プレミアムウォーター リコール。 本当にあったプレミアムウォーターの悪い評判!被害内容と実際の口コミについて

本当にあったプレミアムウォーターの悪い評判!被害内容と実際の口コミについて

プレミアムウォーター リコール

消費者センターで調べたプレミアムウォーターの対応について このページでは消費者センターで調べたプレミアムウォーターのトラブル対応についてお知らせします。 企業の実力はトラブル発生時の対応に表れるといいますが、プレミアムウォーターが製品トラブル発生時に見せた対応について詳しく解説します。 これを読めばプレミアムウォーターを選んだあなたの選択は正しく、安心して水が飲めると確信できる事でしょう。 「プレミアムウォーター・消費者センター」で検索すると・・・ プレミアムウォーター・消費者センターというキーワードで検索と調査を行い、筆者は一つの注目すべき案件にたどり着きました。 この件の概要は 株式会社ウォーターダイレクトが輸入し、プレミアムウォーター株式会社が販売したウォーターサーバーについて、幼児(1歳)が当該製品の温水レバーを操作したところ、チャイルドロック機能が効かず、お湯が出て火傷を負う事故が発生しました。 当該事故情報は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき、重大製品事故の報告を受け、消費者庁より平成27年7月28日に製品起因が疑われる事故として公表しています。 プレミアムウォーター株式会社では、当該製品の使用に関して注意喚起を実施しておりましたが、事故の再発防止のため、本日、同社ホームページにおいて、当該製品を含む対象製品について、チャイルドロックボタンを無償交換することを公表しました。 経済産業省では、対象製品をお持ちの方に対し、販売事業者が行う部品交換を受けるよう注意喚起を行ってまいります。 引用:経済産業省2016年ニュースリリース 要約すると• プレミアムウォーターの本体のチャイルドロックボタンに不具合があり、赤ちゃんがやけどを負う事故が発生した。 それに対し、プレミアムウォーターはチャイルドロックボタンの無償交換を実施した。 という事です。 上記は経済産業省の該当ページから引用した画像です。 現行モデルとはボタンの形が違います。 プレミアムウォーターはリコールを行い真摯に対応した この件に関してはプレミアムウォーターはリコールを行い真摯な対応を見せました。 対応台数は27,137台とされています。 これだけ多くの台数に無償での交換を実施し、その後モデルチェンジをして安全を確保しました。 企業の実力はトラブル対応に現れますが、プレミアムウォーターは良い対応をしています。 実際に国民生活センターで調べてもネット上の評判ほどの話は出てこない プレミアムウォーターの愛用者の筆者としては残念ながらプレミアムウォーターのネット上の評判はあまりいいとは言えません。 しかし、実際に国民生活センターで調べてもネット上の評判ほどの話は出てきません。 例えば下記のような検索に複数回ヒットした事例があります。 引越し業者からの勧誘でウォーターサーバーを電話で契約した。 その後すぐに解約を申し出たが「クーリングオフはやっていない」と言われ、解約料金の14,000円が請求された。 引用要約: この件はセンターの仲裁でクーリングオフになり、解約料金は払わずに済みましたが、解約料金が14,000円という金額からある程度どのメーカーかは推測できます。 国民生活センターの記述内ではメーカー名は特定されていませんが、おそらくプレミアムウォーターではありません。 解約金トラブルや強引な契約獲得はどのウォーターサーバー会社でもありえることです。 特定の会社を狙ったネット上のやらせのような、ライバルを蹴落とすための情報操作もあるのかなと思います。 筆者はプレミアムウォーターを安心して使っています 筆者の個人的意見ですが、プレミアムウォーターは安心して使えます。 クーリングオフや解約などについてもきちんと対応してくれます。 ネット上で書き込まれている心無いコメントには騙されないでください。 筆者自身、普通の1ユーザーです。 あまりにもひどい書き込みが多いので残念に思い、このページを書いています。 心無い書き込みをしている側には他のウォーターサーバーを紹介し、広告費をもらっている人もいます。 こういうのに振り回されてほしくありません。 実際に消費者センターや国民生活センターなどで調べてもプレミアムウォーターだけが特別ではありません。 もし、あなたがネット上の評判を気にして情報を集めているのなら他社によるネガティブキャンペーンに騙されないようにしましょう。

次の

佐川急便/置き配バッグで飲料水宅配の再配達削減

プレミアムウォーター リコール

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 1,249 4,334 5,555 7,334 10,238 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 2,480 5,217 6,550 5,153 7,859 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 3,697 6,528 9,125 12,321 13,639 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 253 392 591 840 10,719 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 163 1,007 2,024 6,199 -0 総資産 資産合計。 7,842 17,478 23,845 31,848 42,455 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 3,709 7,430 10,317 13,324 19,246 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 1,815 8,774 10,730 16,631 16,535 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 2,318 1,273 2,798 1,893 6,674 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 6,577 6,601 7,004 5,153 7,859 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 - - - 12,321 13,639 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 623 653 740 840 10,719 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 12,412 13,790 14,287 6,199 -0 総資産 資産合計。 24,610 26,443 27,050 31,848 42,455 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 10,669 11,766 12,329 13,324 19,246 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 11,108 11,613 11,536 16,631 16,535 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 2,833 3,064 3,185 1,893 6,674 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 3,495 4,484 5,115 5,735 7,479 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 1,284 1,436 1,430 1,583 - その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 1,475 150 532 4,782 6,673 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -1,609 189 -1,531 -1,196 -1,335 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -633 2,632 1,826 -1,907 -1,832 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 - 2,491 - 2,291 - 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 - -611 - -585 - 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 - -2,136 - 229 - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 1,702位 3,026位 2,468位 1,054位 総資産 資産合計。 2,778位 2,271位 2,062位 1,852位 現預金等 2,866位 1,957位 1,804位 1,614位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 富士吉田工場の毀損や水源の枯渇、天災等により工場の操業が長期にわたり停止した場合であっても、代替拠点にて生産・出荷する等の措置が可能となりました。 しかしながら、富士吉田工場は当社グループの重要な生産拠点として位置付けていることから、このような事態が発生した場合には当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。 営業許可については、自社工場である富士吉田工場および朝来工場での生産活動において必要不可欠であり、現時点では許可の取消や営業停止事由(食品衛生法第55条・第56条)に該当するような事実は存在しておりません。 しかしながら、両工場が同法55条に定める禁止条件や規定に違反しているとみなされた場合、同法第56条に定める基準に違反しているとみなされた場合、食品衛生管理者が不在となった場合、天災・人災等の影響によりその水質が食品衛生法に適合しないほど大幅に変化した場合には営業許可の取消しや一定期間の営業停止処分を受けることがあり、その場合には当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。 なお、営業許可の概要は次のとおりであります。 現時点では許可の取消事由(同条例第13条)に該当するような事実は存在しておりません。 しかしながら、富士吉田市に井戸が許可の基準(同条例第4条)に適合していないとみなされ、かつ、是正勧告に従わない等の重大な不法行為が発生した場合、取水許可が取り消され生産活動ができなくなるため、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。 なお、井戸設置許可の概要は次のとおりであります。 3号井戸については2017年9月に廃止しております。 現在は2本の生産ラインが稼働しており月間約115万本の生産が可能でありますが、2ラインとも何等かの不具合が発生した場合や天災等の事由により長期間電力供給が途絶した場合には、操業停止を余儀なくされ、当社グループの生産体制や業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。 また、水の殺菌工程のフィルターにつきましても定期的に交換を行っておりますが、殺菌工程のフィルター4基が同時に機能不全に陥るなどの重大な事故が発生した場合、水に異物が混入する等の事象が発生し操業に影響が出る可能性があります。 (3)OEM供給元に関するリスク 当社グループの主力製品のうち島根県浜田市、熊本県阿蘇郡南阿蘇村を主水源とした製品は、OEM契約に基づきナチュラルミネラルウォーターのOEM供給を受けております。 OEM供給元とはOEM契約を締結するにあたり、当社グループの基準と同レベルの水質検査や生産体制の確認、企業調査等を実施し、現在も良好な取引関係を築いておりますが、OEM供給元の水質や工場設備等に重大な問題が発生した場合、業績不振や予期せぬ契約の打切りが行われた場合には、生産体制や当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。 当社グループは味と鮮度にこだわったナチュラルミネラルウォーターを販売するために製品の劣化を最小限に止める、という経営方針により、製品の出庫期限は原則1ヶ月以内とし、それに合わせた生産体制をとっております。 しかしながら、何らかの要因で工場の生産に支障が生じ製品在庫がなくなった時には、定期配送を行うことができず、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。 (5)製造コストが上昇した場合のリスク 当社グループが提供する製品は、安心・安全な天然水でありますが、これは水質がよく、水量の豊富な水源に依存しております。 従って、天災や災害などにより、水質が飲用に適さなくなった場合、あるいは一定の水量が確保できなくなった場合には、中長期にわたって製品供給が不可能になることや、代替水源は確保しているものの新たな水源の確保や工場の建設、設備投資が必要になり、製造コストが大きく上昇する可能性があります。 また、当社グループの製品は、特殊な構造・機能をもったボトルにボトリングして販売しておりますが、当該ボトルの原材料である石油価格の高騰により、原価高の要因となる可能性があります。 当社グループが今後これらの不測の事態や市場環境の変化に対応できず、コスト増を生産の合理化や販売価格への転嫁で補えなかった場合、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。 なんらかの事由によりメーカーとの契約が解除された場合や、天災や不慮の事故等によりウォーターサーバー製造工場の操業が困難になった場合、代替するメーカーの選定を行う間、ウォーターサーバーの納入が受けられなくなる可能性があります。 将来の為替レートが大幅に円安となった場合、当社グループのウォーターサーバー購入代金が上昇し当社グループの財政状態に重大な影響を及ぼす可能性があります。 従来からの主たる販売手法であるデモンストレーション販売に加えてテレマーケティングや法人営業も新たな営業手法として取り入れておりますが、事業計画通りに新規顧客獲得が進まない、また、既存顧客の解約率が事業計画以上に高く推移した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。 当社グループでは、デモンストレーション販売や訪問販売等による契約の勧誘においては、事実を誤認させるような行為や押し売りにより困惑させるような行為を一切禁止しております。 また、契約に際しては書面交付を義務付け、その内容の説明を適切に行うとともに、顧客本人が十分納得していただいた場合のみ契約を締結しております。 当社グループでは、販売に関する一連のルール・手続きを定め、社員・営業代行会社に対して、定期的にコンプライアンス研修を開催し、ルールの徹底を図っております。 さらに、代理店等に対しても、本法の趣旨を十分理解させるとともに、定期的に指導しております。 このように、当社グループでは、本法に抵触するような事実が発生しないように万全の体制を構築しておりますが、万一本法に抵触する、又はそのように誤認される行為があった場合には、行政機関による指導や業務停止命令の対象となる可能性があります。 また、将来において、本法が改正又は新たな法令等が制定され、当社グループが適切に対応できない場合には、事業の業務遂行に支障をきたす可能性があります。 したがって、このような状況が起こった場合、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。 (10)親会社との関係に関するリスク 株式会社光通信(東証第一部 証券コード9435)グループは、当連結会計年度末日において、当社の発行済株式総数の74. 8%(間接保有分を含む)を保有している親会社であり、当社は株式会社光通信を中核とする企業グループ(以下「光通信グループ」といいます)に属しております。 当社グループは、光通信グループの中において宅配水の製造・販売という異色の事業を行っており、独立した経営体制をとっておりますが、将来光通信グループの経営方針に変更が生じた場合、当社グループの業績及び財政状態に重大な影響が発生する可能性があります。 (11)個人情報保護に関するリスク 当社グループは、当社グループの直接販売顧客のみならず、代理店やOEM先の顧客についてもその住所、氏名等の個人情報を保有しております。 当社グループは当社グループの規程に基づき、その情報管理は徹底しておりますが、顧客情報の紛失、サイバー攻撃等不測の事態が発生し、保険適用額を超えたコストが発生した場合、当社グループの業績及び財政状態に重要な影響が発生する可能性があります。 (12)知的財産所有権に関するリスク 当社グループはPETボトルに関する特許(特許第5253085号)及びウォーターサーバーに関する特許(特許第4681083号)を取得しており、当社グループのPETボトル及びウォーターサーバーは外気の入りにくい構造を構築しておりますが、これらの特許が侵害された場合やさらに優れた発明がなされた場合、当社グループの差別化要因の一部が損なわれることになり、顧客獲得に関して影響を及ぼす可能性があります。 また、ウォーターサーバー等の開発に際し、当社グループはあらかじめ他社の知的財産所有権侵害の可能性の有無を調査しておりますが、商品化・販売開始以降に侵害が発覚した場合には、商品販売中止のほか、損害賠償請求訴訟が提起され損賠賠償金の支払いが生じる可能性もあり、当社グループの業績及び財政状態に重大な影響が発生する可能性があります。 (13)自然災害、事故等に関するリスク 当社グループの主要な事業拠点は、富士吉田工場、西桂工場、ロジスティクス及びお客様サービスセンターの所在する山梨県と本社所在地である東京都であります。 当該地区において大地震、台風、大雪、噴火等の自然災害及び事故、火災等により、業務の停止、設備の損壊や電力供給の制限等の不測の事態が発生した場合には、事業活動に支障をきたす可能性があり、当社グループの業績及び財政状態に重大な影響を与える可能性があります。 すべて•

次の

2016/09/06 (輸入)株式会社ウォーターダイレクト (販売)プレミアムウォーター株式会社 ウォーターサーバー

プレミアムウォーター リコール

佐川急便、Yper、プレミアムウォーターの3社は11月22日、東京23区1000世帯を対象に、宅配バッグ「OKIPPA」で宅配水の再配達削減を目指す実証実験を12月から実施すると発表した。 実証実験の期間は、12月9日~2020年の2月29日まで。 プレミアムウォーターのウォーターサーバー契約者から参加者を募集。 OKIPPAを使って水を受け取ることで、再配達の削減を図ると同時に、配送物の日時指定分散効果と現場の配送効率・負担に変化があるかを調査する。 プレミアムウォーターの天然水ウォーターサーバー利用者は全国に約93万人おり、出荷本数も年々増加している。 一部地域を除き、配送は佐川急便が担当しているが、ウォーターサーバーのユーザーは30~40代の平日昼間荷物受取りが困難な世帯が中心で、不在再配達や、平日夜および週末に配達時間が集中することが課題となっている。 最新ニュース• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月16日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日)• (07月15日).

次の