コロナ 帰省。 【新型コロナ】お盆に帰省しても大丈夫?感染リスクは?

新型コロナ 宇和島帰省1人感染 濃厚接触 家族3人|愛媛新聞ONLINE

コロナ 帰省

山田悠史/やまだ ゆうじ 米国内科専門医。 慶應義塾大学医学部を卒業後、日本全国各地の病院の総合診療科で勤務。 2015年からは米国ニューヨークのマウントサイナイ大学関連病院の内科で勤務し、米国内科専門医を取得。 国内では全国の総合内科医の教育団体JHospitalist Network世話人やニュースメディアNewsPicksの公式コメンテーター(プロピッカー)等として、国外ではカンボジアでAPSARA総合診療医学会の常務理事として活動を行なっている。 最前線で新型コロナウイルス感染者の治療をされており、も多数執筆されている山田悠史先生に、実家帰省の是非についてオンラインでインタビューをさせていただきました。 もし帰省先の家族に持病があるなら、帰省はまだ控えておくのが正解 高橋:緊急事態宣言が解除され、6月19日に県外への移動も公に認められたことから、だんだんと街に人が増えているように思います。 実際に私の周りでも、お盆は実家に帰ろうかなという声も聞かれます。 新型コロナウイルス感染者の治療をされてきた山田先生は、帰省をしてもよいと思われますか? 山田先生:私が治療にあたっていた病院は一時、新型コロナウイルス患者専門の病院として稼働していたのですが、今では新型コロナウイルスの患者さんがゼロになったんです。 実際に日本での患者さんが減っていると肌でも感じています。 高橋:ゼロになったのはすごいですね! 山田先生:ですが、国が公に移動を認めているとしても、もし帰省先に持病のある高齢者や基礎疾患を持っている人がいる場合は、帰省はまだやめておく必要があると思います。 実際に心臓の病気、糖尿病、喘息や肺気腫といった慢性的な肺の病気などをお持ちの方は、持病がない方と比べて致死率が高いということもわかっています。 また子供や若い人よりも高齢者の方が重症化する確率や致死率は高くなります。 新型コロナウイルスからいちばん守らなければいけない存在なんです。 高橋:自分はまだ若くて元気だから無症状なだけで実は…ということもありますもんね。 私の親は高血圧の薬を飲んでいるから、今はまだオンライン帰省にしておこうかな。 一人暮らしでだれとも会わず2週間自宅謹慎した後なら、実家帰省で高齢者に感染させるリスクは少ない 山田先生:やはり、自分個人だけの感染リスクを考えるのではなく、他者へのリスクにも配慮する必要があります。 ですので、もし自分がコロナ感染者と接した可能性が少しでもあるのであれば、持病のある高齢者や基礎疾患をもっている人がいる実家への帰省は危険です。 絶対にやめるべきだと思います。 高橋:大切な家族は守りたいです。 山田先生:ただ、こういった例が現実的かはわかりませんが、たとえば「一人で自宅謹慎を2週間していた、一歩も外に出ておらず、誰とも会っていない。 そして症状も出ていない」。 こういう人に新型コロナウイルスがある可能性ってゼロなんですね。 その状況で、だれにも会わずに自家用車で帰省した場合、新型コロナウイルスを実家に持ち込んでしまう可能性もほぼゼロ。 私自身家族はいますが、自粛中は、結構これに近い生活をしていました。 山田先生:このような状況の人に「実家に帰省してもいいですか?」と言われたら、その答えは「感染している可能性は限りなくゼロなので、他者に感染させるリスクはほぼなく、帰省してもOK」ということになります。 目の前で「ゴボゴボ」と大きな咳でもされない限り、数秒の接触ではウイルスを浴びることは多くないですから、感染のリスクにはならないと思います。 ましてや、今はドライバーの方もマスクやフェイスシールドを身につける取り組みもされているので、感染のリスクはさらに低いでしょう。 もし親が危篤なら、実家に帰省してもいいの? 山田先生:今このタイミングで実家帰省をしてもいいかはシチュエーション次第だと思います。 たとえば「もう死にそうな親に会いに行きたい」という状況だったら、コロナが…感染症が…と言っている場合ではない。 親に会いに行くメリットの方が優先されますよね。 このように、自分が実家に帰省してもいいかを考えるには、会う目的の大きさによりますし、先ほどお話ししたような感染リスクの有無によって考えるのがよいと思います。 高橋:ちなみに山田先生はご実家に帰られていらっしゃいますか? 山田先生:父が心臓にリスクがあるので、もうしばらく帰れていないんです。 ただ、今日本では感染者数はかなり少なくなりましたよね。 東京で検出される感染者数って、日にもよりますが、十数人。 多くても30人や50人。 東京都の1日の感染者数を仮に30人とすると、東京の人口約1000万人分の30人。 小数点にすると感染率は0. もし気になる症状がまったくなければ、自分が感染しているかもしれない可能性はさらに低くなりますよね。 だから、自分自身が0. 00000…%というのをどのくらい重んじるかもひとつの判断基準になると思います。 少なくとも確実に言えることは、少しでも何か気になる症状があったり、不特定多数の人との接触があったりすれば、今は帰省をやめておいた方がいいということです。

次の

新型コロナ移動自粛解除 帰省「今もためらい」 茨城出身の都内在住者 はせる思い、消えぬ不安(茨城新聞クロスアイ)

コロナ 帰省

事情は様々です。 こんな事情と気持ちの人々も報道されています。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で、終息がますます見通せなくなった7日、関東や関西などの都市部から帰宅した人たちは、複雑な胸中をにじませた。 ~佐賀の方が安心できる~法事で帰省~生活している寮が3日で閉鎖となり、数日前に実家への帰省を余儀なくされた。 出典: 18歳の学生が、学校も休校になったので、安心できる実家に帰省。 47歳の男性が、法事で実家に帰省。 19歳の学生が、生活していた寮が閉鎖で帰省。 それぞれの事情があります。 ただの自分勝手な遊びとは違います。 「帰りたくて帰ったわけじゃない」人も、「帰りたくて帰った」人も、「遊びに行こう」と思った人も、みんな同じ行動を取れば感染の危険性は同じように高まります。 実家が地方だろうと、歳が若かろうと、関係ありません。 誰もが、首相や知事の要請には従うべきであり、慌てて帰省する行動は戒められていました。 たとえば新潟県知事は、次のように要請しています。 緊急事態が宣言された区域への不要不急の往来は、厳に控えていただきますようお願いいたします。 (来県者受け入れ予定のある方々は)改めてその必要性をご検討いただき、不要不急の来県を控えていただきますようお願いいたします。 やむを得ず、緊急事態が宣言された区域から本県に帰省や来県される方で、一定期間滞在される方におかれては、2週間程度、不要不急の外出を控えていただきますようお願いいたします。 もちろん、不安な気持ちには共感できます。 未成年の子供ならなおさらです。 でも、気持ちに共感はできても、行動は支持できません()。 政府や各都道府県は「不要不急の帰省や旅行」など県境を越えた移動の自粛を強く呼びかけています。 困っている人、不安を抱える人を支援しなくてはななりません。 たとえば、寮が閉鎖されて帰省するのは、仕方がないでしょう。 ホテル暮らしをしろとも言えません。 記事にあるように、帰省を「余儀なくされた」わけです。 また実家の親が倒れて危篤状態でも実家に帰省するなとは言いません。 これは、不要不急ではなく、必要火急の帰省です。 このように移動しなくてはならない人がいるのですから、そうではない人の自制力が求められています。 これは、統計学的な問題です。 あなた個人が感染するかどうかではなく、みんなで協力して、社会全体で人の移動を減らしていくことで、新型コロナウイルス感染者の爆発的増加、オーバーシュートを防ぐのです。 心配だから、不要不急とはいえ用事があるからといってあなたが移動することは、あなたにとっては良いことかもしれません。 しかし、多くの人がそのような移動を始めることで、各都市や日本全体の感染爆発と医療崩壊の可能性を高くしてしまうのです。 記事に登場する学生の場合は、いずれにせよ本来なら大学からの支援が欲しかったケースです。 けれども大学もコロナ対応で忙殺されています。 正直言って、余裕がない状況かもしれません。 しかし、ここが私たちみんなの力の見せ所です。 そして、コロナ帰省やコロナ疎開を控えましょうと言っても、緊急事態宣言の対象になっている東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の人々を避けるのは、論外です。 合理的な感染予防はとても大切ですが、偏見差別は混乱を生むだけです。 感染者が出たからといって、ある地域やある会社やある学校などを嫌うのは、非合理的です。 災害発生時も、原発事故発生時も、感染症発生時も、私たちは危険を避けますが、そんな時こそ日本全体が一つのチームです。 学校が、家庭が、地域が、企業が、行政が、協力し合って、コロナとの戦いに勝利していきましょう。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の

帰省中に新型コロナ感染確認の男性 友人の食事会に参加【熊本】

コロナ 帰省

PCR検査の結果を待たずに熊本県阿蘇市に帰省した横浜市の男性がコロナ感染!母親の対応に称賛の声! 6月27日熊本県は、横浜市で新型コロナウイルスの検査を受けた飲食店の10代男性が、阿蘇市の実家に帰省後に陽性が判明したと発表しました。 男性は22日に発熱し、25日に横浜市で検査を受け、26日に飛行機で阿蘇へ行き、その日の夕方に感染が確認されたとのことです。 一連の行動に、怒りの声が殺到。 一方で、機転を利かせた 母親に称賛の声が相次いでいます。 阿蘇市に帰省した横浜市の男性がコロナ感染 阿蘇市に帰省した横浜市の男性の感染概要・行動歴 熊本県は27日、横浜市で新型コロナウイルスの検査を受けた飲食店員の10代男性=同市=が、同県阿蘇市郡の実家に帰省後に陽性が判明したと発表した。 横浜市は男性に自宅待機を指示していたという。 県によると、男性が実家の玄関先で母親に「感染者との濃厚接触があり検査を受けた」と告げると、母親は家に立ち入らせず、敷地内の納屋にテントを張って過ごさせたという。 男性は22日に発熱とせき、のどの痛みを発症。 25日に横浜市で検査を受けた。 26日に羽田発熊本行きの航空便で移動し、友人の車で実家に戻った。 陽性確認は同日午後6時。 27日午前、横浜市から県に報告があった。 現時点は無症状。 熊本県内の病院に入院した。 友人は陰性が確認された。 男性は22日に発熱やのどの痛みがあり、25日に横浜市内の帰国者・接触者外来で検査を受け、26日に羽田空港から熊本空港へ帰省し、友人の車で実家に戻りました。 男性は「飛行機内ではマスクを着けていた」と説明しています。 26日に近所の友人宅であった食事会に参加。 その場には友人ら9人が参加。 PCR検査の結果、全員が陰性と確認されました。 ネット上では厳しい声も! 山梨で大炎上したのに、なぜ同じようなことをするかな またやったね。 検査結果待ちで移動とか10代でもあり得ないよ 公共機関には迷惑かけるし、親御さんは状況知ってたのかな 熊本に住んでますが、すごく迷惑です 実家のご両親に感染させること、道中で感染させること、 自分が自分の意思で人の命を奪う事をしている 自覚はなかったのだろうか 熊本人ですが本当にムカついてます。 この様に自分の事しか考えない行動には本当に怒りを覚えます どうしてこんなバカげた行動がとれるのかな いかなる事情があったとしても許されざる行為だ 母親の対応に称賛の声が! 母親は実家に戻ってきた息子を家に立ち入らせず、敷地内の納屋にテントを張って過ごさせた。 なかなかすぐさまこんな起点は利かないですよね。 横浜で検査後帰省の息子、母は家に入れずテントへ 熊本でコロナ陽性判明 息子危機感ゼロ! 母は正解 以前の山梨の案件とは大違いね — 🦋青🦋 kzyk08101225 コレは素晴らしい対応…。 情に流されず身内にすら甘い対応をしない九州男児もとい九州女児というか女の強さを再確認させられる事案。 関東とかでこの対応できるヤツ、おる? 検査後帰省の息子を母は家に入れずテントへ コロナ陽性判明 阿蘇 — 2ん29 Tracer900GT甲 abbbbbbbbbbo あっぱれな対応でした! 「阿蘇市に帰省した横浜市の男性」の新型コロナウイルス感染にネットの声は? 【新型コロナ】症状あるのに自宅待機守らず… 横浜の10代男性、熊本帰省後に陽性判明 コロナ普段視の俺。 普段からマスクしてない俺でさえ…もし俺がこの状況になったら家から出ねぇな。 流石に考えたらわかるだろw それともスマホの意見しか聞けないお年頃?w — 小畑知道 obatatomomichi 感染しながらも熊本に帰省、友達と食事会…どこかでこの女性版があったよね?無責任な10代感染者増加で大丈夫? 【新型コロナ】症状あるのに自宅待機守らず… 横浜の10代男性、熊本帰省後に陽性判明 神奈川新聞 — LINEアカウントメディア から — FUJIMI SUGIYAMA SugiyamaFujimi 熊本のお母さんがかっこ良すぎる件。 緊急事態宣言が解除されても新型コロナウイルスがなくなったわけではありません。 感染予防をしっかりしながら行動していきましょう。

次の