ハングアウト web会議。 Zoom、ハングアウト、スカイプ ー テレワークに最適なWEB会議ツール3選【中小企業のためのテレワーク入門②】

Google Meet でビデオ会議を開始する

ハングアウト web会議

はじめに リモートワークや遠隔拠点との会議には、ビデオ会議が欠かせませんね。 クラスメソッドでは主にを利用してビデオ会議を行います。 先日、ビデオ会議で急にこちらの声が相手に届かなくなることがありました。 その時の調査を通じて得た、解決までの確認手順をおしらせします。 前提 専用のアプリケーションを必要としない、 WebRTCを用いたビデオ会議システムを対象とします。 私はMacを使っていますが、基本的な考え方はWindows 10が動作している端末でも同じと思われるので、Windows 10の情報も記載します。 利用している端末はを満たしており、ビデオ会議に用いるカメラ、マイクやスピーカーは正しく接続されているものとします。 利用する会議システムでサポートされているブラウザを利用しているか確認します。 WebRTCがサポートされているWebブラウザは、またですが、例えばGoogle Hangouts Meetでは また例えば、従来のHangoutsのビデオハングアウトは。 確認手順 1. OSの設定確認 まず、カメラ、マイク、スピーカーがOSレベルでデバイスとして認識されているかを確認します。 デバイスをUSBやBluetoothで接続している場合は、ここが問題であることが多い印象です。 Macの場合は[システム環境設定]、Windowsの場合は[サウンド]コントロール パネルを確認しましょう。 参考になるドキュメント:• Windows 10 2. カメラ、マイク、スピーカーの動作確認 次に、カメラ、マイク、スピーカーの動作確認のため、ローカルで動作するビデオキャプチャアプリでテスト録画します。 マイクのテストも含まれるので、マイクに向かって実際に何か話してみるのがよいでしょう。 macOSの場合はQuickTime Player で、Windows 10の場合はカメラアプリで可能です。 テスト録画した動画ファイルが問題なく再生できれば、カメラ、マイク、スピーカーの動作確認は完了です。 参考になるドキュメント:• カメラが利用できない場合は、OSレベルでカメラの利用を許可しているか確認します。 参考になるドキュメント:• 音声が認識されない場合は、マイクがミュートになっていないかを確認します。 macOSで、マイクのミュートを解除しても音声が認識されない、再生されない場合の確認手順も以下のドキュメントに記載されています。 参考になるドキュメント:• Google Hangouts Meet• Windows 10 3. ブラウザの設定確認 W3Cのを利用するサイトのため、WebブラウザではWebサイトごとにカメラやマイクへのアクセスを許可するための設定が設けられています。 ビデオ会議システムも同じで、最初にビデオ会議システムを利用する際に、ブラウザにカメラとマイクの許可を求めるダイアログが表示されますので、許可します。 この、ダイアログで許可したWebサイトの一覧などは、ブラウザの設定画面で確認したり許可を取り消したりといった操作が可能です。 参考になるドキュメント:• Google Chromeの設定• ブラウザの動作確認 例えばSkypeだと、"Skype Test Call"に通話することで。 ただ、Hangouts MeetをはじめとしたWeb会議システムでは実際に会議する以外に、どうやってデバイスのテストをするのか... という点が疑問でした。 調べてみると、株式会社ネオジャパン様が、のページを公開されていました。 同社製品ユーザー向けですが、他のWebビデオ会議システムの確認にも使えそうです。 なお、このページはGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeで利用可能です。 このページでマイクが正常に動作し、録音した音声がスピーカーから再生でき、カメラで映像が映ることが確認できれば、Webブラウザを使ったビデオ会議システムは動作すると思われます。 今回の原因は? 今回、私が遭遇した「ビデオ会議で急にこちらの声が相手に届かなくなる」現象は、上記手順のうち「OS設定」に問題がありました。 具体的には、[システム環境設定]の[セキュリティとプライバシー]内の[プライバシー]タブで、アプリケーションごとのカメラおよびマイクへのアクセスを許可するUIがありますが、ここでGoogle Chromeに対してマイクのアクセスを許可するチェックボックスが外れていました。 このチェックボックスが外れていると、Webブラウザ側で許可設定をしてもマイクが利用できません。 先ほどの接続機器テストページでは、マイクを選択した際に マイクは認識できましたが、入力を確認できません。 PCの設定をご確認いただくか、別のマイクをご利用ください。 というメッセージが表示されます。 この[プライバシー]タブに「マイク」や「カメラ」とった項目が追加されたのはです。 私の環境はmacOS High Sierraからアップグレードしましたので、その際に設定を誤った可能性があります。 参考になるドキュメント:• macOS Catalinaで画面共有できない場合 2019年11月7日 追記 macOSをMojaveからCatalinaにアップグレードした、あるいはmacOS Catalinaがプリインストールされている場合、別の設定が原因でHangouts Meetsで画面共有できないケースがありました。 次のブログ記事で紹介されています:.

次の

【2020年版】Web会議(ビデオ会議)システム横断比較 無料で利用するならコレ!

ハングアウト web会議

日増しに拡大するコロナウイルスの影響で、一気にテレワークが進みそうな状況になってきています。 危機の「機」は、機会の「機」。 ピンチを働き方変革のチャンスと捉え、この機に一気に進めていきましょう。 さて、テレワークや在宅勤務を導入すると、複数の場所をつないで会議や打ち合わせをする必要が出てきます。 そんな時にどんなサービスを使えば良いかというご相談を受けることもありますが、結論から言うと各事業者さんの環境やスキルによって変わってきます。 ですので、今回は無料から使えて、使いやすいWEB会議(テレビ会議)サービスを3つ紹介します。 ・Zoom ・Google• Zoom• Googleハングアウト• スカイプ 記事の最後には3つのサービスの比較表も載せていますので、そちらも参考にして、どのツールを使うかの判断材料にしてくださいね。 Contents• Zoom 1つ目に紹介するのは、今もっとも人気のWEB会議ツール、Zoom(ズーム)です。 Zoomは後発ながら、他社の賀状を切り崩してWEB会議ツールのデファクトスタンダードになりつつあるサービスです。 テレワークをしようとすると、従業員の中にはITが苦手な方もいて、アカウントの取り方を電話で伝えている間に、会議を予定していた時間が過ぎてしまうなんてことも。 そんなお悩みを見事に解消してくれるのがZoom。 会議の主催者だけアカウントを取得していれば、他の方は不要なので、ITが苦手な方との会議の場合、メールで招待を送ればすぐにWEB会議を始めることができます。 データ消費量が少ないってことは、画像が荒いの?と思われるかもしれませんが、そんなことありません。 他社ソフトと遜色ない画質でミーティングが行えます。 また、データ消費量の経済的な問題だけでなく、軽いと言うことは動きがいいと言うことですので、会話の遅延が少ないとも言えます。 Zoomのデメリット 逆に、Zoomのデメリットをあげるとしたら、無料版で使用する場合、一回の会議時間が40分までという制限があります。 長時間の会議をする場合は有料版が必要となりますが、まずはテレワークに慣れると言う意味では問題ないでしょう。 40分までしか使えないとデメリットとして捉えるよりも、40分まで無料で使えるとメリットとして捉えましょう。 Zoomの特徴のまとめ 上記メリット・デメリット以外も含めて、無料アカウントでのZoomの特徴をまとめてみました。 無料で使える• 100人まで同時接続可能• 主催者以外は専用ソフト不要だから手軽• 軽いからデータ消費量が少なく、サクサク• 画面共有機能あり• ホワイトボード機能あり• テキストチャット機能あり• スマホやタブレットからも利用可能• 1回の会議で40分まで使える より詳しくお知りになりたい方は、Zoomのホームページにてご確認ください。 Zoom公式ホームページ: 2. Googleハングアウト テレワークのツール選びを間違えると、従業員にとってストレスになりかねません。 従業員のITスキルを確認し、もっともスキルが低い人でも使える環境を構築することが、テレワークをスムーズに始める上でのポイントです。 そのため、苦手な方が多い場合は様々なサービスを組み合わせて使うより、極力Googleにまとめることが良いと思います。 「Googleだけ使いこなせばいいのね」となれば、従業員の方にとって精神的な負担が軽減できますよ。 ハングアウトのメリット サービスを使うには、基本的にIDやパスワードが必要になります。 Zoomやスカイプを使う場合は、それ専用のIDが必要となりますが、GoogleはすべてのサービスでIDは共通(メールアドレス)なので、GmailやGoogleカレンダーを業務で使用している事業者さんであれば、新規のIDが不要なので取り入れやすいかと思います。 パスワードを忘れて再発行の仕方がわからない状態の従業員が出てしまうと、テレワークだと直接教えることができないのでとても厄介です。 まずは、極力ストレスのない環境を作ることを第一に考えましょう。 ハングアウトのデメリット Googleツールは、有償版にすると独自ドメインを使うことができますが、無料版の場合は、〇〇 gmail. comといったgmailアドレスがないと使えません。 そのため、G Suitesという有償版を使っていない方は、ハングアウトの無料版を使うために、1人1つのgmailのアカウントが必要となります。 会社のメールアドレスとWEB会議用のGmailアドレスの2つのメールアドレスを持つことになるため、ITが苦手な方だとメールアドレスの管理で無用なストレスが発生する可能性があります。 また、Zoomが同時接続100人に対し、ハングアウトは10人までなので、テレワークで働く社員が10人以上だと一斉接続ができませんので気をつけてくださいね。 Googleハングアウトの特徴のまとめ Googleハングアウト無償版は、ビデオ通話、音声通話、テキストチャット機能のみなので、シンプルです。 無料で使えるが、全員gmailアドレスが必要(有償版は独自ドメインで可)• 他のGoogleとID・パスワードが共通で使える• 10人まで同時接続可能• 画面共有機能あり• 音声通話機能あり• テキストチャット機能あり• スマホやタブレットからも利用可能 個人的には、GmailやGoogleカレンダーなどのオフィスアプリを含めてGoogleの有償サービス「G Suite」を導入して、オフィス業務と会議すべてをGoogleで統一してしまうことがもっともハードルが低いと思います。 「G Suite」の詳細は以下をご覧ください。 G Suite公式ページ: 3. Skype(スカイプ) スカイプは、WEBでのビデオ会議、テレビ会議の草分け的な存在ですが、ハングアウトが出てきたり、最近ではZoomが出てきたりと、存在感が薄くなっているものの、抜群の知名度が安心感に繋がる部分は大きいのではないでしょうか。 スカイプのメリット パソコンだけでなく、スマホやタブレットなどからも利用できるのは、Zoomやハングアウトとも同じです。 WEB会議は同時に50人でできるので、ハングアウト以上Zoom以下となっています。 テレワークにしたことで、海外との取引の電話を自宅からする必要が出てきた場合、その分の電話代を従業員に負担させることはできないですよね。 そんな時に、スカイプを使えば、事前チャージで格安で海外とのやりとりもできますので、従業員も安心ですね。 スカイプのデメリット スカイプの弱点は、利用者全員が使う端末にアプリをインストールする必要があり、各自がスカイプIDを取得する必要があること。 50人で会議をする場合は、50人がそれぞれスカイプアプリを端末に入れ、IDを取得しておく必要があります。 社内全体での会議であればすべてのIDをWEB会議に招待すれば良いのですが、部署単位や個別ミーティングとなると、社員名とスカイプIDを紐づけて管理しておく必要がでてくるため、スカイプのためのID管理業務が発生することになります。 ITが得意でない方は、準備や管理の面で、Zoomやハングアウトを利用するのがスムーズだと思います。

次の

テレビ電話をするならLINE・Skype・ハングアウトどれを使う?

ハングアウト web会議

会議行うための主催側の準備 会議用URL作成 Googleカレンダーへ予定を登録してGoogle MeetのURL作成の流れです。 Googleカレンダーの操作 まずカレンダーに予定登録します。 なぜカレンダー?と思いますが招待用の固定URLを作成するためです。 Googleカレンダーを開き、予定を作成します。 予定作成画面の 「ビデオ会議を追加」をクリックし「ハングアウト」を選びます。 (企業用のGsuiteの場合はGoogle Meetが表示されます) 特にハングアウト参加者をゲストに追加する必要はありません。 (あくまでURL作成のためだけの予定作成です) 一通り入力したら保存を押します。 Meet ハングアウト の起動とURL取得 Googleカレンダー保存後にカレンダーの予定をクリックすると 「Hangoutsに参加」(右クリックの場合は会議に参加)と表示されるのでクリックします。 ハングアウトが起動します。 上記方法でカレンダーからハングアウトの画面が表示されます。 この時点で専用URLができました。 特になにも操作は行わず ブラウザのURLをコピーし、 適当にメモ帳でもなんでもいいので、貼り付けして、URLを控えておきましょう。 メールやチャット等でURLを知らせる 参加対象者にはメールやチャットなどで、 上記で取得したハングアウト用を日時と合わせてURLを知らせましょう。 例: 明日の会議は以下日程で行います。 ご参加よろしくお願いします。 google. Meet ハングアウト の起動 URLにアクセスしハングアウトを起動します。 カメラやマイクの権限確認がでた場合は許可しておきましょう。 最初の画面にでてくる「 ハングアウトに参加」をクリックすると参加者となります。 ちなみにテレビ会議の主催者だからといって特別な権限があるわけではありません。 参加者同士でルールを決めて会議を進めていきましょう。 カメラとPC画面の切替 ハングアウトの場合・・・右上の をクリックする。 Meetの場合・・・右下の「固定表示する」をクリックする。 すると「あなたの画面」か「ウィンドウ」が選択できます。 「あなたの画面」は拡張ディスプレイ(デュアルディスプレイやプロジェクタ)を映すのがわかりやすかもしれません。 「ウィンドウ」はアプリケーションのみを映します。 ノートPCモニタはせまいので、デスクトップごと表示するより 「ウィンドウ」で資料のパワポやPDFの画面を映しながら説明するのが良いかもしれませんね。 参加者側の操作について 招待した参加者側の操作です。 ハングアウトの操作経験がない方のためにも以下手順も案内しておきましょう。 google. できるだけChromeを使うのがいいでしょう。 初回起動時はカメラやマイクの権限許可の確認画面が数度でてきます。 支障がなければ許可を押して有効化しておきましょう。 会議主催者の画面を表示 参加者がぞろぞろ画面に表示されていきます。 主催者の名前の画像部分をクリックし、大きい画面で表示させておきましょう。 音声は参加時、通常はオフにする。 参加直後に「よろしくお願いしますー」など挨拶したら、すぐに 下の方にあるマイクマークを押して、マイク音声はオフにしましょう。 マナーでもあり、雑音やハウリング対策でもあります。 質問コーナー等で発言する時だけ、オンにするのが良いでしょう。 Google Meet その他Q/A GoogleMeetは一般アカウントのgmail. comでも参加できますか? GoogleMeetは主催者はG Suiteである必要があるが、招待される参加者は一般アカウントのgmail. comでもそのまま参加可能です。 Web会議の録画機能はありますか? 録画機能もありますが、G Suiteの管理者の操作で管理コンソールでハングアウトの録画設定を有効にしている必要があるようです。 (デフォルトは無効) Zoomみたいにバーチャル背景はありますか? 2020年4月時点では実装はされていないようです。 Microsoft Teamsがバーチャル背景を実装するというニュースがつい先日ありました。 Googleも対応してほしいものですね。

次の