東京 オリンピック 中止 可能 性。 東京オリンピックは開催するべきか!?中止するべきか!?問題点や今後の可能性は!?

オリンピック中止で損害額や違約金がヤバい?経済効果も実は驚きの大きさ!

東京 オリンピック 中止 可能 性

コロナウイルスが日本で広がる中、東京大会の事務総長は金曜日、オリンピックは16ヶ月延期させたとしても、来年の開催を保障はできないと語った。 日本の安倍晋三首相は今週、ウイルスと戦うために緊急事態宣言を出し、拡散を避けたように見えた同国を制限下に置きました。 「来年の7月には事態が収拾していると言える人は誰もいないだろう」と東京組織委員会の武藤敏郎事務総長は、遠隔で行われた記者会見で通訳を通して語りました。 「私たちは明確な答えを言える状況にはいない。 」 オリンピックは先月延期され、新たな日程では2021年7月23日に開幕となり、その後8月24日にパラリンピックが開催されることになりました。 安倍首相はコロナウイルスに対する行動が遅いとして批判されています。 野党の政治指導者は、首相がウイルスの深刻さを軽視していると示唆し、それが今年オリンピックを開催したかったという思いとつながっているのかもしれないと述べました。 「試合を1年延期する決断をした」と武藤氏は付け加えました。 「だから、我々にできることは、試合に備えるために努力することしかないということだ。 来年、人類がコロナウイルス危機を乗り越えられることを心から願っている。 」 武藤氏は2021年に代替計画があるかと尋ねられました。 「代替案を考えるのではなく、我々は全力で取り組むべきだ」と同氏は語りました。 「人類は、その技術と知恵のすべてを結集して、治療法、医薬品、ワクチンを開発できるように努力する必要がある。 」 日本は約5,000人の症例と100人の死亡者数を報告しています。 同国は世界で最も高齢者の割合が多く、COVID-19は高齢者には特に深刻となる可能性があります。 武藤氏は、延期の追加コストについて何度か尋ねられましたが、それは日本のメディアによると20億ドルから60億ドルと試算されています。 彼は、コストと、誰が支払うかについて知るには時期尚早であると言いました。 また、同氏は東京オリンピック主催者が保険に加入していることを認めました。 「東京2020はいくつかの保険に入っている。 しかし、大会の延期が補償対象となるイベントとして適格であるかどうかはまだ明らかではない。 」と述べました。 また、今週福島県で公開が中止となった聖火についても聞かれました。 武藤氏は、聖火について話す前に、東京大会のスポークスマン高谷正哲氏とマイクから離れて話をしました。 「オリンピックの聖火リレーが中止された後、聖火は東京大会の管理下に置かれた。 明らかに将来、どこかに展示される可能性があるが、今のところ東京大会の管理下にあり、これ以上コメントするつもりはない」とも同氏は語りました。 国際オリンピック委員会は、ウイルスとの戦いの象徴として聖火を使うため、聖火で世界ツアーを行うことを考えているという提案もあります。 ただし、渡航制限が解除されるまで、ツアーは不可能です。 日本から聖火を持ち出すと、開催国の気分を害する可能性もあります。

次の

東京オリンピックは開催するべきか!?中止するべきか!?問題点や今後の可能性は!?

東京 オリンピック 中止 可能 性

全体の趨勢から見れば明らかに中止の流れが太くなっていますが、万が一、中止にならない場合は、かなり貧相で今までと異なった形態のオリンピックになるはずです。 良い悪いは別にして、支配層にとっては、ナショナリズムこそがグローバリズムの対極に位置している消滅させるべきイデオロギーだからです。 それは、欧米メディアの日本政府に対する批判的な論調の変化を見ればわかります。 私は、2013年09月8日未明 日本時間 にスイスのルツェルンに滞在していましたが、ブエノスアイレスの国際オリンピック委員会 IOC 会場で、IOC会長のジャック・ロゲ伯爵が、このボードを掲げた映像が流れた瞬間、「このオリンピックは実現しない」と確信しました。 私たちがオリンピックと呼んでいたものは、急に消滅するかもしれません。 そして、スポーツの国際競技に関する新しいシステムが始まります。 「オリンピックは続くに違いない」という思い込みに関して、希望的観測を排除した人が委員に選ばれるべきです。 多くの日本人は妥当で正しい道筋を発見することについては、あまりにも騙されやすいと思います。 オリンピックが東京で2020年に開催されると信じ込んでいます。 中部や関西のビジネスリーダーたちは、地元の尊敬を集めている「何人かの未来予測に長けた人々」のアドバイスに基づいて、考えを同じくする傾向があるのですが、反面、東京や横浜、仙台、札幌のような他の地域に住んでいる人々の誰一人として私と同じ見方を取っていないのです。 次のオリンピックが日本の国富であるかのように言うことによって、そうした人たちは希望的観測にこだわっているのでしょう。 しかし、残念ながら、そうはならないでしょう。 日本の大手メディアは、次々に夏の東京オリンピックにつながる贈収賄の疑惑について書いています。 伝えられるところでは、日本の五輪招致委員会のメンバーであった者たちは、オリンピックの最終候補地の決定に責任を持っていた審査員に巨額のマネーを渡していたということです。 言われているような疑惑が証明されれば、私たち日本人は、最悪の事態を考えなければならなくなります。 不法にオリンピック開催地が東京に決定されたことによって、日本は2020年の東京オリンピックを開催するための資格をはく奪されるでしょう。 もしそうなれば、オリンピックは東京へはやって来ません。 そのとき、東京でのオリンピック開催を当て込んで行われてきた巨額なインフラ投資や不動産投資に、いったい何が起こるのでしょう。 日本は、経済的大参事へ突進しようとしています。 オリンピックを開催するかどうかを決めるのは、私たちのような庶民ではなく、生まれながらの皇族と上流階級に所属するだけ人間です。 皇族や上流階級に所属する人たちがオリンピックを開催したくないときはいつでも、民主主義に反しようとも、彼らの一存で開催されなくなるのです。 最後の局面においては、後者の意思が常に優先されます本来的な世界秩序は、そうして支配しているのです。 つまり、東京は、2020年に夏季オリンピックを開催することはできないということです。 政治家や大企業によって創り出された些細な錯覚や幻想を捨てましょう。 新しい世界秩序が浮かび上がってきているのです。 日本が贈収賄問題で東京オリンピックができなくなった場合、ロンドンが、これを引き受ける用意がある、と名乗り出ています。 しかし、オリンピックを取り巻く贈収賄は、今に始まったことではありません。 安倍首相が語った「福島原発はアンダー・コントロールされている」の大嘘に世界中が、実は静かな怒りを爆発させています。 突然のドイツ・メルケル首相の東京オリンピック様子見のための来日や政治家の利権がらみの報道、大会シンボルマーク・コンペ選抜方法の不祥事、随意契約で新国立競技場の建設が下ろされそうになっていること、そして、オリンピックの開催予算が突然、当初試算の6倍もの1兆8000億円に跳ね上がったことなどです。 福島県知事が、聖火リレーのルートを、わざわざ高線量の福島・浜通りの国道6号線を通るように要望を出しただけでなく、選手の合宿も福島に誘致しようと、あまりにも悪ふざけが過ぎたことが、ドイツのメルケル首相の、「本当に、この人たちでオリンピックをやるつもりなのだろうか」と、下見に来日したほどです。 海外の人たちは、本当のところは静かに日本と自民党に対して怒っています。 「俺たちまで、日本の軍需産業を振興するために利用するな」と。 こうした海外情勢にまったく鈍感で、相手の立場を考えられない自民党と公明党の議員たち、そして彼らの言いなりになっている日本の大手メディアがいます。 東京オリンピックを通じて、あまりにも不可解なことが連続して起き続け、とうとう2020年東京オリンピックを、自民党、公明党自らで潰そうとしているようです。 さらに、財政ファイナンスを実行すれば、日本の銀行システムは秩序を失って、やがて崩壊するでしょう。 日本政府もTPPを批准してしまった場合は、金融面でも国境が取り払われるので、アメリカの銀行と日本の銀行を区別すること自体がISDS条項に違反することになって、日本金融機関は総攻撃を受ける可能性があります。 それを回避するために、日本政府は、日本の特別会計を組むことを放り出して、アメリカの国債の買い増しを行って、束の間のバランスシートの健全化を図ることになります。 これもまた、アメリカとの無理心中を早めることにしかなりません。 もうすぐ国家予算が組めなくなります。 東京都が何割負担しようが、東京オリンピックの1兆8000億円の巨額な金など手元にはすでにないのです。 それより、なぜ日本のマスコミは、当初予算の6倍にも膨れ上がった1兆8000億円もの資金の使い道を政府に問いたださないのでしょうか。 欧米のマスメディアは、去年、すでにアベノミクスに死刑宣告を下しています。 その上、さらに日本政府に対して痛烈な批判が集中するようになったのは、このオリンピック予算の尋常でない増額以降です。 去年の暮、トヨタ自動車の社長が、突然、東京五輪大会組織委員会の副会長を辞めたとき、大手メディアは愛想つかしと報じましたが、あまりの唐突さに経済界はオリンピックに対して疑心暗鬼になっています。

次の

東京オリンピックは中止しろ!1940年の事例と比較!チケットはどうなる?延期の可能性は?

東京 オリンピック 中止 可能 性

クリックできる目次• 東京オリンピックの中止の可能性は? WHOの判断次第 東京オリンピックについては、IOC(国際オリンピック委員会)とWHO(世界保健機関)が2020年2月中旬から専門家と定期的に協議しているようで、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は以下のように述べています。 WHOが開催中止を勧告した場合には従うことになる 出典: つまり、 WHOの判断でIOCは東京オリンピック中止を決めると言うことです。 現段階では中止の可能性は低いのでは IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長は、2020年3月3日の理事会で、以下のような緊急声明を出しました。 すべての選手に東京五輪に向け準備を続けるように促したい 出典: また、バッハ会長は3月4日のスイス・ローザンヌで行われた理事会終了後には、臨時記者会見で以下のように述べています。 理事会では大会の中止や延期ということばは出なかった。 もちろん責任ある組織だから持ち上がる課題には対処していくが、過度な臆測は一切行っていない 出典: また、2020年3月13日時点でも「東京オリンピック開催と成功に向けて準備を進めている」とのことです。 IOCのバッハ会長は一貫して東京オリンピックの通常開催に向けて動いていると発表されているため、まだ延期案もある現時点での東京オリンピックの中止の可能性は低いのではないでしょうか。 東京オリンピック延期の可能性は? 日本政府は2020年後半開催の可能性を発言 2020年東京オリンピックの中止がなかったとしても、延期の可能性は残ります。 2020年3月3日には、 日本政府が東京オリンピック延期の可能性を発表しています。 日本の橋本聖子五輪相は3日、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)の拡大を受け、今夏に予定されている東京五輪を年後半に延期する可能性があると発言した。 出典: 2020年3月に入ってから、コロナウイルスの影響はますます広がっています。 世界的な感染の広がりと不安を受けて、日本政府として安全を考えているアピールだったのだと思いますが、当事者の日本政府が発表していることから、延期の可能性は十分あり得るのではと思います。 アメリカのトランプ大統領は1年間の延期の意見 一方2020年東京オリンピック開催の延期について、2020年3月13日にトランプ大統領は以下のように述べました。 これは私の考えだが、東京オリンピックは1年間延期した方が良いかもしれない。 観客なしで開催するより、1年延期する方が良い選択肢だと思う」(アメリカ トランプ大統領) 出典: 日本よりもアメリカの方が、よりコロナウイルスに対して警戒感が強い感じがしますね。 東京オリンピックの延期・中止決定はIOC次第 ここまで日本やアメリカでの延期の考え方をまとめてきましたが、しかし、 結局のところ2020年の東京オリンピック延期・中止を決められるのはIOCです。 というのも、2013年9月に2020年のオリンピックが東京に決まった際、東京都・JOC(日本オリンピック委員会)とIOC(国際オリンピック委員会)と結んだ開催都市契約によると、大会についての決定はIOCが単独で延期や中止の判断が出来ると言うことになっているためです。 そのため、実際に東京オリンピックが延期になるのかどうかは、日本をはじめ各国の意見と言うより、WHOやIOCの判断がカギになりそうです。 前述したとおり、IOCのバッハ会長は2020年3月3日~13日にかけて、取材に対して「通常開催を目指して動いている」と答えています。 そのため、通常開催と延期のどちらが可能性が高いかと言えば、2020年3月13日現在では通常開催の可能性の方が高いのではと考えられます。 東京オリンピック延期のメリットは? もし本当に2020年の東京オリンピックが延期になったとしたら、どのようなメリットとデメリットがあるでしょうか。 東京オリンピックの開催は庶民の生活にも関わる部分なので、調べてみました。 コロナウイルスの拡散を抑えられる 東京オリンピック延期のメリットは、まず第一にコロナウイルスの拡散防止が出来るという点です。 コロナウイルスはインフルエンザと似ているウイルスであるため、インフルエンザと同様に夏頃に自然収束するかもしれません。 そうなれば、 夏から秋にオリンピックの時期をずらせば、安全に観戦できると考えられます。 観客の観戦のもとで試合が開催できる コロナウイルス感染の危険がある2020年夏時点で東京オリンピックを開催する場合、 無観客での試合となる可能性もあります。 観客の声援なしのオリンピック試合…なんとも虚しいです。 トランプ大統領も、2020年3月13日のインタビューで以下のようにコメントしています。 無観客は想像できない。 観客なしで開催するよりも1年間、延期したほうが良い。 出典: 無観客となると、応援するオリンピックの醍醐味も失われてしまいますし、楽しみにしていたたくさんの人の希望が絶たれてしまいます。 また、無観客試合となった場合の日本経済への影響は相当大きなものとなるはずです。 無観客試合となった場合の損失• 交通機関と宿泊先のキャンセル• 試合会場近辺の飲食店や小売店の売上げ低下• チケット代の回収不可• 会場設営やスタッフ募集のコスト そのため、無観客試合だけは出来れば避けたいところです。 なので、オリンピック自体の中止や無観客試合になるくらいなら、延期が良いのではと思います。 秋への延期なら、夏の暑い時期を避けられる 東京オリンピックが、夏から秋へ延期されれば、 夏の暑い時期を避けられるというメリットが選手と観客の双方であります。 東京の7~8月と言えば、相当な猛暑です。 じめじめした暑さに不慣れな選手は対象を崩してもおかしくないですし、観客もかなりの数が熱中症になる可能性があります。 東京オリンピック延期のデメリットは? 延期した分のオリンピック開催費用が増加する オリンピックの試合を延期することで、 以下のような費用が増加します。 東京オリンピック延期で増える費用• 新たに会場をおさえるための費用• 延期にとって損害を受けた人の保障費用• チケットの再発券・再発送代• 人件費• 宣伝広告費 東京オリンピックの費用は既に莫大なものとなっているため、延期にかかる費用が具体的にどのくらいかも気になりますね。 他のイベントへ影響 東京オリンピックが延期になることで、東京オリンピックで使う会場を使う予定だった別のイベントも中止になったり延期になったりしなければいけません。 そのイベントを楽しみにしていた人や航空券・新幹線チケットなどを取って準備していた人にも迷惑が掛かります。 このあたりの保障もどの程度になるのか、気になります。 観客の減少 コロナウイルスを恐れた観客や、海外からに日本に応援にくるはずの人が日程変更によって来れなくなる可能性があります。 そうなると、観客が減少し、オリンピックの試合が盛り上がりに欠ける結果になってしまったりするのでは…と不安です。 試合に向けて準備する選手の負担増 オリンピック・パラリンピックの試合に向けて準備していた選手たちにとっても、2020年のオリンピック・パラリンピックの試合延期は大変だと思います。 試合に向けて準備していたものが再度調整が必要になったり、夏に照準を合わせて練習していた選手は調子も狂うでしょう。 突然の延期などに臨機応変に対応できる、モチベーション維持や精神力を持っている選手が有利になるかもしれません。 また、年齢制限のある種目もあるため、もし延期になった場合に年齢制限を超えてしまったら出場資格なしになってしまうのかなども、選手は気が気でないと思います。 「東京オリンピックの中止の可能性は?延期のメリットとデメリットまとめ」まとめ いかがでしたか? 東京オリンピックの中止は、今までかけた手間や費用が無に帰すため最悪のシナリオです。 そのため、日本政府はオリンピック中止は出来る限り避け、出来るだけ予定通りの実施、最悪は同年秋への延期で決めたいところでしょう。 東京オリンピックは日本経済に大きな影響を与えるビッグイベントのため、今後の動向に注目が集まります。

次の