された生活になりつつあり、デイに行けるものなら行ってほしい。 皆様の後押しで私も頑張ります。 ありがとうございます。 mayuさん、こんばんは。 宮内庁はこの時期人が集まるのがまずいと、葉山から御料牧場への移動日は伏せたのですから、今日のお帰りは最初から分かっていたことで、集まった人々を解散させるようにすべきではなかったのか?と思いました。 3つの密を避けるようにと知事から要請が出ているのも無視するんですね。 人が集まらないとどなたかのご機嫌に障るから仕方なかったのかもですが。 今後も、不要不急の外出は控えて欲しいという政府からの依頼もなんのその、高輪邸では狭いから体力作りが出来ないと皇居に通われるんでしょうね。 交通規制して。 良い御身分ですよね? 高齢の国民の死亡者が毎日出ているのに。 右腕の具合は如何ですか? ぐるぐる回しと上げ下げ運動して下さいね。 昨日の高輪入りは最初から発表されていたので人が集まるのはしょうがなかったかもですが、私が不思議なのは事前に何の発表もないのに待っている人がある程度いるという現実です。 昨日の愛子様しかり、雅子サマがお出掛けの時は必ずいます。 宝塚のファンクラブみたいなものがあって侍従職から情報が通知されてるんでしょうかね? 私がたまにコメントするブロクは皇室ブロクではないのでわからないかもです。 罵り言葉のコメントが溢れている、rさんは苦手。 Fさんはご本人が偽物説ではないですね。 ネコダさんのコメントにあったように、こちらが一番コメンテーターの皆様常識がおありですし、揚げ足とりもなく、気持ち良く皆様のコメントを読ませて頂いています。 このところ毎日のように有名人の陽性が発表されています。 首都封鎖等になっても立皇嗣礼は執り行われるのかしら? 5chで、この儀式があるから封鎖が出来ないんだ なんて意見も見ました。 評判評価が駄々下がりの秋篠宮家。 無理に今しなくても2ヶ月位延期しても良いようなきがしてきました。 延期したからといってその間に愛子様を皇太子に出来るわけはないですから。 今の状況で決行すると却って反秋篠宮家が増えそうな。。 ? そうならないことを願いますが。 右腕、だんだん良くなってきているとのこと、安心しました。 引き続きお大事になさって下さいね。 mayuさん、こんばんは。 ありがとうございます。 愛子さまの方は微笑ましいですが、美智子さんの嬉しそうな顔。 結構な人混み。 このご時世に、なんかムカつきます。 京都産業大学の欧州から持ち込んだ武漢コロナ、それぞれ実家に帰り、2府7県に広げてしまいました。 氏名住所は、明確なので、隔離するとは思いますが。。 とにかく享楽的な人々は、一定数いるようで、ツイッターで嘆いてる人がいました。 飲み会中止を提案したら、ごねてる人がいるって。 ミヤネ屋も、志村さん関連が見たくて見ていたら、宮根氏、夜の色々な、お店閉められたらかなわん。 とばかり、家賃がどーの、オーナーがどうの、本音が出て「ホステスさんだって大変。 」だって。 満員電車に乗って働きに行く人だって命がけだっちゅうの。

次の

ようやくお引越しされる「上皇さま」、 高輪の仙洞仮御所で待ち受ける“難題”(デイリー新潮)

仙洞 仮 御所

ご退位後のお住まいは東宮御所を改修 宮内庁は4月22日、新天皇皇后両陛下となる皇太子ご夫妻の皇位継承後のお住まいについて、皇居・御所に移られるまでの間、現在の東宮御所を赤坂御所と呼ぶことを明らかにした。 御所は天皇、皇后両陛下が上皇、上皇后としてお住まいの間、吹上仙洞(ふきあげせんとう)御所と改称する。 いずれも、令和元年5月1日付で改める。 皇太子ご夫妻と長女の敬宮(としのみや)愛子さまは、両陛下が吹上仙洞御所を出られた後も改修工事をする間、赤坂御所で過ごされる。 ご夫妻はこの間、皇居に通う形で公務に励まれる。 赤坂御所の名称は一時的なお住まいだと明示するためで、昭和から平成の皇位継承を踏襲する。 天皇皇后両陛下は、吹上仙洞御所から仮住まい先の高輪皇族邸(東京都港区)にお移りになられた後、最終的に皇太子ご一家が皇居・御所に移り住まれ、改修した後の赤坂御所に入られる。 名称は両陛下のご転居に合わせ、高輪皇族邸が仙洞仮御所、赤坂御所は仙洞御所とされる。 京都御所内の仙洞御所は 京都仙洞御所に 仙洞御所は歴史的に上皇の御所を指した。 後水尾上皇の住居として造営され、京都御所内に庭園などが残る現在の仙洞御所は5月1日付で京都仙洞御所に変更する。 皇嗣同妃となる秋篠宮ご夫妻のお住まいは、秋篠宮邸のままとし変更はない。 天皇陛下の御退位に伴うお住居の移転等について 平成 29 年12 月18日 宮 内 庁 今般,「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」の施行日が決定し, 皇位の継承が行われることとなった。 皇位継承後は,新天皇皇后両陛下 が先々の御公務を円滑にお始めになるためには,できるだけ早く皇居に お移りいただくことを最優先しつつ,しかる後に,上皇上皇后両陛下, 皇嗣同妃両殿下に,それぞれのお住居に落ち着いていただくことが重要 であることを踏まえ,皇位継承に伴うお住居の移転等について,次のと おりの対応を予定している。 御退位の後,上皇上皇后両陛下には,できるだけ早く,現在お住ま いの御所から,御仮寓所として改修整備した高輪皇族邸 旧高松宮邸) に御移居になる。 その時点から直ちに御所の改修工事を行い,改修後,新天皇皇后両陛 下には,現在の東宮御所から直接皇居内の御所へと御移居になる。 次いで,現在の東宮御所の改修工事を行い,改修後,上皇上皇后両陛 下には,御仮寓所から,仙洞御所となる現在の東宮御所へと御移居に なる。 なお,御仮寓所であった高輪皇族邸については,それ以降は,赤坂 東邸に代わる皇族共用殿邸として活用を図る。 皇嗣同妃両殿下には,引き続き,現在の秋篠宮邸にお住まいいただく こととし,建物の老朽化・狭隘化,御身位の変更に伴う御活動の拡大 等を踏まえ,赤坂東邸との一体的活用を図りつつ,御殿の増築改修工 事を行う。 高輪皇族邸改修整備工事の経費について 平成30年7月6日 管 理 部 1. 御譲位後の上皇上皇后両陛下の御仮寓所として本年度予算で改修整 備を進めている高輪皇族邸については,「今後およそ 8 億円をかけて改 修予定」などとの報道がなされていますが,改修整備工事費を極力節約 するとの両陛下のお考えに沿って種々見直しを行った結果、改修整備工 事全体の経費は当初予算額の 8. 4 億円から5億円台半ば程度に大幅に縮 減される見通しです。 具体的には、工事の中心である本邸整備工事については,当初予定し ていた御運動施設・御研究施設の取り止めを始め、種々見直しを行った 結果、当初の予算額 5. 6 億円から 3. 8 億円に 1. 8 億円縮減して既に工事契 約を行いました。 更に当初予算額が 2. 8 億円の仮設事務棟設置などのその他の工事につ いても見直しを進めており、その結果、改修整備工事全体の経費は,当 初予算額 8. 4 億円に対して,5 億円台半ば程度に大幅に縮減される見通 しです。 3.なお、御運動施設の取りやめに伴い、両陛下は御運動のために皇居 内のテニスコートに隣接する多目的ホールに通われ、また、御研究施設 の取りやめに伴い、陛下は御研究のために、これまで通り皇居内の生物 学研究所に通われる御意向です。 仙洞御所(せんとうごしょ) 譲位した天皇(上皇・法皇)の御所。 仙洞とは本来仙人の住み処をいう。 そこから転じて退位した天皇(上皇・法皇)の御所をいい、さらに転じて上皇・法皇の異称としても使われた。 仙人とは中国で古くから信じられた理想的な人間像で、俗世を離れて深山に隠遁することから、退位した天皇の住まいの美称として用いられるようになった。 貴人の住まいを「御所」ということから「仙洞御所」と呼ばれた。 上皇・法皇は退位後、内裏から退去して仙洞御所に移るのを常とし、里内裏が多くそれにあてられた。 仙洞御所はまた「院(いん)」とも呼ばれ、これも上皇・法皇の別称として使われた。 仙洞御所には家政機関としての院庁が置かれたほか、白河上皇の時には近衛として北面武士のちに西面武士が設置された。 京都御苑の仙洞御所 現在、京都市にある京都御苑内には京都御所の南東に仙洞御所が位置している。 これは1627年(寛永4年)に 後水尾上皇のために造営されたもので、正式名称は桜町殿という。 東部には広い池を中心に庭園が広がっている。 初め小堀遠州によって築庭されたが、のちに後水尾上皇の意向により大きく改造されている。 庭園の周辺が空地であったため京都迎賓館建設の声が上がった際には、その候補地のひとつにも挙がったが、結局別の場所に建設された。 なお、仙洞御所西北に隣接する京都大宮御所は後水尾天皇の中宮であった東福門院の女院御所として造営されたものが元となっている。 前述のとおり京都大宮御所は御常御殿を改修を行いそれに伴い仙洞御所との塀を除きこれを組み入れた。 大正時代には大宮御所の御常御殿が内装などが洋室に改装されるなど住居としての実用性が向上し、仙洞御所の庭園を合わせた邸宅としての装いが整った。 現在では大宮御所と仙洞御所を合わせた邸宅を単に「大宮御所」と呼び天皇、皇后、皇太子及び皇太子妃の京都府への行幸啓(帰京)の際の滞在施設として使用されている。 仙洞御所(大宮御所ふくむ)の地は、かつて聚楽第の後身として豊臣家の本邸「京都新城」のあった地であり、当時は 太閤御所・太閤上京御屋敷などと呼ばれていた。 豊臣秀吉が没した翌慶長4年9月に大坂から秀吉の正室・北政所(のちの高台院)が入り、居住した。 彼女は寛永元年に没ししばらくは甥の木下利房が住したが、寛永4年に後水尾天皇が譲位の意向を示すと、幕府はこの地を仙洞御所と大宮御所の地として選び御所建設工事に着手した。 このとき御所の規模構造について大坂城代から「皇居より大きくしないこと」などと細かな指示書が示されている。 譲位の意向は徳川和子(のちの東福門院)の生んだ親王が夭折したためいったん撤回され、工事の進捗は緩慢になったと考えられるが、寛永6年11月天皇が突如譲位を決行すると、工事を再開、翌7年12月に上皇は新構の仙洞御所に移徙(わたまし)している。 このとき多くの建物は二条城から寛永行幸の際に使用した建物を移築再利用している。 阿古瀬淵は豊臣家邸宅庭園の遺構と伝える。 皇位継承に伴い 京都仙洞御所に改称 従来、単に仙洞御所と呼ばれてきたが、2019年(平成31年)4月30日の今上天皇の退位後は、上皇 ・上皇后の住居が仙洞御所となるため、区別のために「京都仙洞御所」と改称することになった。

次の