追憶 の 賢者 その 3。 『DQウォーク』“追憶の賢者”その3に挑戦。りゅうおうの攻撃パターンやダメージは?【電撃DQW日記#104】

『DQウォーク』“追憶の賢者”その3に挑戦。りゅうおうの攻撃パターンやダメージは?【電撃DQW日記#104】

追憶 の 賢者 その 3

追憶の賢者とは? DQウォークをやっている人は知っていると思いますが、 2019年9月19日から2019年10月24日までの間に開催されているイベント「ドラゴンクエストイベント」の高難易度イベントクエストです。 クリアすると、これでしか手に入らない「 りゅうおうの勲章」が手に入るので挑戦してる人も多いのではないでしょうか? 前もって話しておくと、自分の攻略した方法は運要素が大きいです。 装備やこころ、レベルなど十分に用意できていない状況でのクリアなので、再現性は低いです… リセマラするように回数をこなす必要があるので、それでもクリアしたいという人はこの先をご確認ください。 パーティー編成 パーティーはこんな感じで、簡単に説明すると• 戦士:メイン攻撃役• 武道家:サブ攻撃&アイテム補助• 魔法使い:魔法による補助• 僧侶:回復魔法 追憶の賢者 その3の推奨レベルは50となっていましたが、Lv. 47でクリアしています。 初期職業のままレベリングをしていたので、他の職業の永続効果は全く無いです。 それぞれの職業の詳細を紹介します。 戦士の装備&こころ 運良くロト装備が充実しているため、メイン火力として戦士を採用 ロト装備の見た目とまもりのたてを使えるように「ラダトームの盾」を装備しています。 戦士最強こころランキング上位の「つむりんママ(A)」と守備力上げるため「たてまじん(A)」を装備 実際に使うことはなかったですが、回復アイテムが尽きた時ようにベホイミが使える「メタルスライダー(S)」を虹枠に装備しています。 ステータスはこんな感じ 武道家の装備&こころ 武器と盾は星5ですが、防具のほうは星4です。 おすすめセットで選ばれたものをそのまま採用。 アイテムでの補助役が多いのでそこまで考えていないですw 武道家のステータスはこんな感じ 魔法使いの装備&こころ 自分の攻略法で重要なのが魔法使い! ラリホー(眠り)とマホトーン(封魔)、バイシオン(攻撃UP)が出来ることが必須です。 武器はラリホーが使える「ペロリンステッキ」を装備。 呪文を使うことが多いので、封印耐性のアクセサリー「はくあいのゆびわ」も装備させています。 防具は攻撃魔法ができるように、装備していますが補助魔法がメインのため守備力が高ければなんでもいいと思います。 こころはマホトーンが使える「マジカルハット(S)」を装備しています。 そのほかはおすすめセットで選ばれたやつそのまま採用。 きめんどうじ(S)があるならメダパニ(混乱)も使えるようになるので、そっちもおすすめ 魔法使いのステータスはこんな感じ 僧侶の装備&こころ 今回のパーティー編成では回復役が1体だけなので、「いやしのかぜ」必須です。 いやしのかぜが使える「ひかりのタクト」を装備しています。 唯一の回復役なので、まもりのたてが使えるたてが4つ無い人は僧侶優先で装備させましょう。 こころは回復量を増やせる緑色を中心に装備。 虹枠はおすすめセットで選ばれた物をそのまま使っています。 僧侶のステータスはこんな感じ 事前準備 先にあくまのきしを倒す理由としては、ダースドラゴンに比べてHPが低いからです。 後は体感ですが、ダースドラゴンの方がラリホーが効く気がします。 あくまのきしにラリホーを使ってみて眠ることがほぼない… 戦士であくまのきしを攻撃しつづけ、HPを削ります。 武道家はアイテムで回復役。 余裕があれば攻撃。 僧侶はいやしのかぜ!余裕があればまもりのたて! 魔法使いはラリホーでダースドラゴンを眠らせます。 あくまのきしの封魔状態が切れたら、バイキルト使う前にマホトーンで再度封魔状態にします。 どっちも成功して、余裕があるときはバイシオンで戦士の攻撃力UPをしましょう! りゅうおうは最後まで放置です。 相手にしたら負けます。 消費アイテム 戦闘中僧侶の回復だけでは追いつかないことが多々あるので、回復アイテムを使います。 最終的に使った数は下のようになっています。 めざめの花:1こ 上やくそう:4こ いやしそう:4こ 特やくそう:10こ せかいじゅの若葉:3こ いやしのかぜを使えるキャラ2体で挑むなら、上記ほど必要ないかもしれませんが持てるだけ用意して挑戦した方が安心です。 スキルについて まもりのたて 追憶の賢者 その3ではりゅうおうの「あまくささやく」が少ない気がします。 あった方が安定しますが、中盤使う暇がなかったので重要度は低めです。 数が用意できない場合は、回復役の僧侶を優先。 その次はメイン火力の戦士になると思います。 自分の場合は武道家と魔法使いが魅了されたら、戦士のギガスラッシュですぐに倒し、復活させていました。 ラリホー(眠り) 成功率が低いので、失敗しても何回もやりましょう! 上にも書きましたが、あくまのきしよりもダースドラゴンの方が効く気がします。 ダースドラゴンの「かえんのいき」と「ラリホーマ」が強いので、なるべく眠らせたまま倒します。 メダパニ(混乱) メダパニが付与できるこころがなかったので試せてないですが、効きやすいようです。 ラリホーやマホトーンが無い人は代用で試してみるのもアリだと思います。 ザオラル(蘇生) ザオラルが習得可能な装備は「ひかりのタクト」のみのため、無い人はせかいじゅの若葉などで代用するしかありません。 僧侶はいやしのかぜでの回復で余裕がないと思うので、蘇生はその他の職業でのアイテム使用が多くなると思います。 まとめ:追憶の賢者 その3 様々な攻略の一つですが、繰り返し挑戦することでなんとかクリアできます。 マホトーンはほぼ成功するので大丈夫ですが、ラリホーの成功率の低さに心が折れそうになります。 あくまのきし倒した後、ラリホーのミスが続きやられると最悪です… これで何回かスマホ投げたw あとはりゅうおうのベキラマ2連続とあまくささやく(魅了)に注意し、戦況を立て直せると安定します。 推奨レベル以下、転職をやったことが無い人の参考になれば幸いです。 攻略した方法を書きましたが、この勲章を手に入れても装備できるわけではないので、ゲーム内での意味は現状少ないです。 優先度も高く無いと思うので、今回はスルーして今後復刻イベントが来たときに再チャレンジしてもいいかもしれません。

次の

【ドラクエ3追憶の賢者】クリアパーティ編成まとめ!職業構成や使用武器を紹介|ドラクエウォークまとめアンテナ

追憶 の 賢者 その 3

追憶の賢者 その3 推奨レベルは50なんですけど、本当に50はあったほうが良いかもしれない。 それよりも50あっても装備とこころが揃ってなければまず勝てないクエストです。 内容はその2までと同じですけど、敵の構成が明らかに強くなっています。 今度はりゅうおうの城での戦いです。 お供には悪魔の騎士、ダースドラゴンと雑魚敵としては最強クラスの敵を連れての登場です。 基本的にですがりゅうおうの行動パターンはその1と全く変わりません。 あまいささやき• やみのはどう• ベギラマ• 通常攻撃• マホトーン 毎ターン2回攻撃でこれらの攻撃方法があります。 ただ絶対必要かといえばそうでもないです。 確実性を上げたい場合には使いますけど、運で全てをカバーする場合には不要かと思います。 実際私がクリアした際はまもりのたては一切使用しませんでした。 さらにですけど その2のキースドラゴン同様にこんらんさせることも可能。 ただ混乱はある程度耐性があるのか、結構失敗しやすいのであまりお勧めはしません。 もうどくの方が圧倒的に良いです。 攻撃方法はもっぱらギガスラッシュ。 魔法使いや僧侶は補助と回復に全力を傾けておきます。 りゅうおうがマホトーンを使いますので「いやしのかぜ」を使える武器を装備しておくことが必須です。 ユグドラシルが2本もあってよかったです。 何度も何度も失敗して、ようやく運が向いてきたときに こんな具合で最後のりゅうおうを迎えることが出来たのは本当に感無量でした。 今までの恨みを思いっきり晴らしておきましょう。 りゅうおう1体になれば後はあまいささやきだけ注意しておけば十分です。 クリア後の会話 イヤイヤ本当にこんなに大変じゃなかったよ。 感動なんてしないし、怒りが込み上げてきた感じですよ。 ただ廃課金してロト装備を限界突破のフル強化で2セットくらい持っていたりすると雑魚に感じるかもしれません。 さすがはソシャゲー。 クリア報酬でもらえる金のりゅうおうの勲章ですけど、使い道は全くないですし家具でも何でもないので無理して倒すほどのものでもないかなというのは事実です。 追憶の賢者との会話で分かる通り、今後のイベントもこのような強化されたイベントモンスターが出てくるだけってのも簡単に予想できてしまうのも残念なところですね。 もうちょっと隠したりすればいいのに。

次の

【ドラクエウォーク】「追憶の賢者 その3」モンスター攻略!勝てないユーザー必見!【DQウォーク】

追憶 の 賢者 その 3

追憶の賢者 その3 推奨レベルは50なんですけど、本当に50はあったほうが良いかもしれない。 それよりも50あっても装備とこころが揃ってなければまず勝てないクエストです。 内容はその2までと同じですけど、敵の構成が明らかに強くなっています。 今度はりゅうおうの城での戦いです。 お供には悪魔の騎士、ダースドラゴンと雑魚敵としては最強クラスの敵を連れての登場です。 基本的にですがりゅうおうの行動パターンはその1と全く変わりません。 あまいささやき• やみのはどう• ベギラマ• 通常攻撃• マホトーン 毎ターン2回攻撃でこれらの攻撃方法があります。 ただ絶対必要かといえばそうでもないです。 確実性を上げたい場合には使いますけど、運で全てをカバーする場合には不要かと思います。 実際私がクリアした際はまもりのたては一切使用しませんでした。 さらにですけど その2のキースドラゴン同様にこんらんさせることも可能。 ただ混乱はある程度耐性があるのか、結構失敗しやすいのであまりお勧めはしません。 もうどくの方が圧倒的に良いです。 攻撃方法はもっぱらギガスラッシュ。 魔法使いや僧侶は補助と回復に全力を傾けておきます。 りゅうおうがマホトーンを使いますので「いやしのかぜ」を使える武器を装備しておくことが必須です。 ユグドラシルが2本もあってよかったです。 何度も何度も失敗して、ようやく運が向いてきたときに こんな具合で最後のりゅうおうを迎えることが出来たのは本当に感無量でした。 今までの恨みを思いっきり晴らしておきましょう。 りゅうおう1体になれば後はあまいささやきだけ注意しておけば十分です。 クリア後の会話 イヤイヤ本当にこんなに大変じゃなかったよ。 感動なんてしないし、怒りが込み上げてきた感じですよ。 ただ廃課金してロト装備を限界突破のフル強化で2セットくらい持っていたりすると雑魚に感じるかもしれません。 さすがはソシャゲー。 クリア報酬でもらえる金のりゅうおうの勲章ですけど、使い道は全くないですし家具でも何でもないので無理して倒すほどのものでもないかなというのは事実です。 追憶の賢者との会話で分かる通り、今後のイベントもこのような強化されたイベントモンスターが出てくるだけってのも簡単に予想できてしまうのも残念なところですね。 もうちょっと隠したりすればいいのに。

次の